<   2015年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カサンドラ愛情剥奪症候群

a0253145_22475.jpg

アポロンに愛され預言の能力を授かった、女予言者カッサンドラ。

しかし皮肉にも力を授かった瞬間、アポロンの愛が醒め捨てられる未来の自分が見えてしまった。

だから彼女はあえてアポロンを拒絶した。

すると怒ったアポロンは「誰もカッサンドラの預言を信じない」という呪いをかけてしまったのです。

カッサンドラには未来が手に取るように分かるのに、それを告げても誰も耳を傾けてくれない。

「私の預言は絶対当たる」と主張しても、ことごとく嘲笑されてしまうのです。

未来が手に取るように分かるのに、誰にも信じてもらえない。

そんな女予言者の孤独と疎外感。

それを想像出来るでしょうか?


う~ん、これはとっても恐ろしい事ですねぇ。

この怖さ、特に女性には共感して貰えるかと思うんだけどいかがでしょう?

なぜかって?

実はこの孤独地獄、日常の夫婦生活で再現される場合があるんです。

今回は誰にも信じてもらえない妻の苦しみ、<カサンドラ愛情剥奪症候群>のお話しをしましょう。

a0253145_225317.jpg

アスペルガーという脳の病気があります。

これ、脳の前頭葉の異常で起こる発達障害で、知的障害のない自閉症の一種と診断されてます。

子供の発達障害を調べていて発見されたもので、当初は子供にのみ見られる症例だと思われました。

ところが大人にも該当例があると知られ、一見普通に見える社会人の中にもこの障害を持つ人がいると分かって来ました。


彼ら<アスペな大人たち>には、主に3つの特徴があると言われます。

 ⒈ 社会性の障害(俗にいうKY)

 ⒉ コミュニケーション能力の障害(俗にいう変わり者)

 ⒊ 想像力の障害(予期せぬ事にパニックしやすい)


男女比で比べると9:1程度にもなり、圧倒的に男性に多い障害なのだそうです。

なのでそうと知らずにアスペルガーの夫と結婚した妻は、他人には理解できない悩みを抱え込むのだそうです。

一説ではパートナーがアスペルガーの場合、妻が非アスペルガーだとほぼ100%の確立で<カサンドラ症候群>に陥るという。

そしてうつ病・自殺願望・パニック障害など、心の病を引き起こしやすくなるんだそうです。


誰に告げても信じてもらえない<カサンドラ愛情剥奪症候群>

それはアスペルガーの夫との結婚生活で浮上する、神話に良く似た哀しい悲劇の物語なんですね。

a0253145_2254196.jpg


アスペルガーは自閉症の一種なので、他者と感情を共有し、共に喜び共に悲しむ事が出来ない。

コミュニケーションが上手く取れないので、気持ちのあらわし方や、気持ちを伝えるタイミングがずれてしまうのです。

だから妻が寂しい思いをしてるとか、何で怒っているかとかが理解できないんだそう。

愛していない訳ではないのだが、妻が感情表現をしても全然気が付かない。

妻とのあいだに情緒的な相互関係が欠如しているのです。

しかも先天的な脳機能の偏りなので、おいそれと簡単には治らない。

一見すると普通に見える(むしろ高学歴・専門職だったりする)ので、外部からは「良い夫を持って幸せね」となる。

不満をこぼしても「あなたのように恵まれてるのになぜ?」「ワガママなんじゃない?」と、カッサンドラのように誰にも信じてもらえない。

誰かに相談してみても「男なんてそんなもん」「どこの夫婦も何かしら抱えてる」「うちも同んなじ」で済まされてしまう。


だから結婚してるにも関わらず、ひとりぼっちを押し付けられ、だんだん生きる気力を無くして行く。

低い自尊心・自己喪失感・混乱や困惑・怒り・不安・うつ・無気力・倦怠感・恐怖症・・・

様々な苦悩を抱え込み、心の病へと至るのです。

それが<カサンドラ愛情剥奪症候群>です。

a0253145_228719.jpg


幸せな結婚は妥協と努力から・・・

我々は結婚ってものを、そんな風に上の世代から教わってます。

だからアスペ夫を持つ妻は、コミュニケーションが噛み合ない事を「自分のせい?」と自らを責め、辛い状況に陥ってしまうんですね。


一般的に女性というものは、自分の中の感情を受け止めてもらえない日々が重なると押しつぶされてしまいます。

「期待しては裏切られ」の繰り返し。

愛情表現が下手なアスペ夫は自分では意図せぬまま、妻に対し精神的DVを与えてしまうんですね。

a0253145_2274672.jpg


しかしこの悲劇、発達障害を持つ者とその配偶者に限定される話しでは済まされないんじゃないでしょうか?

