<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

煩悩コントロール法

a0253145_19343949.jpg

大晦日ですね。

怒濤のように忙しく過ぎた師走も今日でおしまい。

また新しい一年が幕を開けようとしています。

大晦日の晩、日本人の大多数が家族と共に年越しそばを食べ、紅白を見て除夜の鐘を聞くのだと思うと、何だかちょっと感慨深いものがあります。

年越しとは、日頃から資本主義という拝金教に身を委ねている我々の心に、ささやかな恩寵が舞い降りて来る瞬間でもあります。

なんのかんの言っても、我々日本人は無意識的に仏教を持っているので、かなり救われてるんじゃないのかなぁ〜と思うのです。


大晦日の除夜の鐘を聞き、この一年の己の言動を振り返り108つの煩悩を祓う。

子供の頃から慣れ親しんだこの習慣のおかげで、我々日本人は自分を振り返り、清め、過去をリセットし、水に流す方法を自然に習得しています。

殆どの日本人はまず意識する事ないけど、これってちょっとしたプチ・セラピーじゃないですか・・・

日本人はとても霊性の高い国民だと世界で賞賛されるのも、こういう伝統的な習慣が脈々と息づいて来たからなのだと思います。

a0253145_19385044.jpg


いにしえより、人間には108つの煩悩があると言い伝えられて来ました。

実際に数えてみたら、私なんかもっとずっと数が多そうな気もするけど、それらの煩悩クンたちは大まかに3つの基本煩悩にカテゴライズされています。

人間の3つの基本煩悩(三毒)とは、<欲><怒り><迷い>だとされてます。

この3つがある故に、人間はいつまで経っても人生に<四苦八苦>してしまうのです。

煩悩をブロック出来ず無防備のままだと、自分が作ったあらゆるカルマの結果が自分自身の心にフィードバックされ、やがて現象世界のマーヤに苦しめられる事となります。

だからこの三毒をブロックするため、仏教では10種類の戒め(十善戒)を教えています。

  
   1. 欲望を抑える

   2. 怒りを抑える

   3. 迷いを抑え真理を洞察する

   4. 嘘をつかない

   5. 批判しない

   6. 悪い噂話をしない

   7. 無駄話をしない

   8. 生き物を殺さない

   9. 盗まない

  10. 浮気をしない


当たり前の常識で、極めて道徳的な戒めですが、追いつめられた時など人がついついやってしまいそうな身近な事ばかりです。

これらの戒めを守る為には、心を強く律し、正しく考えるトレーニングが必要になるのですが、仏教はそのトレーニング法として8つの方法(八正道)があると教えています。


   生思惟・・思考内容を律す

   正語・・・言葉を律す

   生業・・・行動を律す

   生命・・・生き方を律す

   生定・・・集中する

   生精進・・心を浄化する

   生念・・・心のセンサーを磨く

   正見・・・悟る


煩悩のコントロールの為には「今、何を考えるか」「今、何を話すか」、そして「今、どんな行動をするか」が常に問われているのです。

常に、「いま」

そして、「ここ」

それを意識する事が問われているのです。

つまり、いわゆる<ビー・ヒア・ナウ>って奴ですね。(古くて申し訳ない)

