<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蝶々夫人

a0253145_22574482.jpg
明治から昭和までの人物で、最も世界に名の知れた日本人女性とは、一体誰でしょうか?

樋口一葉? 平塚らいてう? 美智子皇后? オノ・ヨーコ? 黒柳徹子?

う〜ん、ちょっと違うかなぁ〜

世界で最も有名な日本人女性は・・・

それは多分、誰もが知ってる、あの<蝶々夫人>なのかも知れません。


<蝶々夫人>は19世紀末の長崎が舞台のお話しです。

ちょうど日清戦争の頃のお話ですね。

米海軍士官ピンカートンは女衒のゴローの紹介で、現地妻として蝶々さんを身請けする。

長崎領事のシャープレスは花嫁が真剣なのを見て、軽い気持ちで結婚式を上げるピンカートンを諌めるが、本人は意に介さない。

蝶々さんは親戚とも縁を切り、キリスト教に改宗してまでピンカートンの愛を信じている。

時は過ぎ、ピンカートンが帰国してから早3年。

いつまでも待ち続ける蝶々さんの姿に、シャープレスも女中のスズキも心を痛めている。

その時、米国軍艦の砲声が鳴り、蝶々さんはピンカートンが自分のもとへ戻って来たと喜ぶ。

しかしピンカートンはアメリカで結婚して、夫人と一緒に来日していたのです。

それを知った蝶々さんは「恥に生きるより名誉に死ぬ」と決心し、子どもを夫人に託して自らの短剣で自刃する。


長崎を舞台に繰り広げられる現地妻の悲劇で、身勝手な米国軍人ピンカートンへの憎しみと、健気な日本人女性への同情とが交錯し、日本人にとって愛憎半ばする作品です。

大体<蝶々夫人>なんてタイトルからして、ヒロインは30代位の上品な大人の奥様をイメージしますよね。

しかし、彼女が自ら命を断ったのは18才という若さなんですよ〜

そして身請けされたのは、なんとたったの15才!

時代風俗が違うとはいえ、これでは幼な妻を通り越し、児童買春というか、もう犯罪のレベルですよね。

しかし哀しいいかな、蝶々さんと同じような立場の女性は今もたくさんいるし、ピンカートンと同じように身勝手な男性も世界にはたくさんいる。

だからこれは古今東西どこにでもあり、今もあり続けるお話しです。

<蝶々夫人>は単に日本を舞台にした異国趣味のオペラなのではなく、普遍的テーマのある社会派ドラマでもあった訳なんですね。


実際、蝶々夫人には実在のモデルがいたらしいですよ。

「ロシアの海軍士官に捨てられた日本人女性がいた」と、日本滞在中に噂を耳にした姉の話しから着想を得て、小説家が物語を書き上げたと言われてます。

プッチーニがそれをオペラ化したのが1904年。

ミラノスカラ座での初演以来、今日に至るまで世界中で上演され、優しく健気で芯の強い日本人女性のイメージを定着させてしまったんじゃないでしょうか。

今日でも世界で未だに日本人女性の評価が高いと言われるのは、このオペラの影響もあると思います。


a0253145_2305929.jpg



   ある晴れた日

   海の向こうに一筋の煙が登って船が見える

   港に入って来ると礼砲がとどろく

   私は丘の端で待っているの

   そうすると人々の間から

   ひとりの人が私の方にやって来て

   私のことを「蝶々さん」と呼ぶの

   でも私は隠れるの

   そうするとあの人は私のことを

   「美しい桜の香りのような奥さん」と呼ぶわ

   これはきっと実現するわ

   私は信じているの




ピンカートンの帰りを待ちわびる蝶々夫人が歌う、人気アリアです。

芸者であった蝶々夫人は、自分がピンカートンにとって一時的な現地妻である事をどこかで理解しながらも、愛する人の自分への愛情を信じ続けます。

あまりの一途さに、彼女の空想シーンのはずが現実の事のように感じられ、またそこが切なく物悲しいですね。

というか、この段階の蝶々さん、かなり妄想進んじゃってます。

いわゆる精神的危機の状態なんじゃないかしらね?

現代だったらそのまま確実にストーカー行為へと進むんじゃないでしょうか。


<一途すぎる恋>

それは美しいけど厄介な存在です。

一途な恋はそれだけヤケドしやすいし、痛みと傷跡だけを残し、幻のように過ぎ去って行きます。

古今東西、哀しいかなそういうものなのです。

a0253145_2303935.jpg


ところで蝶々さんの死後、ピンカートン夫妻に引き取られアメリカで成長した息子は、その後どうなったのか気になりませんか?