ある意味、コミュニケーション不全のすべての夫婦に当てはまる、怖い怖~い物語なのではないですか?


カサンドラの悲劇に陥ると、あなたの愛情タンクはみるみるうちに消費され、枯渇してしまいます。

アスペ君の力になりたい、不安を取り除いてあげたいと優しく立ち回っても余計に空回り。

彼はひとりの方が心地良く感じてたりするんですね。

アスペルガーの傾向を持つ者は、愛情を感じるベクトルや基準が通常とは違うので、トンチンカンな受け答えをする。

なので妻はますます孤独になってしまうのです。


カサンドラさんは夫婦生活を空しく感じた時、自分で自分を肯定して愛情タンクを満たしてやる必要がありますね。

あなたの心と身体を慈しむ事、それがまず先決です。

肉体の中に気のエネルギーを投入してみましょう。

気の流れが変わり細胞のひとつひとつが輝き始めれば、苦しみモードから循環モードへとスイッチが切り替わります。

すると「何だ、自分の中に愛の感覚があったじゃないか!」と思い出す事も出来るはずです。

不思議なもので、考え方が変われば肉体の流れは劇的に変わり出す。

そういう意味でも人間の身体とは、とてもスピリチュアルに出来てるんですね。

a0253145_229030.jpg


[コミュニケーションにおけるありとあらゆるすれ違いは、相手が自分を犠牲にして快楽を得ているのではないかという妄想に基づいている]


以前コミュニケーションについてこんな文章を見つけて、確かにそうだなぁ~と思った事があります。

人間関係では、人は皆んな自分の痛みを相手に投影してしまう。

そこには魂の問題が見え隠れしています。

だからこそ話しはややこしくなり、ちょっとやそっとじゃ解決しないんですね。


我々は目の前で起こっている事のほとんどを条件付けで判断していて、決して真実を見ている訳ではない。

だから、[相手の苦の音を観察する事] がコミュニケーションの基礎であり、[相手の感情を浮き彫りにして受け止めてあげる事] が何よりも大切なのだそうです。

a0253145_22101319.jpg

まずは相手を理解する事。

相手のパターンを知り、何を求めているか理解する。

相手の苦(ストレス)を察する事で対人関係は飛躍的に改善されると言います。


脳の障害なので治らないと言われるアスペルガーも、理解者に恵まれれば努力で変わるらしいですよ。

専門家の治療を受けてこの病気を知り、共に必死で対処法を学ぶうち、絆が生まれて関係が改善されたなんて言う例もあるようです。

もちろん人によりレベルは違うでしょう。

けれど大多数のカップルは、きっと今よりも良い関係が築けるはずなのです。

a0253145_2213545.jpg


そのためにはコミットメントが必要です。

人と人の心は痛みによって結びつく事もある。

あなたは愛する者の痛みを共有する勇気がありますか?


カサンドラの悲劇・・・

<愛を忘れてしまった者たち>に是非読み返してもらいたい物語です。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-10-29 00:56 | 人生・霊性 | Comments(0)

女の一生

女の一生を世代別で国家に例えたらどうなるか?

