<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人生ドラマ・悲喜こもごも

a0253145_22382247.jpg
人生には人それぞれ学ぶべきレッスンがあります。

またその種類も千差万別なんですよね。

100人いれば100通りのレッスンが用意されているので、人の価値観はそれぞれ、人の悩みもまたそれぞれなんです。


孤独と向き合う事に耐えられないという人のすぐ隣に、逆にひとりでホッとしている誰かが存在するような、この不思議、このユニークさ。

それが世界というものなんですよね。

そこには人間のバラエティの豊かさがあります。

人生ドラマの悲喜こもごもは全てここから発生するのだし、偉大な物語が生まれて来る土壌というのもそこにある訳です。


もう一度繰り返しましょう。

人はひとりひとり個性が違うのです。

他者は、あなたとはまるで違う世界を生きているのです。

そのはずなのに・・・

人が感じ取る<哀しみの情念>というものは、不思議なほど似通っているって知ってますか?


試しにちょっと、人間関係の中で起こりうるトラブルについて想像してみましょうか。

相手は恋人でも友達でも誰でもいいのですが、ここでは意見の食い違いや論争の中で浮かび上がって来る、自分の<感情>について意識してみて下さい。

ムカつく相手に対して沸き上る感情を、冷静に客観視してみます。

すると・・・

「アイツって奴は全くホントに」

[怒りっぽい・冷たい・側にいてくれない・批判的・偏見がある・暴力をふるう・嫉妬深い・はっきりしない・怖い・厳しい・不誠実・不公平・いじわる・操ろうとする]


多分あなたの感情は、これらの内のどれかに当てはまるんじゃありませんか?

それって殆ど皆んな同んなじなのです。

笑っちゃうくらい、皆んな同じ感情が浮かんで来ると言われます。


実は人の心の底には、これら否定的な感情がどっかりと腰をおろしています。

全ての人の心に、最初からこびりつき居座っているらしいのです。


あまり認めたくない話しですが、これらの感情、一体どこからやって来ると思いますか?

なんとその感情の90%は、幼少期(生後7年間)に蓄積した情報の貯蔵庫から来るのだそうです。

自分をイライラさせるネガティブな感情とは、小さい頃自分を育ててくれた保護者に対する記憶の反応なのだと言われます。

その感情とは、<親に対する不満の現われ><満たされない思いへの苛立ち>がベースになっているのです。

a0253145_22331554.jpg

人は誰でも、自分の両親へのアンビバレンツで複雑な感情をかかえています。

貧しい人も、裕福な人も、愛情不足だった人も、愛情過多の人も、誰でも等しくこんな思いを隠しているのです。

自分が親から受け取った愛とは・・・

「生存するには充分だったが、満足するには不充分だった」 と・・・


そしてそんな思いを抱えている事を忘れ、大人に成長してしまうのです。

満足出来なかった子供時代の愛は、何かトリガーになる出来事をきっかけに、必ずや自分の古傷をアタックして来ます。

小さな子供ってスクリーンに写る怪物を本物と思い込み、泣いたり怖れたり怒ったりしますが、我々もそれに似たような事を日々行っているのかも知れません。

殆どの人は目の前で起きる出来事でなく、遠い過去の記憶に縛られ、怯え、腹を立てているからです。

つまり、<人は誰もが満たされない愛を抱えていて、目の前の他者に投影し、メロドラマを生きている> という事なんですね。


もしも今あなたが人間関係で悩んでいるのなら、一度立ち止まり、両親との関係を洗い直してみる事をお勧めします。

心に宿る、根源的な愛への不満・怖れを見つめ直すのです。

ヘドロのようにこびりついた、満たされずにいる根源的な感情に気付き、それを浄化出来れば、あなたの人生は今までとは全く違ったものとなる事でしょう。


人生ドラマ・悲喜こもごも。

そのドラマのベースは、殆どの場合<親子の愛の物語>です。

親子関係で相続される<心の癖>がドラマになって、悲劇を呼んだり喜劇を生んだりしてるらしいんですね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-28 22:22 | 人生・霊性 | Comments(0)

