ロケットで昼食を

a0253145_10282725.jpg

「薪ストーブひとつでご飯の煮炊きもしてますよ」と言うと、「えっ!ストーブで?それじゃ夏場はどうするの?」と疑問が浮かぶ事でしょう。

それ、なかなかいい質問ですねぇ〜

なんと、夏でもストーブ焚くんですよ。

時に汗だくになりながら・・・

時にススで顔を汚しながら・・・


山の天気はしょっちゅう変わる。

朝晩の冷え込みは、森の湿気を天然の冷蔵庫にしてしまう。

生い茂る森の樹木は夏ほど余計に暗くなり、お日様のでない日は炎がないと心理的にもかなり心細い訳です。

しかし、極々小さく薪を燃やしているだけなので、ご飯を炊いたり炒め物したりするには火力が足りません。

随分前にもう必要ないからと、プロパンガスも止めてしまいました。

当然レンジも電気炊飯器もなく、残った文明調理機器は、小鍋を沸かすキャンプ用携帯コンロだけ。

お腹ぺこぺこで、早いとこご飯を炊きたいのに・・・

「あ~ら困った」

と、そんな時には、屋外型の調理用ロケットストーブの出番なのです。

ベランダに置いてあるこの移動式のかまど型ストーブは、限りなく省エネ型の調理用ストーブで、通称<ロケットストーブ>といいます。

a0253145_10271684.jpg

ロケットのような炎とゴーッという噴射音を立て、勢いよく燃えるので<ロケットストーブ>なのですが、薪の消費量が従来のものより格段に少なくてすむのが特徴です。

燃やすものもほとんど選ばず、建材や端材、生木の小枝やダンボールまでよ~く燃えてくれます。

だだの薪暖房とは違い、料理中いかに炎をコントロール出来るかが、かまど調理法の最大のポイント。

かまど調理の伝統的使い方は、わら・かや・柴などを使って一気に火力を上げるのが一般的ですが、この<ロケットストーブ>は炎が着火さえすれば、建材・端材でも燃え尽きるまで強火をキープしてくれます。

経験した事ない人にはイメージし難いかも知れないけど、それって料理する側にとってはとてもありがたいことなのです。


昔の農家には座敷にいろり、土間にかまどがあったように、我が家には居間に薪ストーブ、ベランダにロケットが設置してあるという訳です。

しかもこのロケット、移動式なので使う場所も選ばない。

お祭りなんかで移動販売の屋台もオープンできるという便利な代物です。

本日のランチは、ロケットストーブでピザを焼いてみました。

a0253145_10244415.jpg

梅雨の合間のとっても気持ちいい天気!

こんな日は仕事の手を休め、思いきりのんびり過ごしましょう。

ロケットで昼食を・・・


a0253145_10253790.jpg

追記:
もっと小型版のコーヒーロケットもあります。





[PR]
by viva1213yumiko | 2012-06-30 10:30 | 衣・食・住 | Comments(0)
<< 紫陽花革命 灰の行進 >>