<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<マトリックス>心の囚われ人

a0253145_11234176.jpg

映画<マトリックス>は、コンピューターにプラグインされ、仮想空間で生かされていた主人公が、「真実に目覚め、心の囚われを解き放ち、眠っていた能力に目覚める」というそんなお話しでした。

映画の中で賢者モーフィアスは、主人公ネオに向かってこう言います。

「現実とは何だ? 君が感じるもの、匂いを嗅ぐことの出来るもの、味わい見ることが出来るもの、それを現実というなら、現実とは脳で解釈された単なる電気信号に過ぎない」

おっと~

これって、まるで般若心経そのものみたいじゃないですか。

「色即是空・空即是色」のあれ、あれですよ。


モーフィアスのアドバイスは仏の教えに良く似ています。

とてつもなくクールでかっこいい!

あまりにクール過ぎて、何だかもの哀しさを感じる程です。

自分が感じるもの、そして味わい見ることが出来るもの、それらが全て「単なる電気信号に過ぎない」ですって?

そうすると、昨夜聞いたバイオリンコンチェルトも、バレンタインに食べた高級トリュフも、皆んなただの電気信号だったと言うのでありましょうか?

そんなぁ~

そんなのってないですよぉ。

この世に存在する、色とりどりの美しいものたち。

脳はそれらを単なる信号として解釈してるなんて・・・

何だかビミョ~な気持ちになりますね。

野に咲く花々も、木漏れ日のきらめきも、寄せては返す波音も、皆んな脳が送るシグナルだったとは、余りにも切ない話しじゃありませんか。

a0253145_11242755.jpg


我々が現実と呼ぶもの。

それは脳の信号によって作り出される思い込みの世界。

実体があるようで、実体のない世界です。

そしてその幻想のような世界を、ほとんどの人間は<囚われた心>を抱えたまま生きる。

真実とは異なるものを後生大事にしっかり握りしめ、決して手放さずに生きてるんですね。


古代ギリシャの哲学者プラトンは、その様子を洞窟の中の囚人に例えました。

人間は洞窟に縛り付けられ、後ろを振り向くことが出来ない囚人と同じだ、と言ったのです。

唯一、松明の明かりで壁にぼんやり映る影を見ることだけが出来る。

だから外に明るい太陽の光があるとは信じようともせず、映った影を真実と思い込んでしまう。

それが我々人間の姿である、とプラトンはそう考えたのです。

a0253145_19501418.jpg


現実とは何なのでしょう?

現実とはあなたが現実だと信じているもの、そのもののことなんですね。

私たちはひとりひとり、それぞれの心の宇宙に住んでいます。

現実の世界とは、それがネガティブであれポジティブであれ、我々の内面の状態を投影する影のようなもの。

つまり私たちの信念そのものが、私たちの経験を決定づけるプログラムそのものです。

一度心が何かを確信してしまうと、それが物理的現実になって行く。

そんな風にして、この世界は成り立ってるんですね。

a0253145_11245746.jpg


「人間の脳はコンピューターシステムに似ている」と良く言われます。

思考という信号は、コンピューターと同じように脳内で情報処理されるんです。


仮に主人公ネオのように、電脳空間にプラグインしてしまったとしましょう。

あなたは肉体をプログラムに拘束され、脳をプログラムで支配されている。

それを現実と信じ込んでいる。

そうなると、そのプログラム自体ハッピーなものなら、人生は明るく楽しいと感じるでしょう。

けれどプログラムがアンハッピーなら、人生とは苦しく辛いものだと感じてしまいます。


我々は自分が信じる信念に見合う物事を、人生上で経験する宿命にあります。

つまり我々は、信念というプログラムの指示に従って生きる生き物なんですね。

信念が現実のパターンを生み出してる訳です。

a0253145_206389.jpg


だからこそ、そこから<心を解き放つこと>

それが最も大切なこととなります。


美女トリニティーは「あなたが生きてるこの世界はコンピューターによって作られた仮想現実だ」とネオに伝えます。

そして「勇気を持ってそこから飛び出し、真実を見つめなさい」と教える。

<心を解き放つ>とはそういうことを指してるんですね。


You are the prison of your mind,

(君は君の心の囚人である)


人間の心を支配しているのはマトリックスそのものなのです。

これが現実だと思い込んでる自分を少しだけ疑ってみる。

すると色んなことが見えて来るのかも知れませんね。

a0253145_204216.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2016-02-24 11:49 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

