<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

母親の呪縛から解放される方法

a0253145_13375433.jpg
女性の方に限定で質問です。

ズバリ、あなたにはこんな側面がありませんか?

 

   ・真剣な恋になりそうになると身をひいてしまう。

   ・いつも人の顔色を伺ってしまう。

   ・つい相手の嫌な部分に目が行ってしまう。

   ・人に嫌な顔をされると自分のせいだと思ってしまう。



実を言うとこれらの問題は皆、母娘の関係が影響して引き起こされているものなのです。

ひとつでも思い当たるのなら要注意。

程度の差はあれ、あなたの潜在意識には母親とのわだかまりが隠れている可能性があります。


人は他者との人間関係の築き方やそのパターンを、殆どの場合、母親から引き継ぎます。

自分で好む・好まないとに関わらず、人間関係の傾向は母性の影響下にあるからです。

質問すべてが<Yes>だった人は、もはや警戒警報のレベル。

その場合、母親に傷つけられた心の傷を癒さない限り、心の底に潜んだしこりが原因となり、親と同じパターンを人生上で繰り返す可能性があると思って良いでしょう。


米国のカウンセラー、Dr タツコ・マーティン著<母親の呪縛から解放される方法>によると、人生が上手く行かないと思っている女性の9割は何かしら母親との問題を抱えているのだそうです。

あなたが一度も恋愛が出来ない本当の理由?

それは面倒見が良くて申し分のない母親の中に潜んでいる<コントロール願望>のせいかも知れません。

そして実はこれ、世間にとってもよくある話しなんだそうです。


娘を大事に愛し育てる、大多数のいわゆる普通のお母さんたちの心には、本人さえ気づく事のない、裏の情動があるのだそうです。

それは「私に愛されたいなら、母親の望む通りにしなさい。そうでないとあなたに愛情をあげないわよ。」という隠れたメッセージです。

もちろん母親本人もその感情にまったく気づいてません。

純粋に娘のためを思っていると100%信じています。

しかしその思考や行動を通じて無意識に娘をコントロールし、知らず知らずのうちに彼女の人生観・恋愛観を支配してしまうのです。

そこには娘を味方につける事で安心を得る母親、もう一人の自分になる事を娘に期待する母親がいると思われます。

女同士ゆえに、娘は母親からターゲットにされてしまう。

著者はこれを<母親の呪縛>と呼び、この呪いを解かない限り、その女性の持つ本来の資質は開花出来ないと主張しています。

「母は強し、そしてその呪いは更に強し」って訳なのです。
a0253145_1339064.jpg


一口に母親と言っても色んなタイプがありますが、著者は母親を大きく10のタイプに分けています。

1. コントロールマザー

   思い通りに娘を支配しないと気がすまない。
   子供との間に境界線がなく、子供を管理する。

2. 被害者メンタリティーマザー

   弱々しくみせて巧みな心理で娘を操作する。
   何でも人や社会のせいにして、自分で責任を負わない。
   全員から賞賛を浴びたい貧欲な精神が隠れている。

3. 完璧主義マザー

   努力を認めず完璧な結果だけを求める。
   子供は常に緊張させられ、不安に駆られ、リラックスできない。

4. オールドファッションマザー

   古風で保守的、男尊女卑的な考え方を持つ。
   表面的に男を立てるが、抑圧から男に悪いイメージを持つ。
   セックスは義務であると感じているので嫌悪感が強い。

5. 劣等感マザー

   周りを下げすんで心の安定をはかる。
   自分の娘に嫉妬したり、ライバル意識を持ったりする。

6. 建て前マザー

   周りにどう思われるかで自分の価値が決まる。
   人から羨まれる娘に仕立て上げる事が最優先。
   ブランド・名門校・ステイタスにこだわり、家族にもそれを強要する。

