濡れ落ち葉論争・秋の陣

人と人との間には、とてつもなく深いコミュニケーションギャップが存在するものです。

ましてやそれが男女間のものともなると、話しはなおさら複雑です。

a0253145_1751874.jpg


「いやー 色づいたもんだなぁ」

窓越しに広がる圧倒的な紅葉を見上げ、太郎は誇らしげに呟いた。

昨日の雨で空気はしっとり潤っており、ひと雨ごとに深みを増して来たこの秋の成熟度も、ついに頂点に達した事を告げていた。

「今日は天気は保つみたいだけど 風が強そうだね」

風が吹くたび一斉にざわめく木立の群れから、まるで戦勝パレードの紙吹雪ように数え切れない程落ち葉が舞い始めたのだ。

あるものは垂直落下で、あるものはふんわりと弧を描きながら、またあるものは高速回転のピルエットで狂ったように乱舞して・・・

みな思い思いのスタイルで、命の新たなステージへと飛び出して行く。

そして地面に舞い降りた枯れ葉は、湿り気を帯びて艶を放ち、高級な段通絨毯のような見事な文様を織り上げて行くのだった。


「濡れ落ち葉 奇麗だね」と、太郎は言った。

「そうね 奇麗ね」と、花子は答えた。

「やっぱりこの間のセーター買えば良かったかなぁ・・・」

先日、クラフトフェアで買いそこなった美しい枯れ葉色の手編みセーターの事を太郎は思い出していた。

「そうねぇ あれは貴方に似合ったかもねぇ」

猫にせがまれるまま、3つのボウルに均等に餌を分けつつ、花子は半分うわの空で答えていた。

猫の鳴き声が止まり、いつも通りの旺盛な食欲を見届けると安心して、花子は何気なく言った。

「けどあのセーター着たらさ あなたも濡れ落ち葉よ」

「・・・」 

一瞬のあいだ奇妙な沈黙が起こり、枯れ葉の落ちる音だけが囁くように静かに響いた。

「・・・う〜む・・・」

a0253145_114354.jpg

「ん? なんか変なこと言った?」

「君は人のマインドというものがいかに否定性を生み出すか 全然分かってないようだね」

「へ? マインド?」

「脳科学でも証明されてるんだよ いつでも否定的解釈をしたがるのが脳の特徴だって・・・」

「は? 濡れ落ち葉は否定的な言葉だった?」

「言葉に良い悪いはない 意味を解釈するのはあくまで人のマインドなんだ」

「つまり貴方にとって濡れ落ち葉はどこかネガティブなのね?」

「分かんないかなぁ だから言葉に気をつけなさいっていつも言ってるでしょ」

「だってさっき貴方・・・濡れ落ち葉 奇麗だって・・・」

「はん! そういうのを言い訳ばかりの屁理屈上手って言うんだよ」

「ふん! どっちが屁理屈よ!」



人と人との間には、とてつもなく深いコミュニケーションギャップが存在するものです。

ましてやそれが男女間のものともなると、話しはなおさら複雑です。


人のマインドがどれほど否定的解釈を語って聞かそうと、やがて秋になれば葉っぱは皆濡れて落ちるのだという事を、あなたはこの寓話から学ぶ事が出来ます。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-09 11:05 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< ミシンがやって来た 核の映画2本立て >>