<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

21世紀の魔女狩り

ネットサーフィンをしていると、世界のとんでもないニュースを予期せず知ることになってしまったりするのですが、アフリカ東部タンザニアでは21世紀の現代に何とこんな事が起こっていたのだそうです。

a0253145_1454457.jpg

タンザニアの人権団体<法と人権センターLHRC>は、同国で魔女狩りによって年平均500人が殺されていると公表しました。

2005〜11年に魔女狩りで殺害された人は3000人以上と指摘。

農村には不妊・貧困・商売の失敗・飢え・地震といった災厄の背後には魔女がいる、との迷信が根強く残っているのだそうです。

狙われやすいのは赤い目の高齢女性。

牛糞燃料を燃やして使っているので、目が赤く充血しやすいのだそうです。


いわゆるこれは集団ヒステリーってやつだと思われますね。

異質なものを排除しよう、少数派を差別しようとする、人間の業罪の根深さが現れています。

16〜17世紀ヨーロッパの魔女狩りの時もそうだったのですが、薬草の効能などの知識を持ち、ちょっと人嫌いな傾向があり、村のはずれで一人ひっそり住んでるような50代過ぎのおばさん・お婆さん、または未亡人が圧倒的ターゲットになりました。

ヒーリングやお産婆技術など持っていようものなら、間違いなく魔女とされ、教会に告発されたみたいです。

告発された老女達は拷問を受け「私は魔女です」と自白させられ、そのあげく死刑になるのですが、たとえ「魔女ではありません」と訴えたとしても、結局は惨い拷問に耐え切れずに死んでしまう者が殆どでした。


人間は、疫病で乳飲み子がバタバタと死んだり農作物が不作だったりすると、不安感を誰かのせいにしないではいられないのでしょう。

魔女を告発すると懸賞金のようなものが出たりする事もあったようで、皆んな先を争うように魔女狩りの渦に巻き込まれて行ったのです。

つくづく人間の愚かさ・エゴの恐ろしさを思い知らされます。

a0253145_14435156.jpg

しかし、誰にでも大なり小なり必死になって自分を守りたい頑な部分があり、それが破壊されそうな時、もの凄い負のエネルギーが飛び出すと知っていなければなりません。

戦争もいじめ問題も、このエネルギーの流れに巻き込まれてしまう事の悲劇なのだといえるでしょう。


ところでお気づきとは思いますが、当方も近年無事高齢女性の仲間入りをさせていただき、魔女宣言も既に終え、しかも身近で野草がたくさん手に入る生活環境に生きております。

タンザニアだったら間違いなく魔女狩りのターゲットに違いありません。

しかも私、煙や煤や花粉で目が充血しやすいタイプなんです。

今回ばかりは日本に生まれた事を感謝しないではいられない、そんな見習い魔女の私でした。

a0253145_14514365.jpg


追伸:
日本昔話の伝説には<山姥>という妖怪がいるが、これは西洋の魔女のように人々に誤解され迫害され山に逃げた、不幸な女性たちを恐れて呼んだのが始まりだそうです。

妊娠中毒症などで肌の色が変わり、誤解や偏見で気がふれて、里から追い出された気の毒な女たちが、人目を避け山奥でひっそりと暮らしていたのだそうです。

それを思うと一昔前、渋谷あたりに出没してた<やまんばギャル>は、とても明るく健全だったんですねぇ。

a0253145_14521368.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-30 16:46 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

