りんご神話

a0253145_155429100.jpg
台風が続くせいなのか、ほんの少しの傷で売り物にならない<理由ありりんご>が、スーパーで大量に特売されていました。

う〜む。

考えてみれば、りんごだって人間とおんなじです。

傷を負い痛みを知ってるものには、それなりの深みと味わいがある?かも知れないじゃないですか。

手間ひまかけて大事に育てられた優等生りんごも素晴らしいですが、多少の痛みを知る<理由ありりんご>だって十分に魅力的です。

この世に存在するありとあらゆるものには、その使命と役割が用意されているのです。

縁あって私の元へとやって来た4つのりんごたちは、私の味覚の喜びと幸福に帰依する使命を全うしようとしてくれています。

そして理由がどうあろうとなかろうと、潔く消滅して行かんとするその勇気に、この世の無常と循環と刹那を改めて私に思い起こさせてくれるのです。

まあとにかく・・・

りんごを食べる機会が増えて嬉しい限りなのであります。
a0253145_154013100.jpg

太古の昔から、我々人間とりんごとは親しい間柄です。

人類史のエポックメイキングな場所には、なぜか必ず赤いりんごが登場し、その存在感を見せつけて来ました。

サイズといい色といい、まるで人間の心臓を思わせるからでしょうか、りんごは人の生命の象徴として扱われる事が多いのです。


「人間とりんごとの関係性には、宿命論的な何かがあるに違いない・・・」

今朝もサクサク<理由ありりんご>の皮を剥きながら、私は考えておりました。

世界に果実は数多あるけど、りんごほど詩的・象徴的な果物はありません。

[人類が克服すべきカルマと共に、十字架を背負って歩いた希有な存在]

りんごという果実には、きっと特別な何かがあると確信しています。


そう思ってみると、我々はもっとりんごをリスペクトし、日々感謝して食さねばならなくなりますねぇ。

「りんごをかじると歯茎から血が出ませんか?」

何だかあの台詞さえ、りんごへの冒涜に思えて来ました。

本日は罪滅ぼしも兼ねて、思いつくままりんご神話を思い返してみましょう。


a0253145_1559584.jpg
まずはご存知<旧約聖書> 

エデンの園の禁断の実の逸話です。

アダムとイブは楽園を追放され、原罪を負ってしまいます。

その時以来、我々は人生に苦悩し続けなければならない宿命を負った訳ですが、このお話しの中でりんごは禁断と誘惑、知恵と生命の象徴となっています。

あの時ご先祖さんが赤いりんごを食べさえしなければ、今も裸の楽園で悩みなく暮らしていのかと思うと、ちょっとだけ泣けてきます。

いっそエデンのりんごがドリアンみたいな強烈な匂いを発していたら、アダムもイブも禁を犯さず、全然違った楽しい神話が生まれていたんでしょうねぇ。



それからギリシャ神話の<パリスの審判>
a0253145_15573240.jpg
パリスは3人の女神の美人競争を黄金のりんごで選ぶのですが、それが元でトロイア戦争を引き起こしてしまいます。

また<英雄ヘラクレス>の逸話では、天空を支える巨神アトラスを欺くため、ヘラクレスは黄金のりんごを使ったとあります。

ギリシャ神話のりんごは、はかりごとや権力の象徴のように扱われています。



一方、<アラビアンナイト>のアフマッド王子は、魔法のりんごで病気の姫を治して健康と蘇生の象徴になっているし、グリム童話<白雪姫>も毒入りりんごによる死と蘇生、娘が女に成長するためのりんごとして扱われています。
a0253145_199746.jpg


<ウィリアム・テル>では頭に乗せて矢を射られたりんごは、英雄の反抗性、父子の信頼と愛情の象徴です。
a0253145_18583337.jpg


また、ニュートンは木から落ちるりんごで万有引力の法則を見つけたし、スティーブ・ジョブスはりんごのかじり跡(バイト)を単位byte(バイト)と語呂合わせしている。
a0253145_19234782.jpg

そして10月31日のハロウィンも、本来は古代ケルトやローマの果樹の女神<ポモナ>を讃える秋の収穫祭で、西洋では別名<りんごの日>と呼ばれるらしい。

恋人の名前を書いたりんごを水に浮かべ、口だけでそれを取れるかどうかで恋の成就を占う風習があって、それをアップル・ポビングというのだそうです。
a0253145_19245369.jpg



どうですか? 

りんごの神話性はおとぎ話しを超えてるって気がしませんか?

そこには意味深い、特別な秘密の叡智が隠されているように感じられます。

りんごは人類にとって特別な、宿命的な果実って事なんでしょうね。




a0253145_162628.jpg
追伸
以前、映画<奇跡のりんご>を見て私も感動した一人なのだが、木村秋則さんの業績は多くの人々に支持され有名になり、今や新しいりんご神話を生み出してしまったようです。

昨今では、そのオーガニックりんごの果汁で作った化粧品さえ販売されていると聞きます。

平成版のりんご神話は、日本の津軽から今現在、生まれ育ってる真っ最中なのであります。

木村さんが生み出した<奇跡のりんご>のストーリーが、本物の神話のように語り継がれて行く事を願っています。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-10-21 19:33 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< ブレサリアン伝説 幸せを遠ざける21の習慣 >>