<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

レリゴー現象

a0253145_2335876.jpg

アニメの話題をもうひとつ。

「歌とファンタジーと家族愛」で観客動員数1000万を超えた、デイズニーアニメ<アナと雪の女王>

その主題歌<Let It Go>をカラオケや口パクで唱うのが流行りです。

カラオケランキングでも首位獲得で、これを<レリゴー現象>と呼ぶのだそうです。

実は私もお風呂の中で、 ♬レリゴー レリゴー って唱うの好きなんです。

ぬるめのお風呂に天然塩を溶かし、 ♬ありの~ ままの~ って歌うと浄化が早いような気がするんだけど・・・

これって単なる気のせいですかねぇ?


a0253145_2345747.jpg

デイズニー初のWヒロイン、エルサとアナはキャラクターが全く違う姉妹です。

優雅なエルサは長女としての責任を果たすタイプ。

まぁ王室の後継者なのですから、当然と言ったら当然なんですが、自分の欲望よりも立場優先、常に自制心をコントロールして周囲との調和を計ります。

雪の結晶のように整ったもの、整った自分を良しと思っています。

それに比べ、次女のアナは明るく無邪気でマイペース。

おっちょこちょいで世間知らずだけど、とにかく行動力があり、愛を信じて無鉄砲に飛び込んで行く。

自分の欲望に忠実な感覚派のタイプです。


あなたはアナ派? それともエルサ派?

周りにいる女性たちに、どっちのタイプか訊ねてみると面白いですよ。

それとなく探りを入れてみたのですが、私の周りには周囲の期待に添おうとする日本的優等生が多いのか、「自ら孤独を選んだエルサの苦悩に共感出来る」という声が多かったです。

我々も周りを遮断し殻に籠ってる時は、心が氷になったように感じるものです。

だからエルサの哀しみに共感出来るし、多くの人は氷の城での彼女の変貌に深く感じるものがあった。

エルサが<Let It Go>を歌いながら氷の城を築くシーンは本当に圧巻です。

けれど、あれは押さえ込んでた自分を解放する、自由と喜びの歌というのとちょっと違います。

他の人たちを守るため、親の言いつけに盲目的に従い、自分の本当の姿を人に知られないようにし、今まで自分を否定して生きて来たけど「これからは自分らしくいるために独りで世界を生きて行くわ!」と、決意表明した歌なんです。

エルサ最大のトラウマは8才の時。

秘密の力で妹を傷付けてしまった事ですよね。

子供の頃の傷付いた心(インナーチャイルド)を持つ人は、自信を失ってる人が多いんです。

ありのままの自分を隠し、必死になって周りの評価を得ようともがき続ける人もいる。

自分らしく生きて行こうとすれば当然困難も多いでしょう。

「それでもいい! 覚悟してそれを受け入れ生きて行こう!」 

<Let It Go>はそう決意する歌なのです。

そう、この作品の主題は「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」だったのです。

a0253145_2355580.jpg



「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」

言葉にすると陳腐ですが、これは誰にとってもとても大きなテーマになります。

この作品について、ある女性解放論者のこんな解説を発見してしまいました。


このエルサというキャラクターには、男性中心の社会の中で自分を押し殺し、否応なく一定の型にはまって生きざるを得ない、世界中の女性たちの鬱屈が込められている。

社会が求める女性像からはみ出したエルサを氷の城に追いやったのも、そして彼女をモンスターとして追いつめるのも、無理解で無慈悲な社会であり、そんな社会を支配する男性だった。

社会から孤絶して生きようとするエルサと、そんな彼女をもう一度社会に連れ戻そうとするアナ。

二人の運命が交錯する瞬間、本当の意味でヒロインのための物語が生まれる。

ヒロインそれぞれに課された過酷な運命は、突然何処からか降って沸いたような曖昧な存在たる王子様ではなく、文字通り彼女たち自身の行動力と必死の努力で切り開かれた。

エルサにかけられた魔法の呪いも、アナにかけられてしまった呪いも、どこかの王子様の<無償の愛による救済>というヒロイン物語の主旋律を、彼女たち自身に取り戻す事が出来た。

その意味で、ヒロインという存在を本当の意味でリスペクトする内容だった。

だから世界中の観客が納得したのだ。

そこには何百年もの間続いて来たジェンダー闘争への、ひとつの回答が隠されているように感じられる。

自らの意志を持って生きる道を模索し始めたヒロイン像があるのだ。


なるほど〜

この女性解放運動の活動家は、白馬の王子によって救われる従来型のヒロインではない、ニュータイプのデイズニー・ヒロインの登場が、新しい時代の幕開けを象徴していると主張したいようです。

たかが(失礼!)ディズニーアニメからジェンダー論まで展開するなんて・・・

大胆で大袈裟、かつ面白い!

