<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ツインフレーム

昔々、古代のギリシャにプラトンさんというとても賢いお人がおってな。
 
そのお人が言うことにゃ、もともと男と女は二人一組ででひとつの身体に住んでいたんだそうな。

ひとつの身体にふたつの頭、四本の腕、四本の足を持つ・・・

神代の頃の人間とはそんな存在じゃった。

そうしてとても満足して、幸せに暮らしておったんだそうな。

ところがじゃ、あんまり幸せすぎてすっかり慢心し、神々を怖れぬようになったばかりか挑戦までしおったもんで、大神ゼウスの怒りをかってまっぷたつに引き裂かれてしもうたそうな。

それ以来、男も女も自分の片割れの相手を今も捜し続けているんじゃよ。

a0253145_21224659.jpg

このお話は現代ではツインフレームと呼ばれて伝承されています。

いわゆる宿命の人の伝説のお話で、ソウルメイトとはまたちょっと違うのだそうです。


ソウルメイトとはサイキックな愛で結ばれた関係の事。

過去世(大体は何回もの過去世)から知っていた相手のことなので、初対面から好意や親しみを感じます。

ありとあらゆる側面から互いの関係を探求し、積み重なったカルマの解消をする必要があるため、ぎくしゃくした関係の場合も多いのです。

許しと無条件の愛を学ぶための存在なので、学びが完了すると関係も終了してしまうって事も十分あり得ます。


ところがツインフレームの場合は、同じ身体から誕生した一卵性双生児のようなもので、全く違う人生を歩んで来ても同じような経験、同じような感情、同じような嗜好を持っていたことが判明したりして、まさに宿命の人ドンピシャリなのです。

魂の片割れなので心の底から安堵感、安心感、一体感を感じられるのだそうです。

しかしツインフレームは互いに避け合うことで知られ、片方が地上にいる時もう片方は向こうの世界にいる事も多く、なかなか出逢えません。

逢えたとしてもすぐにすれ違ってしまうような、そんな儚さがあるのです。

<探しても探してもなかなか見つからない、ドラマチックな宿命の人>

それだけに余計ロマンス心をくすぐられてしまう。

それがツインフレームなんですね。

a0253145_21232494.png

実際のところ輪廻転生はあるのかどうか?

宿命の人との出逢うためには、まずここからスタートしなくてはなりません。

我々東洋人は何となく生まれ変わりを信じている人が多いのかも知れませんね。

ヒンドゥー教・ジャイナ教・シーク教・チベット仏教どれもみな転生の大切さを説いています。(ちなみにお釈迦様本人は転生についてはノーコメントだった)

キリスト教は553年のコンスタンチノープル公会議で、聖書からほぼ全て転生とカルマの記述が削られてしまったのだそうです。

だから教会の教えは基本的に<死→最後の審判→天国or地獄行き→終わり>で、ん?そんだけ?って感じなのです。

しかしキリスト教神秘主義には輪廻転生の教えがあるし、ユダヤ教神秘主義のカバラも同様です。

イスラム教は良く分からないけど、スーフィーという神秘派があるのできっと転生の教えはあるんだと思います。

a0253145_21235417.jpg

ヒトは与えられた今生の人生を最大限に生きる事が大切なのであって、輪廻転生を信じようが信じまいが、そんな事はどっちでも構わないと私は思っています。

しかし輪廻転生を信じる場合と信じない場合とでは、人生観が180度違って来るのは確かですよね。

ソウルメイトにしろ、ツインフレームにしろ、輪廻転生を信じなければ全く始まらない概念ですが、昨今のスピリチュアルムーブメントは、私にはどうも甘ったるくて・・・

たったひとりの宿命の人ときっとどこかで再開できるって、乙女みたいに信じ続けて、それをパワーに長生きしようと、この頃はそういう境地の私であります。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-30 14:14 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