<ビー・ヒア・ナウ>に心をフォーカスして生きる。

まさにそれこそが煩悩のコントロール法だったんですね。

a0253145_19391223.gif

仏教の面白さは「結局すべては心次第なのである」と教えるところです。

一神教の宗教は倫理がとても大事だと教えますが、仏教は心理が大事だと言ってます。

「この人生は別に神様から頂いたものではなく、すべてはカルマという因縁が寄り集まって生じたもので、実体なんてないんだよ」

「すべては変化していて不変のものなんかないんだよ」

「だから煩悩をコントロールすれば、悪いカルマの影響を滅し、苦のない安らかな境地に辿り着けるんだよ」

と教えている訳なのです。


四文字熟語の<自業自得>とは「自分がつんだカルマは必ず自分が受ける事になる」という宇宙の真理をあらわす言葉です。

善を成すのも悪を避けるのも、すべて他人の為でなく自分自身の為。

戒めを守らなくったって、別に誰に罰せられるって訳ではありません。

「だけどね・・・結局極楽往生に失敗しちゃうんだよ〜」

と、不適な笑みで体験学習の大切さを教えているのです。


こうして改めて調べてみると、仏の教えってクールで個人主義で、かなり醒めてます。

もしかすると仏教って現世的な<幸福の教え>というより、<楽になるための正しい教え>と考えた方が正しいのかも知れませんね。


今夜は除夜の鐘を聞きながら、煩悩と幸福について思いを馳せてみるのも良いでしょう。

皆さん、良いお年をお過ごし下さい。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-12-31 12:45 | 人生・霊性 | Comments(0)

月の裏事情

a0253145_1315689.jpg
かぐや姫が月へと帰って行ったのは平安時代のお話し。

それからずっと我々は、宇宙への船出や異星人との交流を夢に描いて来ました。

1960年代のアポロ計画で人間は月に降り立つ事が出来たというのに、その計画はアポロ17号を最後に終止符を打ってしまいました。

それから40年余りが経ちます。

しかし21世紀になっても人類は火星へ行くどころか、スペースシャトルや宇宙ステーションが地球軌道を周回するのがせいぜいといった状況が続いています。

今の技術なら月へ行くぐらい簡単なのでしょうに、それをしないのはなぜか?

もちろん政治的・経済的問題もあるのでしょう。

しかし、月に行かない本当の理由は「実は月がUFOの前哨基地になっていて容易には足を踏み込めないからだ」と言うまことしやかな噂があります。

さらに「月はテレパシーに満ちていて、近づくと精神に異常をきたしてしまうから危険なのだ」という説さえ・・・

果たして月とは<惑星ソラリス>みたいな場所なのでしょうか?

興味の尽きない話しであります。


実は地球から月の裏側は見えません。

月はいつも地球に片面しか見せずに自転しているからであり、月の裏側を見たければ宇宙船を飛ばすしかないのだそうです。

一体全体、月の裏側はどうなっているのでしょうか?

最近では月の周回衛星が活躍し始め、月の裏側の写真を撮る事が出来るようになりました。

すると・・・あら素敵!

月の裏側に宇宙人の存在を思わせる奇妙な構造物が写っちゃったりして、胸踊らされる光景が広がっていたのでした。


「NASAは数十年に渡り、宇宙の写真に修正を加え続けて来た」

以前からそういう噂が囁かれていました。

アポロ計画終了時点までにストックされていた14万枚の写真や映像の内、NASAが公開したのはたったの5千枚。

わずか3.5%に過ぎないと言われます。

しかも発表されたのは修正済みの物も多く、異星人に関する事は全て無視、あるいは隠蔽する傾向にあります。

けれど最近の内部告発によって、当時の隠蔽写真が少しずつ明るみにされているみたいなのです。

嘘かホントかは全く分からないけど、なかなか楽しいので少しだけ紹介しておきましょう。


その1. アポロ15号撮影の宇宙船らしき物体
a0253145_13144119.jpg

その2. アポロ20号撮影の同上の宇宙船アップ
a0253145_13153027.jpg

その3. アポロ20号撮影 月の裏の古代都市
a0253145_13201615.jpg

その4. 日本の周回衛星かぐや撮影 月の裏側<モスクワの海>の横に人口都市構造物と思われるもの
a0253145_13165543.jpg

a0253145_13184248.jpg



これって本物?

愉快犯か何かの仕業じゃないの?

アポロ20号?

本当に飛んだんでしょうかねぇ〜?


しかしまぁ、いずれにしても面白いですよね。

月の裏側にこんな大規模な古代都市があったのなら、もっともっとたくさんのかぐや姫たちが地球を訪れていると考えて間違いありませんよね。

ただ単に、我々が鈍くて気付かないだけなのかも知れません。

もう一度周囲を見回して、かぐや姫を探せ!

近くに竹やぶがある人は、今すぐ竹やぶへGO!


人類は太古の昔から、より進んだ文明を持つ人種に出会った為に滅亡した民族がたくさんあります。

今の地球人が異星人と接触する事は、人類の存続にとってプラスとなるか、マイナスとなるのか?

