紫陽花革命

a0253145_1734888.jpg
大飯原発再稼働反対の首相官邸前デモは、既に15万人を超えたみたいですね。

しかも、今まで政治なんかには無関心だった一般市民による抗議行動です。

優しくおとなしかったはずの日本人も、今回ばかりはさすがに立ち上がり始めたようです。

あのフランス革命も「パンをよこせ!」という主婦や農民層の抗議からスタートしたのでしたよね。

なんか感動しちゃいます。

「お金や効率ばかりを追いかけるのは止めにして、大地や命を大切にするぞ!」

「我々はもっと人間らしい生き方を選択するぞ~」って、宣言するようなものですもん。

日本人の意識が、やっと目覚め始めた訳ですね。


<紫陽花革命>は今後ますます拡大して行き、いろんな既成のシステムも変わらざるを得ないでしょう。

来週何があるか、来月何が起こるか、来年どんな世の中になっているのか、誰にも予測がつかない時代。

いや〜、ある意味とってもワクワクしている私です。

a0253145_1773310.jpg

ところで突然ですが、紫陽花の咲くこの梅雨の時期って、ラッキョウの旬でもありますよね。

<紫陽花革命>の成就を祈ってラッキョウの甘酢漬け作ってみました。

畑の薬とも云われ、疲労回復・血液浄化・狭心症や心筋梗塞に効くラッキョウ。

梅干しや黒酢やら、酸っぱいものは放射線のリスクを防ぐとも囁かれています。

両方のいいとこ取り、って感じで初挑戦してみたのです。


原発事故以来、以前にも増して食べものが気にかかります。

何を信じていいのか良く分からないこの時代。

モットーとする言葉は<自分の身体は自分で守る>になりました。

<砦プロジェクト>という地元NPOのデータも参考にしながら、玄米菜食を基本になるべく酸っぱいもの・しょっぱいものを取り、原発から100kmの低線量地域に暮らすためのリスク管理をしているのです。

a0253145_177387.jpg

ラッキョウ漬けはたぶん1ヶ月ほどで出来上がるはずです。

その試食の頃に、世の中がどんな風になっているのか・・・

少しでも良い世の中に近づいて行く事を願って止みません。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-01 17:04 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< 心の覗き方 ロケットで昼食を >>