カオス君GO-GO!

a0253145_231147.jpg
後戻りの出来ない決定的な状態に進む時、よく「ルビコン川を渡る」という言い方をします。

紀元前49年、元老院と対立していたカエサルは、国境線のルビコン川からローマ領内に入る事を固く禁じられていました。

しかしカエサルは「賽は投げられた」と決心を告げ、ガリアから引き連れた軍団と共に川を渡って行ったのです。

それをきっかけに内戦に勝利し、共和国政府を中央集権制に変えるなど広範囲な改革に着手し、帝政ローマの下地を作ったのだそうです。


ルビコン川を渡る。

世界中で様々なシステムが「ルビコン川を渡りつつある」ように思えます。

政治・経済・教育・思想・環境・文化・科学技術・家庭生活

今まで安定していたシステムがガラガラと崩壊し、何でもありの混乱期へと突入しているように思えるのです。

今や世界は「濃厚なカオスのスープに地球儀もろともダイブした」ような、そんな状況です。

ついに我々は<カオスポイント>を超えてしまったのだろうか?

a0253145_233397.jpg


<カオスポイント>とは。それまでの安定したシステムでのゆらぎ(不合理な部分・矛盾点)が最大限となり、もはや元の状態には戻れない地点にまで達した事を示す概念で、アーヴィン・ラズロ氏の著作で有名です。

例えば牛乳を温める時の事を考えてみて下さい。

注意深く弱火で温めてるにも関わらず、ある限界値を超えるとミルクはいきなり吹きこぼれ出しますよね。

私もいつも慌てて火を止める事となります。

そして気づくとミルクのたんぱく質は凝固し膜を張っている。

牛乳は化学反応を起こし、別のものに変容するのです。

この吹きこぼれる直前の状態、牛乳がバアーッと盛り上がる瞬間を<カオスポイント>と考えると分かりやすいでしょう。

新しい何かが始まる前の、混乱の予兆みたいなものと思って頂きたい。

それまで安定していたシステムが保持の限界を超えた時、形態は突然思いもしない反応を起こすのです。

優しく穏やかなミルクでさえ、沸騰に向かって一挙に突き進んで行く。

牛乳は牛乳なりのルビコン川を超えるのです。


<カオスポイント>を超えるという事は、もうそれ以前の状態には戻れないって事を意味するんですね。

ひとつの国家が全体主義・独裁主義に向かう過程も、これとそっくりのプロセスを踏むのだそうです。

それまで右に左にと揺れてた振り子が、ある地点を境にピタリと動きが止まる。

そこからは集合的な渦に飲み込まれ、流れは一気に変わってしまうと言います。

ヒットラーなどは、そういう社会的心理構造を良く心得ていたらしい。

これは相当に恐ろしい事ですよねぇ~

a0253145_22574317.jpg


この世のあらゆる存在は、すべて進化を運命づけられています。

生物にしろ無生物にしろ、すべてのものは<創造→保存→崩壊>という一連の法則に従わざるを得ません。

形のない世界から形あるものが生まれ、ある一定の時を経るとまた無形の世界へと戻って行く。

歴史とは永遠にそれの繰り返しです。

もっと平たく言ってしまえば、すべての物事は<安定した構造を守ろうとする勢力>と<新しいシステムに移行しようとする勢力>との攻防なんですね。

惑星のレベルから、国家間のレベル、人の魂のレベル、細胞レベルまで・・・

階層は違えど、皆似たような構造なんだそうです。


だから現在世界に起こってる混乱は、ある意味避けられないものなのかも知れません。

なぜなら我々人類は今、次の文明のステージに進めるかどうかという微妙な場所にいるからです。

今、地球そのものが催眠術から醒めようとしている。

そして新しい文明に移行するための、産みの苦しみのちょうど真っ最中。

そういった意味では<カオスポイント>とは、<陣痛ポイント>と言っても良いのかも知れませんね。(笑)

a0253145_22544037.jpg


揺れ動く混迷の時代。

ほんのちょっとした事がきっかけで予期せぬ大変動が起こる可能性があります。

一歩間違えれば文明の崩壊、ガイアシステムの崩壊が待っている。

崩壊か?再生か?

この行きつ戻りつの価値観のゆらぎの荒波を、我々はどのように乗り越えて行けば良いのでしょうか?

このような嵐の中、有能な船長ならどう判断し航海を続けるのでしょう?


そのためにはあまりシリアスになってはいけません。

人はシリアスになった時、決して良いアイディアなど浮かばないからです。

ここは落ち着いてひとまず深呼吸など繰り返しましょう。

そして腹をくくってカオスを楽しむ心構えを始めるのです。(笑)


そうねぇ〜

例えばこの一連の人類進化の流れを、お祭り騒ぎのように楽しんでしまうっていうのはどうでしょう。

人類進化のためのフェスティバルだから、つまり<進化フェス>って事だわね。

<進化フェス>なのだから、まずはそれぞれお祭り装束に着替えましょうか。

フェスティバルの踊りや音楽が、連日連夜奏でられる事でしょう。

提灯や横断幕がいたるところに飾られ、街は華やかな雰囲気に包まれる。

人形や花を飾った山車が盛大に練り歩き、紙吹雪が舞う。

市町村からはお祝いの供物や酒が配られ、特別な祝祭ムードが漂う。


そうそう、<進化フェス>のマスコットキャラクターも欲しいとこよね。

未来のため、子供たちのためにも、人気No.1のゆるキャラが必要です。

公募グランプリにより、無名デザイナーの制作したキャラクターを採用。

もちろんニックネームも公募で決まった。

その名も<カオス君>だ。
a0253145_22552934.jpg

<カオス君>には危機の時代を乗り越え、人々に笑顔と勇気を与える特別な使命がある。

だから当然、あちこちで引っ張りだこだ。

人々はカオス君のユーモアに触れて「なんとかなるさ」と考え出す。

ゆるキャラの温もりに人々は心癒される。

カオス君の笑顔につられて子供たちは笑う。

子供たちのはしゃぎ声はどこまでも空に広がる。


a0253145_225646.jpg
思えば世界の混乱とは、危機点であると同時に最大のチャンスポイントでもあります。

システムの構成員である我々は、孤立しバラバラに存在しているという訳じゃなく、互いに関連し影響を及ぼし合っています。

ってことは意識を少し変えるだけで、大きな可能性が生まれるはずですよね。


ホーリズム(全体性)を思い出してみましょう。

地球全体の利益を考え、日々の生活でより良い選択をする事が大切です。

個人の小さな選択が、世界が正しい方向に向かうか否かの瀬戸際にあります。

小さなゆらぎが大きな影響力を持つ。

だから我々は意識的な選択をしなければならないのです。

私たちのほんのちょっとした発言や勇気ある行動が、予期せぬ大変動を起こす可能性を秘めています。

だから地球のためにも、私たちの意識の変革が必要なんですね。




おまけ:
   <カオス君>ゆるキャラグランプリ受賞 

   オリジナルグッズ爆発的人気に

   イメージソングヒットチャート急上昇

   カラオケで歌いたい歌ランキング第1位

   「カオス君GO-GO!」




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-09-30 11:59 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)
<< スピリチュアリズム実践 グレタイ族リポート >>