原作者ジョン・ルーサー・ロング氏は、未発表の<蝶々夫人>の続編を残して亡くなったと言います。

その続編によると、蝶々さんの自殺は未遂に終わっていて、その後は旅館の女将をしながら細々と生き延びるらしいのです。

ピンカートンとケート夫妻に引き取られた息子、Jr.バタフライは20年後に日本に戻って来て、実の母とは知らずに蝶々さんと出逢うのだが、しかし・・・

と、そういう物語になっているのです。(興味のある人は調べてみて下さい)

三枝成彰氏の新作オペラ<Jr・バタフライ>では、舞台は第二次世界大戦の時代に変わっていて、記者となって日本に帰って来たJr.バタフライが日本人女性と恋に落ちるのだが、戦争によってその仲を引き裂かれ、彼女は長崎で被爆して死ぬという、これまた救いようのない悲劇が待ち構えているのです。


わずか2才半の時、母親と劇的な分かれ方をし、義母によって育てられた混血児Jr.バタフライ。

彼が母親に対する大きな葛藤を抱えて、異国で孤独に成長したであろう事は容易に想像されます。

複雑な母親コンプレックスを乗り越えない限り、彼の魂の救済はあり得ないのではないでしょうか。

ちょっと想像してみただけでも、彼の恋愛や結婚には大きな困難が待ち受けていると思わないではいられません。

<Jr.バタフライ物語>もさらに波乱を呼んで、結局は<バタフライ家の悲劇>という大河小説へと発展するのかも知れませんね。


ドラマに登場する人物の、その後たどった人生を想像してみるというのも、オペラの楽しみ方のひとつと言えるでしょう。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-02-21 17:16 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

トゥオネラの白鳥

a0253145_14434624.jpg
先週の積雪27㎝の大雪の日。

どうしてもこなさなければならない仕事があったので、レインジャケットの中にダウンを着込み、帽子、マフラー、手袋、マスク、防寒ブーツに靴下二重履きの万全の態勢で出かけて行ったのです。

都会では滅多にない大雪なので、気分はウキウキと子どものように高鳴り、脳内エンドルフィン急上昇のせいなのか、わざわざ遠回りしてでも美しい雪景色を見たくなってしまいました。

そして人っ子一人ない、犬の子一匹もいない、猛吹雪の代々木公園を、ひとり彷徨う事となったのです。


そこはまるで別世界。

完全に東京ではなくなっておりました。

横殴りの風が積もったばかりの新雪を巻き上げ、雪女の亡霊とともに駆け抜けて行く。

地嵐のような風雪を避けるため、思わず樹木の多い場所に身を寄せる。

雪が都会の喧噪を見事に吸収し、そこはとてつもなく静かな林でした。

どこからだろう?

雪を避け避難した野鳥たちの、軽やかで楽しげな声が聞こえて来る。

こんな吹雪の中、一体鳥たちはどこでさえずっているのだろう?

幹の上方の鳴き声の辺りに視線を上げてみました。

しかし風にたわんだ枝から、ドサドサと雪が落ちるだけ。

そして辺りに、また一層の静けさが甦るのでした。


「ここは東京じゃない! まるで極北! ツンドラの大地を行くようだ!」

マインドがそう呟いた瞬間、私の空想は大きく翼を広げ始めました。

頭の中に古ぼけた蓄音機があらわれ、レコード盤の上にゆっくりと針を降ろしたのです。

そこから流れ出した旋律は・・・


   [近寄るものを寄せ付けない、凛とした厳しさ]


   [この世のものとは思えない、冷たい静寂の気配]


ん? この曲、聞き覚えがある。

レコード盤から流れて来たのは、シベリウスの交響詩<トゥオネラの白鳥>だった。

死者の悲痛な叫びのような、魂を揺さぶる重~い旋律です。


「そうだ、トゥオネラだ! ここは黄泉の国、トゥオネラだったのか!」


大都会の真っ只中。

頭の中でリピートされるシベリウスのメロディを思い起こしながら、私はひとり代々木のトゥオネラを旅する人となっていたのでした。

a0253145_14443329.jpg

北欧フィンランドの作曲家シベリウスは、祖国の英雄叙事詩<カレワラ>のオペラ化を望み、作曲に取りかかっていました。

その願いは壮大すぎて、結局断念される事となったのですが、出来上がった序曲は交響詩<4つの伝説・レミンカイネン組曲>という作品にまとまり残されたのです。

<トゥオネラの白鳥>はその二番目の曲なのですが、とても有名で単独で演奏される事も多いのです。

英雄レミンカイネンは花嫁を得るため、その母親から3つの試練を授けられるのですが、2つまでやり遂げたあと最後に残ったのが「トゥオネラ川の白鳥を捕まえる」という難題だったのです。


