魔女のビジネス

ネットで気になる見出しを見つけ、とりあえずブックマーク。

けれど忘れたまんまで月日は流れ、ひょんな弾みで偶然再会するって事ありますよね。

初恋相手に再会した訳じゃないから、特にドラマもなんにも起こらず「それがどうした」って感じもするけど、私的には面白くて心にヒットした過去のニュースを紹介しましょう。

2012年3月8日付朝日新聞です。


______________________________________________


ルーマニアで「魔女狩り」騒動  
呪いに大金、政治家も


a0253145_15234261.jpg
呪術で使う道具について説明するチレシカさん=ブカレスト、玉川透撮影

 

東欧ルーマニアは「魔女」が力を持つ国だ。「呪い」で大金を得ていたとして昨年12月、人気魔女が逮捕され、芸能人や政治家も巻き込んだ大スキャンダルに発展した。法律で規制する動きもあるが、「現代の魔女狩りだ」との声があがり、実現していない。


■巨額の報酬次々に判明
逮捕された魔女はメリッサ、バネッサと呼ばれる30~40代の2人。いずれも、テレビ番組にも出演する売れっ子だった。

警察などによると、メリッサらは人気女優(39)から母親との遺産争いの問題で相談を受け、母親が別の魔女に依頼してかけた「呪い」を取り除く見返りに法外な報酬を要求。現金や高級車ポルシェやブカレスト市内のマンションなど45万ユーロ(約4700万円)相当を受け取っていた。この女優がメリッサらとの関係を絶とうとしたため、仲間の5人の男たちを使って「自殺に追い込む」などと脅迫した疑いがもたれている。
 
さらに、ルーマニアの有名サッカーチームのオーナー夫人は、夫の愛人から呪い殺されないための呪術の報酬として40万ユーロ(約4200万円)を支払っていたことが判明。人気サッカー選手も10万ユーロ(約1050万円)で、国外の有名チームへの移籍がかなうよう祈願していた。効果があったかどうかは分からないが、フランスのチームに移籍を果たした。

一方、ブカレストのオプレスク市長は、2008年の選挙戦でメリッサらに加勢を依頼。09年の大統領選で敗れたジョアナ元社会民主党党首も、現職のバセスク大統領が「強力な魔術師を雇っている」と知り、助力を請うていたという。



_____________________________________________ 



どうです? ルーマニア 

なかなかやってくれますよね。

だいたい売れっ子魔女がTV出演してるって段階でイケてます。


しかも、他の魔女からの呪いを解く<呪い返し>をしたって事は、この国の魔女市場がかなり成熟していて、弁護士相談並みに日常化してるんじゃないかと予想されます。

HPを作成したり、電話帳にも広告載せたり・・

つまり魔女へのオファーが、メチャある国家という事になりそうです。


政治家や芸能人など、いわゆるお偉いさん対象に法外な報酬を吹っかけ、結果大スキャンダル事件を引き起こすなんて、汚れ仕事を一手に担うその筋の方々みたい。

報酬も半端な金額じゃありません。

当然、魔女の脱税なんかは魔法を駆使して帳簿操作するんでしょうか?

この手の土着的なアングラ事件を、法律で規制せよというのは凄い話しだけど、それを魔女狩りだと反対してるというのも凄い話しであります。




精神的・霊的手段で相手をに災いを企てるはかりごと<呪詛>

日本では陰陽道などが有名ですね。

ある種の能力者が、呪いや魔法で人を殺めたり傷つけたり出来るのは本当です。

呪いの波動を放ったその瞬間から、宇宙はそれを受信して実現化のチャンスを狙い始めるので、高度な技術を持つ能力者なら[素早く・静かに・確実に]暗殺を犯す事は可能かも知れません。


しかしそれって諸刃の剣です。

悪意を持って人の災厄・不幸を祈願すれば、同じレベルの周波数が共鳴し始め、自分から仕掛けた呪いの罠にはまってしまう可能性が限りなく高いからです。



成功者・能力者・権力者ほどその手の誘惑と罠が用意されている事は、古今東西の歴史を見れば一目瞭然です。

そして、[人を呪わば穴二つ]という羽目に陥ってしまうのです。


フラれて逆恨みして相手の不幸を願っていたら、いつまでも幸せな恋なんて訪れないのと全く同じ原理ですね。

寄ってくるのは皆同じ、[世の中恨み節]って人ばかりになっちゃうから、そこら辺は皆さんくれぐれも気をつけましょう。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-10-23 12:32 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< 続々・トイレに宿る信仰心 稲刈り日和 >>