世界平和の引き寄せ方

a0253145_21133725.jpg
世界中で戦争や内乱、地震や飢餓などの悪いことが起こっているので、不安になって気を落としたり怯えたり、将来を悲観したりする人も多いと思います。

しかし人々が、世界中に蔓延する問題にエネルギーを向けると、これらの悪いものがさらに悪くなり、その傾向を文字通り増長させてしまうでしょう。

人々が悪い物事にストレスを感じ、そのことに全ての意識を向けてしまうと、世界を救う事は出来なくなってしまいます。

なぜなら<引き寄せの法則>によると、悪い物事に注意すればするほど、それらがさらに悪い方向に進んでしまうからなのです。


例えば、戦争反対運動についてです。

反戦運動は時に暴力に走ります。

それは戦争反対派も、反対運動が生み出すネガティブな波動や集中力をエネルギー源に、活動したり憎悪したりしているからです。

ガンジーやキング牧師など、非暴力・無抵抗主義を貫いた指導者さえもが、最後はひどい暴力事態を招いてしまいました。

皮肉なことに暴力への抵抗が逆に牽引力を生み、さらなる暴力を引き寄せざるを得なかったからです。

考えることが現実化する、<引き寄せの法則>とは、こういった矛盾した内部構造をも宿しているのです。


それでは、暴力を引き寄せずに暴力に変わるものを創造することは出来るのでしょうか?

私はその可能性はあるんじゃないかと思っています。


[欲しいものに意識を集中し、欲しくないものを意識しない] 

ということが<引き寄せの法則>だと言うならば、現状に憤慨し幻滅した同じような人々と一緒に、抵抗運動に参加することは正しい方法とは思えません。

なぜならその人々は皆、自分たちが欲しくないものに力を与え、それゆえ逆に引き寄せてしまっているからです。

本当に世界の平和や人類の調和を望んでいるのなら、戦争や地震や飢餓に力を与えず、<平和・親善・自由・繁栄>に全ての思考やパワーやエネルギーを集中させるべきです。

そうすれば反戦運動にありがちな抵抗や暴力なしに、それらを達成することが論理的にも可能なんじゃないですか?


中には「そんなことでは甘い!喝を入れなければ、世の中変わるはずがない!」

と主張する人もいると思います。

全共闘世代の方なら、石つぶてぐらい投げるのは当たり前だって思うかもしれませんね(笑)

a0253145_21152761.jpg

確かに地球の試練は今、限界に直面していて、末期的状況に映ります。

しかし世界が危機に直面すればするほど、それをジャンプして乗り越え、人類は今まで進化して来たのではありませんか?

地球のエコシステムを存続させるために、優れた頭脳集団が最先端の科学や発明やテクノロジーで、それに対処し始めるという可能性は大いに考えられます。

新しい農業技術とか、クリーンで再生可能なエネルギーを発明することだって絶対に出来るはずですよね。

必要は発明の母。

必要性と願望が高ければ高いほど、その答えや解決方法が引き寄せられるというものではないでしょうか?


宇宙とは無限の富の宝庫であり、また素晴らしく気前の良い存在だそうですよ。

だから皆んなが各々勝手に理想の未来を思い描いても、エネルギーは枯れることすらないのだと言われています。

だから、皆んなが<喜びと愛に満ちた人生><助け合いのある幸せな社会>をイメージすれば、やがてそういう世の中が引き寄せられるはずじゃありませんか?

たくさんの人たちのそういった思いが集まれば、本当の世界平和を実現することは案外簡単なんじゃないでしょうか?