そんなジョークを見つけました。

かなり偏見に満ちてますが、面白かったので紹介してみましょう。

a0253145_1337207.jpg


18歳から22歳の女性はアフリカのようである・・・半分未開発、半分野生で、繁殖力ある大自然の美しい地帯が広がっている。

23歳から30歳の女性はアメリカのようである・・・とても発達しており、オープンなトレードが出来、特に経済的に豊かな訪問者は歓迎である。

31歳から45歳の女性はインドのようである・・・ホットでリラックスしており、自分の美を良く理解している。

46歳から55歳の女性はフランスのようである・・・繊細なものを感謝する心を持ち合わせながら、ゆっくりと官能的に歳を重ねている。

56歳から60歳の女性はユーゴスラビアのようである・・・戦いに負け、過去の過ちに追われ、大規模な再建が必要である。

61歳から70歳の女性はロシアのようである・・・広大で特に監視された境界線というものがなく、極寒(不感)の風土が人々を寄せ付けない。

70歳から80歳の女性はモンゴルのようである・・・すべてを勝ち取った長い過去の栄光があるが、それほどの未来はない。

81歳以上の女性はアフガニスタンのようである・・・どこにあるか皆んな知ってはいるが、誰も行きたがらない。

                 THE GEOGRAPHY OF A WOMAN より



ぷっ・・・これは笑える! 

女性にとっては全く失敬極まりないジョークなんですが、なるほどねぇ〜上手い事言うもんです。

確かに似たり寄ったり、女の一生はこんな風な変遷をとげますよね。(笑)



<女の一生>って、つまり<女の一代記>の事ですよね。

世界中の女性皆それぞれにそれぞれの人生があるのだから、<女の一代記>は女の数の分存在しています。

幼なじみのあの娘にも、近所に住んでるオバちゃんにも、皆んな等しく<女の一代記>があるのです。

文学作品や戯曲、映画、TVドラマ・・・

周りを見回すだけでも、ホント題材には不自由しなさそうですね。

ちなみにあなたの人生だって、れっきとした<女の一代記>を綴ってる最中なんじゃありません?

悲劇? 喜劇? 風刺劇? はたまたリアルな不条理劇?

機会があれば是非ともトックリその物語、聞かせて貰いたいものです。



ところで、世界で最も有名な<女の一生>って何だか分かります?

ヒント・・・世界文学全集の書架で見つかります。

そうです!

モーパッサンの長編小説<女の一生>のヒロイン、ジャンヌの一生ですね。

a0253145_13441813.jpg

裕福な家に生まれた夢見がちな少女が、結婚・出産を経る中で、周囲の人々に裏切られ、多くの幻滅を味わいながら年老いて行く・・・

そんな仏・ノルマンディー地方の<女の一代記>です。

清く・正しく・美しい貴族の娘だったジャンヌが、浮気性の夫に踏みにじられ、放蕩息子に財産を食いつぶされ、不幸に身をやつした極貧の老婆に様変わり。

次々に試練に逢い、人生のきらめきは泡のように消えて行きます。

まさに、渡る世間は鬼ばかり。

そんな孤独と悲哀に満ちたペシミステックな物語なのです。

a0253145_1344387.jpg


恋して、結婚して、子供を産んで、歳とって・・・

ジャンヌほどではなくとも、恋愛や結婚で(男のせいで)傷を負った女性って案外多いですね。

様々な女性の話しを聞くに連れつくづく思うのですが、結婚とは本当に<魂の修行場>です。

さすがに修行道場だけあって、なかなかハードな課題をお持ちの方もいるようです。(涙)



夫婦や親子などの家族関係とは、一体何によって決まるのでしょうか?

スピリチュアリズムの教えによると「家族関係は贖罪や使命など、転生する人の魂の進化に求められる事による」

な~んて教えるんですよね。

やけに難しげですが、これは一体どういう事なのでしょう?


これを理解するためには、まず<魂の法則>って奴を知らなければなりません。

スピリチュアリズムでは輪廻転生を信じる事が基本なので「切りたくても切れない家族関係とは、自分の魂にとって特別縁の深い因果ある関係なのだ」という前提から始まります。

a0253145_13452640.jpg

家族関係のご縁は大まかに分けると<愛によるもの><霊的進化によるもの>それから<執着によるもの>、この3つがあると言われます。

純粋な愛だけで結ばれる家族なんていうのは滅多に存在しなくて、大概の家族は皆、様々な形の愛の学びやら恩返しやらのため、家族という共同体の形成に同意すると言う。

通常は「自分と似たレベルの者の利己的な行為を身をもって痛感するため」「他者の行為を通じ自分と向き合い自己改革するため」に家族関係が生じるんだそうです。(驚)

つまり自分たちの悪感情を克服するために「家族という役どころを引き受け、今生に生まれて来る」とそう言うのです。

そして「憎悪を愛に変換する」よう、そう運命にプログラミングしている。

だから過去世で最も憎んでた人が、次の転生で家族となり得るケースも多いのだそう。(汗)


あちゃ~!

