<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大日向マルシェ

a0253145_20562124.jpg
田舎の道をドライブすれば、その地域の特産品を扱う販売所に必ず遭遇することになります。

もちろん那須にもその手の場所はいくつかあり、週末ともなると観光客で大にぎわい。

「ねぇ、この大根安くない?」

「え~、マジこの値段?」

「やっすい!信じらんない!」

「待ってて~、ついでにネギとトマトも買ってくぅ」

「私も家のお土産にしよ~っと」

てな感じの、やけに華やかな会話があちこちで飛び交い、野菜などみるみるうちに売れて行きます。


震災と風評被害で相当ダメージを受けたので、再び観光シーズンが到来し、そんな光景が見られるようになって個人的にも嬉しい限りです。

こういう大規模な生産者直売所にも是非足を運んで欲しいのですが、今回は国道脇の林の中に、こだわりの品々が集まる不思議で可愛い朝市のことを紹介しましょう。

観光ガイドブックで探しても見つからない、小さな小さなビオマルシェです。


このマルシェ、ローカルで小さな経済の循環と人とのつながりをテーマにしています。

無農薬・無化学肥料の農産物を中心にしたヨーロッパのような朝市を目指しているのだが、そのたたずまいは、なんというのかとっても<ゆるゆる>していて、スローライフ買い物編をまさに満喫出来るのです。

初夏から秋にかけての隔週土曜日午前中、目に付く建物も何も見当たらない林の中に、無農薬野菜や加工品・パンやお菓子を心を込めて作っている仲間達が集まって来る。

それぞれにテーブルや椅子を並べクロスを広げて、森の中に可愛い市場が出現します。

a0253145_20584469.jpg

ピーターラビットも買い物かごを持って訪れそうな、ほんとうに小さくて可愛いマルシェの出来上がりです。

しかし可愛く見えても中身はみんな本格派。

ものづくりに関しては、一過言ある職人風の出店者ばかりなので、スーパーマーケットでは決して手に入らないこだわりの食品を、旬の状態で購入することが出来ます。

a0253145_2149507.jpg

a0253145_22105360.jpg

a0253145_2151106.jpg

有機野菜の作り手本人から直接、食べ方・育て方を聞くことが出来るので、とても勉強になるし子供達の食育にも影響を与える。

a0253145_21532331.jpg
a0253145_21502626.jpg

オーガニック雑貨やフェアトレード製品もあり、説明やうんちくを聞くうち、現代社会の経済システムの矛盾に気付いたり、ちょっとした文化学習の場にもなっているのですね。

a0253145_21543320.jpg


<土 カラ 生マレル 事ノ 繋ガリ>


主催の小山ヒロ子さんは大地を通して、人と人とが繋がる事、循環して行く事をメッセージとして伝えている。

このローカルビオマルシェをヨーロッパ並みに、日常的なものにして行くのが目標なのだとも・・・

木漏れ日の下、妙に気負いのない田舎のマルシェに、その可能性を感じました。

a0253145_21484824.jpg
a0253145_21483360.jpg

ピーターラビットは森の市場であひるの八百屋・きつねのパン屋・やぎのチーズ屋さんに出会いました。

そして、買い物をするうちにお互いをよく知るようになりました。

それからは、違いを乗り越えて助け合う、よい仲間になったのです。

めでたしめでたし・・・



大日向マルシェ




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-05-27 21:54 | 衣・食・住 | Comments(0)

タロットが教えてくれること

タロットカードは10年後20年後という遠い将来を占うのには、あまり向かないと知ってますか?

どちらかというと半年とか1年とか、比較的近い未来の予測に適した占術なんですね。

a0253145_12343649.jpg

でもタロットが最も得意とするのは、今現在のあなたの深層を覗き込むこと。

自分でも気付かなかった自分の思考や感情、肉体の状況、対人関係の癖、物質社会への傾向性などを明らかにすることです。

自分のことを良く知り、客観的に眺めることによって、自分の人生を意識的に生きることが出来るのです。


人は誰もみな違う顔をしてるように、みんな違う世界観を持っています。

そしてひとりひとりが、各自の複雑な世界観に基づいて人生を生きています。

「彼があれほどまでに働くのは、子供の頃父親に認めて貰えなかった反動だ」とか・・・

「彼女があれほど頑ななのは、過去に恋人に裏切られ深く傷付いたからだ」とか・・・

世界観こそがそれぞれの人生の事情を作って行くのです。


しかし万物が生々流転しているように、各人の世界観も必ず変化して行きます。

常に人は進化成長することを宿命づけられているので、古くて機能しなくなった自分の世界観とは定期的にサヨナラしなければならないのです。

いわゆる断捨離ですね。

その変化の時というのは(つまり人生の危機のことを指す)辛いものですが、その分うまく乗り越えられたなら大きな飛躍と成長が待っています。


もしあなたが今、何かしらの問題を抱えているのだとしたら、古臭くなり合わなくなって来た自分自身に何らかの執着があるからで、早いところその場所から卒業出来たなら、悩みはスッキリとなくなってしまうはずです。

