<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レプティリアン・アイ

a0253145_12231338.jpg


UFO目撃情報が急激に増えているみたいですね。

米政府とNASAが結託して隠し続けて来たUFO問題を公開する、UFOデスクロージャーの日は一体何時になるのやら、心待ちにしている今日この頃であります。


ところで地球には既にたくさんのETが存在していて、我々を見つめていると言われてます。


その中には良いETも、悪いETも存在するのですが、何と言っても一番厄介なのはドラコ座(りゅう座)のアルファ星系からやって来た、身長2mで4本指の血を好む、ヒト型爬虫類のレプティリアンなのではないでしょうか。


デービット・アイクの著作「大いなる秘密」によると、有史以前から地球と人類を支配して来たのは爬虫類(レプティリアン)であって、人類は彼らに奉仕する家畜でしかなかったという事になります。

紀元前4000年、現在のイラクにあったとされるウバイド文化の遺跡からは、かの有名なレプティリアン像が発掘されました。


a0253145_12205257.jpg

古代シュメールのこの地からいくつもの爬虫類人の土偶が見つかっているところから、人類の起源の<古代宇宙人飛来説>を唱えた学者がいたのです。


ゼカリア・シッチンの説によると、惑星二ビルに住むアヌンナキと呼ばれる高度に進歩した知性体が、45万年前に地球に飛来し、鉱物資源を採掘するための奴隷生物として自分たちの遺伝子をホモ・エレクトスの遺伝子と掛け合わせ、人類を遺伝学的に設計したのだそうです。


そしてシュメール人のメソポタミア文明は、レプティリアンの技術により建設され、古代の王権とはETの神々と媒介する権力として与えられたのだそうです。


事実、世界中の王朝は(とりわけ欧州では)すべてレプティリアンの同族の高貴な血筋で構成されていて、それ以外の者が真の支配階級に紛れ込む事は絶対に出来ないという事です。

a0253145_12213878.jpg



ああ、何という事でしょう!

この壮大な宇宙考古学が全て真実だったとしたら、もう私、力が抜けてしまいます。


我々遺伝子組み換え人類はその起源からして、完全に宇宙人の奴隷かペットって事じゃないですか・・・

しかも、爬虫類人は地球にたくさんの混血種を残し、今もなお都合良く搾取し、我々を使役し続けてるという話しなんです。



「大いなる秘密」によると・・・

   
・アヌンナキと人間の混血種は地球乗っ取りを狙っている。

・米同時多発テロ以降の外交政策も全てレプティリアンの工作。

・世界の政治権力者や金融エリートは人間や爬虫類の姿に自在に変身する。

・人間の生き血を啜り、戦争・虐殺・性的堕落など負の感情をエネルギー源にしている。

・世界の王族が受け継ぐ金髪碧眼白い肌の血流は、みなレプティリアンの血族である。

・ダイアナ妃は「エリザベス女王やチャールズ皇太子などウィンザー家の人々にはウロコがある」と、その秘儀を漏らしたために生け贄にされた。


などとあり、目が覚めるほど面白いのです。




この話しを<トンデモ話し>として一笑するのは簡単です。

けれど真実と虚偽の隙間が、薄氷の様に脆く溶けやすくなっている今、あらゆる可能性から世界を見直す必要がありそうです。


雅子妃が心を病んだのも、ダイアナ妃からその真実を聞かされた為との噂もあります。

王族が秘儀の力を使って人民を操作するとは、エジプト時代を想像しても、考えられない話しではないのかも知れませんね。


a0253145_1222228.jpg


ところでレプティリアンは爬虫類なので、当然、爬虫類特有の目をしています。

光彩が縦に細長い、冷血な印象の目です。


エリザベス女王も時々その目になり戻らなくなってしまうという、恐ろしい<レプティリアン・アイ>

最近鏡を見るたびに自分の瞳の光彩の形を気にしてしまうんですよね。


エリートでも高貴な生まれでもありませんが、遺伝子操作の影響が私のDNAにコピーされていないとも限りません。

己の傲慢さや冷酷さを感じた時などは、特にじっくり瞳をチェックしてしまいます。


本当は誰の中にも宿っているエゴイスティックな一面。

それが<レプティリアン・アイ>の本質なのかも知れません。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-29 21:19 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