7. 欲求不満マザー

   常に不平不満が絶えず、グチを延々言い続ける。
   うつ気味でいつも文句を言っているので、エネルギーを吸い取られる。

8. 未熟マザー

   精神成長が止まったまま大人に・・・
   子供のように自己中心的でわがまま。 周りを振り回す。

9. 依存症マザー
 
   アルコール依存・仕事依存・掃除依存・買い物依存など。
   のめり込むと周りが見えなくなる。

10. 虐待マザー

   子供に苦痛を与えては自責の念に駆られる。



笑って済んじゃうレベルのものから、かなり重傷の深刻なケースまで・・・

確かに色んな母親キャラがあるものです。

しかしどのタイプの母親も大なり小なり娘の魂に呪縛を与え、彼女の人生を根底から支配しているのは間違いないみたいですね。

女性が成長し自分の本当の人生を生きるためには、母親の呪縛を解かなくてはなりません。

魔女の呪いを解かない限り、白馬の王子の登場に気付かぬまま物語は終わってしまうじゃないですか。
a0253145_13351763.jpg


著者は呪縛を解くために、以下の事を訓練する必要性を教えています。

   ・自分のトラウマを理解する

   ・自分を愛する事を学ぶ

   ・自分のために母を許す

   ・母との間に境界線を引く

   ・母に新しいパターンを植え付ける

   ・思考をボジティブ回路にスイッチさせる


自分の考え方を良く点検し、考え方を変える事で母娘関係を変えて行く事が大切だと結んでいます。


しかし、よく考えてみると母親自身もその母親の呪縛にかかり、自分を愛するってどんな事か知らないまま大人になっているのです。

代々受け継がれて来た<血縁の呪い>と言えなくもありません。

物語をハッピーエンドにしたければ、一度ルーツをさかのぼる必要があります。

昔の出来事をじっくりと思い出し、自分を愛し癒してあげる事・・・

そうしないと自分という花は咲きません。

母も娘も双方共に、実はそれこそが最も必要なのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-25 13:25 | 人生・霊性 | Comments(0)

かけがえのない記憶

a0253145_20264750.jpg
33才の若さで急逝した、仕事仲間のK氏を<偲ぶ会>がありました。

前日まで元気に仕事してたのに、あまりに突然亡くなってしまったので、参加者はモヤモヤした信じられない気持ちを一杯抱えていました。

ご両親のお気持ちを察してみても、さぞかし気持ちに折り合いがつかない事と思われます。

北海道に住むご両親は、自分の息子がどんな仕事をしていたか、どんな生活をしてどのような人々と関わっていたのか、息子が何に興味を持ちどんな目標を持っていたのか、ほとんど良く知ってなかったようなのです。

そこでその日集まった30名程で、自分だけが知っている彼とのエピソードや、彼の印象、人と成りを順々に語り継ぎ、その模様を映像に記録してご両親に送ろうという事になったのです。


これは良い話しだなぁ、と私は思いました。

実際みんなの語るエピソードを聞き、「彼はビールが大好きだった事」「来年の東京マラソンに出場が決まり喜んでいた事」「女性の好みはスリムタイプで、意外にもピンク色が好きだった事」「休日にはアロハシャツ着てラーメンを食べ歩いていた事」「ビキニタイプの下着をベランダに干して盗まれた」「繊細で気が利くので女性受けが良かった事」「子供好きだった事」「楽器の修理を特技に持ち将来はそういう職人になりたがっていた事」などが分かって来たのです。

一人の人間の中には多面体構造物のように、色々な面があるものです。

自分の知っていたK氏とは幾分違うさまざまな側面を知ってしまったせいで、彼の存在は生前よりむしろ立体的に、ダイヤみたいに光始めたような気がしました。

編集し完成されたビデオレターを見たら、ご両親にとっては尚更そう感じられるんじゃないでしょうか?

