<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タナトスへの憧憬

a0253145_19292126.jpg

ギリシャ神話にはタナトスという死の神様が存在します。

冥界のハデス神とも違い、タナトスは<死>そのものを神格化した神様です。

タナトスは黒衣をまとい、血色悪く陰気な顔つきをした有翼の老人で、鉄の心臓と青銅の心を持つ非情の神だとされてます。

夜の神ニュクスの息子で、兄弟である眠りの神ヒュプノスと、大地の遥か下方、タルタロスの領域に館を構えています。

そして、臨終を向かえんとする人の魂を奪い去って行くのが、彼のお仕事。

人間に割り当てられた寿命が尽きようとする、その時・・・

その人のもとへと赴き、髪を一房切り取ってハデスに捧げ、そしてその人物の魂を冥界へと連れて行くのです。

英雄の魂はヘルメスが冥界に運び、凡人や罪人の魂はタナトスが運ぶと言う。

私も死ぬときはタナトスさんのお世話になるんでしょうねぇ〜

髪はざっくりとやってもよござんすよ。

タナトスさん、その節はひとつよろしくお願いします。
a0253145_19294949.jpg

心理学用語におけるタナトスとは「攻撃や自己破壊に傾向する死への欲望」を意味します。

言い出しっぺはフロイト。

当然、このギリシャ神話から名付けられました。

人間のさまざまな欲望の最下層には、生き抜くために必要な生存欲求が、本能として基盤を成しています。

ピラミッド型の<マズロー欲求段階説>で習いましたよね。

しかしその生存欲求のすぐ裏側には、コインの裏表のようにタナトス欲求(死への欲求)が張り付いているんだそうです。

つまり人間には心の奥で生き残りたいと強く願う反面、それと同時に生命を破壊してしまいたい、死んでしまいたいというアンビバレンツな欲求も眠っているというのです。

早死にするスターや英雄、夭折の天才たち・・・

タナトスのマジックにかかる人間って結構多いんですよね。

彼らの生き様がむしろ伝説のように語り継がれるのは、人間の深層に存在するタナトスへの憧憬を、代弁して見せてくれてるからなのかも知れません。

実際の話し、あなたの周りにもひとりやふたりぐらい、生き急いでるような危うい人物が見つかるのではありませんか?
a0253145_19282578.jpg

誰でも一度くらい自殺願望持った事もあるかと思うのですが、このタナトスへの欲求ってのは、一体なぜ沸いて来るのでしょう?

自然界の動物は「死にたい」などとは思わないものですよね。

不眠症で冬眠を放棄したクマとか、鬱でメランコリックなサイとか、そんなの聞いた事ありません。

人間だけが死を考える生き物で、死を恐れ、敬い、憧れすら抱いてて・・・

何だか一筋縄では行かない、かなり不可思議な情動を持っているのです。



  あちらの世界にいる時に、こっちの世界を夢見てて、

  こっちの世界にいる時に、あっちの世界に憧れる。

  光を追うと危ないよ。

  必ず闇がついて来る。



生きることと死ぬことは、いうなれば背中合わせのパラレルワールドです。

物理学でも「可視的な世界の背後には不可視の世界があり、それは普段隠れている」なんて、そこまで分かっちゃってるのです。

生きる事と死ぬ事の間には、どんな違いがあるのでしょう。

次元のひずみに落ち込んで行くような感じなのでしょうか?

人間の中にまどろんでる能力が目覚めれば、隠れた不可視の世界に参入出来るようになるのかも知れません。

けれど永遠の命を渇望しすぎて、生きる屍みたいな人生を送っては困りものですよね。

現実世界とスピリチュアル世界・・・

あくまでもその兼ね合いが大切です。

生きる時も死ぬ時も、この世もあの世も中間世も、100%体験し尽くすのが一番の理想なんじゃないかって、私はそう思っているんですよね。


誰もがいずれは死ななければなりません。

あの世に旅立つその日には、家族も名誉も財産も、きれいさっぱり物質次元に置いて行かねばならないのです。

そこから先へは、ただ愛だけを携えて、またひとり旅を続ける事になっているんでしょうね。



おまけ:
タナトスはゲームの世界にも存在してるようで、フィギュアまであるという。

神話世界もカジュアル化の波が押し寄せてるんですね〜
a0253145_19354646.gif

a0253145_19361198.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-30 12:42 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