それは社会人になった自分が、学生時代の未熟な自分を、照れ臭く懐かしむようなもの。

「あなたが変われば、世界は変わる」という訳です。

a0253145_12332858.jpg

どうしてなのか、私にも未だによく分かりません。

しかしタロットカードが、あなた自身にも分からないあなただけの世界観をこっそりと教えてくれるのは確かなのです。

まずは自分を知ること、正直に認めることが最も大切です。

あなたの潜在意識はどういう構造をしていて、どんなストーリーを生み出しているのでしょう?

どうしてあなたの感情をこんなに刺激し、混乱させるのでしょう?

その原因はどこから来るの? 

どう対処すればいいの?

一体そこから何を学べばいいの?


カードはきっと教えてくれると思いますよ。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-05-23 12:31 | 人生・霊性 | Comments(0)

四十九日

a0253145_13312957.jpg

昨日、叔父の四十九日の法要がありました。

仏教の教えによると、人の魂は死後四十九日間はあの世とこの世の狭間である中有界という世界に留まっています。

現世への未練と執着を捨て清められた魂は、四十九日を過ぎると安心して成仏するというのです。


全仏教の中でも輪廻転生を正式にシステマティックに認めているチベット仏教では、

「人は死後に中有界(バルドー)で四十九日過ごした後、生まれ変わる」

と、そう教えています。

チベット死者の書にそう書かれているのですが、そのあまりに早すぎる輪廻転生には私もちょっとビックリです。

もしそれが本当なら、叔父さんはあの世でのんびりする間もなく、今頃再び現世へ帰還準備をしているはず・・・

ふぅ〜

生まれ変わりもなかなか慌ただしいものなのねぇ。

a0253145_13303354.jpg

ところで、このバルドーという世界、一体どういう場所なのでしょうか?


チベット死者の書によると、人は死んで肉体を脱ぎ捨てると真実の自己に目覚めるのだそうです。

真実の自己っていうのは、宇宙の真理に目覚めること。

意識が覚醒して大きく広がり、宇宙エネルギーに直接包まれてしまうことです。

臨死体験者によると、その瞬間はとてつもない至福に包まれてエクスタシーを感じるそうで・・・

う〜ん、なんとも羨ましい限りです。

ちょっと死ぬ日が楽しみになりますね。


ところが生命の本質であるこの光。

あまりに純粋で目も眩むほどの光明なので、死者の意識はつい恐れをなしてしまうらしいんですね。

すると抑圧されていた恐れや苦痛が一挙に飛び出し、潜在意識に潜んでいた感情・思考・イメージが幻影になって現われて来るのだそうです。

パンドラの箱が開いて、恐ろしい鬼や地獄図が出現してしまうんですね。

その人の心の状態が3D映像のビジョンになって次々と現われる訳だから、これはもう大変です。


<閻魔大王に生前の行いを審判され地獄へ落とされる>

というのも実は真っ赤な嘘で、地獄とは自分の心が作り上げた幻想に過ぎません。

心に潜むネガティブな想いが、スクリーンに投影されてしまっているのです。

その幻想に気付き、見破ることが出来たなら・・・

速攻、白い光へと解脱出来るらしいのですが・・・


人の心は誰でも、多かれ少なかれ汚染され傷ついています。

だから自分の心をよーく見つめ、悪しき想いを浄化しないと、スクリーンに映る映像を本当の地獄だと錯覚し、苦しむことになってしまいます。


この世でもあの世でも、状況は全く同じなんですね。

幸せになるか苦しむか、それはあくまでも自分の手の中にあるのだと思います。

与えられた人生に<ありがとう>と感謝し、他者の幸福を自分のことのように願う。

そして憎しみ・恐れ・恨み・つらみで汚染された心をひとつひとつ浄化して行きましょう。

今生も死後も来世もハッピーでいるために、日々幸福の種を撒いておくことが大切になって来るのです。

a0253145_13322266.jpg




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-05-15 22:27 | 季節・行事 | Comments(0)