「息子は今この場でキラキラしてるじゃないか」って・・・


人間の存在っていうのは人の記憶の中で初めて輝き出す。

もしかするとそういうものなのかも知れません。
a0253145_202936100.jpg


そこでちょっと思いついてしまいました。

亡くなられた方の生前の仕事や家族、仲間や交流、価値観や考え方、癖やこだわりを淡々と紹介する、今回のビデオレターのような番組があっても良いんじゃないかってね。

いっその事どこかの下らないTV局をひとつ廃止して、亡くなられた方専門の訃報チャンネルにしてもいいんじゃないですか?

しかしそれは死亡報告的な暗く味気ないものではなく、彼あるいは彼女がどのような人であったのか人格を忍ばせる、愛あるものでなければなりません。


彼は額に汗してあの時積極的にボランティアに参加してくれた。

彼女は家の子供にいつもクッキーを焼いてプレゼントしてくれた。

彼は人を笑わせるのが上手だったが、ジョークが通じない時はちょっと落ち込んでいた。

彼女はいつもアリアを歌いながら犬の散歩を日課にした。

彼の人生最良の日とは?

彼女の最もくつろげたお気に入りの場所は?

そういう小さい日常のエピソードを色々な関係者が語りつないで行く、ただそれだけの番組なのです。

葬儀や霊園関係の企業がスポンサーになってもいいけど、これはあくまでもベースに愛がある事が前提です。

唄にあるように、故人のスピリッツが千の風に還るまで、電波に乗せて見送る儀式のプログラムなのです。
a0253145_20282738.jpg


人間とは記憶と共に生きる生き物です。

愛する者が目の前から消えて行く喪失感を埋めてくれる唯一のものは、たくさんの良いメモリーだけなのです。

3.11の時、がれきの中から何よりも人々が探し出したかったもの。

それは先祖の位牌と家族の写真だったと言うじゃないですか。


記憶とは人と人とを媒介する、目には見えないパワーを持っています。

人間が時に神々しい程強くなったり、儚いくらい弱くなったりするのも、みんな記憶の力によるのです。

人と人との間に本当に存在してるもの。

もしかしてそれは<愛という名の記憶>だけなんじゃないかって、実はそんな気もするくらいです。

だからこそ人生のかけがえのない美しいメモリーを大切に生きたい。

そう、とみに願う今日この頃の私なのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-19 21:06 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

創作クラスの男と女

a0253145_2261991.jpg
   

   ♬おと〜こと おん〜な〜の あい〜だ〜には〜

    ふか〜くて くら〜い〜  かわ〜が〜ある〜♬


唄にもあるように、男女の間にはなかなか埋めがたい溝があるものです。

「やれやれ」と頭を抱える事も多いですよね。

大学の創作クラスの授業で、その証拠が如実に現われてしまった面白い例を紹介しましょう。


コロラド大学のある教授が、隣同士の学生に男女のペアになってもらい、リレー小説を書かせるという課題を与えたのだそうです。

リレー小説なのでパートナーの短編の内容を良く読み、話しが流れるように書き加えて行かなければなりません。

そして二人が同意したところで完結するのですが、提出されたリレー小説は以下のようになり、かなりぶっ飛んだ面白い内容になってしまいました。


a0253145_2210411.jpg


第一章:(レベッカ作)

ローリーはどの銘柄のティを飲むか決めかねていた。
部屋でのんびり過ごしたい夜によく飲んでいたお気に入りのカモミール・ティ。
でも、今それを飲むとカールのことを思い出してしまう。
二人が幸せだったあの頃、彼はカモミール・ティが好きだと言っていたわ。
けれど、彼のことはもう頭から追い出さないといけない。
彼のことを考えすぎると胸が苦しくなって、なんだか喘息がひどくなったような気持ちになるもの。
だからカモミール・ティは選択から外そう。


第二章: (ビル作)

