かけがえのない記憶

a0253145_20264750.jpg
33才の若さで急逝した、仕事仲間のK氏を<偲ぶ会>がありました。

前日まで元気に仕事してたのに、あまりに突然亡くなってしまったので、参加者はモヤモヤした信じられない気持ちを一杯抱えていました。

ご両親のお気持ちを察してみても、さぞかし気持ちに折り合いがつかない事と思われます。

北海道に住むご両親は、自分の息子がどんな仕事をしていたか、どんな生活をしてどのような人々と関わっていたのか、息子が何に興味を持ちどんな目標を持っていたのか、ほとんど良く知ってなかったようなのです。

そこでその日集まった30名程で、自分だけが知っている彼とのエピソードや、彼の印象、人と成りを順々に語り継ぎ、その模様を映像に記録してご両親に送ろうという事になったのです。


これは良い話しだなぁ、と私は思いました。

実際みんなの語るエピソードを聞き、「彼はビールが大好きだった事」「来年の東京マラソンに出場が決まり喜んでいた事」「女性の好みはスリムタイプで、意外にもピンク色が好きだった事」「休日にはアロハシャツ着てラーメンを食べ歩いていた事」「ビキニタイプの下着をベランダに干して盗まれた」「繊細で気が利くので女性受けが良かった事」「子供好きだった事」「楽器の修理を特技に持ち将来はそういう職人になりたがっていた事」などが分かって来たのです。

一人の人間の中には多面体構造物のように、色々な面があるものです。

自分の知っていたK氏とは幾分違うさまざまな側面を知ってしまったせいで、彼の存在は生前よりむしろ立体的に、ダイヤみたいに光始めたような気がしました。

編集し完成されたビデオレターを見たら、ご両親にとっては尚更そう感じられるんじゃないでしょうか?

「息子は今この場でキラキラしてるじゃないか」って・・・


人間の存在っていうのは人の記憶の中で初めて輝き出す。

もしかするとそういうものなのかも知れません。
a0253145_202936100.jpg


そこでちょっと思いついてしまいました。

亡くなられた方の生前の仕事や家族、仲間や交流、価値観や考え方、癖やこだわりを淡々と紹介する、今回のビデオレターのような番組があっても良いんじゃないかってね。

いっその事どこかの下らないTV局をひとつ廃止して、亡くなられた方専門の訃報チャンネルにしてもいいんじゃないですか?

しかしそれは死亡報告的な暗く味気ないものではなく、彼あるいは彼女がどのような人であったのか人格を忍ばせる、愛あるものでなければなりません。


彼は額に汗してあの時積極的にボランティアに参加してくれた。

彼女は家の子供にいつもクッキーを焼いてプレゼントしてくれた。

彼は人を笑わせるのが上手だったが、ジョークが通じない時はちょっと落ち込んでいた。

彼女はいつもアリアを歌いながら犬の散歩を日課にした。

彼の人生最良の日とは?

彼女の最もくつろげたお気に入りの場所は?

そういう小さい日常のエピソードを色々な関係者が語りつないで行く、ただそれだけの番組なのです。

葬儀や霊園関係の企業がスポンサーになってもいいけど、これはあくまでもベースに愛がある事が前提です。

唄にあるように、故人のスピリッツが千の風に還るまで、電波に乗せて見送る儀式のプログラムなのです。
a0253145_20282738.jpg


人間とは記憶と共に生きる生き物です。

愛する者が目の前から消えて行く喪失感を埋めてくれる唯一のものは、たくさんの良いメモリーだけなのです。

3.11の時、がれきの中から何よりも人々が探し出したかったもの。

それは先祖の位牌と家族の写真だったと言うじゃないですか。


記憶とは人と人とを媒介する、目には見えないパワーを持っています。

人間が時に神々しい程強くなったり、儚いくらい弱くなったりするのも、みんな記憶の力によるのです。

人と人との間に本当に存在してるもの。

もしかしてそれは<愛という名の記憶>だけなんじゃないかって、実はそんな気もするくらいです。

だからこそ人生のかけがえのない美しいメモリーを大切に生きたい。

そう、とみに願う今日この頃の私なのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-19 21:06 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< 母親の呪縛から解放される方法 創作クラスの男と女 >>