珈琲掃除術

出来るだけ電気に頼らない生活を心がけたいものです。

究極の理想は、自家発電システムを導入した完全なるエネルギー自給生活。

お上や電力会社とスッパリ縁を切り、自立することが目標です。


しかし現段階でも、とりあえずやってみる価値のあることは結構ありますよ。

例えば家事の中では、掃除なんかが手っ取り早いんじゃないかと思います。

昔の人のやり方を真似て、ほうきを使ったシンプルな掃除術に変更してみるのはどうでしょう。

毎日の掃除を掃除機からほうきに変えるだけでも、みんながやればかなり違うはずです。

だいたい日本のちっぽけな住宅事情に、あのブワーンとがさつなモーター音の掃除機っていうのは、どうも相応しくない。

昔ながらのやり方でも、全然問題ないって気がします。

a0253145_15144580.jpg

「飲み残しの茶殻をまいてほうきをかけると良いよ」

と、お婆ちゃんは教えてくれました。

畳にばらまいた茶殻をはき集めると、シャッシャッシャッと、小気味よい音がしたものです。

家では茶殻でなく、毎朝飲んでいる珈琲の粉を利用して掃除をしています。

湿った珈琲の粉を床にばらまいてほうきをかける。

ただそれだけのことなんですが、これが思った以上にいい感じでした。

珈琲の粉の湿り気で、綿ぼこりを飛ばさずにちり取りに集めることが出来ます。

乾燥した空気に適度な湿り気を与え、部屋に珈琲の良い香りが広がります。

そして何よりも放射能を含んだ、焼却灰問題ですね。

灰を集め処分する時、珈琲の粉が放射線の飛散を押さえてくれているような気がするのです。

多少なりとも空気の浄化になってくれたなら嬉しい限りです。


ところで、珈琲の粉はうっかりまきすぎると大変ですよ。

土そっくりの黒い物質が部屋中に散らばっている様は、まるで家畜小屋。

履物の下でザラザラするし、まいたらすぐにはき清めて下さいね。

a0253145_15154162.jpg

春になり暖かくなると、はき集めた珈琲ごみの中からカメムシを発見したりします。

このカメムシ・・・

カメのように固い甲羅を持ち、カメ並みにのんびり動くどこかとぼけた虫で、簡単に捕まえることが出来ます。

ひっくり返すと起き上がれずにジタバタしちゃって、ちょっとのんきな愛嬌ある虫なのです。

あまりのトロさ加減から、この虫だけはいつも窓から外に追い払っているのですが、昆虫たちって実はかなりしたたか。

本能的に我が家の除染スポットを熟知しているのかも知れませんね。

珈琲通のカメムシたちの今後の動向に、注目して行きたいと思います。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-05-09 15:29 | 衣・食・住 | Comments(0)

若葉萌ゆ

a0253145_2345924.jpg
5月のGWに入る頃、田園風景はみるみるうちに様変わりして行きます。

一斉に、ほんとに一斉に新緑が芽吹くからなのです。


高原地帯は春が遅い分、花も芽吹きも待ってましたとばかりに始まります。

田んぼや畑に目をやれば、桜も菜の花も、モクレンもレンギョウも、タンポポも水仙もチューリップも・・・

おしゃべりが弾む女学校の乙女たちみたいに、賑やかに咲き誇っています。

野山を見渡せば、春のパステルカラーは日に日に明るくトーンアップ!

ただそこら辺に買い物に行くのでも、華やかな気分を味わえて、生きてる幸せを感じます。


「春ってホルモンの調子が乱れるし、眠いばかりでどうも嫌い」とおっしゃる方に、是非この景色を見せてあげたいですね。

お花畑のあの世のイメージが広がる日本の田園風景。

この景色・・・

ハァ〜、癒されますなぁ・・・(桃色吐息)

a0253145_23431496.jpg


少し歩けば、もえぎ色の若葉が全身の細胞に新鮮な酸素を運んでくれます。

アキバ系オタクの造語に「萌え〜」っていうのがありますが、あれは<若葉萌ゆる>の「萌え〜」なんでしょ?

ちょっとエッチな思春期特有の言霊。

「萌え〜♡」

だけど自然界・植物界の思春期は、梅雨の合間のむせかえる暑さの頃って気がしますねぇ。

5月の今頃の新緑は、幼稚園から小学校低学年の子供達って感じかな?

1年間に平気で10センチも背が伸び、大人たちを矢継ぎ早に質問攻めにして困らせる、エネルギー全開のあの頃です。

GW中のこの時期、ほんの1週間程の短い期間に、園児のみどりちゃんたちはまるで合図を待ってスタートしたかのようにムクムク成長して来ます。

その生命力・成長力・調和力には脱帽してしまいます。

植物たちの成長エネルギーは、きっと我々にも何かインスパイアを与えるのでしょう。

新緑の季節を誰もが好きなのは、エネルギーのおすそ分けを頂けるからかも知れません。

a0253145_23443713.jpg

宇宙万物すべてのものは進化成長し、生きて行く宿命を持っています。

進化に適応出来ないものは、自ら滅びの道を歩くのみです。

たとえ人類が地球から絶滅したとしても、きっと植物界の連中は、何事もなかったかのように静かに繁殖し続けるのではないかと思いますね。

本当に、何事もなかったように静かにね・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-05-03 21:31 | 季節・行事 | Comments(0)