その頃、攻撃艦隊を率いるカール・ハリス軍曹はスカイロン4の軌道上にいた。
一年以上も前に、たった一晩だけの熱い夜を過ごしたノイローゼで思慮の足りない喘息持ちのローリーとか言うくだらない女のことよりも、もっと大事なことを考えなくてはいけないのだ。
銀河通信装置に話しかける。
「こちらハリス、静止衛星17どうぞ」
「極軌道は確立しました。現在のところ妨害は入っておりません・・・」
しかし彼が通信を切断する直前、粒子砲の青い閃光がきらめき、あろう事か彼の搭乗する戦艦の貨物室をぶち抜いたのだ。
この衝撃によって、彼は座席からコックピットの向こう側へと吹き飛ばされてしまった。


第三章:(レベッカ作)

彼は頭を打ち、ほぼ即死であった。
だが死ぬ前に彼が受けた苦痛は、彼のことを心から愛していた唯一の女性を精神的に傷つけてしまったという後悔だった。
そして、まもなく地球はこの平和な農夫たちの住むスカイロン4との、無為な敵対関係に終止符を打つことになる。
ある朝、新聞を広げたローリーは「議会は戦争と宇宙旅行を永遠に廃止する法案を可決」という記事を目にした。
その記事は彼女にとって嬉しくもあり、どうでもよかった。
彼女はぼんやり外を眺め、毎日がゆっくりと屈託なく過ぎていた若かりし頃を思い出していた。
思えばあの頃は、新聞もなければ、周りの美しいものに抱く素直な感動を邪魔するテレビもなかった。
「どうして無邪気さを捨てて、一人の女性にならなければいけないのかしら」
ただ切なく考えを巡らせた。


第四章:(ビル作)

ローリーがそのとき知らなかったのは。彼女にあと10秒しか命が残されていないことだった。
遥か何千マイルも離れた宇宙から、アヌ・ウドリアン母艦が最初のリチウム核融合ミサイルを発射したのだ。
一方的に宇宙における武装廃止条約を議会に通し、無理やり推進しようとする、うすのろで臆病な平和主義者どもは、地球をむざむざと敵対する宇宙人たちの無防備な標的にしてしまった。
宇宙人たちは人類を破滅させることが狙いなのだ。
条約が可決してから2時間と経たずして、彼らの母艦には惑星を粉々にしてしまう兵器が積まれ、地球へと向かっていた。
止めるものは誰もおらず、彼らは迅速な計画を開始した。
リチウム核融合ミサイルは妨害を一切受けずに大気圏へと突入する。
グアム沖の海底に停泊していたトップ・シークレットの移動潜水艦の中で、大統領は想像も及ばぬほどの巨大な爆発を感じた。
それはつまらない馬鹿女のローリーさえも一瞬にして気化させた。


レベッカ:
ばかばかしすぎるわ。
もうこれ以上この文学のまがいものを続けるのは真っ平よ。
私の課題のパートナーは、暴力的で男性優位主義で教養が半分の未熟な奴だわ。


ビル:
そうかい?それを言うなら俺のパートナーは、自己中心的で退屈で神経質で、書く内容は文字通り精神安定剤と同等だ。
「ああ、カモミール・ティを飲むべきかしら」
「ああ、それとも別の種類のくそったれなティがいいかしら」
「だめだわ、私どうしたらいいかしら」
「私は本当におつむの足りない間抜けだわ。きっとダニエル・スティールの小説を読みすぎたんだわ!」


レベッカ: ムカつく!

ビル: ビッチ!