オペラ<アイナダマール>

a0253145_12233048.jpg
スペインの国民的詩人ロルカを題材にした、一風変わったオペラを観賞した。

オペラを超えたオペラとの呼び声が高い、<アイナダマール>です。

「再演されるかどうか分からないから、見逃すと一生見れない可能性あるわよ」

出演した友人Sは、役作りのトレーニングで筋肉痛の身体を摩りながら、こっそりそう教えてくれました。


その意見はもっともです。

なぜってこの作品、通常の歌劇とは違い、かなり前衛がかってるんですよね。

イスラム礼拝っぽいコーラスや、死を嘆き悲しむ泣き女の合唱団。

馬のひずめや銃声の音もそのままシンセ音に使われているし、フラメンコギターや手拍子、アフリカや中南米の打楽器も加わり、かなり粗野で土っぽい印象だ。

<歌劇>にしては、かなり<過激>・・・


しかし、現代音楽だから小難しいって感じでもないんですね。

フラメンコやアラブ風の音楽がちりばめられて、クラッシックの音楽編成を破壊した<フォークオペラ>、<ワールドミュージックオペラ>と言えそうです。

歌唱・演劇・美術・映像・衣装・ダンス・パフォーマンス・民族音楽・オーケストラ・音響技術・・・

すべての面で異色のアイデアに満ちていて、ホントに<オペラを超えた21世紀のオペラ>の風情です

コアなファン層から「これは凄い!」と賞賛され、世界80ヶ国以上で上演されている話題の作品なのです。

a0253145_13332533.jpg

物語はスペイン内戦で銃殺された詩人ロルカの運命を題材にしていて、彼とゆかりある人物も絡み、<死と隣り合わせの魂同士の交流>みたいな情熱的で神秘的な主題が見え隠れしてます。

それは「ひとりの人間の魂は時代を経て、他の人間の魂へと伝播し得るのか?」

「死者の魂と対話することが出来るのか?」

といった感じのテーマなんですよね。


19世紀グラナダに実在しジャンヌ・ダルクのように処刑された自由主義の女性、マリアナ・ピネーダ。

そして彼女の半生を戯曲にした、フェデリコ・ガルシア・ロルカ。

マリアナ・ピネーダを演じた伝説の大女優、マルガリータ・シルグ。

この三者の心の叫びというか、自由のため流した血の匂いが、現実とは違う別のリアリティーの中で時代を超えて交流するのです。
a0253145_1284256.jpg

現実世界と死後の世界との霊的交流は可能なのでしょうか?

19世紀グラナダの悲劇のヒロインの魂が、1930年代の詩人の心に大きな影響を与え、数奇な運命へと導く。

ひとりの人間の生き様が、後の時代の誰かの人生に作用を及ぼすなんて・・・

そんな事が本当にあるのでしょうか?     


人間は大昔から、死者の魂との交流に憧れを抱いていました。

多くの人間が、死はすべての終わりではないと直感的に感じていたからです。

大地と繋がったシャーマンのような人々は、死者とのコミュニケーションでその魂を代弁して語る事ができます。

日本の口寄せでは恐山の<いたこ>が有名ですよね。

死者の魂に近づける人間は様々な情念を聞き取って、その痛み、哀しみを受け止める。

<いたこ>はそれを語り部のように伝え、スペインの歌い手はそれを唄にして伝えているのです。

このオペラが「オペラを超えたオペラ」と言われるのも、土着の人間の生々しいパッションが直接身体に伝わるからなのでしょう。

マリアナ・ピネーダやロルカの無念さに、まるで憑依されるような、不思議な感覚に包まれます。
a0253145_1223737.jpg

アンダルシアの人々はカンテという唄で情念を表現しますが、これがまたコブシが聞いてて、日本の民謡に通じるものがあるんですよね。

フラメンコのギターも、考えてみると津軽三味線と似たスピリッツです。

アンダルシアの大地と東北の魂のあいだには、何か共通するものがあるのかも知れません。

スペイン人と日本人のDNAの中に、目に見えない不思議な共感性を感じずにはいられませんね。



<アイナダマール>とはグラナダ郊外に実際ある地名で、アラビア語で<涙の泉>という意味があるのだそうです。

1936年8月19日、その泉の場所で自らの墓穴を掘らされ、銃殺されたロルカ。

その時、遺体を埋葬する者もいなかったそうですよ。

しかし作品だけは死ぬこともなく、長い眠りにつきました。

独裁政権が終わる頃には、アンダルシアが生んだ国民的詩人としてロルカの名は再び浮上して来ます。

そして21世紀の今、我々はこうしてオペラ作品を通してロルカの魂の甦りを目撃するのです。


魂の営みには、始まりもなければ終わりもありません。

後に続く人々を巻き込み、運命の輪がゆっくりと回り続けるだけなのです。


「やっぱり魂って永遠不滅なのかも知れないなぁ~」

観賞後、私はそう信じざるを得ない気分になり、高揚した心で劇場を後にしたのでした。

a0253145_12253218.jpg
                          
                              
  あらゆる国では死はひとつの終わりです。           

  死がやって来ると幕が引かれるのです。

  でもスペインではそうではありません。

  スペインでは幕が上がるのです。

           フェデリコ・ガルシア・ロルカ




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-20 14:12 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