初めてのオペラ

東京初台の新国立劇場では、毎年夏に高校生のためのオペラ鑑賞教室が開かれます。

観賞教室といえど一般公演と同じプロダクションを、一般のお客様と全く同じスタイルで観賞する豪華バージョン。

次世代を担う若者にオペラ観賞の機会を与え、劇場マナーに親しんでもらい、オペラファンの裾野を広げるという、文化庁お墨付きの大変有意義な取り組みなのであります。

a0253145_14331922.jpg


私が高校生の頃はこういうオペラ観賞教室は存在しなかった。

仮にあったとしても当時の私には無理矢理観せられたオペラという印象しか残らなかったのではないでしょうか。

学校の音楽教育ではとかく壮大で重厚なクラッシック音楽が重視されがちで、ロッシーニ・ヴェルディ・プッチーニの歌劇なんかは軽い扱いでした。

音楽に興味のない普通の高校生に無理にオペラ見せても

「舞台芸術? それが~? 関係ないし~」

って感じが大方の反応です。

マエストロ登場の拍手ではヒューヒュー声を掛けるし、ガムを噛んだり、携帯開けたり、座席を乗り越えたり・・・

高校生元気良すぎ! 

もっと公共マナーを学んで下さい!


高校生で初めてオペラを観るとしたら、どんな作品がいいのでしょうね。

<椿姫> 

<カルメン> 

<蝶々夫人> 

<トスカ> 

<ラ・ボエーム> 

分かりやすく美しいメロディーで、誰でも知っている名作がやはりふさわしいのでしょうが、ここにあげた代表的オペラはどれもみな最後にヒロインが死ぬお話しばかりです。

病死でしょ?

自殺でしょ?

それに他殺。

死に至るプロセスも<売春・誘惑・重婚・貧困・奸計・裏切り・殺人>と、週刊誌ネタのスキャンダルで満載です。


もともと王侯貴族を楽しませるものだったオペラも、時代が下ると共に大衆好みのリアルなテーマが受けるようになり、<市井の市民のスキャンダラスな事件簿>みたいな作品が増えたのです。

そしてヒロインはあくまでも美しく波瀾万丈。

運命の悪戯に翻弄されつつも、愛や信念を貫き通さなければならないのです。

その板挟みに苦しみ、死をもって人生を昇華させる。

死ねば良いってものじゃないのに、とりあえず死ぬのがヒロインなんです。


多感な世代に複雑な闇を抱えた大人達の訳ありな話しを観賞させて、果たして彼らに悪影響ないのでしょうか?

老婆心ながら私はふと気になりました。

もっと青少年向きの、夢と希望ある前向きなオペラはなかったのでしょうか?

有名作品ならとりあえずOKで、ドラマの内容まで吟味してないのでしょうか?

それとも大人のいやらしさを教える、反面教育なんでしょうか?

a0253145_14342363.jpg

しかしイマドキの高校生は私の疑問を一笑するほどしたたかなのでありました。

女子生徒数人が最後にこう話しながら帰って行ったのです。

「あの主人公、肺炎で死ぬってのにちょっと太り過ぎじゃね?」

「あんなのあり得なくね?」

う~ん、高校生。 

かなり醒めてます。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-19 22:18 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

ツールド那須高原

a0253145_171950100.jpg
あなたはサイクリング好きですか? 

自転車で風を切りスイスイ走るのはとても爽快で、このままどこまでも走って行きたくなりますよね。

けれどそれが50㎞、あるいは100㎞という長い距離だとしたらどうですか?

しかも標高差1254mの山の道を、ペダルで漕いで行くのだとしたら・・・


日曜日に<那須高原ロングライド>というサイクリングイベントが行われ、そんな事を平気でやっちゃう自転車フリークが集結し、那須のあちこちを1500台の自転車が凄い早さで駆け抜けたのです。

参加者は20㎞・50㎞・60㎞・100㎞の4つのコースのいずれかにエントリー。

一番距離の短いファミリーコースは子供でも参加でき、親子でのんびり田園を走れるのですが、その他のコースは学生の自転車部やサイクリング愛好会の人々が多く、皆さん本格的な装備といでたち。

a0253145_1727313.jpg

最もハードな<那須岳ヒルクライムコース>には、自転車ロードレースのプロチーム<宇都宮ブリッツェン>も参加していて、プロのかっこいいライダー達と一緒に走る事が出来るのです。

元F1ドライバーの片山右京さんもゲストライダーとして参加していました。

このヒルクライムコース、車で通っても必ず耳抜きが必要になる標高の道で、スタートから3時間は山を目指してただひたすらにペダルを漕がなければならない過酷なルートなのです。

これをやるって云うんだから、ロードレースライダー凄すぎる!!