可能な限り長生きして、この目で確かめたいと思う私なのです。


おまけ:その他にこんな写真もありマス
a0253145_13235374.jpg

a0253145_1324102.jpg

a0253145_13232058.jpg
a0253145_13243828.jpg

a0253145_13245978.jpg

a0253145_13251624.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2013-12-20 13:31 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

かぐや姫の輪廻の物語

a0253145_15305485.jpg
 ♬ まわれ まわれ まわれ 水車まわれ

   まわってお日さん 呼んでこい

   鳥 虫 けもの 草 木 花

   春 夏 秋 冬 連れてこい

   咲いて 実って 散ったとて

   生まれて 育って 死んだとて

   風が吹き 雨がふり 水車まわり

   せんぐり いのちがよみがえる ♬


穢れなき永遠の世界で、天の享楽を楽しむ天上人にとって、このわらべ唄はきっと忌むべき唄に違いありません。

人間界での生き生きとした暮らしを思い起こさせる、この唄を聞いたばかりに、かぐや姫は地球に恋い焦がれるという罪をおかしてしまうのですから・・・

いのち輝く地球は、とても美しく素晴らしい世界です。

しかしそれは同時に、罰としてたくさんの辛い出来事を受け入れなければならない事を意味していました。


アニメ映画<かぐや姫の物語>は、仏教思想・輪廻転生思想にスポットを当てています。

一切の煩悩から解放され涅槃の世界へ至るためには、人は何度も何度も生と死とを繰り返さねばならない。

我々はいつまで経っても愚かなままで、人を傷つけ自分を傷つけ、過ちばかりを繰り返している。

光をひとつ手にするたびに、ひとつ何かを諦めねばならなくて・・・

とかくこの世は生きにくいものです。

果たしてこの世は本当に生きるに値するものなのでしょうか?