あばきの時代

a0253145_17182321.jpg


混迷の時代です。


世界中で異常気象が起こり、何時どこで天変地異が起こってもなんら不思議ではありません。

政府や企業の不正・腐敗も、内部告発などで容易にあばき出されています。

正義を振りかざす者の、その裏側の意図も簡単に見透かされてしまっています。


世はまさに<あばきの時代>だと言えるのではないでしょうか。


今まで見ないふりでやり過ごして来た物事の暗黒面が、地球的レベルでも、社会的レベルでも、そして個人的レベルでも簡単にあばき出されてしまうのです。


家庭の中でもそれは同様で、父親は恐れと不安を妻子にぶつけ、そのエネルギーを受けた妻も子も、さらに自分より弱者にぶつける事で解消する、そんな悪循環があちこちで見られます。



全てのレベルで秘密が暴かれつつある・・・

これは恐ろしい事でもありますが、ある意味とても有意義な事だと言えるのかも知れません。



これら一連の現象を心理学的に見ると、[シャドウ(影)との対決] って事になるからです。


どんな善人にも必ず悪の部分があります。

またどんな悪人にも必ずピュアな部分がある。

人間には自分でも気付かない抑圧した自分が眠っているんです。

そして何かのきっかけでそれが目覚めると、普段の自分らしからぬ振る舞いを簡単にしてしまったりする。

それは無意識に何かのスイッチが入って急に感情的になったりする事からも判断できます。

きっと誰にでも心当たりのある事だと思うんです。



人の心は複雑な構造をしているのです。

慣れ親しんだ自分だけでは完全じゃありません。

「見捨てられた暗黒面にも光を当ててくれ!」

と、ばかりにシャドウは時々顔を現わして来るんですよね。


その時、初めてあなたは真実に直面せざるを得なくなります。


人のあらゆる体験は層となって潜在意識に堆積していて、全てのネガティブな過去の記憶は消去されない限り残存しています。

だからシャドウの暗い欲望を認め、拾い上げ、バランスを取って統合する事が必要です。


実は自分の暗黒面と対峙するのは、とても勇気が必要なんです。

けれどその仕事をやり終えた者は、大きく成長する事間違いなしですよ。


おとぎ話でも、主人公は苦労の末ドラゴン退治に成功して、本当の英雄になるではありませんか。


あのドラゴンこそ、あなたの中に眠るシャドウです。

光を当てて退治すべき、あなたの中のシャドウなんですね。


ちなみにシャドウが最も明白な形で現われるのは、男女関係や金銭関係などの利害関係なのだそうです。

対人関係やお金の問題は全て内面性の反映、サイコスピリチュアル(心理的・霊的)問題の反映であると言われています。




このあばきの時代、うやむやなままではもう済まされません。

誰も皆ドラゴンと向き合い、シャドウに光を当て、統合するしか方法はないのだと思います。


皆さん、検討を祈ります。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-27 17:38 | 人生・霊性 | Comments(0)

ミシンがやって来た

a0253145_23355631.jpg


かつて半年以上前に、私は確かに当ブログで「骨董屋にあるような美しいミシンが欲しい!必要だ!」とアファメーションしておりました。

そしてそれから、自分でもすっかりそんな事は忘れていたのですが・・・


やはり<引き寄せの法則>は、どこに住もうと暮らそうと<宇宙普遍の法則>でした。

レトロなミシンは時空を超えて、那須の山小屋へと訪れて来てくれたのであります。


亡くなられた友人の母上の愛蔵品が届けられ、何の因果か、ミシンは今まさに長い眠りから目覚めようとしているのです。


何だか私は深く感動してしまいました。


「神はあなたに必要なものをすべてご存知なのです。だから恐れる事は何もありません」


あの聖書の美しい言葉が、再び頭の中で繰り返しリピートされてます。



[自分にとって必要なものは必ずやって来る]


そう、必ずやって来ます。

本当にあなたに必要なものならね・・・




だけど、今のあなたに必要なものを、必ずしもあなたが分かっているとは限らないのですよ。


ここは、とても重要なポイントだと思います。


つまり例えるなら、神とは子供の欲しがるキャンディーを、虫歯になるからとあえて隠してしまう親のようなものなんですね。

あなたが欲しがるものがあなたの成長の為にならなければ、願いはきっと聞き届けられません。


「虫歯ナリマース 泣いてもダメデース」なんて言われちゃうのですよ。

「アナタその前に学ばなければならない事がアリマース」ってね・・・



[引き寄せの法則] [願望実現の法則]が、初心者のビギナーズ・ラックに有利だと言われるのはそのせいかも知れませんね。


だって小さな子供の無邪気な欲望は、誰でもすぐ叶えてやりたくなるでしょう?