汗だくになってなんとか登りきっても山は霧で視界が悪く、せっかくの展望もゼロ状態。

やっと下りに来てほっとするかというと、今度は風を受けて走るので体がどんどん冷えて来る。

空気抵抗を受けずに体力を温存するよう、仲間同士一団になって走るのが良いらしい。

飲み物や食べ物の補給の仕方にもコツがありペース配分が必要だ。

この競技は自然条件の知識と体力とテクニックと経験が必要な、静かでクールな大人のスポーツみたいですね。

欧州で盛んだと云うのも、何だか分かるような気がしました。

観客の立場になって見ても、みどりの野山を音もなく静かにたくさんの自転車が通り過ぎて行く風景は何とも美しく、農作業の手を休めて応援するお年寄りがたくさん。

その光景自体もかなり静かでクールで、とてつもなく大人でした。


那須町の町長さん自身も自転車愛好家で自らイベントに参加。

自分の担当する行政地区で、自分の趣味でもある競技イベントに参加してしまうなんて、なんとも羨ましい話しですね。

今回のイベントはレースではなく、規定の距離を完走するのが目標なので、プロの皆さんも何だか楽しそう。

彼らにしてみればちょっとしたトレーニングのつもりなのかもしれませんが、それにしてもすっごい早さ!!

100㎞を走るのに4時間かからなかったんじゃないかな?

しかも、休憩所でファンと写真撮影など軽くこなしながら・・・

a0253145_171571.jpg

そうそう、コース内の15ヶ所にエイドステーションが設けられていて、それぞれでサイクリストに食べ物・飲み物を提供するのですが、それはまるで四国遍路のお接待みたいに見え、妄想癖の私に新たなストーリーを思いつかせました。



[那須高原ぐるり一周自転車巡礼の旅]


同行二人。 

田園の風があなたとお供します。

お寺や温泉の札所を通過し、ゆっくりと自転車で巡る新しい旅の提案。

町内各所に接待所あり。

スタンプラリー完成で祈願成就。 

招福万来。 

ご利益満載。


どうかしらこれ? 

受けると思います?




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-09 16:02 | 季節・行事 | Comments(0)

心の覗き方

a0253145_17502732.jpg

規制の社会システムがどんどん崩れつつあります。

それに伴い、<変化のための傷み>を引き受けねばならない状況にある人もたくさんいると思います。

怪我や病気・身体の不調、失業・倒産・金銭問題、それから家族同士や人間関係のトラブルなど。

今まさにその渦中にある人にとっては、さぞや辛い時期を過ごしている事でしょうね。

心から同情致します。


しかし、決して自暴自棄になったり、心を閉ざしたりしないで欲しいのです。

見方を変えたらこの危機は、あなたにとって絶好のチャンスかも知れませんよ。


現在困難な局面にいる人は、怒ったり嘆いたりするのを取りあえずいったん止めて、自分を第三者の視点で見つめる事をオススメします。

あなたは今、何を感じているのでしょうか?

悲しいのか?

悔しいのか?

怒っているのか?

その感情はどこから来るの?

いったい原因はどこに遡るの?

その考えはいつ頃から芽生えたの?

誰かの刷り込みではないの?