[世界平和が欲しければ、まず手始めに自分の心を平和にしよう]

これこそが、本当の世界平和の引き寄せ方だと思うのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-20 21:37 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

ニキビ引き寄せの法則

a0253145_22432481.jpg
「思考の力で自分の肌を美しく変えられますか?」

ティーンエイジ向けの引き寄せの法則本の著者に、ある少女からこんなクエスチョンが寄せられてました。

友人の鼻の上に出来たニキビをからかった少女は、引き寄せの法則に従って、自らのおでこに感染症のようにニキビを招いてしまったのです。

卒業記念のダンスパーティーを間近に控えて、出来てしまったニキビを必要以上に悪者にした結果、少女はストレスで更に肌を悪化させてしまったようです。


著者のアンサーはもちろん、<YES>です。

「ニキビのことを気にしすぎてはいけません。悪循環を止めるには嫌なことに執着してはダメです。

肌を良く洗い、薬でも塗って、後は放っておきましょう。

ニキビのことは忘れ、きれいな肌をイメージし、それを信じるのです。

美しい肌に感謝し、荒れた肌にパワーを与えないように、そのことを一切考えないようにしましょう。

悪いイメージを忘れ、良い結果を信じていれば、やがて完璧できれいな肌を引き寄せることが出来るでしょう。」

と、優しくシンプルに回答されておりました。


回答者の哲学だと、[ニキビと戦って敵を打ち負かすのは逆効果。純粋に治った肌の状態を考えるべし] という事のようです。

でないと、[ニキビという敵に意識を向けすぎて、さらなる悪化を引き寄せてしまうであろう] と言うのです。


また細菌やアレルギー以外の、本来の重い病気も、ニキビと全く同じ原理で治癒が起こると主張しています。

「あなたが何かを考え、それに関連した感情を抱くと、あなたの身体全体にホルモンが分泌されます。

ポジティブな思考はポジティブなホルモンを分泌し、信じられないほどの快感をもたらします。

ネガティブな思考はネガティブなホルモンを分泌し、快感を消滅させます。

否定的な考えを続けると、ストレスが体内に否定的な化学物質を作り出し、それが実際に身体の免疫システムに悪影響を及ぼし、病気・疾患を引き寄せてしまうのです。」


そういえばイエス・キリストも布教活動中、「娘よ。あなたの病気は治った。あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」なんて、強力なポジティブ暗示で人々を癒して回ったんだっけ・・・

<ポジティブワード>→<ホルモン分泌>→<快感>→<心身の調和>

やはり、このプロセスが健康な身体の秘訣になるようですね。


1にポジティブ、2にポジティブ・・・

3、4がなくて、5に快感・・・

a0253145_2255465.jpg

更年期になってホルモンバランスが乱れるのか、ふと気付くとひがみっぽくなっている私。

いかん、いかん、要注意!

お顔にブツブツ出来ちゃうじゃない。

若い頃と違って、一度吹き出物出来ると治りが遅いのよねぇ。

ちょっと虫に刺されただけでシミになっちゃうんだから。

やだやだ、ホント年は取りたくないものよねぇ~

あっ、あかん! 

またしてもネガティブ思考になってるじゃない。

え〜い、やり直~し!


<ポジティブ>→<ホルモン>→<快感>→<調和>

たったこれだけのシンプルな法則を、私たちは右往左往して複雑にしてしまってます。

人生の色々な体験を通じて<思考が作る引き寄せの法則>に熟達することが、私たちに課せられた修行なんじゃないかって、そんな気もしています。



[肉体と精神の健康の秘訣は、過去を悲しむのではなく、将来を心配するのでもなく、今というこの瞬間を賢く生きることです]      仏陀 


   

[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-16 23:14 | 美容・健康 | Comments(0)

シベリアはどこにある?