けれど人は成長する毎に、その欲望もその必要性も変化して行くものですよね。


愛情ある親なら今その望みを叶えてやる事が、その子にとって良い事なのか悪い事なのか全て見通せてしまいます。

全く同じ様な事が、精神的な世界でも日々営まれているのです。

機が熟して、その人が受け取れるに値するまでギフトはお預けって訳なのです。


この宇宙にはいつも完璧なハーモニーが存在しています。

神は自然界の完璧なタイミングを見極めているのです。

だから聖書の言葉は、やはり普遍の真理を表現してると思うのですが、どうでしょうか?



   神は枯れ葉一枚、髪の毛一本の抜ける事までご存知です
   
   だから安心してすべてを委ねなさい



a0253145_23295571.jpg


さて、このシンガーの美しいミシン。

昔の道具はとても頑丈に出来ていて重量感があり、手に触れた感触もかなりずっしりしてます。

それなのにちょっとした意匠にも繊細な細工が施されていて、手元のあたりなんかはアールヌーボー風。

昔の職人の心意気を感じさせますよね。


実はこのミシン、足踏み式だったものを分割し、わざわざ電動式に改造したものなのです。

昭和の40年代頃でしょうか、このようにミシンを電動化する事が流行ったらしいのです。


う〜ん、かなり惜しい感じがします。

私としては昔のまんま、鉄のペダルをバタバタ踏んでミシンを動かして見たかったんですね。


いつの日か、目覚めたばかりのこの電動ミシンを非電化して、純正クラシックミシンの勇姿を取り戻せたらいいなぁ〜、なんて夢想しております。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-24 23:37 | 衣・食・住 | Comments(0)