古典文学の<竹取物語>ではイマイチはっきりしないところが、この映画では明らかにされてます。

不老不死で極楽浄土の月世界から見たら、地球は穢れた<ケガレチ>です。

人間の<情>は暖かく素晴らしいものだが、それは同時に<業>でもあり、これが存在するために我々はいつも苦しめられてしまう。

かぐや姫だって愛する父母の望みとあらば、楽しい田舎暮らしを捨て、自分の本当の生き方を諦めもする。

しかし貴族文化への抵抗、育ての親とのすれ違い、言い寄る男たちへの反発。

姫の苦悩と葛藤は徐々に大きくなってしまうのです。
a0253145_15271428.jpg

<ケガレチ>の人間界へ行く事を望んだのは彼女自身です。

けれど彼女は思ったよりもずっと思い罪を背負う事となってしまいました。


これって決して物語の中だけのお話しではありませんよね。

私たち誰もがかぐや姫とおんなじ思いを持っています。

これは人類共通の普遍のテーマです。

   
   地球に憧れて生を受ける事=原罪

   地球での人生を全うする事=罰責


キリスト教でも同じような事を言ってましたよね。


孤高のかぐや姫は、ミカドの強引な誘惑に対しても死を覚悟に突っぱねる。

本当の自分の生を生きる事と、恩義ある親への情愛との板挟み。

かぐや姫の背負った業は重くのしかかります。

姫のストレスは限界に達し、もう清浄無垢な月世界への帰還しか、彼女の魂の救済方法はなくなってしまうのです。


「さあ、この羽衣を着てこの世の穢れを清めるのです」

十五夜の日、月から迎えに来た使者は癒しの言葉をかけてくれました。

それなのに羽衣を被せられる瞬間、かぐや姫は叫んでしまいます。

「この世は穢れてなんかいないわ!みんな彩りにみちて、人の情けを・・・」

言葉はそのまま途切れて無表情になり、彼女は使者たちと共に雲に乗り、月へと帰って行きます。

結局、かぐや姫はもうひとつの生き方(捨丸兄さんと一緒に里山でイキイキと生きる事)を夢見つつ、それを実際に生きる事なく月に帰ってしまいました。


地球には様々な愛があります。

いい事ばかりじゃない。

時には人に裏切られたり騙されたりしたりもする。

「それでも絶対、穢れてなんかないのよ!」

かぐや姫はそう言いたかったに違いありません。



かぐや姫の輪廻の物語。

それは地球に生を受けたにも関わらず、生を輝かす事が出来ないでいる私たちの物語でもあります。

我々はそれぞれの<いのちの記憶>を頼りに、この場所に降り立ち、輝きを求め彷徨っています。

地球を体験した異星人かぐや姫は、いのち溢れる地球の豊かさ、人間の愛憎、善良さ、愚かさを、今も我々に教えているのです。


a0253145_15344761.jpg

   
 ♬ いまのすべては 過去のすべて

   必ず逢える あの懐かしい場所で


   いまのすべては 未来の希望

   必ず憶えてる いのちの記憶で ♬  

   
                   主題歌 いのちの記憶          

                     


a0253145_1538265.jpg

追伸
アニメ<かぐや姫の物語>は、動く水彩画ともいえる一級の芸術作品でした。

横山大観みたいな日本画だったり、雪舟みたいな水墨画だったり、鳥獣戯画の絵巻物みたいだったりする。

日本美術の粋を集めた余白の多い作画法で、デイズニーには絶対に真似出来ない芸当です。




海外のアニメーターたちは、さぞかし嫉妬するんじゃないでしょうか?

[PR]
by viva1213yumiko | 2013-12-15 22:35 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

