<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真実の幸福

a0253145_1183381.jpg
古代の人々は、地震や津波などの大災害、干ばつや水害など自然界の大異変を、神の<みわざ>と捉えていました。

神話でも天変地異は神々が起こしていると伝えています。

「噴火したんは、火の神の怒りのせいじゃ!」

「海神さんが、航海すんなと仰有っとる!」

「お天道様がお隠れじゃで、稲がよう育たん!」 

とか・・・

ピュアなお年寄りのセリフには、大概神話のエッセンスが入っているものです。


その後、時代は下って<科学>とうい名の神が力をふるい、地震や洪水など自然界のからくりもかなり解明されました。

しかし現代、大災害や大異変についてまた新たなパラダイムが浮上しています。

それは「自然界の大災害・大異変は、人間の概念と行為が生じさせている」って考え方です。
a0253145_1146085.jpg

この地球上には、人間たちの間違った考え方や行為が原因で生じる<有害な波動>というものが存在しています。

その波動が、世界の安定を保つ<善悪バランス>を崩すほど蓄積された時。

その時に自然災害は起こってしまう、という考え方です。


我々の有害な想念?

そう、私たちが日頃感じている思考や感情が、自然現象に影響を与えていて、天変地異とか環境破壊とかを巻き起こす原因になっていたんです。

有害想念が母なる地球を苦しめる原因になっているとは・・・

無知なまま自分勝手をし、母親を苦しめてる悪ガキ。

それが我々人類の姿だったんですね。


怒り・憎しみ・妬み・自己憐憫・・・

一人一人のレベルではちっぽけな、ただの悪想念にすぎないのですが、それらがたくさん寄り集まった時、それはモンスターに変身します。

汚れた有害エネルギーが一つの集団を作ると、大地のマグマを揺るがすほどの、大きなエネルギー現象となり得るのです。

我々が発してる集合無意識の暗い想念・重い情念が、自然界のバランスを壊してしたんですね。

この地球に生きる我々一人一人が、悪想念という薄汚い生ゴミを撒き散らしている厄介な存在だったんです。

気づけば自分たちが最も悪臭を放ってる。

我々自身がまさに<不都合な真実>です。
a0253145_11464116.jpg

それは自然災害だけの話しではありません。

戦争もまた同じです。

戦争は創造主の計画によって起こるものではなく、人間の物質的利己主義がはびこった末に生じるもの。

だから個人や、企業や、政治家や、国が利己主義を放棄すれば、戦争はきっとすぐになくなってしまうはずです。

なのに、何故だかそうはならない。

う〜ん・・・

それはきっと、どこかに戦争を望んでる誰かがいるからなのでしょうね。

もちろん、世界中のほとんどの人は戦争なんて望んでませんよ。

しかしどこかの一部に、確実にそれを望む人が存在してるのです。

その人たちの作る世論に誘導されて、我々は後を追ってしまう。

そしてその先に崖があるとも知らず、まっしぐらに進んで行く事になる。

だから世界平和を本当に望むなら、自然を安定した状態に制御したいなら、人間がまず自分たちの考え方を正しく制御しなければなりません。
a0253145_11474391.jpg

家庭においても同じです。

もし家族の一人一人が、より正しく生きるようになれば、その家族はより平和で健康になるでしょう。

反対に家族が皆んな利己的で、互いに奪い合いをすれば、争いや不幸が絶えなくなります。


まったく同じ事が国どうしについても言えるのです。

人類が正しく生きてこそ、この地球上から戦争が消える可能性が生まれます。

人類が正しく生きてこそ、初めてこの地上が楽園のようになるのでしょうね。

a0253145_11514421.jpg


そう思うと、この地球が今後もまだ存続できるかどうか、それはそこに住む我々の精神性の成熟度に全てかかって来るような気がします。

霊的な調和がなければどんなに物質的に豊かであっても、長続きする真実の幸福とは言えません。

心が調和してなければ、どんなに豪華な家も、最新式の車も、自分を幸福にする事は出来ないのです。

自分のなすべき事と、なすべきじゃない事とを正しく判断し、内面的な満足を感じられること。

そういう人こそが<真実の幸福>を知る人なのだと言えるでしょう。


<真実の幸福>とは、結局は正しい判断、正しい行動をすることによってのみ得られるのだと思います。

全ての人を兄弟姉妹のように愛し、隣人を理解するよう努める。

それ以外に戦争を避ける道はありません。
a0253145_11522148.jpg


国家も個人も霊的に目覚めなければ本当の幸福はありません。

そして、それはまず個人から始めなければならないのでしょう。

個人の心の内面を整えて、満足のいく人生を送る。

心の豊かさを育てて行く。


地球の運命とは、つまり私たち次第なんです。

私たちの精神の成熟度が惑星存続の鍵を握っていると、最近ますますそう思ってるんですよね。

a0253145_11583154.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2015-03-29 12:10 | 人生・霊性 | Comments(0)

ホスティング・エンジェル

a0253145_22231021.png

「天使を5日間、お家に招いてみない?」

ある日の事、友人Wがこんな風に切り出して来たのです。

「はぁっ? 泊める? 天使を?」

年度末の確定申告も出さなきゃならないって時期に、何をズッコケタ事言ってんだろう、この人は・・・

と、内心そう思った私でした。

「天使だってさぁ、可笑しくってチャンチャラ笑っちゃう!」

しかし友人は、なぜかいたって真顔の表情をしてるのです。


a0253145_2303890.jpg


エンジェルを自宅に泊める<ホスティング・エンジェル>という儀式は、ドイツ人ミディアム(霊能者)によって2010年NYで始まりました。

5人の天使たち(ミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエル・メタトロン)を自宅にお泊めする事で、天使たちを直接的にサポートし、彼らの仕事に貢献する役目を担う事になるのだそうです。

実は天使たちって、すごい働き者なんです!

