おちんちんの讃歌

a0253145_2016432.jpg

「オッパッピィ~~!」

7才になる友人の息子が意味不明の言葉を発しながら、車の中で騒ぎ出した。

母親以外の女性のオッパイやお尻が気になる年頃なのだろうか、たいして豊かでもない私の胸を、隙あらばツンツン突いて悪戯してくる。

そこにはある種の主張が隠されているのです。

それは「女の人はオッパイだね。でも僕にはオチンチンがあるのさ。えっへん」って主張です。

つまり早い話し、自分のおちんちんの存在証明をしたい訳なんですね。


口唇期(0~1才)→肛門期(1~3才)→男根期(3~6才)

両親の愛情を存分に受けて、発達心理の各ステージを通過し、今や社会性を学ぶ段階の彼。

それは他人の肉体を知りたがる時期でもあります。

大人とはまた違った意味で、オッパイやおちんちんに興味深々なんですね。

幼くてもエロスはDNAに組み込まれている。

最近では金髪水着美女の画像を見たがっては「ママのオッパイと違うね」と同意を求めるそうで、父親も苦笑しておりました。(笑)


男の子はおちんちんを通じて大人になる。

まさしく本当にそうなんだなぁ〜って思います。

男の子はおちんちんの優越性で、男らしい能動性や攻撃性を育むのだそうです。

「僕はおちんちんを持っている。しかし女の人はおちんちんを持ってない。」

どうやらその辺りが最も自慢したい部分なのかも知れません。

彼はおちんちんを通じ「自分とは一体何ぞや」と、アイデンティティーを学んでる真っ最中なのです。

おちんちんとは<男と女><大人と子供>の境界線辺りに見え隠れする、何か根源的でシンボリックな象徴なのでしょう。

だから何のかんのといいながら、結構みんな興味あるんですよね。(笑)

a0253145_20115311.jpg

そういえば私も小学4年生の頃だっただろうか、おちんちんを巡る奇妙な経験をした事を思い出しました。

ちょうど大人と子供の境目辺りの、<おちんちん原体験>ともいえる体験です。


秋の日の昼下がり。

自宅近くの路地裏で、気弱な痴漢のお兄さんに遭遇してしまったのです。

「い、いいもの見せてあげようか?」

変態のお兄さんはそう言うと、両手でコートの前をガバッとはだいだ。

当然のごとく、めくったコートの中はスッポンポン。

いたいけな少女は「キャ~」

変態さんはエヘラヘラ・・・

まぁこれが普通のパターンでしょうか。

しかしその時の私はちょっと違った反応を示してしまったのです。

というか、大体においてお兄さんの大事な部分がよく見えなかった。

午後の眩い日差しの影になって、彼の局部はモヤモヤの暗黒星雲、どう見ても猥雑な暗がりにしか見えなかったのです。

「ん、ナニコレ・・・?」

いたいけな少女は悲鳴を上げることなく、むしろ驚きもせず、まじまじとお兄さんの股間を凝視した。

そして変態のお兄さんの股間と瞳とを、交互に見比べたのです。

「ナニコレ・・・?」

いたって冷静な感じにだ。

こうなると出ばなをくじかれ、恥ずかしくなってしまうのはお兄さんの方だ。

急いでコートの前を閉じて、顔を赤らめ逃げるように過ぎ去るしかなくなってしまった。

午後の路地裏を、背中を丸めた変態さんが行く。

そんな風変わりなシーンが原風景として浮上して来たのです。

a0253145_20122634.jpg

それは潜在意識に収納され、長い眠りについてたおちんちんの記憶でした。

今にして思う。

あれは一体何だったんだろうと・・・

幸いな事に私のおちんちん体験とは恐怖体験でなく、未知の空間を垣間見た不思議経験としてしまい込まれていました。

しかしこれは、たまたまラッキーだっただけの話しなんでしょうね。

同様の体験がトラウマとなって、男性恐怖やSEX恐怖に苦しんでる女性も多いはずです。

おちんちん体験とは、女の子にとってもある意味大きな通過儀礼なのです。


実際世の中には、男性器への恐怖感を持つ女性はたくさん存在するのです。

「病的なくらいの潔癖症で困ってる」なんていう人も、幼少期の性にまつわる体験(あるいはそれ以前からの記憶)に影響されてる可能性が高いですね。

そういう女性たちは、自分の中で不合理に膨らんでしまった誤った情報を、健全な情報に書き変える必要があります。

つまりおちんちんに対するネガティブな観念を、明るく健康的なものに変えて、それに起因する諸々の不幸に光をあてる作業が必要なのです。

a0253145_20133967.jpg

性にまつわる様々な問題には大人もハッキリ答えてあげられないし、聞いてはいけないみたいな雰囲気だし、いつでも曖昧さを抱えたまま我々は大人にならなければなりません。

昔の日本では混浴が当たり前でした。

子供たちはそれを見て、ごく自然な形で性を学びます。

昔の人のように性に大らかだったら、人間はどんなに明るく健康的に育つだろうかと思うと、この現代社会の歪みを改めて考えさせられます。

性にまつわる事は、子供たちに明るく希望を持って伝えたいものですよね。


世の若き女性たちに告ぐ!

決して性の問題などに怯むことなかれ。

あなたが恐れているものは、ただ単に未知のものだからなのかも知れませんよ。

暗黒星雲のイメージを、明るい場所・光の当たる場所に引っ張り出してみてごらんなさい。

それが出来たらなら・・・

おちんちんは絶対、眩く愛おしく崇高な存在に昇華するのです。(笑)

a0253145_20415922.jpg


追伸:讃える歌も作ってみたので、皆さんで歌ってみて下さい。(冗談)



     <おちんちんの讃歌>

   愛といつくしみのあるところ

   神の教えは完全で、魂を生き返らせる

   そのさとしは変わらず、心に知恵をもたらす

   悪の力から解き放たれ、誠の自由を得たなら

   完璧な機能、完璧な美しさ

   神の栄光と祝福が宿る場所

   ハレルヤ、ハレルヤ・・・

   皆で讃えよう、おちんちんの歌

                


[PR]
by viva1213yumiko | 2015-06-19 12:48 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< 愛別離苦 抱きしめる聖者 >>