レベッカ: ふぁっくゆー! この原始人。

ビル: 夢でも見ておねんねしてな、そしてティでも飲んで来い。


教授: 評価はA+です。とても気に入りました。

a0253145_2272360.jpg


ぷっ・・・

二人のやり取りの様子が目に浮かんで、思わず笑ってしまいます。

ハーレクインロマンスを書きたい女子と、ガンダムを書きたい男子。

改めて男女の差を歴然と感じる面白い小説になりました。

しかし教授もA+の評価をつけるあたり、こうなる事を予測して課題を出したんだと思われます。

リレー小説を最も楽しんだのは、教授本人だったのかも知れませんね。


創作クラスの課題からも、男と女とじゃ全く違うって事がはっきりしました。

まるで別次元を生きる生命体みたいですよね。

やはり男と女の間には、深くて暗い河が存在するのかも知れませんねぇ〜




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-11 14:02 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

綴じてない哲学書

a0253145_2012513.jpg
 
それはうらぶれた路地の奥。

小さくみすぼらしい店だった。

秘密の小部屋にロウソクが揺らめくと、老婆の皺だらけの指は一枚のカードを指し示した。

そのカードには<Death>の文字。

死神は大鎌を振りかざし、あざ笑うようにこちらを凝視している。

もう運命は後戻り出来ない。

死神に選ばれた者は誰も皆、人生を滑り落ちて行くのだ・・・


a0253145_2081499.png


映画や小説の影響か、タロット占いをこうイメージする人がいます。

タロットワークの事を「何かオカルト的世界の入口に違いない」と疑念の目で見ているようなのです。

あなたがそうだとしたら、もう心配は無用です。

タロットは決してダークで怪しげなものではなく、むしろ自分の成長を助けるために使う事が出来るんですね。

それはあなた自身の<自己発見のツール><気づきの道具>に成り得るのです。



人生を思い通りに生きるため、必要なものって何だか分かりますか?

人生をよりクリエイティブに生きるためには、自分の内面(インナーリアリティー)と外側の現実(アウターリアリティー)とを調和させる事が大切です。

つまり自分の内なる源とコミュニケーションし、嘘偽りのない心の本音を探り出すって事なんですね。

物事のあらゆる問いの答えは、日常触れる事出来ない無意識の深い次元に横たわっています。

普段は無視してるこの無意識の働きに、我々は大きな影響を受けているのです。


日常生活では誰も皆、<非合理で本能的エネルギー>の事なんてすっかり忘れて暮らしてますよね。

しかし無意識の世界には、この手の厄介ものがあちこちに潜んでいるのです。

だから無意識には十分な注意が必要です。

それは、受け入れがたい欲望と衝動の生息する、荒れ放題のジャングルのようなものだからです。

ヘビや獣が突然襲いかかり、あなたを傷つける可能性も大いにあります。

だから無意識のジャングルを整理整頓して、美しい庭園に作り変えなければなりません。

そうしないと、いつまでたってもあなたは<本能的エネルギー>に振り回され、同じ過ちを延々と繰り返し、人生の限られた時間をムダに過ごす事になりかねないからです。
a0253145_209748.jpg


タロットカードが<自己発見のツール>だと言われるのは、庭園を作るための設計図になってくれるからなのです。


あなたは自分自身をどれだけ分かっているのでしょうか?

懲りる事なく繰り返してしまう、あのイヤな癖。

いつも不意をつき、自動的に涌き上る厄介な感情。

それらは一体どこからやって来るのでしょう。

カードは人の無意識の中にあるものを探り当てます。

自分自身を更に深く理解し、内なる能力を引き出す事が可能かどうか、教えてくれるのです。


引かれたカードはただの偶然で、意味のないランダムな出来事のような気がしますよね。

しかし別の見方をすると、それは「内的な心の状態と外的な出来事の間にある、不思議な相互作用の結果」とも言えるのです。

それはとても意味深い事なんですね。

メッセージって、つまり<内的世界と外的世界の結びつき>の事なんです。

だから心の奥深くの真実をタロットに託せば、必ずやカードはメッセージを伝えてくれるのです。


「我々が心を解放し耳を傾けた時、初めて意味が浮かび上がって来る・・・」

考えてみると不思議な話しです。

そこには深い叡智が隠されているように思えて仕様がありません。

だからなのでしょう・・・

タロットは<綴じてない哲学書>とも言われているのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-06 15:12 | 人生・霊性 | Comments(0)