死の川トゥオネラ・・・

トゥオネラはこの世とあの世との境目の川で、そこに住む白鳥は死者の魂をかの地へ導く、妖しく美しく恐ろしい存在なのです。

シベリウスはその死のイメージを、美しく幻想的な曲にして見事に表現しています。


霧の中を行くような弦の響き。

この世のものとは思えないただならぬ気配です。

白鳥の主題の旋律は死者の悲痛な叫びのように、重く静かに魂を揺さぶって来ます。

黄泉の国のトゥオネラ川に漂う白鳥は、優雅でありながら儚く、現実のものとも幻とも分からないイメージなのですが、その映像がはっきり目に浮かぶような不思議な音楽です。



   死してなお熱き想いの醒めぬ者は、
  
   死の川トゥオネラの白鳥となりて、
  
   ただ一羽、
  
   凍てついた水に心を癒す



主人公レミンカイネンが狩りに失敗して死んだあとの、静まりかえったトゥオネラ川を泳ぐ、優美な白鳥の姿を彷彿とさせます。

そこには自然界の美しさと恐ろしさが共存しているのです。

a0253145_14452734.jpg

代々木公園には大きな噴水のある池があります。

だから白鳥たちはきっとそこで羽を休めているに違いない。

そして死に行く者たちの準備が整うその時を、じっと待っているに違いない。

私のファンタジーはそんなストーリーを勝手に生み出しておりました。


今日でなければもう二度と<トゥオネラの白鳥>を見ることが出来ないだろう。

是非ともその美しいシーンをこの目で見届けなければ、吹雪の中ここまで彷徨った意味がないと私は思いました。

そして、まるで雪中行軍のように新雪を踏みしめ踏みしめ、大きな噴水の池まで歩んで行ったのです。

「私のトゥオネラ! 死の国の白鳥たちよ! どうぞ待っていておくれ・・・」



しかし、噴水も休止した池のそばでは、いつもの通り、カラスがレジ袋をついばみながら一声だけ。

「カァ〜!」

白銀の世界に大きく鳴り響くだけだったのです。

a0253145_14472568.jpg


追伸
手塚治の短編作品<0次元の丘>に、この<トゥオネラの白鳥>の曲が効果的に登場している。

「戦争中に一家惨殺されたという前世の記憶を持つ少年が、当時の家族と今生で再会する」というお話しなのだが、思春期の頃初めて読んで以来、<トゥオネラの白鳥>の強烈なイメージは私の心に住み着いてしまったみたいである。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-02-14 15:00 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

ストレス社会を生き抜く12の心得

a0253145_23515692.jpg
日々めまぐるしいスピードで変化している現代社会。

その真っ只中でピュアに純粋に生きて行く事は、本当に至難の業です。

仮に自分一人だけが清らかに純粋に生き抜いたとしても、それはそれでまた、周りの人にとっては頭痛の種だったり。

人生にはそんな皮肉な側面もあったりするものです。


現代人は皆ストレス社会に生きていて、悩みのない人は皆無と言って良いでしょう。

物質世界に肉体を持って生まれた以上、それが人間の宿命なのかも知れません。

しかしそれでも私達は生きて行かねばなりません。

一歩づつでいい、ほんの少しでも理想に近づく事を願いながら、今日も私達は人生の一本道を歩んでいるのです。


そんなストレス社会を生き抜くために、ちょっとしたコツが存在するって事を、ご存知でしたか?

米国のジャーナリストLeo Babautaさんは、自らのシンプルライフの実践から、ストレス社会に打ち勝つために12の心得があるって気付いたんだそうです。

ストレスに負けず人生を豊かに過ごすには、ほんの少しコツがいるみたいです。

毎日の小さな心がけで全然大丈夫。

だけどその心がけが、とても大きな差となってあらわれます。

TIME誌の世界のブログTOP25に選ばれた、レオさんのブログ<Zen Habits>から、その12の心得をご紹介しましょう。


a0253145_052378.jpg

 1.瞑想 Meditation

毎日たったの1分でOK!

