DNAアップグレード

a0253145_14205968.jpg
古い世界が壊れようとしています。

放射能も地震もテロも天変地異も、新しい地球に生まれるための胎動なのだと考えれば、なるほど!合点の行く話しかも知れません。

私たちは今、人類の進化の歴史の大きな節目に立っているのです。

それを裏付けるかのように、人間の脳の中の使われてない93%のDNA(ジャンクDNA)が進化の鍵を握っているらしい事が、だんだんと分かって来ました。

どうやら我々は、未知の新しいステージへと進んでいるみたいなんです。


米カリフォルニア州シャスタ山にある、アヴァロン・ウェルネスセンターのブレンダ・フォックス博士が、なんと3重螺旋の子供を見つけたらしいのです。

本来我々のDNAは2重螺旋なので、脳の約7%しか使われていません。

しかし、3重螺旋の子供は脳がもっと使われているらしく、寿命も長く病気にもかからない完璧な存在なんだとか。

国際的な共同研究で人工的な3重螺旋の研究を進めているらしく、その結果、免疫力が2重螺旋よりも高いという事が分かって来たようなのです。

この現象は、5〜20年前から起きている現象のようで、現代の人類のDNAは変化しようとしているらしいと言うのです。

ベレンダ・フォックス博士はインタビューの中で、DNAと細胞の変化について明らかにしました。

a0253145_14235838.jpg


[人類の新種? DNA細胞アップグレードか?]
New Form Of Humans Being Made? DNA, Cellular Upgrades?
Watch from Brasilより転載)


パトリシア・レッシュ: べレンダ博士、あなたの背景を教えてください。

ベレンダ・フォックス: 私は自然療法生理学の博士号を得ました。ヨーロッパで研修中、あるメディアにかかわっていました。そして引き続いて映像製作にかかわっています。あなたも知っているように、ETに関してと、この時点で人類に起こっていることに対するその役割を理解してもらうため、FOX・TV局で働いています。そのもっと知られているものは、「サイティングス」と「X-ファイル」です。

パトリシア・レッシュ: この時点で地球に起きている異変はどんなことでしょう?そしてどのように我々の体が影響を受けているのでしょうか?

ベレンダ・フォックス: 遺伝学者たちによると、我々がおそらく水中から出て以来、突然変異など起きなかったとされるぐらいの、大きな変化があります。数年前に、メキシコシティーで世界的な遺伝学会議が開催され、主要議題がDNAの異変でした。我々はどのように変化するか知らないにもかかわらず、進化の過程にあります。

パトリシア・レッシュ: 我々のDNA異変とは、どのようなことです?

ベレンダ・フォックス: 誰でも二重らせんのDNAを持っています。我々が見つけたのは、人間を形成する別のらせんがあることです。二重らせんの中に二よりのDNAを絡ませたらせんがあります。私が理解するところによると、我々に12条のらせんが発現されます。おそらく5~20年前に始まったらしく、そのあいだに突然変異が起こったのです。これが科学的な説明です。それは人類にとってどんな最終結果をもたらすか、まだ知ることができない突然変異です。

この異変は公表されていません。なぜなら科学者たちは、民衆を驚かせることになると感じているからです。しかしながら、人々は細胞レベルで変化してます。私は現在、三重らせんDNAを持った三人の子供を調べています。多くの人々がそれを知っているし、感じています。多くの宗教で変異について話されていて、それが様々な方法で起こることを知っています。心身や感情に誤解や驚きを起こすにもかかわらず、我々はそれがポジティヴな突然変異だと知っています。

パトリシア・レッシュ: それらの子供たちは、他の子供たちと違った特徴を見せていますか?

べレンダ・フォックス: 部屋の向こう側からただ精神を集中させるだけで物を動かすことができるか、あるいは、コップを見つめるだけで水を満たすことができる子供たちです。彼らはテレパシーを使えます。まるであなたには、なかばエンジェルかスーパーマンと考えられるでしょうが、彼らはそうではありません。私は次の10年のあいだに我々が彼らのようになるだろうと思います。

パトリシア・レッシュ: あなたはそれらが我々のすべてに起こることだと思いますか?

べレンダ・フォックス: それは1940年以前に生まれたほとんどの人たちで、変化することができなかった、しかしその次世代で始まったなにかが、我々の寿命があるあいだに他のらせんを形成する能力を与えたようです。我々の免疫と内分泌システムは異変のもっとも明らかなものです。それは私が免疫力テストと治療を研究する理由の一つなのです。

私がテストしたいくらかの成人には、別のらせんが形成されています。いくらかは、三番目のらせんをすでに持っています。これらの人々の多くが、自覚と肉体における主要な異変の中を通過します。なぜならそれら二つは一つのことだからです。私の意見では、地球とそこに住む誰もが自らの振動を増幅しています。最近生まれた子供の多くが磁気的に体を輝かしています。我々のように、もっと年をとった者は変化を選択することになります。多くの肉体的な変異を通過しなければなりません。

パトリシア・レッシュ: なにがノーマルな二重らせんを持って生まれた肉体に変異をもたらすのですか?

