ギックリの教え

a0253145_12444578.jpg
今年の春はお花見のタイミングも逃してしまったし、今にして思うと、やっぱりどこか調子がおかしかったのです。

真冬のコートを出さなきゃならないくらい、冷たい雨が降り続く、そんなある日の事。

冷えた身体を暖めようとバスタブに湯をはり、洗面台の下のシャンプーを取ろうと腰をかがめたその時です。

かすかに「ミリッ」と嫌な音がしたのです。

「ヤバッ! これってギックリ?」


<腰>とは、月偏に要(かなめ)と書きます。

立つ、寝る、座る、歩く・・・

どんな動作をするにも、身体の中心で要となって働く重要な場所、それが腰なんですね。

その時、左腰に鈍い電流のような衝撃を受け、立つ事もしゃがみ込む事もままならなくなり、私は洗面台に肘をつき、なす術もなく固まりました。

a0253145_12355039.jpg

「身体とは聖なる神殿。 大切にしないと神は降りて来てはくれない。」

かねてからその言葉を信じていたので、肉体のケア、健康へのケアは結構気を使ってるつもりでした。

少なくともここ3~4年は、病気知らず、怪我知らずで元気に過ごしていたはずなのに・・・

ギックリ腰は突然けたたましいサイレンを鳴り響かせ、私のところへ舞い降りて来たのです。

災難は忘れた頃にやって来る。

これはまさに緊急の非常事態であります。



この肉体を使い続け、早50年を過ぎてしまいました。

どんなに性能の良い機械だって、ガタが来て当たり前の年月です。

「これからは肉体の劣化・老化と、嫌がうえでも付き合って行かなきゃならないんだなぁ〜」

そんな現実を改めて思い知らさられて、ちょっと凹みます。
a0253145_12502359.jpg

人間の不幸のひとつにこんなものがあります。

心は一向に変わらないのに、その心を包む外形・肉体は確実に老化して行くっていう不幸です。

つまり年齢を重ねるにつれ、魂とその入れ物との間にミスマッチが起こる訳ですね。

人生のある地点から、肉体と魂との勢力分布の不均衡が始まって来るのです。

人はこの矛盾にどう対処すべきか?

中年期に達したオジサン・オバサンたちは、この立ちはだかる矛盾点から、新たなターニングポイントが始まる訳なのです。


この痛みやすい肉体を長持ちさせるために、我々は絶えず修理をし続けなければなりません。

頭痛・歯痛・風邪・腹痛・・・

考えてみれば、人の一生は痛みのオンパレードです。

肉体とは、なんと手間のかかる厄介者なのでしょうか。

インドの山奥で修行するマスター達ならきっとこう言うでしょう。

「意識を肉体から引き離して、肉体への執着から解放するのだ!」

しかし凡夫である我々は、この肉体の調子が狂い修理が必要になった時には、一体どのように対処すれば効果的なのでしょう?

骨盤ベルトと湿布剤とで、そんな事を悶々と考えていた私は、偶然にもある著書を紹介した記事に遭遇してしまいました。

それは日本初のヨガ行者と言われる、中村天風氏の「運命を拓く」という本の紹介記事でした。
a0253145_12365848.jpg

この現象界に存在する一切の事物の根底は、科学的にのみ見れば、物質的なものであるが、哲学的に観察すれば、どこまでいっても非物質的な、精神的なものである。

すなわち、眼にも見えないし、観念で想定しなければ想定できない”宇宙霊”という一つの気が、全宇宙を支配し、それが宇宙の本質になっている、ということである。とすれば、運命も、健康も、自分の心の思い方、考え方で、良くも悪くもなるのだということがすぐわかるはずである。(抜粋)



「運命も、健康も、自分の心の思い方、考え方で、良くも悪くもなるの・・・」

人間は自分の考え方次第で、宇宙はそれに呼応した状態をもたらす、というのがこの本の主張です。

だから運命を拓くためには、


   積極的な考え方をすること

   口から出る言葉を大切にすること

   何にでも感謝をすること

   笑うこと

   利他の心を養うこと


これらを習慣づける事が何よりも大切なんだそうです。

つまり失恋しようが、借金しようが、病気になろうが、どんなに嫌な事があってもその事に感謝して積極的に考える。

しかも「無理やりじゃなく、本心からそう考える事が、その人に明るい肯定的な現実を創り出す作用がある」という概念なのです。


口から出す言葉には言霊があります。

口から出て来る言葉を積極的・肯定的にすれば、色々と良くなるのです。

だからどんなに苦しい時でも、自分が今、この状況をどう考えてどう解釈し、どう口に出しているかに気付いていなければなりません。

しかし本当に具合が悪い時、無理して「具合が良い」と言えば治るかというと、これは明らかに嘘があるので却って治りません。

なので具合の悪い時は、具合の悪いままの状態を「出来るだけ気にしない」という微妙な心理状態をキープするのが良いようです。

つまり「気になる事から気をそらす」「気になる事を考えない」のが最も望ましいのです。
a0253145_12471686.jpg

なぁるほど~!

腰のトラブルで意気消沈していた私には目からウロコ、自分が丁度必要としていたありがたい<お導き>です。

寝返りうつたびに「イタタ、イタタ・・・」と、ブツブツ愚痴っていたのをきっぱりと止め、「気になる痛みから気をそらす」「気になる腰を考えない」に切り替えてみました。

そして「ギックリ腰よ、ありがとう!」という気持ちに、かなり強引に持ってっちゃったのです。


すると自分の日常の仕草やポーズ・姿勢など、腰に悪い癖の数々が思い出されて来たのです。

それは腰を痛めたからこそ初めて気付いた、思い当たる節のある、明らかな腰痛原因でした。

足に負担をかけてた靴や、バランスを崩す鞄の持ち方、足の組み方にも心当たりがあります。

知らぬ間に身体に負担をかけてる生活習慣もありました。

もう少し運動して身体を動かす事を、私のこの肉体が望んでいる事も分かりました。

ギックリ腰が、私に色んな事を教え始めてくれたのです。


反省すべきは反省し、改善すべきは改善する。

腰のトラブルからも確実に、前へ前へと一歩ずつ進んで行けるはずです。

そんな風に考えを改めたせいなのか、私のギックリはみるみるうちに骨盤ベルトの支えを必要としなくなって行ったのでした。
a0253145_12391362.jpg

「この世は本質的に調和した美しい世界であり、宇宙という存在は否定的な部分を持たない」

と、中村天風氏は言ってます。

私も今回のこのギックリ体験から、人間の肉体は、本来調和のとれた神殿のように、やはり完璧に作られているんだって事を教えて貰ったような気がします。


何にでも感謝をして、積極的な考え方をしよう!

ギックリ腰よ、ありがとう!




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-04-28 12:37 | 美容・健康 | Comments(0)
<< 浮気心の処方せん 真実の幸福 >>