食料を制するもの世界を制す

旅に出てよその国を覗くと、改めて日本の良いところ悪いところを感じたりするものです。

恵まれた四季の恵み、お天道様に感謝し、回りとの調和を重んじて生きて来た日本人。

おおらかで素朴、清潔で器用、律儀で礼儀正しく精神的にも豊かな国民性。

甘ちゃんで、なあなあで、長く低迷してるけど、いざとなると底力のある、そんな<美しいニッポン>を大切にしたいですよね。

a0253145_1541910.jpg

それなのに「TPP参加で日本の農村部崩壊の可能性あり」とは聞き捨てならない話しです。

外国産の安価な農産物が大量に市場に流れたら、家族経営でこじんまり生活をささえている農家さんにとっては死活問題です。

元来<身土不二>と言う言葉の通り、身体と土地とは切っても切れない関係なんですよね。

自然の恵みとは身体にとって実に上手く出来ていて、季節の食べ物は生活圏の近くから調達することが一番の健康法であり、全ての生物にとって望ましい姿なのです。

遠いところからやって来る保存料まみれの作物では、命を育む生命力が感じられません。


TPP、それは米国の圧力により日本の国家主権が脅かされる危機でもあるのです。

正確には米国の圧力というよりユダヤ金融資本体制による圧力といえるのでしょうが、幕末にはペリーが黒船で開国を迫り、大戦後はマッカーサーが民主主義を植え付け、徐々に日本民族の精神<大和魂>破壊の準備は成されて来ました。

そして今、日本民族が守って来た<瑞穂の国>の生態系さえも破壊されかねない状況です。

なんでもシオニストは長年の日本研究の結論として「農村を破壊すれば日本民族滅亡作戦の8割方は完成する」と見ている、という恐ろしい話しもあるんだそうですよ。

あくまでも<日本の農業>ではなく、<日本の農村>という点がポイントです。

明治新政府の土地農地私有化政策がその第一段階。

そして敗戦後の占領下には民法が制定され、均分相続制となり農家は粉々にさせられてしまいました。

国民のパン食化、洋食化で食料自給率は3割にまで落ちてしまいました。

農村はとっくの昔に荒廃し、農家の跡継ぎはいなくなっているのです。

そしていよいよTPP。

a0253145_15425915.jpg

[食料を制するもの世界を制す]

メキシコやアルゼンチン、インドなど遺伝子組換え作物導入の結果、かえって食料難になってしまった国もあります。

地球温暖化でエネルギー不足・食料不足になるので「生産性の高い遺伝子組換え作物が必要」と、詐欺まがいのプロパガンダ。

そうやって種子と農薬をセットで売りつける、モンサントみたいな巨大企業は危険極まりない存在です。

<遺伝子警察>にしても<ターミネーター種子>にしても、このやり口は独裁政治と同じじゃないですか。


まるでSFみたいですが、今のモンサント食料を何十年と食べつづけると、不妊になり、奇形児を生み、体は小柄になり、脳も小さくなってあまりものを考えない家畜化した人種が出現する、との未来予想もあるのです。

この会社のとてつもない危険性については、映画<モンサントの不自然な食べ物>の他、YouTubeにも色々アップされているので知らない人は是非見てみて下さい。

a0253145_154271.jpg

グローバリゼーションという美名の下には、<人類家畜化計画>や<人口削減化計画>が見え隠れしていると言われています。

それらに強く抵抗した者は、リビアのカダフィ大佐といいベネズエラのチャベス大統領といい、あらゆる形でヒットマンが送られるのだそうです。

ネット社会でリークされ、既にミエミエ、バレバレになっている真実の世界図。

それは生物多様性に富む<蒼き美しい地球>の姿ではなく、企業や国家間のエゴイズムでシミだらけのボロボロな世界地図だったという訳なのです。

一体人間はどこまで進めば、その愚かさに目覚めるのでしょうか?