花とヒロインと周波数

a0253145_0393583.jpg

物語のヒロインはよく花のイメージに例えられます。

例えば赤いバラ。

それは自由奔放な<カルメン>のイメージです。

赤いバラの花言葉は「情熱」ですが、<カルメン>にはその言葉通り、誘惑と血の匂いがしますよね。

そして白いユリ。

<聖母マリア>の純潔の象徴は、汚れなき慈愛と母なるものの受容性をあらわします。

椿の花など、その名もズバリ<椿姫>

華やかな社交界を捨てて誠の愛に順じた、高級娼婦の儚い命の象徴です。

映画<ひまわり>では大地のような存在感のソフィア・ローレンのイメージ。

<昼顔>ではカトリーヌ・ドヌーヴの上品なエロスが象徴されてます。

<ギリシャ神話>にも花のイメージから生まれたエピソードが多いですね。

アドニス・クロッカス・ヒュアキントス・ナルキッソス・ダプニス・アイリス・アマリリス・・・

登場人物(ヒロインというより美青年が多い)が花に化身する話しばかりです。

日本文学にも<野菊の墓>とか<虞美人草>とかありますし、<源氏物語>に至っては夕顔・末摘花・葵・玉鬘・若紫と、植物系ヒロインのオンパレードです。

なるほど〜、このように見つめ直すと女性の個性って花の姿に上手く表現されちゃうもんですねぇ。


ヒロインたちの性格はそれぞれ千差万別です。

なのになぜか皆、イメージピッタリの花がちゃんと存在しています。

しかも皆ドンピシャリとお似合いの花ばかり・・・

考えてみれば不思議な話しですよね。

それはなぜでしょう?

花と女性、その両者には何か共通する接点でもあるのでしょうか?

花の個性とヒロインの個性の間には、見えない因果関係があるのでしょうか?


a0253145_12251328.jpg


太古の昔から「花や植物には不思議な力がある」「花が身近にあると人の心を癒す」と信じられて来ました。

有史以来、人類は延々と見近な花で花セラピーをして来たのです。

花言葉や花占いからも直感出来るように、心の傷を取り除いたり、心のバランスを計ったり、花には我々の心を癒す働きがあるのです。

しかし花のセラピー効果はそれだけじゃありません。

心の中の<否定的な考え方や習慣を解放>したり、<自己探求や精神的な成長を促す>働きもするらしいんですね。

a0253145_12201769.jpg


花や植物にはその姿・形・生育環境・性質など、その種ごとにはっきりとした個性があります。

しかもそれぞれの種特有のバイブレーション(エネルギーパターン)を発散していて、その植物ならではの固有の振動数を放ってるそうです。


実はこの世に存在する物質というのは、すべて振動しています。

もちろん我々ひとりひとりの人間にもそれぞれの振動数がある。

だからまるでギターの弦が共振するように、花のエネルギーは我々の命のエネルギーフィールドを震わせることが出来るんだそうですよ。

<共振の原理>が人間の思考や感情に影響を与えるのです。


<植物療法>は自然の力を借りて、人に本来備わる<自然治癒力>を高める療法ですが、植物の振動数と我々の振動数とが共鳴する時に調和が生まれ、その時<自然治癒力>は目覚めると考えられています。

植物には<自然治癒力>を刺激し、我々の戦う力を呼び覚ます大いなる知恵があるんですね。

a0253145_1224150.jpg


私たちが思うより、花ってず〜っと精妙な性質を持ってるみたいです。

そこには人間の魂の発達のための元型があるのです。

花々は<人生の運命的なパターンの問題>とか、<自己完結のための課題>だとか、<魂の発展を妨げている何らかの病理のヒント>とかを、どうやらご存知らしいのです。

植物のエネルギーは魂の成長のため、これらを統合する働きがある。

植物の生命力が我々の魂を育ててくれるのです。


花の世界って本当に不思議です。

姿かたちや生育環境・色や香りなど、花の世界のスピリッツをもっと学びたくなります。

花のスピリッツと親しくすることは、ある種のスピリチュアル・サイエンスと言えるかも知れませんね。

a0253145_0424565.jpg


[立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・]

あなたが好きな花は何ですか?

なぜその花が好きなのか、考えたことありますか?



追伸:

花の癒しの力で [自然界とつながる生き方の探求] をしている人々がいます。

3/24(木) 3名の講師による特別セミナーの開催が決まりました。

花と癒しに興味を持たれる方は是非詳細をご覧下さいね。


ここをクリックする。
 ↓  ↓  ↓
FESフラワーエッセンスセミナー [自然界とつながる生き方の探求]




[PR]
by viva1213yumiko | 2016-02-14 19:09 | 美容・健康 | Comments(0)