濡れ落ち葉論争・秋の陣

人と人との間には、とてつもなく深いコミュニケーションギャップが存在するものです。

ましてやそれが男女間のものともなると、話しはなおさら複雑です。

a0253145_1751874.jpg


「いやー 色づいたもんだなぁ」

窓越しに広がる圧倒的な紅葉を見上げ、太郎は誇らしげに呟いた。

昨日の雨で空気はしっとり潤っており、ひと雨ごとに深みを増して来たこの秋の成熟度も、ついに頂点に達した事を告げていた。

「今日は天気は保つみたいだけど 風が強そうだね」

風が吹くたび一斉にざわめく木立の群れから、まるで戦勝パレードの紙吹雪ように数え切れない程落ち葉が舞い始めたのだ。

あるものは垂直落下で、あるものはふんわりと弧を描きながら、またあるものは高速回転のピルエットで狂ったように乱舞して・・・

みな思い思いのスタイルで、命の新たなステージへと飛び出して行く。

そして地面に舞い降りた枯れ葉は、湿り気を帯びて艶を放ち、高級な段通絨毯のような見事な文様を織り上げて行くのだった。


「濡れ落ち葉 奇麗だね」と、太郎は言った。

「そうね 奇麗ね」と、花子は答えた。

「やっぱりこの間のセーター買えば良かったかなぁ・・・」

先日、クラフトフェアで買いそこなった美しい枯れ葉色の手編みセーターの事を太郎は思い出していた。

「そうねぇ あれは貴方に似合ったかもねぇ」

猫にせがまれるまま、3つのボウルに均等に餌を分けつつ、花子は半分うわの空で答えていた。

猫の鳴き声が止まり、いつも通りの旺盛な食欲を見届けると安心して、花子は何気なく言った。

「けどあのセーター着たらさ あなたも濡れ落ち葉よ」

「・・・」 

一瞬のあいだ奇妙な沈黙が起こり、枯れ葉の落ちる音だけが囁くように静かに響いた。

「・・・う〜む・・・」

a0253145_114354.jpg

「ん? なんか変なこと言った?」

「君は人のマインドというものがいかに否定性を生み出すか 全然分かってないようだね」

「へ? マインド?」

「脳科学でも証明されてるんだよ いつでも否定的解釈をしたがるのが脳の特徴だって・・・」

「は? 濡れ落ち葉は否定的な言葉だった?」

「言葉に良い悪いはない 意味を解釈するのはあくまで人のマインドなんだ」

「つまり貴方にとって濡れ落ち葉はどこかネガティブなのね?」

「分かんないかなぁ だから言葉に気をつけなさいっていつも言ってるでしょ」

「だってさっき貴方・・・濡れ落ち葉 奇麗だって・・・」

「はん! そういうのを言い訳ばかりの屁理屈上手って言うんだよ」

「ふん! どっちが屁理屈よ!」



人と人との間には、とてつもなく深いコミュニケーションギャップが存在するものです。

ましてやそれが男女間のものともなると、話しはなおさら複雑です。


人のマインドがどれほど否定的解釈を語って聞かそうと、やがて秋になれば葉っぱは皆濡れて落ちるのだという事を、あなたはこの寓話から学ぶ事が出来ます。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-09 11:05 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

核の映画2本立て

那須地区では3.11以降、各種の集いや勉強会などが開催されています。

それは、当初国の定めた8都市102市町村の<汚染状況重点調査地域>であったにも関わらず、昨年末一方的に放射線量の線引きをされて、除染費用の対象外区域となってしまった事も大きいと思います。


つまり政府の除染対策を切り捨てにされた住民達が、みんなで一緒に自衛手段を模索しているからだと云えるでしょう。

「国は責任を取らず、国民を平気で切り捨てにする」

そんな認識が広まり、疲れ果ててしまう大人も多かったのです。

だからこそ、これからどうすればいいかを皆んなで一緒に考える、住民プロジェクトが必要になって来ています。

 
a0253145_16444187.jpg


そんな中、映画<核の傷><内部被ばくを生き抜く>の2本立て上映会に行きました。

ちょっとヘビィな内容ですが、私達はまず現実というものを知って、そしてこの世界に関わっているんだという事を認めなければ始まりません。


広島で被ばくしながら67年間被ばく医療に携わり、内部被ばくの実態を訴えて来た、今年95歳の肥田舜太郎医師のお話を中心に、放射性物質から命を守るために知っておくべきことを取材したドキュメンタリー2本で、とてもとても深く考えさせられるものでした。


肥田医師は、直接被ばくしていない人々も原因不明の身体のだるさを訴える<原爆ぶらぶら病>の原因が、低レベル放射能のせいだと、戦後30年たってやっと理解出来るようになったと話されています。

米政府が、原爆投下後の調査から低線量被ばくの影響を意図的に隠蔽したので、<原爆ぶらぶら病>は表に出ず、被ばく者はただの怠け者と思われ色々と差別を受けたらしいのです。

日本政府も賠償責任から逃れたかったのか、米政府と結託して被ばく者の実態を隠して来ました。


内部被ばくは科学的根拠がないとして、被害者への保証は全くなされていないのが現実です。

そして3.11以降、未だに「年間100㍉シーベルト以下なら安全だ」と御用学者にキャンペーンを張らせているほどです。

a0253145_16452487.jpg


呼吸や飲食を通じて体内に放射性物質が沈着し内部被ばくすると、長時間α線やβ線が放射され、細胞内のミトコンドリアが変化してフリーラジカルという活性酸素を作るらしい。


このフリーラジカルが細胞膜を破壊し、様々な病気発生の原因を作るのだそうです。

だから「被ばく者は病気になりやすい」 だから「食品管理が大切だ」 という訳なのです。

特に胎児・乳幼児ほど細胞分裂が盛んなので、大人の何十倍ものリスク管理が必要になってきます。



那須町ではこれまでも放射線対策として、ホールボディカウンターによる検査、すべての教育施設での空間放射線量の測定や表土除去、給食や家庭菜園の測定、公共施設の除染、18歳以下の子供達の甲状腺エコー検査、尿検査、母乳検査などの対策をしています。


しかし、今回の福島の事故でばらまかれた放射能は、広島の原爆の168発分ですよ!

既に日本全国、いや世界中に汚染物質はバラまかれたと考える方が、正しい認識なのではないでしょうか?


原子力発電所の大気から、ウラン採掘の鉱山から、再処理工場の水源から、汚染食品の偽装から、核軍事施設の土壌から、戦場に残った劣化ウラン弾から・・・

今や世界中のありとあらゆる場所に、信じがたい程多くの内部被ばく者が存在しています。

将来健康問題が生じても病気との因果関係を証明する事のできない、無自覚な被ばく者です。

目には見えない身近な脅威が、普通に生活している人のすぐ近くにも迫っている事に、人はもっともっと自覚的にならなければいけないと思います。

でなければ、あの3.11の経験から日本人は全く何も学ばなかった事になってしまいます。

a0253145_1652402.jpg


さて、福島原発事故後、今や放射能との共存を強いられている我々は、一体どのように生きるべきか?