ケンタウルス祭の夜

a0253145_13575399.gif
12月生まれのメンバーのため、ささやかなお誕生日会がありました。

射手座の私はその夜の誕生会をきっかけに、射手座のシンボル<ケンタウロス>の事を思い出しておりました。


ギリシャ神話に登場する半人半馬の<ケンタウロス>とは、幼少の頃、運命的な出会いがあったのです。

初めて出会ったのは、多分5才か6才の頃。

ディズニーの音楽映画<ファンタジア>を観た日の事です。

そこに出て来るケンタウロス族の若い男女のあまりの美しさ、優雅さに、感動のあまり涙ぐんだ事を良~く憶えています。

ベートーベンの田園交響曲に合わせ、ユニコーンやパーンの子供たちはハシャギ回り、天使やペガサスファミリーも空を遊泳している。

そんな楽園の昼下がり。

ケンタウロス族の若い男女が合コンのようなものを始めんとするのです。

息せき切って走り寄るケンタウロスの若い男たち。

水辺で化粧してそれを待つ女の子たち。
a0253145_1474130.jpg

 
   寄り添う肩 微笑みと温もり 

   もどかしいようなお喋り 甘い吐息

   収穫祭の踊り 葡萄酒の香り 


そこには、季節ごとに幸せな時間だけがゆっくりと回転してる、そんな充足感が満ちあふれているのです。

「こんな世界が、きっとどこかにあるはずに違いない!」

幸福という名の原風景を垣間見てしまった私は、子供心にもハッキリそう思ったものです。


そのお話がギリシャ神話から来ていると知ったのはずっと後になってからなのですが、その時幼少期の私の大脳には、決定的な何かがインプットされてしまったみたいなのです。

<ファンタジア>で観たような神話の楽園イメージを、哀しいかな、未だに夢見追いかけ、理想としている私なのであります。


a0253145_140222.jpg

ギリシャ神話に登場する、上半身が人で下半身が馬のケンタウロス族は、実は非常に乱暴で粗野な性格で、好色で下品と言われています。

しかも酒飲みで戦いを好むとあって、獣性と精神性からなる人間の全性質を象徴した存在なのです。

ケンタウロス族は人間に比べて力が強く勇敢で、神話の中では極めて有能な戦士として扱われています。

武器は人間のものとほぼ同じものを扱えるのですが、彼らはとにかく性格が乱暴で、世俗についての認識度は低いとされています。

これは東方騎馬民族(スキタイ人)と戦ったギリシア人が、彼らを怪物視したせいだという説があります。

乗馬文化を持たないものが、騎馬民族を見て怪物と見間違えてしまった事がその起源だというのです。

これはある種の人種的偏見というものなのでしょう。

大陸渡来の弥生人には、先住の縄文人が鬼に見えたのと全く同じ理屈ですね。


このように野蛮なケンタウロス一族なのですが、ただひとつの例外として賢者ケイロンの存在がありました。

ケイロンはアポロンから医学を、アルテミスから狩猟を学び、ペリオン山の洞窟で薬草を栽培しながら病人を助けて暮らしたという偉い人(馬?)なのです。

アキレスやイアソンなど、多くの英雄たちの師として知恵を授けたと語られています。

ある時、ヘラクレスがケンタウロス族と戦った時に、誤って毒矢がケイロンの胸に刺さってしまいます。

こうしてケイロンは死ぬのですが、ゼウスはそれを嘆いてケイロンの魂を天に上げ、それが射手座になったとされています。

a0253145_1483318.jpg

このような経緯があって、半人半馬のケンタウルスは射手座のシンボルになった訳なのですが、半分が人で半分が馬というどっちつかずの特徴は、射手座生まれの性格形成に大いに影響を与えているみたいなんですねぇ〜

困っちゃう事に12星座の性格判断でも、射手座の基本的性格はケンタウロスみたいな獣っぽいキャラなんです。


射手座の長所は素直で開放的、社交家で楽天的、好奇心・探究心旺盛で器用、多才とある。

一方短所には持続性のなさ、気まぐれ、責任回避、傍若無人、大げさで誇張的となっています。

つまり前向きで行動的でさっぱりしてるけど、常識やモラルを軽視する傾向があり、堅苦しい事が苦手で口うるさい人は大嫌い。

自由と変化とスピード感を好み、恋愛でも熱しやすく冷めやすいのだそうです。

なるほどねぇ~

好色で野蛮なケンタウロスの影響力のせいなのだろうか・・・

結構私の本質をズバリ見抜いていらっしゃる。

自分でも時々、自分が人なんだか獣なんだか良く分からなくなる時があるのだけれど、それは私の魂の根源的なテーマだったのかも知れません。

これから先も、理性と本能的欲望の葛藤に悩む私の姿を見かけたなら、それは私の中の馬がさせている事だと思って頂きたい。

「あ~、また神話の中の楽園を、パッパカ・パッパカ駆け抜けているんだなぁ」と思って頂きたいですね。


a0253145_135953100.jpg

ところで、宮沢賢治の<銀河鉄道の夜>の中に<ケンタウルス祭の夜>というワンシーンが出て来ますよね。

<ケンタウルス祭の夜>には子供たちは新しいシャツを着て、烏瓜の明かりを持ち、星めぐりの口笛を吹きます。

そして「ケンタウルス、露をふらせ!」と叫んで走ったり、青いマグネシアの花火を燃したりして賑やかに遊ぶのです。


古代ギリシャ人が想像した半人半馬の<ケンタウロス>

それは射手座とケンタウルス座のふたつの星座になって、今夜も私を見下ろしています。

次回12月の合同誕生会を開くなら、<ケンタウルス祭>と命名して、賢治風にはしゃいでみるのも良いかも知れませんね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-12-13 14:00 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

ショパンの湖

a0253145_1417498.jpg

知人のピアニストA・Y嬢のリサイタルに行き、ピアノ演奏を堪能させて頂きました。

ロマン派の作品を得意とする彼女。

その演奏の8割までがショパン作品だったので、我々素人にとってありがたいプログラム構成でした。


「お姫様抱っこの時は、間違いなく絶対こういうドレスよねぇ〜」

きっと女子なら誰もがそう夢見る、ふわっとしたローズピンクのドレス。

あんなドレス着て華麗にピアノが弾けるなんて・・・何とも羨ましい!