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-18 12:29 | 衣・食・住 | Comments(0)

各国寺院見学会

a0253145_19121597.jpg
英国植民地時代のシンガポールは民族分離政策だったため、各民族は地域ごとに分かれて暮らしていたのだそうです。

現代の人々は政府の政策もあり、狭い民族意識を超えて<シンガポーリアン>という国民意識が強くなっています。

しかし、チャイナタウンやアラブストリート・リトルインディアなど、エスニックタウンは今も慎重に保存開発され、大きな観光資源にもなっています。

狭い土地に多民族が生きている。

当然各民族の宗教もすぐ近くに混在しています。

仏教・イスラム教・キリスト教・ヒンドゥー教が多いのだが、道教やタイ仏教の寺院もあるみたいです。


こんな小さな街にそれぞれの信仰がひしめき合っているというのは、何ともユニークで面白いものですよね。

八百万の神を受け入れて来た日本人ですもの、色んな人種の色んな宗教をあれこれ見学させて貰えるのは、まるで<お寺さんのテーマパーク>で遊ぶよう。

非常にワクワクしてしまいます。

我ながら「節操ないなぁ」とは思いつつ、熱心な礼拝者に失礼ないようこっそりと、<各国寺院見学会>やっちゃいました。





まずはチャイナタウンの中心にある、仏陀の歯が安置されたストゥーパを持つ仏教寺院。

成功した中国商人がさぞかしたくさん寄進するのでしょうね。

仏画も彫刻も中国人好みの赤と金ばかりでギンギラギン。
a0253145_19182793.jpg

ものすごく絢爛豪華で立派なものでした。

いかにも現世利益のありそうなこのお寺さん。

迷わず中国の長いお線香、お供えさせて頂きました。
a0253145_19185991.jpg




そして次はヒンドゥー教寺院。

ヒンドゥーのお寺は入り口で靴を脱ぐ。

お花やお香のいい香りがすると思ったら、信者さん達が集まり何やら集会をしてました。

持ち寄りのおかずやお菓子など、歌を歌いながら皆んなで分け合ってるんです。

その辺り一帯は優しく暖かい波動に包まれ、なんかすごくいい雰囲気なの。

なんだかヒンドゥー教って楽しそうでいいな。
a0253145_19195240.jpg




お次はイスラムの<サルタン・モスク>へ移動。

シンガポール最大、最古のイスラム教寺院というだけあって、堂々とした美しさにため息が出ます。
a0253145_19205245.jpg

ムスリムは全身を清めてから礼拝堂に入るという決まりのようで、広い水場が印象的。
a0253145_1903972.jpg

1階ホールが男性、2階が女性の礼拝場所で、1日5回の礼拝時間が大きくデジタル表示されてました。

イスラム教は偶像崇拝しないので、寺院の中はいたってシンプルな造り。
a0253145_1911365.jpg

床のカーペットの絵柄ひとつ分が、信者ひとりに与えられた祈りの空間です。

そこには神道や禅のような清々しさがあって、案外イスラム教って日本人好みかも知れません。





そして英国国教会のセント・アンドリュース大聖堂。

ゴシック建築なだけに、ステンドグラスが美しい。

礼拝堂には色んな言語の聖書が用意されていてさすがです。
a0253145_19353638.jpg

地元の中学生が社会見学してました。

君たちもいつかそのうち<各国寺院見学会>して欲しいな。






おまけ:偶然前を通りがかったアルメニアン教会では、とても奇妙な天使の彫刻見つけました。
a0253145_19163390.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-10 21:53 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

肉骨茶はいかが?

a0253145_156353.jpg
シンガポールの旅は食べ物の心配が全くありません。

高級・B級を問わず、世界中の料理が食べられるグルメ天国です。

中国系が人口の75%を占めるので中華料理店が一番多いみたいだが、マレー系、インド系、西洋料理、世界各地のエスニック料理に加え、日本料理の店もたくさん見かけました。