ベレンダ・フォックス: もっとも簡単にDNA変異を起こす方法は、ヴィールスによります。結果的にヴィールスは、悪いそれである必要がありません。ヴィールスは生きた組織の中で生きます。エプスタイン・バールやヘルペスのようなDNAヴィールスは細胞構造を変異させません。レトロヴィールスのHIVはDNAヴィールスではありません。替わって体に異変を起こすそれは、実際のところ(細胞を)破壊してしまいます。

このプロセスを通過するもっとも多くの、そして別の方向へ活路を見出す人々は、新しい職業に換え、新しい考え方に変え、または少なくても新しい生活スタイルを始めます。彼らが実際に病気や疲労・絶望を感じたとしても、それは贈り物であると。それは彼らのDNAや肉体の変異を起こし、輝いた、もっと健康的な肉体を次世代に出現させるチャンスを与えてくれることです。エンジェルが見られることは、我々が変化しているサインなのです。私の理解としては、およそ2012年までにこのプロセスが完成されます。

パトリシア・レッシュ: 別のどのような変化が起こると我々は期待すべきでしょうか?

べレンダ・フォックス: 病気がなくなり、死ぬ必要のないことでしょう。我々は苦難を通してではなく、喜びと愛を通して、レッスンによって学ぶことができるでしょう。古いシステムが崩れさり、それは大きな戦いなしに起こることではないでしょう。そのため、あなたたちには、治療するための多くの医療方式が効果を持たないとか、政府が機能しないといった、すべての戦争があるでしょう。

多くの古いパラダイム(物の見方や捉え方)が存在しなくなるでしょう。存続するためにそれらは戦うだろうけれど。しかし、疑問の余地なく変化しています。この時点で生きることを選択した我々の中の彼らは、ほとんど新しい種族の前走者です。同時に、実際的に地球の楽園を表すにもかかわらず人類なのです。我々は(ヨーガの?)師とET(例えばユミットのことか?)、エンジェル種(すでに変異した人間のことか?)から特別な援助を受けて、心の内部へ導かれるために学んでいます。さらに我々がそこへ入ることができ、静かなる声を聞き、さらに起こっている変化と調和します。

パトリシア・レッシュ: これらの変化のいくらかの副作用はどんなことでしょうか?

ベレンダ・フォックス: 細胞の変異によって、あなたはときどきそこにいないと感じるでしょう。我々は文字どおり細胞が異変し、新しい人類になろうとしているので、あなたは疲労を感じるかもしれない。新生児のように、あなたは多くの休養を必要とするかもしれない。精神的な混乱と、なにか大きなことのために予定されたような日常の仕事に集中できないことが起こるかもしれません。

体のいたるところで、特に原因のない痛みや苦痛が起きることが普通でしょう。多くの人々にとって、自分が狂ったように感じられるでしょう。もし彼らが通常の医者にかかったら、なにが原因なのか正しく診断できないために、おそらくほとんどはプロザック(抗うつ剤)を処方されるでしょう。それはエネルギー体を読み取る経験のない医療者にとって難しいことなのです。

なぜならチャクラ(ヨーガでエーテル体にあるエネルギー・センター)は、我々の内分泌システムに関係しているので女性はホルモンの異変をきたすでしょう。ホルモンを分泌することにより、なぜかわからずに泣くかもしれません。我々(の成長?)が加速しているため、多くの女性たちが早期に更年期をむかえるでしょう。アクティヴであることに慣れている男性は、たぶん極度の疲労によって大きな挫折感を抱くでしょう。彼らは直感的になるため、女性的な内面をあらわにするかもしれません(えっ?よーするにゲイっぽくなるってこと?そういえば、近年ゲイが増えてないかな?)。

ここ20~30年に出現した精神不安定の治療では、これらの変化によって新しいテクニックが促進されてきました。実際のところ我々は、ごく短いあいだに数千年もかかるような、すさまじい量の感情的な行為(戦争・紛争・社会問題・ストレスといったことをさしているのか?)をしています。   続く

a0253145_1428252.png




な〜るほど! 何だか納得です。

私自身ここ4〜5年、とても疲れやすかったり、精神的にも不安定だったりした理由がやっと分かりましたぞ!

だだの更年期ではなく、私もDNA細胞のアップグレード真っ最中という訳だったんですね。

今後の人類は高性能DNAを上手く使いこなし、更にますます進化して行くってそんなシナリオなんでしょうか?

それにしても、う〜む・・・

これはひょっとするとヒトラーが予言した、超人類出現の夜明けを意味するのかも知れませんぞ。


使われなかった、93%のジャンクDNAたちよ! 

これからはどうか怠けずに、頑張っておくれ〜!




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-04-26 14:09 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< オモロい世界 万世一系・表と裏 >>