映画<美女と野獣>

a0253145_1794185.jpg

おとぎ話しフェチの私には、愛好するファンタジー作品が多いのですが、その中でも特に<美女と野獣>は外せません。

アニメやバレエ、ミュージカルで有名なので、知らない人はいないですよね。

今回実写版が公開されたという事で、早速に観に行って参りました。


呪いの魔法で醜い野獣に変身させられた王子が、純粋な乙女の真実の愛で救われる永遠のラブ・ストーリー。

美しいですねぇ。 心洗われますねぇ。

そしてなぜか心が大きく揺さぶられる物語でもあります。(私だけ?)


傷つき孤独で頑な王子様ってシチュエーションには、子供の頃からめっぽう弱かった私。

これって、一体何なんでしょう?

私の中には傷ついたヒーローがいて、何か事あるごとにマグニチュード7クラスで心を揺すり、その度に動揺させられてしまうんです。

心の大地震に右往左往して、物語のヒロインに必要以上に感情移入する。

だからそうね、いつもハンカチ2枚は必須です。

苦悩する王子の元型が心の中で活動を始めると、一般社会のごく平凡な男性が気の毒な運命の高貴な人物に見えたりして、それも困ります。

実際この元型のせいで勘違いの恋に落ち、トラブルに巻き込まれたりする人も多いんですよね。

この元型パターンに捕まると、情にほだされて男女関係の深みにハマったりするので要注意です。
a0253145_2014925.jpg

「気の毒な王子様を愛の力で救う物語」に、女性はなぜ心を揺さぶられてしまうのでしょう?

それについて考えてみた事があります。

世界の民話・伝説には<呪われた王子>だけでなく、大蛇や鬼や悪魔や、いわゆる<怪物>と結婚する乙女の話しが多いんですね。

異界のものと結ばれる運命。

それ故に幸せになったり、あるいは不幸になったりする、そんな女性たちの物語です。

「純粋な心を持つ乙女によって救われる異形の英雄」

このテーマってすべての女たちの心に宿っているんだそうですよ。

だから古今東西、この主題からは色々な物語が生まれています。

<カエルの王子><ノートルダムのせむし男><オペラ座の怪人><ドラキュラ伯爵><フランケンシュタイン><エレファントマン><キングコング>・・・

ね、異形の英雄ってやはり語り継がれてるでしょ?

他にも<男はつらいよ>の寅さん、<羊たちの沈黙>レクター博士、フェリーニの<道>ザンパノなんかも皆んな異形のヒーローと言えます。

彼らは<普通とは違う>という点で、すでにポイントが高いのです。

英雄が醜い姿(あるいはエキセントリックな性格)で、しかもその事に苦悩を抱えているという点が、純粋愛を培養する秘訣になってるんですね。

a0253145_1774090.jpg

この手の英雄ファンタジーの中には「人間は皆んな魔法にかかってる」って教訓が見え隠れてしています。

「自分は誰にも愛されるはずがない・・・」

恵まれた一国の王子と言えど、そんな否定的な呪いにかかってしまうのだから、その影響力を考えると、呪いの力(ネガティブなマインドブロック)の恐ろしさを感じずにはいられません。

呪いとは、恐るべきものです。

ここで皆さんも、是非とも自分に問いかけてみて下さい。

「自分は勉強ができない」「自分なんてダメだ」「自分には才能がない」「自分なんてモテっこない」

あなたもこんな呪いにかかっているとは言えないですか?