95歳の肥田医師は映画の中でこのように語り、明確なメッセージを残してくれました。

   

  「いいかげんに生きるのは止めなさい」

  
  「生きるんだという意志をもって、一生懸命生きなければならない」

  「自分自身が主人公になって、先祖から引き継いだ免疫力の力を守り、
   ひたすら健康に生きるよう、意識し努力し集中しなさい」



美しく色づいた紅葉を見上げつつ、言葉を心に刻みながら、家路についた私でした。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-06 16:17 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

続々・トイレに宿る信仰心

一部にファンの存在も判明した、ジェイニエ神父の信仰カルタカレンダー。

今月も気になる一枚を紹介しましょう。

さぁあなたもご一緒に、心に手を当て内省してみて下さい。


a0253145_1021954.jpg


 [り] りんごを食べれば 良心に恥じる


最初の人間アダムとエバの心を試すために、神さまは、楽園の真中にあっ た木の実を食べないように命令しました。けれども悪魔は蛇の形でエバに話しかけて、食べれば神さまになると言って、うそをつきました。エバの心の中に、良心を通して神さまが、それはいけないと教えて下さったのに、エバは悪魔に耳を傾けて、木の実を食べたので、神さまのみ旨(神さまのご意志)にそむいて、罪をおかしてしまいました。(創世記3章)




ご存知、アダムとイブの楽園追放のくだりです。

我々人間の罪深さの根源(原罪)は、そもそもここに始まるのだと旧約は教えています。


「りんごを食べるな」と命じておきながら悪魔を利用して約束を破るように仕向ける神さまって・・・

一体何なんでしょうねぇ。

ある意味、自己矛盾の極みを行っちゃってます。


自分と同じ似姿に創造するほど人間を気に入ってたはずなのに、愛するものを罠にはめるなんてすご~く残酷な話しです。

神さまは真性のサディストなのか、はたまた退屈故に刺激的ドラマが欲しかったのか・・・

楽園から放り出し、わざわざ人間に苦労をさせてしまうのです。


「神は人間に自我を芽生えさせ、成長させてありとあらゆる経験をさせたかったのだ。だからあえて楽園から追放したのである」

と、捉える事もできますが、それにしても蛇に変身した騙しのテクニックは巧妙で手が込んでいますよね。

オレオレ詐欺ですら可愛く思えるくらいです。



「人間とはこのように罪深いものである」 

だから・・・[悔い改めなさい]


ユダヤ・キリスト教会がこの原罪の教えに支えられて発展した事は歴史上明らかです。


中世のカソリック教会では免罪符さえ買えば罪はチャラになり、あなたも天国へ昇れると説いて大儲けしてたのだからいー加減なもんです。


私は思うけど、本当の神さま(この宇宙を作った創造者)は罪悪感や恐れの感情で人心を支配するなんて、そんなチンケな事なさらないんではないでしょうか?


神さまは私たちの自由意志を尊重していて、いつでも我々のやりたい様にさせてくれています。

物事の善悪の判断は一切我々に任せてくれているのです。


「ええでんなぁ〜 取りあえずやってみなはれ!」ってね・・・


そして神さまは人間に期待し、成長を見守ってくれているのです。

いつか人間が自分で判断する言動が、自分(神)と同じレベルになってくれるように願っているのです。



人は失敗を重ねながら成長するもの。

何事も最初から上手く出来る人なんてどこにもいません。


たかが100年にも満たない我々の人生で、失敗を理由に天国行きを拒否する、そんな心の狭い神さまがいるはずありませんよ。

神は必ず誰にでも平等に敗者復活戦のチャンスを与えているはずと、私は思いますけどね。




追伸:
そそのかされてりんごを食べたのは女だったという点が、昔からどうも腑に落ちませんでした。

アダムの肋骨からイブが生まれたという点もそうですよね。

男と女のあいだに最初っから格差があったなんて・・・

どこか意図的なものを感じてしまいますね。


エルサレムのカフェあたりで、女の私が、創世記片手にりんごの丸かじりをしてたら、聖職者達はどのようなリアクションをするのでしょうか?

既にどなたかチャレンジしてるのでしょうか?

興味のつきない課題であります。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-11-02 10:18 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)