街のあちこちにホーカーズといわれる政府管轄の屋台村やフードコートがあり、安く気軽に食事ができるので、量はいらないけどあれこれちょっとずつ試してみたくなる私には嬉しい場所です。


もともとシンガポールは英国の植民地時代に、中国やインドから出稼ぎ労働者が集まったので独り者が多く、屋台で食事を済ませる人が多かったのだそうです。

その頃からの習慣で、今でも「人の集まる場所にはホーカーズ有り」という屋台文化が根付いているのだそうです。

熱い国だから火を使う台所仕事はなるべく省きたいのかも知れませんが、本当にみんなテイクアウトや外食が多い。

料理の苦手な主婦でも栄養バランスが取れた美味しい料理を、家族に食べさせられる点もまた、良くできた羨ましい国ですよね。

とにかく食文化のバラエティがありすぎて混乱する程なんだけど、街歩きしながら適当な店を見つけて食べてみても、大失敗って事にはならないのは大きな魅力になってます。


a0253145_152345.jpg

昼時、通りの向こうにとても賑わってる店を発見してしまいました。

看板にはどーんと大きく<肉骨茶>と書かれていて、その店に人だかりがしてるのです。

<肉骨茶>って、あなた・・・

肉骨粉を溶かしたお茶? 

まさかね。

一体何なんだろう。

あぁ、ダメ! めちゃくちゃ気になる。

もう、好奇心全開モードに突入です。

何としても<肉骨茶>の正体を突き止めない限り、帰国できませんぞ。


お店のメニューを確認してみると、どうやらこれは骨付き豚肉のスープである事が判明しました。

白いご飯に<肉骨茶>をかけてさらさら食べる、中国風のお茶漬けみたいな食べ物のようです。

お腹は空いてなかったけど、取りあえず試してみる事にしました。

a0253145_1531052.jpg

出て来た<肉骨茶>を恐る恐るレンゲですすってみる。

すると・・・

おお! これは美味しい〜!

骨付きポークリブを漢方のハーブやニンニクと一緒に煮込んだスープで、コショウが効いててコクがある!

バクテー<肉骨茶>といって、かつて満州系の肉体労働者が精をつけるために食べたのが始まりとの事です。

なるほどねぇ・・・

栄養満点ですぐに元気が出そうなスープ。

炎天下の街歩きで疲れた身体に、丁度ドンピシャリでした。

「美味しい!、美味しい!」

と、いかにも観光客風のリアクションで<肉骨茶>を飲み干します。

すると、日本のそば屋でそば湯を注ぐように、お店のお姉さんがバンバンお代わりを注いでくれるじゃありませんか。

それをまた、ワシワシ飲み干してしまう。

すると気前の良い事に、またお代わりをくれるのです。

ワシワシ、バンバン・・・

ワシワシ、バンバン・・・
a0253145_155371.jpg

ははん、<肉骨茶>の茶とは、このポット・サービスの状態の事を指すのだな?

感心して店を後にしたのだが、後にガイドブックを読むと、<肉骨茶>は中国茶と一緒に食するものと書いてあった。

う〜む。

私、お茶をオーダーしなかったのはミステイクだったのでしょうかねぇ?

<肉骨茶>の茶とは、だし茶漬けの茶なのでしょうか?

それとも、中国茶と一緒に食するの茶でしょうか?


安い! うまい! 早い! 三拍子揃った<肉骨茶>

けれども微妙な疑問が増えてしまった、ミステリアスな<肉骨茶>なのでした。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-10 15:08 | 衣・食・住 | Comments(0)