そうやって善悪の判断をせずに、様々な角度から自分の心を覗いてみましょう。

すると色々な事に気付き始めるのです。


今の仕事、今の生活に本当はちっとも満足してなかった事に・・・

愛しているはずのあの人に密かに憎しみを抱いていた事に・・・

今までの自分の言動が誰かを深く傷つけて来た事に・・・

愛を与えないから、愛を受けられなかったという単純な事実に・・・


正直に自分を見つめれば見つめるほど、見たくはなかったものが逆に見えてきたりするものですが、そこを恐れずにどうぞじっくり冷静に観察して下さい。

落ち着いて考えてみると、なぜ自分にこういう問題が起こったのかちゃんと理解出来るようになって来ます。

a0253145_1853390.jpg

あなたが体験する世界は、あなたの思考と感情で出来ています。

あなたは自分の思いを現実に投影し、世界を構成しているのです。

だから、問題を人や社会のせいにして怨んでみても何の解決にもなりません。

過去の罪悪感などの、癒しきれていない未解決の思いが、あなたの悩みの大元という場合が殆どだからです。


自分が色付きの眼鏡をかけて世界を見ていると気付かなければ、眼鏡をはずしてみようとも思いません。

その事に気付き、色眼鏡のトリックを見破る事さえ出来れば、問題解決の糸口は必ず見つかります。


人間の自我にはあちこちに巧妙な罠が隠されていて、我々はちょっとした事ですぐその罠にはまり込んでしまいます。

逆に言うと、あなたを悩ませる問題とは「あなたが引っ掛かりを持っている点はここですよ」と、気付かせるため時々浮上してはあなたに教えに来てくれるおせっかいな存在みたいなものです。

だからたとえ辛くとも、たとえ何が起ころうとも、あなたがそれを生み出したのだと認めなければなりません。

全てはそこからスタートします。


柳の枝は嵐にあっても決して逆らいません。

だから折れる事もないのです。

人生という名の教師は、聞く準備の出来ている人にはとても暖かく道を指し示します。

降りかかって来る運命を受け入れ、そして手放す勇気があれば、恐れるものは何もありません。

誰もが楽しく人生を生き、そして学び、成長して行けるのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-07 11:24 | 人生・霊性 | Comments(0)

紫陽花革命

a0253145_1734888.jpg
大飯原発再稼働反対の首相官邸前デモは、既に15万人を超えたみたいですね。

しかも、今まで政治なんかには無関心だった一般市民による抗議行動です。

優しくおとなしかったはずの日本人も、今回ばかりはさすがに立ち上がり始めたようです。

あのフランス革命も「パンをよこせ!」という主婦や農民層の抗議からスタートしたのでしたよね。

なんか感動しちゃいます。

「お金や効率ばかりを追いかけるのは止めにして、大地や命を大切にするぞ!」

「我々はもっと人間らしい生き方を選択するぞ~」って、宣言するようなものですもん。

日本人の意識が、やっと目覚め始めた訳ですね。


<紫陽花革命>は今後ますます拡大して行き、いろんな既成のシステムも変わらざるを得ないでしょう。

来週何があるか、来月何が起こるか、来年どんな世の中になっているのか、誰にも予測がつかない時代。

いや〜、ある意味とってもワクワクしている私です。

a0253145_1773310.jpg

ところで突然ですが、紫陽花の咲くこの梅雨の時期って、ラッキョウの旬でもありますよね。

<紫陽花革命>の成就を祈ってラッキョウの甘酢漬け作ってみました。

畑の薬とも云われ、疲労回復・血液浄化・狭心症や心筋梗塞に効くラッキョウ。

梅干しや黒酢やら、酸っぱいものは放射線のリスクを防ぐとも囁かれています。

両方のいいとこ取り、って感じで初挑戦してみたのです。


原発事故以来、以前にも増して食べものが気にかかります。

何を信じていいのか良く分からないこの時代。

モットーとする言葉は<自分の身体は自分で守る>になりました。

<砦プロジェクト>という地元NPOのデータも参考にしながら、玄米菜食を基本になるべく酸っぱいもの・しょっぱいものを取り、原発から100kmの低線量地域に暮らすためのリスク管理をしているのです。

a0253145_177387.jpg

ラッキョウ漬けはたぶん1ヶ月ほどで出来上がるはずです。

その試食の頃に、世の中がどんな風になっているのか・・・

少しでも良い世の中に近づいて行く事を願って止みません。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-07-01 17:04 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)