鍵盤を叩くたびにアップの後れ毛がフワフワ揺れて、とびっきりロマンチックなリサイタルなのであります。


ロマン派とは、ショパン・リスト・シューマン・メンデルスゾーンなど、主に18世紀~19世紀の作曲家の事を指します。

それまで続いていた宮廷風の古典様式から一歩進んで、感情や感覚・直感から来る、より深層の真実を暴き出すような芸術様式の事をロマン派と呼ぶのだそうです。

激しく涌き上る激情や、苦痛も含めた広義の感情のロマンなので、決して優しく夢見がちなロマンティックな音楽の事だけではありません。

狂気じみた情念や、嫉妬やエゴや、苦悩や慟哭。

そんな生々しい感覚をも受け入れた末の、人間性の神髄を表現するという意味での<ロマン>なのです。


ショパンは<ピアノの詩人>と言われてるけど、今回改めて聞き直してみて、なるほど確かに言い得てるなと思いました。

美しいけれどちょっと冷徹すぎて、何だか危なっかしい側面もある、詩人独特の観察眼があります。

シューマンはそれを「美しい花畑の中に大砲が隠されている音楽」と評したんだそうです。

うまい事言うもんだなぁ、と感心してしまいました。

そこでちょっとおこがましいですが、ショパンの創作イメージをあえて私流に例えてみるとこんな感じになります。


   よく晴れた日の昼下がり

   あなたはひとり、湖にボートを漕ぎ出す

   水深100mはあろうかという、恐ろしく透明度の高い湖だ

   そして湖の真ん中で、

   オールを降ろし深呼吸ひとつ

   ギシギシと揺れるボートから、こわごわ湖底を覗き込む


   その時、魔法のように次々と浮かび上がった過去からのイメージ

   郷愁・倦怠・享楽・情念・・・

   浮気心・後悔・恩寵・救済・・・

   そんな真実の感情が音符と共に浮かび上がって来る

   それらひとつひとつを、優しく両手ですくい五線譜の上にそっとこぼす

   
   泣き笑いしている自分を、私は湖面から見降ろす
   
   マズルカやノクターンやポロネーズ
   
   運命の輪だけが静かに回転している
   
   
   近いようでいて遠い場所のメロディ

   それがショパンがすくいあげたメロディ


a0253145_14222047.jpg

湖の底のシャンバラの栄枯盛衰を、あなたは映画を観るように覗き込む。

すると、イメージクリップのように色々なものが見えて来るのです。


それは良く晴れた日でないとだめですね。

ボートを出すのは<穏やかな気持ち>の昼下がりでなければならなりません。

恋に酔いつつ、なおかつその官能を人ごとのように冷静に味わう。

そういう境地は、<穏やかな心>にしか宿らないからです。


我々は日々のルーティンで、日常の雑事で、不必要な雑念で、透き通った湖の存在を忘れてしまっています。

けれども実は、湖には遠い昔に沈んでしまった寺院や花園が存在していて、あなたに発掘されるのを今もじっと待っているんですね。

ショパンのロマンチシズムは、忘れていたあの湖を思い出させます。

そして「ねぇ、また今日辺り、ボート出してみましょうよ」と、時折誘って来るのです。


[感情とは、やって来て、そして過ぎ行くものである。 だから、感情に執着してはならない・・・]

仏教でもこのように教えています。

愛と憎しみ・喜びと苦悩・嫉妬と思いやり

そういった相反する両極の感情をのり超えて、新しい次元の出現する辺りから、いつでも美しいものは生まれて来るような気がします。


a0253145_14231845.jpg

湖の底のシャンバラの栄枯盛衰を、あなたは映画を観るように覗き込む。

すると、イメージクリップのように色々なものが見えて来るのです。


誰もいない舞踏会・虹色のプリズム・人々のざわめき・家族の肖像画・青い戦争の時代・物悲しい舟歌

初めて子犬を抱いた日・兵隊たちの望郷・一途すぎた恋・甘い白日夢・思いがけない贈り物

多分それは、形にならないそういうものたちの事なのです。


優雅な手招き・感傷的なワルツ・ドレスの衣擦れの音・仲直りの口づけ・安堵して眠る子供・寺院の鐘の音・もう手に入らない幸福

そんな形にならないものたちの事だ。


きっと神秘がひも解かれるその日には、そういうものたちがたくさん顔を出して来るのでしょう。

その時を湖は今も静かに待っているのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-12-04 14:23 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)