我々人類のため、母なる地球のため、そしてこのユニバースのため、身を粉にして働いているといわれてます。

まず勘違いしてる人が多いのですが、天使ってラファエロの画みたいな、羽の生えた幼児の姿してる訳じゃないんですね。

彼ら大天使は、この物質世界を司る4大元素(火・水・空気・土)を統括する、いわば自然界の法則そのものような存在。

物質世界のありとあらゆる形態を守り、整え、創造するのが彼らの任務です。

地球の自浄作用を促すのも大天使のお仕事。

我々の傷ついた心や身体を癒すのも大天使のお仕事。

この世界の調和を保つために、あちらこちらに出現し、日々奮闘してくれているのです。

今回訪問して頂けるのは、火・水・空気・土の4大天使と、加えてプラス守護天使1名の合計5名様。

彼らは5日間の滞在に協力し、力を貸してくれた人々へ、その感謝のしるしとして望みを叶えて回っているのだそうです。

天使とは高倉健さん並みに、義理堅いのです。

一宿一飯の恩義は忘れない。


a0253145_2312289.jpg


5日間の滞在が終わったら、また5日の休息を取り、今度は次に指名された3人の家へと訪問する。

大天使たちは次から次へとギフトをばらまきながら、人間の家にホームステイを繰り返して行くのです。

これって、つまり<幸福のねずみ講>です。

創始者の意図したものは、幸せのおすそ分け運動なのでしょう。

新種のチェーンメールと言えばそれまでですが、幸せを拡散するにはなかなか良いアイデアだと思います。

このムーブメントがどんどん拡大したら、この地球上にも少しは良い波動が広がるかも知れませんね。


「良さそうな事、面白そうな事は取りあえず何でもやってみる」というのが私の信条です。

心の中でチャンチャラ笑ってた私も、気持ちを入れ替え心機一転。

早速、天使を迎える準備に取りかかりました。


a0253145_2315925.jpg


天使たちを迎えるためには準備するものがあります。

   1. 白い花

   2. キャンドル

   3. 3つの願い事を紙に書いた封筒

   4. りんご


この4つを用意し、到着予定時刻の夜10時半、ドアを開けて歓迎の言葉で天使たちを迎え入れるのです。

「大天使の皆さん、私の家にようこそ。皆さんを私に紹介してくれたのは〇〇さんでした。皆さん一人一人に感謝します。この場所とそこに住む私たちを清め、そして平安をもたらして下さる事に感謝します。喜びと調和・平穏を私たち全てにもたらして下さる事に感謝します。そして私の望みを叶えて下さる事を感謝します。」

この祝詞みたいな言葉が、どうやら天使には効くらしい。

その瞬間から天使たちが色々な変化をもたらし始める、とのことです。

天使の滞在中は、高次の波動が多くのものの再調整を行う、特別の時間と捉えると良いようです。

何の制約も課さず、ただエンジェルの<みわざ>を信頼する、という姿勢が大事なんだそう。

つまり「すべておまかせして心を委ねれば、天使たちがうまい事やってくれるから、心配しなさんな!」って感じです。

彼らの滞在期間中は、それぞれの天使の波動を感じながら、心穏やかに過ごすのが大切らしいですよ。


a0253145_23497.jpg


天使とのお別れの時が近づいたら、次のホストの家に迷わずに行けるよう、住所や名前を書いた紙をキャンドルで燃やし知らせておきます。

多くの援助を与えてくれた大天使たちに、感謝と愛を送ってお別れをします。

天使たちが去ったら、願い事を入れた封筒を燃やし、りんごを食べる。

そしてキャンドルの炎を消し、白い花を土に還し、5日間の儀式のすべてが終了するのです。


さあ、どうです? 

「天使なんて・・・」とバカにする?

それともわざと騙されて、ちょっと甘い夢見てみます?

白い花とりんごとキャンドルで、デスク周りは甘酸っぱいムード。

ふふふ・・・

キュートな祭壇が、否が応でもワクワク感を盛り上げてくれますよ。


a0253145_2353954.jpg


天使たちは外出先にもついて来るし、その間旅行に行ってもOKらしい。

むしろ少しぐらいワガママになって、自分の求めるものをしっかり表明しないとダメなんだそうです。

天使は求めてあげないと動けない。

頼られるのを心待ちにしている。

それが昔っからの常識なんだそうです。

だからほら、聖書にもこう記されてありますよね。

「求めよ、さらば与えられん」って・・・


a0253145_23345269.jpg


ホスティング・エンジェルとは、目に見えない天使たちとの共同創造を楽しむ、いわば祝宴のようなもの。

宿を貸したお礼、お駄賃として、何らかの祝福を分けて貰う<ささやかな儀式>です。

でもね、案外思ってた以上に心躍る楽しいイベントになっちゃうんですよ。

願い事もちゃんと叶ったしね!


天使を信じて求めれば、天使はそれに答えてくれる。

「求めよ、さらば与えられん」

だから、まるで幼子のように清らかに・・・

「天使よ、いつかまたもう一度我が家にお泊まりして下さい!」と、祈っておいたんですね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-03-12 10:54 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)