男性社会の中で差別され抑圧されて来た女性性を解き放つ事。

それがこの女性運動家の使命であり、お役目という事なのでしょう。

a0253145_23105011.jpg


「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」

私に言わせて貰えば、それは大いなる自己(ハイアーセルフ)が設計した人生を思い出し、それに同調し、使命を果たすって事になります。

ハイアーセルフはこれまで生きて来た過去の自分、未来の自分すべてを覗き込んでいる、自分の上位階層の意識の事。

そのレベルの意識では、過去において何が完了出来なかったか、どうすればそれを克服しバランスが取れるのか、そんな事はみんなお見通しなのです。

分かった上で自分に経験と才能を与え、それをどう料理するのかを黙って見守ってる、器の大きなおっ母さんってところです。

そのハイアーセルフと上手くコミュニケーションし、自分の感覚を信じて人生を選択して行く。

そしてそういう人生に喜びと満足を得る。

「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」ってそういう事なんだと思います。

a0253145_2310258.jpg

  
 
 ♬ありの〜 ままの〜 自分に帰るのよ〜♬


今夜も半身浴をしながら、私は<レリゴー現象>に想いを馳せています。

すべての人の魂が浄化され、本当の自分を思い出し、自分の力を<Let It Go>する日の事をね・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-05-12 14:53 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

巨人のやる気チャクラ

a0253145_11433912.jpg

いや~、噂通り<進撃の巨人>ってハマっちゃうんです。

たまたまアニメ版を見ただけだったんですけどね〜

第1話を見終わったら妙に落ち着かなくなっちゃって、一挙に25話まで行ってしまいました。

ふと気付けば完全なる夜明け。

「面白すぎる!」と聞いてはいたけど、確かにこれはハマりますね。


地球上で最も繁栄している人類に、それを上回る究極の天敵がいたなんて・・・

いいですねぇ~

驕り高ぶる人類への警告とも取れる、その逆転の発想に面白さがあります。

100年程前に唐突に出現した「人を捕食する巨人と人類との究極の戦い」を描いたこの物語。

とにかくヒットしてヒットして、巨人を巡る様々なコラボ企画が進行中で、それはもう<国民的現象>と呼んで良いレベルです。


巨人は、人類にとっての天敵です。

知性はなく、言葉も発さなく、人類との意思疎通は不可能と思われる、大小様々なサイズの巨人族。

非常に高い再生能力を持ち、頭を吹き飛ばしても数分で再生してしまうほどの生命力。

日光の当たらない環境では動きは極端に鈍るが、人間以外の生物には興味を示さず、ただ人を食らうだけの恐ろしい怪物です。

しかし消化器官もなく、人間を食べても消化しないで吐き出してしまう。

巨人の唯一の弱点はうなじ部分。

うなじ下の縦1m横10㎝を刀で削り取ると、再生能力が失われ絶命するのです。

ほほう・・・

この巨人の弱点とやらに、私はちょっと注目してしまいました。

頭とか、心臓とか、喉元とかではなくて、うなじという点に興味を持ってしまったんです。

何故かというと、うなじ部分は第5チャクラ背面の管轄領域だからなんですね。

a0253145_114655100.jpg

「ん? チャクラって何だっけ?」

という人向けに、ざっくりと説明しておきましょう。

チャクラとは人間の身体に並んでいる、目に見えないエネルギーポイントの事を指します。

チャクラは情報の伝達、発信、記憶を司っていて、記憶情報をもとにしたエネルギーの収集と選択という役割を引き受けています。

エネルギーの吸収や排泄を行っていて、心や体、オーラにエネルギーを届ける役目があるのです。

つまりチャクラとは、肉体や心、オーラ、環境などへエネルギーを分配している<エネルギー交換器>のようなものなんですね。
a0253145_1282671.jpg
巨人の弱点のうなじ部分は第5チャクラの後ろ側に当たります。