人は皆、多かれ少なかれ魔法にかかっています。

心の呪いを100%解く事が出来たなら、人生はすぐにキラキラと輝きます。

おとぎ話って、それを物語の形にして教えているんですよね。


心の呪いを解くというのは、異なる世界と触れて、そこから新しい価値を見つけ出す事です。

異界のものと出逢い、異なる世界とコミュニケーションする。

するとやがて理解という恩寵が訪れ、物事の裏にある真実の姿を見抜けるようになります。

「現象世界の背後に隠れた真実を知る知恵」

その知恵を使って呪いを解く事が、人生の上で何よりも大切な事なんですよね。

おとぎ話はそのための知恵を、優美な形で語りついでいる訳なんです。



a0253145_1764179.jpg


追伸
映画<美女と野獣>は、衣装と美術が素晴らしく美しい。

ベルが着るオートクチュールみたいなドレスや、イバラが絡んだ古城、ご馳走の並ぶ燭台のテーブル、癒しの泉のある温室など、絵画を見るようです。

正直、おとぎ話フェチではない人にとって見どころはそこだけかも知れません。

けれど<気の毒な王子様>好きな方なら、きっと満足すると思いますよ。

監督は日本のアニメからかなりインスパイアされてるようで、<ナウシカ>や<ラピュタ>や<進撃>のいいとこ取りが多く、そこら辺も興味深かったです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-14 16:56 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

スピリチュアル・ジャーニー

a0253145_1194068.jpg

3ヶ月の<情報断捨離>の最中、私はどのように暮らしていたのでしょうか?

脳の中の神経伝達回路をリセットするため、TVもラジオもインターネットも極限までに削ぎ落し、活字に触れないシンプルな生活を送る。

それは結構ですね。

それではその代わり、一体何を頼りに決断をし、何を指針に私は行動すべきなのでしょう?

うふ、それはですね・・・

いわゆる、テレパシー&直観なのですよ。(笑)


不思議なことに情報ってものは、無理やり求めると逃げてくように感じます。

恋の駆け引きみたいなもので、強引に手に入れようとするとサッと引かれちゃうのです。

むしろどーんと構えて「私は私よ!それがどうした!」って態度でいると、気を使って向こうから訪れて来てくれたりする。

焦らずにゆったり構えていれば、必要なもの、必要な出会い、必要なニュースは向こうからやって来ます。

逢いたいと思った友人から連絡が来たとか、欲しかった服がセールになっていたとか、見知らぬ人の会話から夢の解釈が出来たとか・・・

心で起こるタイミングと、外側の世界とは奇妙に繋がっているものなのです。

a0253145_11114135.jpg


左脳で考えずに直観に従ってみると、案外すんなりと物事が運ぶってこと多いですよね。

直観が上手く働いていてくれる時は、人間どこにも不安がなくなり、ルンルン・スイスイ流れるように物事が決まります。

そういう時は自分ひとりだけじゃなく、周りのすべてを巻き込んで、大きな流れが渦を巻いているんですね。

軽やかで、ナイスタイミングで、なおかつ刺激的です。

人生波に乗ってる時は、自分に力を貸してくれてる大勢のスピリッツたちに、拍手喝采されてる状態と思っていいでしょう。

目に見えないスピリッツたちは割とお調子者も多いので、本人がノリノリだとまるで自分の事のように嬉しくなるらしく、何のかんのと手出し口出し応援してくれるみたいです。

シンクロニシティが起こるのも、そんな霊的世界のお人好し事情もあるのかも知れません。


人生とは言うなれば、「テレパシーと直観力とを携帯した心の旅路」です。

誰もが神話の主人公と同じ、スピリチュアル・ジャーニーを歩んでいるのです。

若く未熟な若者があてどなく旅に出て、不思議な老人や賢者と出会い、知恵や力を授かる。

そして若者は生き方のヒントを得て、再び成長する。

ルーク・スカイウォーカーがヨーダと出逢い、フォースを学んだようにです。

a0253145_11121494.jpg


聖地巡礼然り、お遍路然り、セラピー然り、ビジョン・クエスト然り。

<裸の心・裸の想い>を見つめ直すために、人は時に社会や家族のしがらみから離れ、スピリチュアル・ジャーニーを体験しなければならないのです。


スピリチュアル・ジャーニー(心の旅路)を行く時には、外側の雑音には耳を貸さず、内面の直観やテレパシーを100%信じなければなりません。

本来の野生の力を呼び戻し、それらを活性化させれば、眠っていた能力は目を覚ますはずです。


およそ計画通りにはならない、とてもエキサイティングな旅ではありますが、あなたも自分を発見する心の旅路へと飛び出してみて下さい。

きっと神話の主人公のように、眠っている力を呼び覚ます旅となるでしょう。


どこかの偉人は言っていました。

「人生なんて夢のようなもの、遊びのようなものだ」と・・・

けれど<魂の奥の乾きを満たす真実の遊戯>っていうのは、スピリチュアル・ジャーニー(心の旅路)のことだけなんじゃないかって、そんな風に思ってるんですよね。

a0253145_14551999.jpg






[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-08 11:25 | 人生・霊性 | Comments(0)