パイロマニアの手 

「どんな人でも、手の歳だけはごまかせないものなのよ」

と、母は良く言っていました。

なるほど、確かに手にはその人の生活すべてが表現されてしまいます。

魔女といえども、女は女。

なるべくならば白くてほっそり柔らかい、美しい手を保ちたいものです。

しかし、何といっても田舎暮らしの手作り生活。

お手入れするより、手荒れのスピードの方が勝っていて、なかなか理想に近づけません。

以前、北海道のマタギが手作りした熊の油の軟膏が、火傷・あかぎれ・ひび・傷に良く効くという話しをTVで見たが、本当ならば試してみたい気がします。


先日も手首から先だけが赤く日に焼けてしまったので、何でかな?と思い、考えていました。

屋外作業をした覚えはないし、紫外線のシーズンにもまだ早いし・・・

しかしその時、はたと気付いてしまいました。

これは日焼けではなく、焚き火焼けだったんです!

a0253145_23392418.jpg

かまどやストーブに薪をくべる時は、グローブや軍手で手を保護するのが基本ですが、毎日使っているとつい鬱陶しくて面倒になります。

だんだん炎に慣れっこになってしまい、急ぎの時などついつい素手で薪を投入してしまうんですね。

慣れというのは恐ろしいものです。

当初は火を付けることさえままならなかった私が、気付けばこんなこと平気で出来るようになっている。

お料理の先生で油の温度を指で計ったりする人がいるが、どうやらそれに近いのかも知れない。


真っ赤になった熾き火の上に、素手を差し出してしまうのだから、一瞬といえども私のお手々はあぶり焼きになっているはず。

焼き鳥屋さんの炭火で焼いた手羽先をイメージしてもらえればいいかしら・・・

強火の遠火であぶられた皮は、こんがり美味しそうなきつね色になるでしょう?


う~ん、

やっぱり私には熊の軟膏必要かも知れませんね。


ところでネイティヴアメリカンの先住民族は、小さな子供達に炎の恐ろしさを教える為に、わざとちょっとだけ火傷させるらしいんです。

すると子供は学習して、二度と火に近づかないとのこと。

人間は本来、こうして何万年も前からエネルギーとお付き合いして来たんですよね。


今、持続可能な地球環境を取り戻すため、森の木質バイオマスエネルギーが再び見直されて来ました。

火や熱に関する知恵や創造力を、もっとたくさんの人に伝え、共有する作業も必要です。

今までマイノリティーだった、私たちみたいな火・熱マニア(パイロマニアという)が今後更に増えることを祈っています。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-04-21 21:07 | 美容・健康 | Comments(0)
<< アースデイ那須2012 トイレに宿る信仰心 >>