まずは座って自分の身体に意識をあて、それから呼吸に注意する。

意識が呼吸から離れたのに気付いたら、その時はゆっくり呼吸に意識を戻す。

決めた時間が終わるまでそれを繰り返す。

瞑想は心に留める落ち着いたライフスタイルの第一歩です。


 2.目を覚ます Be Awake

瞑想の次のステップ。

オンラインの世界に没頭したり、過去の嫌な事を振り返ったり、将来の事をストレスに感じるのをやめ、現実の世界を感じる事。

その事自体が目を覚ましている状態を意味する。

だからアウェアネスを思い出した瞬間に目を覚ます事は可能となる。

思い出せばいいだけなのだから、いつでもどこでも一日中目覚めていられる。


 3.衝動をやり過ごす Watch Urges

何かを欲する衝動はやり過ごす事が出来ます。

メールチェックしたい、SNSしたい、甘いものを食べたい、お酒を飲みたい、TVを見たい、タバコを吸いたいといった衝動は、沸き上っては沈静化し、また繰り返し沸き上って来るもの。

その衝動に合わせて行動する必要はなく、行ったり来たりする衝動には付き合わない事。


 4.理想を手放す Watch Ideals

我々はみな理想を持っています。

皆んなが親切でお互いを尊重する事、試験で好成績を上げる事、重要な会議で上手くやる事、決してヘマをしない事。etc.

経験上理想は大抵現実にならない事は分かっているものの、理想と現実の差に悩み、ストレス、恐怖、嘆きを引き起こす。

理想を手放す事で人は解放されます。


 5.ありのままを受け入れる Accept People & Life As They Are

他人を自分の思う通りに変えようとするのを止め、ありのままのその人を受け入れた時、始めてその人との時間を楽しめる。

これは人に限らずあらゆる事に通じている。

同僚、子ども、配偶者を受け入れるだけでなく、悪い状況、楽しくない事、騒音さえも受け入れる。

それらと闘う事を止め、ありのままを受け入れる時、平穏が訪れる。


 6.期待を手放す Let Go of Expectations

来るべき状況への期待を感じる事は大切だが、実現しない場合にストレスや失望を招いてしまう。

私達は自ら痛みを引き起こしており、痛みの原因となる期待を手放す事で痛みから解放される。


 7.不快感もOK Become OK with Discomfort

現代人は不快な事に対する恐れがあまりにも過大。

私達は未知のものや不快な事を避け、良く知っているものや、心地よいものばかりを選んで生きている。

しかし不快なものを受け入れる練習もするべき。

そうする事でより心地よく感じる領域が拡大する。


 8.抵抗感を見直す Watch Your Resistance

不快な事にチャレンジしたり、好きな事を諦めたりする時には抵抗感があるものです。

例えば騒音で集中出来ない時、問題は騒音そのものではなく、騒音に対する抵抗感かも知れません。

抵抗感を見つめ直すと大した事ではなく、自然に消えて行くものも多いはず。


 9.好奇心を持つ Be Curious

物事に行き詰まった時は考え込まずに、変わりの良い手を探し出そう。

それにはまず知っている事を頭から捨て、試してみよう、見つけ出そうという、旺盛な好奇心を利用する。

失敗の恐怖を脇に置き、知らなくてもOK、間違ってもOKなのだと自分に言い聞かせる。


 10.感謝する事 Be Grateful

私達はあらゆる事に不平不満をこぼしがち。

しかし、実は人生とは奇跡で出来ています。

全ての物事に感謝出来る何かを見つけて下さい。

感謝する気持ちを持てば、人生は驚くほど素晴らしいものに変わります。


 11.コントロールを諦める Let Go of Control

私達はよく事態をコントロールしようとする。

時にはそれが上手く行く事もあるが、それも実は幻想にすぎない。

人生はコントロールしがたいものです。

上手くコントロール出来ていると感じても、すぐに物事が望む通りに行かなくなり挫折してしまう。

コントロールする事を諦め、流れに任せる事を学ぼう。


 12.共感する Be Compassionate

他人への共感は、あなたの世界観を変える事が出来る。

そして自分に対する共感は、あなたの人生を変える事が出来る。

共感性は忘れやすいので、常に思い出す事が大切。

a0253145_23564019.jpg


以上の12項目が、ストレス社会を生き抜く心得なんだそうです。

どれも簡単そうに聞こえるけれど、なかなか困難なものばかりですよね。

自分の心に相当意識的じゃないと、すぐに忘れてしまいそうです。

毎日の生活の中でこれらのことを繰り返し思い出す事。

何回も忘れては思い出し、思い出してはまた忘れるという事を繰り返す事が大切なのだそうです。

そのプロセス自体がストレスに打ち勝つ心を作り上げるとレオさんは言います。


12の心得のコツを上手く掴めたら、生きる事は確かに楽になりそうです。

紙に書いて目につく場所に貼っておくだけでも、ストレスが軽くなっちゃいそうですよね。


Zen Habits




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-02-09 23:57 | 人生・霊性 | Comments(2)