万世一系・表と裏

a0253145_1752863.jpg
日本の始まりは神話ですよね。

日本書紀によると「天孫降臨で舞い降りられて、紀元前660年、神武天皇はごく自然に即位された」となっています。

それから数えて今上天皇まで125代。

2600年以上の長きに渡り男系男子の血統が一度も途絶えず、他国に占領された事も植民地になった事もない稀有な<高貴の国>、それが我ら日本人の母国<ニッポン>であります。

<万世一系の天皇家>

誰もが皆んな、こういう風に教わって来ましたよね。

しかし、それが限りなく怪しいという説があるのをご存知ですか?


名家というものには世間体のための<表の顔>と真実の<裏の顔>がある、といわれます。

皇室は二千年以上の歴史がある、日本の名家中の名家。

政治的・宗教的陰謀に巻き込まれて、あるいは血統を守るための工作などで、歴史上たくさんの陰謀やスキャンダルがあったんだろうなぁと想像されます。


その中でも比較的良く知られ、そして有り得なくない話しとして、<明治天皇すり替え説>というものがあります。

第122代明治天皇、孝明天皇の第二子の睦仁親王が実は替え玉、すり替えだったという説です。


・明治維新の時、徳川幕府は政権を天皇に返還し大政奉還をした。

・時の天皇は孝明天皇だが、政権を担いだ薩摩と長州は政権運用上、扱いやすいお上が必要だった。

・そこで倒幕派は、35歳の孝明天皇を暗殺し、皇位継承者の睦仁親王をすり替えてしまった。

・すり替わって明治天皇になったのは、南朝系天皇の血を引き、長州に擁立された大室寅之祐という16歳の少年だった。

と、いうものです。

a0253145_1703058.jpg

この説の根拠は色々あるのだが、睦仁親王時代の写真と、即位後の明治天皇時代の写真の様子の違いが大きく挙げられています。

とても同一人物とは思えない程の変わりようですね。

事実、幼少期には腺病質で身体も細くていつも泣いていたという人物が、明治天皇になると大男に変身し、馬で駆け回るわ、周りの者を相撲で投げ飛ばすわ、体格も気質も、まるで別人のようになってしまったと言います。


この大室寅之祐という人物は自分が偽物であるという事実を隠すために自らの写真は全く撮らせる事がなく、公衆の面前にも顔を出さず、皇居の奥で蟄居同然の暮らしをしていたらしい。

謀略を謀った明治政府の立役者達は、その秘密を守り抜くため、天皇を京都から東京へ移し、無理やり天皇制を奨励してしまった。

 「日本は万世一系の天皇が統治する」 

 「天皇は神聖にして侵すべからず」

それが世に有名な明治憲法で、天皇を神格化しベールに隠すための憲法だった、というトンデモ説なのです。

a0253145_1705128.jpg


どうやら物事には何事も、裏と表があるみたいですね。

茶道では表千家と裏千家。

政治には右翼と左翼。

仏教には顕教と密教。

そして神道の世界にも表と裏があって、二重構造になっていると言われてます。


表の天皇は祭祀や外交でお忙しい、あくまでも表の天皇。

しかし、裏天皇は秘密結社を従えて裏から日本を動かしているという、ワクワクするような噂であります。

それが今年2013年、伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮が同時に行われ、神道界で何らかの融合が起こり、新しい動きが出てくるとの予測があるのです。

日本を裏から支える霊的集団は、日本の天皇家に何かあった時に、天皇に代わるシステムを保持してるらしいのですが、普段は表に出て来る事はないし名乗りを上げる事もない。

代々に渡って裏天皇を守って来た家系が、秘密結社を作っているといいます。

そしていよいよ時は満ち、それら霊的集団は日本の国土の傷口を癒し、反撃に転ずる準備に取りかかり始めたというのです。


それは一体どういう事なのか?

ミステリーさながらの推理力で、脳をフル回転させてみて下さい。

・今上天皇が退位し、新天皇は京都に移る?

・皇室は国家元首の立場をやめて、神祀りの一族になる?

・都は京都に遷都され、東日本は衰退して行く?

・朝廷自体が分裂し、南北朝時代がまたやって来る?


いや〜、世の中の真実って奴は、本当は一体どうなっているんでしょうねぇ。

いずれにしても、ニッポン、頑張れ〜!


 

[PR]
by viva1213yumiko | 2013-04-22 17:02 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< DNAアップグレード カミもホトケもいるんです >>