第5チャクラはコミュニケーション能力に影響を与えているのですが、前方は主に感情表現、後方では意志の表現を司ると言われます。

第5チャクラの背面では仕事に対するエネルギーの供給がメインに行われるので、このチャクラに問題が出ると「仕事への情熱や意志がなくなる」という事が起こりやすいのです。

仕事に対してやる気がなかったり、職業に対して無関心だったり、何故か労働条件の悪いところへ働きに行こうとしたり・・・

子育てでもこのチャクラを使ってしまうと養育が仕事になって来るので、子供が愛情を受け取れないような子に育ったり、キレやすい子供になったりします。

色々と目につく問題が起こりやすいのです。

逆にこの第5チャクラの背面が活性化していると、仕事などに対して情熱が持て、自分の責任を果たせるようになります。

責任感が強く、信頼でき、仕事に熱心であり、仕事に対する充実感が持てるようになるのです。

第5チャクラ前方のコミュニケーション能力と、後方のやる気パワーが上手くコラボすると、物事の現実的な側面がかなりスムーズに流れるという訳です。

a0253145_11475474.jpg

スピリチュアルな世界では、首の後ろの<ぼんのくぼ>という場所は、エネルギーの侵入口でセンサーみたいな働きがあると言われます。

ここがゾクゾクして悪寒が走ったら邪気の侵入に要注意。

非常に敏感なところで、ガードの弱い急所でもあり、プロレスでは<延髄切り>って必殺技もありますよね。

私事ですが、以前首が回らなくなりどうにも困った事がありました。

振り向こうするとゴリゴリ嫌な音がして、ギブスをはめたように左右のどちらへも首が動かせなくなったのです。

その頃は人生の転機で、それまでの仕事から新しい場所へとジャンプしなければならない時期だったのに、その流れに気付かずに同じルーティンを繰り返していました。

自分が心の奥で仕事に退屈を感じてたなんて考えもしませんでしたが、首の不調はそれに対する警告だったのでしょう。

そのテーマがクリアされると同時に、首は360度スムーズに回転するようになりました。

だから<ぼんのくぼ>と<延髄>と<やる気パワー>とには、相関関係があると実感しています。
a0253145_11455146.jpg

さて<進撃の巨人>の主人公エレンは、やがて自ら巨人化する技を体得して活躍し始めるのですが、その巨人化の時には、彼は巨人のうなじに入り込み巨人の肉と同化してしまいます。

その時、彼の自我は薄まって冬眠状態になり、記憶が曖昧になったり夢を見ていたりして、行動を制御出来なかったりもします。

これも面白いなぁと思いました。

「物事に対する意志力とは、首の後ろ部分の強制力に支配されている。

しかも自我を超えたレベルの支配力でね・・・」

まるで作者がそう言っているように私には思えたのです。
a0253145_12274879.jpg

主人公エレンが巨人化するには強い意志力が必要で、明確な目的意識を持たないと発動しません。

自らの肉体を傷付け、喝を入れなければならないほどの、強烈な意志の表明が必要なのです。

願望を成就させるには、きっと<想い>だけではだめなのでしょう。

その<想い>にプラスして<情動>の力が必要になるのだと思います。

右脳と左脳を統合して能力が向上するように、<想い>と<情動>が合体した時初めて真の創造性が発動されるのです。

その時、人は巨人・超人へと変容出来るのです。

人間のそのような可能性を、この物語から感じ取りました。

a0253145_11462654.jpg
何かを成し遂げたいと思っていても、中途半端な<想い>と<情動>では駄目なんですね。

発動のためには、自我を超えたレベルでの働きかけが必要なんです。

「何かを変える事の出来る人間がいるとすれば、その人はきっと大事なものを捨てる事が出来た人だ。

化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら、人間性をも捨てる事が出来る人の事だ。

何も捨てる事が出来ない人には、何も変える事は出来ないだろう。」 

登場人物アルミンの、この含蓄ある台詞が印象的でした。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-05-09 13:19 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)