人によっては「トホホ・・・」かしら?


実際「家族の問題ではホトホト困り果ててます」なんていう人は、その問題を苦しみ・克服する事で過去に借りた負債を返済してるんだそうで、その分二歩も三歩も霊的に大きく成長する。

だから各宗教も、むしろ「夫や子供に感謝しなさい」なんて教えるのです。


世界中の何億人もの人間の中から、どういう理由で二人がカップルになるのか?

どうしてこの人と結婚しちゃったのだろう?

そのような不思議も霊的な教えによるとこうなります。


 [人生上である人物が重要な人になると予感出来るのは、過去世の記憶からの感覚によるものである]


a0253145_1346790.jpg


魂は肉体に宿ると過去を忘れてしまうという特性があります。

ジャンヌのように何も悪くなさそうな善人がひどく苦んでいたりすると、正義なんかどこにもないように思えますよね。

けれどもし魂の過去を覗く事が出来、その原因を理解出来たなら、誰もが犯した罪の修復に取りかからずにはいられなくなるそうですよ。

死はその為にあると言われてます。

言うなれば<人生の反省室>に入るようなものかも知れませんね。

そしてアスリートが自己の記録に挑戦し続けるように、困難を乗り越え次のステージを目指す事を、いつも魂は望んでいる。

人間はそのように常に成長するよう、宿命づけられているのだそうです。


でもだからと言って、人生を焦って生きる必要もないんですね。

ひとつの人生で目立った変化が見られなかったとしても、その人の魂が進化してない事にはならない。

ゆっくり進む人生もあれば、激流に流される人生も存在する。

失ってみて初めて大切なものに気づく人生も、またあるからです。

a0253145_13462541.jpg


「世の中って、ねぇ、思うほど良いものでも悪いものでもありませんね」

小説<女の一生>は小間使いロザリのそんな言葉で終わっています。

主人公のジャンヌが家族への希望のすべてを失い、辿り着いた境地を代弁するかのような台詞なのですが、これがなかなか効いてるんですよね。


家族への執着は愛とは違います。

ジャンヌの生涯とは「ただひたすらに愛を試される」そんな生涯だったのかも知れませんね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-10-22 12:57 | 人生・霊性 | Comments(0)

スピリチュアリズム実践

a0253145_19561371.jpg


スピリチュアルな話し、霊的なものの話しになると、とたんに懐疑的になって眉をしかめる人々がいますよね。

「何だか眉唾だよねぇ~」

「科学的に証明出来ないでしょ?」

「新種の宗教みたいなもんじゃないの?」

エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ・・・


霊的なものを信じる信じないは本人の自由、好みの問題だから、はっきり言ってどちらでも構わないと私は思っています。

しかし、多かれ少なかれ人間は何かしらの信念を持ってるので「人は皆何かを信じて生きる生命体である」とも言えるんですね。


「イワシの頭も信心から」という言葉がありますが、例えゴミ同然のつまらないものでも信仰すれば非常に尊いものになる。

第3者の眼からみればどうって事ないものも、神棚に祀って信心すれば、ありがたい神聖な力が生まれます。

結局、人は皆自分の信じる信念を表現して生きている。

そういうものなんだなぁ〜と思います。


だから「人生とは重き荷物を背負って歩む坂道である」と信じる事も出来るし、「人生って良いものだ。自分ってなんて幸福なんだ」と信じる事も可能です。

人生は<光と闇との絶え間ない戦場>と見なせば、あらゆるところに対立という概念が立ち上がって来ますよね。

人生を<魂を成長させる学び舎>と見なせば、あらゆる出来事に感謝の気持ちが生まれます。

人間は自分が信じたいように、この世界を感じ取って生きる権利があるのです。

a0253145_195350100.jpg


しかし信じようが信じまいが、人が一生懸命生きようと思ったら、霊的に生きて行かざるを得ないのもまた事実なんですねぇ〜

例えば農業をやっている人の事を想像してみて下さい。

農作物の作り手なら少しでも良い食べ物を作る事が目標となるんでしょうが、それは食べ物の霊化とは言えませんか?

