てへぺろのススメ

a0253145_18455202.jpeg

若いってただそれだけで良いものですよね。

「箸がころがっても楽しいお年頃」って言い方しますが、ティーンエイジの頃は正にそんな雰囲気に満ちあふれています。

ふっくらした頬や、みずみずしい二の腕。

どうでも良いような事に一喜一憂して、いきなりパアッと弾けるように笑う。

若いお嬢さん方の刻々と変わる表情を眺めてるだけで、こちらまでウキウキと楽しくなって来ます。


若さとは何か?

若さの特権とは一体何なのか?

若さが許す様々な事情から、それらを考察してみるのも興味深いですね。


若いという事は一般的には<未熟さ>を意味します。

<未熟>という事は失敗してもしょうがないという事、更なる経験のチャンスが再び与えられてるって事でもあります。

つまり若い頃には「多少無鉄砲でもがむしゃらにガンガンやって構わない」そういう特別な権利があるって事なのです。

仕事でも恋愛でも、取りあえず何でもやってみる。

いい大人がやったら笑い者にされるような事でも、泣いても笑っても、失敗して恥かいても・・・

「若いんだもの仕方がないさ!」

それが若さに許される一番大きな特権だと思うのです。

人は大人になると訳知り顔で若い連中に講釈したりしますが、その殆どは自分自身に向かって言ってる説教だと思って間違いありません。

自分の子供に「勉強しないとちゃんとした大人になれませんよ!」なんて言う親は、自分自身がちゃんとした大人になれてないって声高に表明してるようなもんなのです。

人は自分の経験則からしか物事を語れないのだから、人様のご意見を聞く場合もあくまで参考意見程度にとどめましょう。

最終的には自分で決断しないとダメです。

それぞれの人がそれぞれの世界観を語ってるだけなのだから、本来は誰もあなたの世界に影響を及ぼす事など出来ません。

だから若い人は思考回路の固まった大人の言う事など耳にかさずに、ガンガン好きな事しちゃって欲しいですね。

若くったって年取ってたって、男だって女だって、自分の人生が気に入らなくなれば、いつでもその場所から起動修正すればいいだけの話しなんです。
a0253145_18322987.jpeg

失敗を恐れずに好きな事をやってみる。

それでも最初から上手く行く人は少ないのではないでしょうか?

人は失敗を重ねながら色んな事がわかって来るものだからです。

失敗して少しヘコんだそんな時、未熟な自分の言動のすべてが許されてしまう、呪文のような<万能の言葉>があったらどんなに心強い事でしょう。


それが若い女性たちの周辺に存在していました。

「てへぺろ」っていう新種の日本語があるのをご存知ですか?

そう、流行りのギャル語「てへぺろ☆」の事です。


「てへぺろ」とは何か失敗をした時や、相手の気持ちを和らげたい時に使用する擬態語です。

うっかりした時や失敗した時などに、女性が「てへっ」と笑いながら舌を「ぺろっ」と出している状態の事です。

もともとは日笠優子さんという声優の方の持ちネタギャグだったようですが、だんだんに広まって、2011年には<女子中高生ケータイ流行語大賞銀賞>まで獲得したのだそうです。

2011年の事ですから、東日本大震災の頃から既に立派な日本語だったみたいなんですね。

知らなかったのは私だけで、ギャル語サイクルの早い女子中高生にとっては、既にもう死語なのかも知れません。


使い方はこんな感じです。

 「ごめん遅刻しちゃった! てへぺろ☆」

 「ごめんね。 私が間違ってた。 てへぺろ☆」

 「ハイ、チーズ! てへぺろ☆」


右手をクルっと回転させながらピースサインを作り、右目の横に添え、左目でウインクしつつ、ペコちゃんのように舌を上唇方向に「ぺろっ」と出し、可愛こブリッコの声で「てへぺろ☆」と言い放つのが正式なスタイルなのだそうです。

これを流れるように自然に繰り出すには、相当な熟練が必要となります。

それを見た者に「可愛いなコイツ」と思わせるか「ウザッ!」と思わせるかは、使用者の容姿・挙動・相手先のギャグの許容度などのさまざまな条件をクリアしなければなりません。

実社会で使用するには相当な状況判断が必要とされるでしょう。

つまり「てへぺろ☆」使用には、TPOが必要であるって事なのです。


「てへぺろ☆」使用の条件には・・・

   1. 仲の良い人がその場にいる事

   2. 許される空気である事

が、必須となるでしょうね。


a0253145_18321757.jpeg


相手がイラッとした時にすかさず発動させると、イラッとした気分を緩和させる効果があります。

そこにはリラクゼーション効果が期待される訳なのですが、基本的に可愛い娘に限ります。

若くて可愛い娘だけに許される特権なのです。

可愛らしく効果的に実践しないと単なる<ごまかし笑い>と判断され、よけい評価を落とす事になりかねないので、そこら辺のさじ加減が難しいところです。


しかし「てへっ」&「ぺろっ」で好印象を与えて、モテカワ女子になれるのだとしたら、若さの特権とは恐るべきものがありますね。


「てへぺろ」といい「アヒル口」といい、最近の「ぷに子」といい、モテカワの基準も時代によりどんどん変化しています。

しかし若くて可愛らしいっていうのは、ただそれだけで既にパワー(力)なんですね。

「多少無鉄砲でも、がむしゃらにガンガンやっても構わない」

若さの特権とは素晴らしいものです。

けれども実は、若くったって年取ってたって、男だって女だって、人生の今のその場所から新しい世界へといくらでも飛び出して行けるはずなのです。

例え失敗したとしても、若い娘のように「てへぺろ☆」って笑い飛ばしてみましょう。

そんな風に気楽に考える事が、人生を最も輝かせる<コツ>のように思えてならないのです。



おまけ:
余談ですが「てへぺろ」(Tethe Tpero)はアボリジニの言葉では、言ったら殺されても仕方ないほど相手を侮辱した意味なんだそうですよ。

あくまでもTwitter上のデマかも知れませんが・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-06-29 11:29 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< 華麗なる加齢臭 お点前事始め >>