近未来シティ・デザイン

a0253145_14541235.jpg
マーライオンの真ん前、今やシンガポールのアイコン的存在になったのが<マリーナ・ベイ・サンズ>

2500室以上の巨大ホテルに、カジノ、ショップ、シアター、コンベンションセンターからなる複合施設であります。


驚いてたまげる事を俗に「ぶったまげーション」と言う?が、とてつもないものを見てしまった時、人の魂は本当にたまげる(魂消る)状態になるようです。

このとてつもない建築は、3本のタワーの上空に船形のスカイパークが乗っかった構造で、地上200mの空中オアシスでつながっています。

さらにそこには全長150mのガラス製プールがあり、空に浮かぶプールで浮遊感覚を味わえるという、信じられない構造をしてるのです。

日本人としてはやはり地震や津波、台風の事が気になります。

「バベルの塔みたいに神の怒りに触れないといいけどねぇ」

「上空の巨大な船がノアの箱船になって人々を救済したりして・・・」

そんな夢想を起こさせるほど、ただただ呆然とたまげる(魂消る)ばかり。

a0253145_14423890.jpg

古代エジプト人はピラミッドやカルナック神殿を見てどう思ったのだろう。

今となっては知る術もないけど、<マリーナ・ベイ・サンズ>やその周辺に続々と現われている建築物を見て、なぜか古代エジプト人の事を考えてしまった私なのであります。


そのお隣には去年出来たばかりの植物園<ガーデン・バイ・ザ・ベイ>
a0253145_1444594.jpg

これがまた凄い!

25~50mの人口ツリー群には、シダやツル性の熱帯植物がみっしりと移植されていて、甘い香りを放っている。

このツリー自体がソーラー発電器を兼ねていて、排熱とか夜のライトアップショーなどを自力で賄っているのだそうだ。
a0253145_1526571.jpg

新しいタイプの都市型公園としても大変ユニークで素晴らしい!

他にもドリアンの形をしたシアターとか、手のひらの形の美術館とか、DNA二重螺旋の橋とかあって、先端デザインの建築物がどんどん出現している状況です。

他の都市の高層ビル群に比較しても、圧倒的に有機的デザインのオブジェ風建築物が多い。

それらに加えてエスニック風味やコロニアル様式の古い物もちゃんと残し、リニューアルして上手く共存させ、箱庭風に町づくりをしてるのが印象的でした。
a0253145_14494745.jpg

「今、シンガポールが熱い!」 って言われてます。

それは、近未来都市デザインの度肝を抜かれる感性と、東南アジアの活気とパワーがそこら中にみなぎっているからなのでしょう。

デフレ不況で停滞の長い我々の目から見ると、眩しいほどの勢いなのです。
a0253145_19454614.jpg




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-09 23:29 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

正しい観光客の姿とは?

a0253145_1415730.jpg
東京23区の面積に人口約530万人、4つの公用語からなる共和制多民族国家、1965年の完全独立から今なお経済成長を続ける熱帯モンスーン気候の先進国。

そんな魅力溢れるシンガポールのお話をしましょう。


その昔シンガプーラ(獅子の町)と呼ばれ、漁民と海賊ばかりで稲作の出来ない痩せ土地に、1819年東インド会社のラッフルズ卿が貿易中継港建設のために上陸して以来、この場所は無関税の自由港シンガポールと定められました。

東インド会社解散後は英国政府の直轄植民地となり、マラッカ海峡に点在する海峡植民地の首都のような存在として発展して、東西南北あらゆる人、文化、物をブラックホールのように引き寄せ続けたのです。


そして現代では、様々な人や物が行きかうユニークな街ならではの魅力を発信しています。

 小さい国だからこそ成し得た<混成文化の実験近代国家>

 ゴミひとつ落ちていない<クリーン&グリーン・シティ>

 貿易や金融が好調の<ショッピング・パラダイス>

 大規模リゾートやテーマパーク目白押しの<アミューズメント国家>

今や絶好調、活気とパワーに溢れまくってるシンガポールなのです。



a0253145_1359216.jpg

さてシンガポールといえば誰でも知っている、あの<マーライオン>

観光客の正しいあり方として、マーライオン詣では欠かせないポイントです。

「そもそもマーライオンって一体何なの?」

上半身がライオン、下半身が魚という奇妙な姿の街のシンボルなのだが、「11世紀頃、この地を発見したスリ・ウィジャヤ帝国の王子が、白いたてがみを持つ獅子に似た動物を見た」という伝説があることはあるらしいのです。