それが絵描きなら魂のこもった良い絵を描く事、これが一番の喜びですよね。

詩人なら人の心を揺さぶる言葉の霊化、そこが目指す場所となります。


芸術作品ばかりでなく、優れた商品・サービスには否が応でもスピリッツが伴うもの。

心血を注いで開発された良質な商品とか、どんどん人が集まる人気店とかにも、やはり何らかしらの想いやスピリッツが存在してるのです。

そこら辺、ノウハウだけを真似ても上手くはいかない。

見えない何かが作用してしまうんですね。

だから唯物論だけでやって行こうとすると、人も社会もやがては袋小路に突き当たってしまいます。

好もうが好まざるが、やはり人間とはスピリチュアルそのものの存在なんですよねぇ〜(笑)

a0253145_2083936.jpg

果たして霊(スピリッツ)とは一体何ぞや?

霊が持つ力とは、ざっくり言っちゃえば、人々が無意識の底に隠してるエネルギーの事ですね。


何らかの事情により霊の力が立ち上がると無意識の情報が解放され、その人を大きく揺り動かす事があります。

ある時突然パカッとふたが開き、止めどもなく無意識エネルギーが流れ出す事ってやっぱりあるんですね。

理由は様々で一概には言えないのですが、[大きな病・ショッキングな事件・激しいスポーツ・出産時やSEXの体験] などが引き金になる場合も大いにあり得ます。

その時尋常ならざる力が我々の中に流れ込む。(こともある?)

尋常ならざる<ちはやぶる神>が、日常の意識の前面にど〜んと踊り出て来るんですね。

名だたる預言などは、この意識状態でなされたのでしょう。

いわゆる<神降ろし>です。

昔の人はこの神が降りて来る状態を恐れおののき、また畏敬の念を抱きました。

ところが現代の文明では、この手の<巫女病>さえ精神病理の扱いとされるのですから、誠にスケールがちっちゃいんですね。

a0253145_19591365.jpg

実は宇宙というものは、ダイナミックなエネルギーそのもので出来てるんです。

宇宙に存在するすべての物事は、存在自体神聖なエネルギー場の表現であり、私たちはそれを知覚し体験しながら生きてるという訳なんですね。

だから日常の生活とスピリチュアルな学び・気づきは、切っても切り離せない。

何をするにしても必ずスピリチュアルなプロセスに繋がります。


どんな職業についたら良いか?

お金をどのように稼ぎ、使い、貯めたら良いのか?

どのように人間関係を構築したら良いのか?

それらも一種のスピリチュアルなプロセスです。


都会の中で社会人として苦労して生活する事は、最も良いスピリチュアルレッスンだと言えるでしょう。

そのように考えてみると、人生で起こる良い事・悪い事・その他あらゆる出来事が、スピリチュアル(精神力)の成長のためにあるのだと理解出来ますよね。


スピリチュアリティーは、似てはいるけど宗教ともまた違うものです。

信仰の対象など何でも良くて、むしろ「自分を信じるか信じないか」「生きる事で成長しようとしてるか否か」がテーマになって来るんですね。

a0253145_19492934.jpg

結局のところスピリチュアリティー(霊性)とは、自分をどう扱うかという事に尽きるんじゃないでしょうか?

それは「人に対して無条件の愛を実践し、倫理観を持って生きる」というごく当たり前の道徳です。


<無条件の愛>というのは、人がそのままでいる事、あらゆる事を行う権利を認める事でもあります。

必ずしも相手を好きになる事ではないし、人を変えようと努力する事でもありません。

自分を犠牲にしたり、いつまでも我慢する必要もないのです。


家族の問題や社会的なプログラムの影響を克服して、本当の自分を生きる事。

魂が表現したがってる事を行動で示す事。

それこそが本物のスピリチュアリティーです。


結局スピリチュアリズムは<実践ありき>なんですね。

調子に乗りすぎると、<愛の鞭>という厳しい指導も待っている。

案外体育会系だったりもするんですよね。(笑)




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-10-12 20:11 | 人生・霊性 | Comments(0)