a0253145_22243870.jpg
宮崎駿の新作<風立ちぬ>は、ゼロ戦の設計者、堀越二郎の30年間を描いた大河ドラマです。

大人の観賞に耐えうる<しみる>映画で、さすがに良く出来ておりました。

時代考証がまた秀逸なんですよね。

明治・大正・昭和と、急速に近代化する日本を丁寧に描写していて、映画の中で時代の移り変わりが良く出ています。

観客は皆その時代に生きてたわけでもないのに、その風俗その空気感に胸がキュンと高なり、切なくなってしまうのです。
a0253145_223926.png

関東大震災のシーンも迫力がありました。

まるで3.11を追体験するかのような臨場感で、ちょっと緊張してしまいます。

関東大震災から第二次世界大戦に向かって、どんどん世の中が暗く、重苦しくなって行く昭和初期。

作者がこの現代にだぶらせて作品を創作しているであろう事が、容易に想像されます。


そして主人公二郎の恋。

高原のサナトリウムから抜け出して結ばれる二人。 そしてその別れ・・・

純粋無垢な王道恋愛100%で、またまた胸キュンキュンです。
a0253145_22395088.jpg

全編宮崎駿の好きな、飛行機・建物・風景・乗り物・嗜好品に溢れていて、ジブリファンでなくても思わずニンマリしてしまいます。


この映画の魅力は色々な角度から語ることが出来るのですが、個人的に最も印象深かったのは<シベリア>でした。

欧米列強に追いつこうと急速な近代化を進める日本。

その歪みが人々に波及する様を、物語は<シベリア>ケーキで表現しています。

親の帰りを電柱の下で待つ幼い兄弟姉妹。

ひもじい彼らに主人公はお菓子を施すが、拒否されるというあのシーンです。

a0253145_2235127.jpg

羊羹をカステラでサンドイッチにした、<シベリア>という名のお菓子。

あれ、懐かしいですねぇ~

子供の頃、近所のパン屋さんに売ってたのを思い出してしまいましたよ。

なんでも<シベリア>は、大正から昭和の頃の大ヒット菓子として有名で、私の子供の頃にもまだその名残が残っていたのか、場末のパン屋さんには必ずやひっそりと静かに存在してたのです。

とはいえ、もう既に子供たちにはショートケーキやシュークリームが主流で、羊羹を挟んだカステラなんてどう転んでも地味すぎます。

あくまでも<年寄り好みのお菓子>というポジションに甘んじてました。

夕方の商店街、パン屋のショウケースに売れ残り、乾燥しかけた<シベリア>だけが行儀良く並んでいた光景が思い出されます。

昭和初期には子供たちの食べたい物ナンバーワンだったという<シベリア>ケーキですが、平成の今では絶滅の危機に瀕する幻のレトロ菓子なのであります。
a0253145_22434014.jpg

シベリアの永久凍土の地層を思い起こさせる、この<シベリア>ケーキ。

それが映画のヒットと共に今、<シベリア>復刻のムーブメントが起こりつつあるみたいなんです。

ネットでは「ここでシベリアを買える!」みたいなサイトがあって、古くて小さな昭和レトロのパン屋さん情報が飛び交っているし、また某大手コンビニでも売り出しを始めたとか・・・

お菓子の世界の絶滅危惧種も、一発逆転、起死回生のチャンスが訪れたようなのです。

a0253145_1263725.png
   
[生きねば]  これは映画<風立ちぬ>のコピーです。

「たとえどんな時代でも力を尽くして生きることが必要なのです」という監督の思いが強くこもっていますよね。

まるでその思いに応えるかのように今、<シベリア>は甦って参りました。

皆さんも<シベリア>に負けぬよう、この時代、力を尽くして生きましょうぞ!



追伸
近隣のパン屋3件、スーパー5件、コンビニ3件を回り、やっと発見した<三角シベリア>がこれ。
a0253145_22213321.jpg

残念ながら食品メーカーの大量生産品で、イメージとはかなり違っていた。

探せば探すほど徐々に思いが募り、<シベリア>を美化しすぎた私。

結局ただ甘いだけで、美味しいのか美味しくないのか全く分からなかった事が残念である。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-11 22:53 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

