亀卜(きぼく)

a0253145_1591834.jpg
平安時代の日本には、陰陽師の阿部晴明みたいな人たちが占った占いより、さらに一段尊い占いがあったのだそうです。

晴明の占いとその占いとどっちを取るかというと、天皇は「こっちを取る」と決まりになっていた占術。

それが亀卜(きぼく)なのです。


実はこれ、今でもちゃんと現存する占いで、平成天皇が即位した時にも亀卜をしたという噂があるんですよね。

いにしえより国家の重大事には必ず用いられた、由緒正しい占いが密かに残っていたなんて・・・

占い好きには興味深いお話しであります。


中国伝来の亀甲占いは、すでに弥生時代あたりには朝鮮を経て日本に伝わっていたようで、占いの痕跡が遺跡から数多く発見されています。

古代人にとって亀は、龍や虎、鳳凰と共に霊獣として崇められ、焼いた亀の甲羅に天意があらわれると考えられていたようです。

だから亀卜とは、神のお告げを伺う宗教的な祭儀であって、「いい加減な気持ちでこれをやると罰が当たるぞ」といった類いのものなのです。
a0253145_1595871.jpg

我が国で盛んに行われるようになったのは6〜7世紀頃。

奈良時代から平安時代には、亀卜は宮中で盛んに行われるようになりました。

実はこの亀卜、とても格式の高い占術で、それ以降しばらくは日本で相当強い力を保持していたようなのです。


当時の律令制には、神祇官と陰陽寮という専門部署が設けられていました。

神祇官は宮廷祭祇や神事を、陰陽寮は陰陽道、天文・暦などを、それぞれ専門に司っていたのです。

占法も神祇官は亀卜、陰陽寮は易筮と六壬式占(りくじんちょくせん)を用いていて、両者に重なり合う部分はなかった。

担当省庁がしっかり分かれていたって事ですね。


宮廷祭祇担当の神祇官として、卜部(うらべ)と言われる専属占い師が20人ほど置かれ、亀卜をしていたんだそうです。

ちなみに陰陽寮の管轄は、陰陽五行説や天体の運行、暦の解釈を担当する立派な学問集団で、現代の文部科学省みたいな感じです。

いずれにしても占い師を高級官僚として登用し、重要な省庁として公に位置づけていたのだから、日本もなかなか粋な国家でした。


卜部(うらべ)はウミガメの産地である対馬と壱岐、伊豆の三ヶ所に配置され、天皇の即位や病気に関する事とか、政治・経済含め国家の行く末を導いていたという。

しかしその技法は、あくまでも秘事、口伝なので、全容は明らかにされていないのです。

a0253145_15104237.jpg

卜部たちは卜庭神(うらにわのかみ)を迎えて卜問い(うらどい)するのだが、その前に七日間の斎忌(さいき)に服さねばならない。

その後、祭壇の前で祝詞を唱え木製の棒を焼き、あらかじめ切れ込みをいれておいた亀の甲羅に押し付ける。

するとその熱で甲羅にヒビが入る。

このヒビ割れの形で吉凶を占う。 

といったもののようなのです。


神事に関する占いも多く、大嘗祭や斎宮祭の時、その時期や人選、天候などを占って来たらしい。

神のご託宣を仰ぐ、立派な宗教儀式だったみたいです。

もっとも記録にはその多くが「吉」と記されているという事なので、あくまでも形式的な儀式だった可能性もあります。

a0253145_151236.jpg

今も皇室の神道行事には、一般国民が知るよしもない複雑なものがたくさんあって、皇族方は日々大変な努力を重ねられていると聞きます。

もしかしたら夜中の奥の院に身分の高い方々が集まって、密かに亀の甲羅を焼いて国勢を案じてる、なんて話しもあり得なくないかも知れないですよねぇ。

メガロポリス東京のど真ん中で、古代からの儀式が続いているとしたら・・・

想像してみると、かなりシュールな光景です。


卜部(うらべ)の亀卜(きぼく)。

いっそインターネットか何かで中継してくれるといいなぁ〜、なんて思っています。



a0253145_15111099.jpg

追伸
下関には亀山八幡宮の名にちなみ、縁起をかついだ<亀の甲羅せんべい>なるものがあるという。

甲羅模様のこのせんべいをかじって、その割れ目によって吉凶を占うってのはどうでしょう?

きっと亀卜の基礎トレーニングになるんじゃないかしら?




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-09-28 21:38 | 人生・霊性 | Comments(0)
<< 浦島太郎伝説 ファム・ファタル >>