しかしこう言っては失礼だが、ドラゴンやフェニックスに比べ、想像上の生物としての華麗さ、普遍性に欠けてて、元祖ゆるキャラみたいな笑っちゃう容姿ですよね。

獅子×魚という、遺伝子操作のキメラ生物みたいなものを国のシンボルとして、年間100万人以上の観光客が訪れるというのだから、考えてみれば奇妙な話しです。

愛すべき<マーライオン>

お前は本当は何ものなの?

東京のお台場に<ドラえもんモニュメント>があったとしたら、それはそれで、後世の人は好き勝手な解釈をきっとするのでしょうね(笑)





a0253145_1423784.jpg

シンガポールで近年最も成功したアトラクションに、40万㎡の熱帯雨林におよそ137種の夜行性動物を飼育し、夜の生態を観察できるという、人気スポット<ナイト・サファリ>があります。

その人気の理由は一体何?

この手のアミューズメントには辛口批判をしがちな私が、じっくり見てやろうじゃないのと意気込んで向かったのでした。

ところがです・・・

結論から言うと、この<ナイト・サファリ> 良く出来ててビックリです。

熱帯雨林が広い! そして本当に暗いのです。

照明の加減が実に本物っぽく良く出来ていて、満月の夜の熱帯雨林を本当に探検してる気になって来るのです。

徒歩で回るトレイルコースを歩いてみると、虫の音が延々と続く中、ときおり獣たちの遠吠えが響いて、やおらテンションが上がります。

大きな葉っぱの熱帯植物が不意にガサガサと揺れる。

その辺りをよく注視して見ると、ワラビーやコウモリやカワウソやジャコウネコを発見できるのです。

a0253145_19481596.jpg

これは思った以上にワクワク感が高く、ジャングル探検隊の汗だくのアドベンチャー感を疑似体験できちゃうんですね。

ライオンやゾウの大型動物を見て回るトラムに乗れば、大きなマレーバクが行く手を横切ったりします。

a0253145_1431799.jpg

日没から夜中まで、誰でも冒険映画の主人公になれるのが、この<ナイト・サファリ>の成功の秘訣なのでしょう。

世界のあらゆる所から一年中お客さんが押し寄せて、感激して帰って行くのだそうです。

<ナイト・サファリ>に興奮しないなんて、観光客の正しい姿とは言えません。




a0253145_1445142.jpg
東洋の真珠と評される、名門中の名門ホテルが<ラッフルズ・ホテル>ですね。

白亜のコロニアル建築が美しいラッフルズは、1887の開業当時から「スエズ運河以東で最も豪華な建物」と新聞に評されたのだそうです。

今でも創業当時の面影が、アンティークシャンデリアや天上のファンの優雅さになって残り、ここだけは別世界。

サマセット・モームやチャップリンなどVIPに愛され続け、伝説も多い憧れのホテルであります。

むろん、ホテル見学しかしませんよ。

けれど、ここへ来ちゃったからには<シンガポール・スリング>飲まないと、正しい観光客の姿とは呼べません。

a0253145_148035.jpg

元祖このホテル生まれの甘酸っぱいトロピカルカクテルは、今や一日に1000杯くらいは出るというのだから凄い大ヒット・ロングセラーです。

レシピを考えたバーテンダーには足を向けて眠れませんね。

昼下がりのひと時、熱帯植物の生い茂るラッフルズの中庭で特別な時間を過ごすのは、嬉しい定番です。

トロピカル・ドリンクなんて、20年前のハワイ以来じゃないかしら?

正しい観光客とは、こういう気恥ずかしい行為もちゃんと押さえておかなければなりません。

喉の乾きが癒されただけでなく、乾ききってた魂が、久しぶりに大きく伸びをするのを実感できました。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-09 20:53 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)