ムスリム入門

a0253145_23174056.jpg

喫茶店やら、劇場や空港のロビーなどで、年長のご婦人方が交わしている会話にじっくり聞き耳たててみてご覧なさい。

本当になぜか、こんな調子が多いと気付くはずです。


「うちの主人、検査にひっかかってね」

「アッラー!」

「今度手術することになったの」

「アッラー!」

「息子夫婦が付き添ってくれるって言うのよ」

「アッラー!」

「これでまた孫に小遣いせびられちゃうわぁ」

「アッラー!」


こういう時に私はふと、真面目にこう思ってしまうのですね。

「そんなにアッラーがお好きなら、イスラム教徒になればいいのに・・・」

a0253145_23221294.jpg


今、世界ではイスラム教徒が増えていて、信者の数は15億人以上もいるんだそうです。

その要因は、イスラム教が<マニュアル型宗教>で、分かりやすいからだと言われます。

神はアッラーただひとつであり、神の教えは全てコーランに書いてある。

だから信徒は神の直接の言葉(=コーラン)を守り、従って生きて行けば良いっていう、至ってシンプルなものだからです。


西暦570年、メッカで生まれたムハンマド(マホメット)が、40才の頃突然神の声を聞き、人々に伝え始めたのがイスラム教の始まりです。

ムハンマドは成功した商人でしたが、ある時洞窟で物思いに耽っていると天使が現われて、いきなり「詠め」と命じたのです。

「神の言葉の記録を伝えるから声に出せ」と言うのです。

文盲のムハンマドは驚き、抵抗しますが、天使は彼を羽交い締めにして「どうしても詠め」と迫ったのだそうです。

ずいぶんとまた攻撃的な天使ですよね。


怯えるばかりのムハンマドを年上の妻が励まし、それが最初のイスラム教信者になりました。

ムハンマドが伝えた神の言葉は、信者たちに暗唱され広まって行きました。

そして彼が亡くなった後、その言葉を書きまとめた本がコーランなのです。

コーランは聖書のような物語形式ではなく、114章の断片的な文章からなっているのですが、神の教えがすべてここに書かれているのです。

だからコーランを読み、ひたすら神を思いなさい。

そうすれば現世を正しく生き、心の平安を得ることが出来るでしょうという、そんな宗教なのです。

a0253145_22154334.jpg

コーランにはイスラム教徒が守るべき行いがしっかり記されています。

<信仰告白・礼拝・喜捨・断食・メッカ巡礼> 

この5つがムスリム基本の五行です。

その他にも、<豚肉を食べては行けない><お酒を飲まない><4人までなら妻帯OK><姦通は石打刑>など、砂漠の風土を生き抜くための厳しい教えが記されています。

四季の自然に恵まれた我々とは、全くかけ離れてた道徳をアッラーは教えているのです。


<女性はヴェールをかぶらなければならない>というイスラム世界のルールも、コーランに「女性の身体のうち外にでている部分は仕方ないが、それ以外の美しいところは隠せ」と記述されているからなのですが、<美しいところ>と言っても人によってその定義は違い、曖昧な部分も多く、それがイスラム女性の様々な服装となって現われているようなのです。

確かにヴェールは灼熱の太陽から髪や肌を守るという意味もあったようです。

しかし一説によると、中東の男性は女性の髪の毛に猛烈に興奮するらしく、だから髪の毛を隠すようになったというのが有力だそうですよ。(笑)


噂だと最近は、池袋や北関東など中東・南アジア出身者の多い地域には、ビルの2階などに小さなモスクが出来たりして、日本人との接点も増える傾向にあるらしい。

個々のイスラム教徒はとっても優しく、良い意味でお節介焼きなので、昔ながらの共同体の雰囲気が強いのだそうです。

だから孤独に暮らす日本の若者にとっても魅力的で、そんなところに惹かれて入信する人もいると言います。

今後は日本人イスラム教徒も増えて行くのかも知れませんね。


a0253145_12265377.jpg

常日頃、気軽に「アッラー」を唱える、先輩ご婦人方に告ぐ。

「アッラー」を讃える心があるなら、まずはヴェールをかぶり、礼拝してみてはどうでしょうか?



   [アッラーの他に神なし、ムハンマドはその使徒なり]

   
   [神は偉大なり、神は偉大なり、神は偉大なり]


   [アッサラーム・アライクム]



ヴェールで紫外線対策して、ラマダーンの断食でスリムになって・・・

ムスリム入門は、見違えるほど奇麗になれそうな気がしませんか?




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-03 12:41 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)