薪ストーブライフ

a0253145_2363394.jpg

山小屋暮らしの中心は、何と言っても薪ストーブですね。

これがなければ越冬時、それこそ命に関わってしまう。

真夏でも朝晩冷える時や湿気を飛ばしたい時には火を入れるので、ほぼ一年中フル稼働。

家でも居間の真ん中にドーンと据え付けてあり、何をするにも優先事項の第一位として君臨しています。


火はとても神聖なエレメント。

我々の命を養ってくれるありがたいものです。

心に潜む悪しき思いや、悩ましい感情を炎の力で焼きつくし、浄化させてくれる力を持っています。

なので手作りのささやかなものではあるが、神棚を設置してストーブの神聖な火に敬意をあらわしてみました。


薪で暮らしてると言うとゴージャスな暖炉か、頑丈な鋳物製の輸入ストーブをイメージするかも知れませんが、別荘族の優雅な趣味とは違い、我が山小屋暮らしはそんなに甘くはないのです。

田舎のホームセンターには薪ストーブコーナーが広く取ってあるのですが、そこには時計ストーブやごみ焼却器、ペレットストーブ、災害時の炊き出し用かまどストーブなど、各種の燃焼系機器が揃っています。

それらの中から実用性と経済面からチョイスされたのは、薄い安物の鉄板の煮炊き兼用薪ストーブなのでした。(知人のW氏曰くルンペンストーブ)

暖房はもちろんのこと、調理用コンロ、焼き物グリル、スチームオーブン、湯沸かし保温器、食器乾燥器、衣類乾燥器、消臭除湿器の役を一手に引き受けてくれています。

居間の真ん中のこの一台で、全ての家事を効率よくこなしてしまうのです。

何ということなんでしょう。

電気・ガスを全く使わず、これだけの機能が果たせるなんて・・・

改めて考えてみるとすごいことですねぇ。

これぞまさしく、省エネ時代期待の星!


しかし、もちろん欠点もありますよ。

薪の調達、灰の処理、火加減の調整と、何をするにも時間と手間がかかります。

きちんと愛してあげないとダメなんです。

あとそれから、今は何より焼却灰の放射線量が気になりますね。


もしあなたが、快適便利な消費文明に疑問を持っていて、かといってどうすればいいのか考えあぐねていて、時間に余裕があり、愛に溢れた人ならば、電気の使用ゼロ%のこんな機器を試してみるという手もありますよ。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-02-19 13:14 | 衣・食・住 | Comments(0)
<< カウチがやって来た 楽しい計画停電の過ごし方 >>