<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

接して漏らさぬ健康法

a0253145_16564447.jpg

【四十以上の人は、交接のみしばしばにして、精気をば漏らすべからず】
                          養生訓・第四巻65


江戸時代のベストセラー本、貝原益軒の<養生訓>には、ズバリ「40才以上の人はSEXしても射精するべきではない」と記されています。


性生活には正しい方法論というものがあって、それを守れば情欲も満足させることが出来て、なおかつ精気も保て一挙両得なんですよ。

その結果、健康で長生き出来て、クオリティオブライフが楽しめますよ。

と、健康で長生きするためのSEXハウツーを教えています。


「接して漏らさず」というありがたい?教えは、もっともっと古〜い時代からの養生法のスタンダードみたいです。

当時から既に、中国経由で東洋医学の文献は輸入されていたのですが、984年、それらを総まとめにした<医心方>という医学大全集が朝廷へと献上されました。

その国宝級の医学書の中に、房内(寝室)での養生法が記されているという。

性生活に関する養生法のことを<房中術>と呼んで、様々な役に立つ教えがしっかりと紹介され、ちゃんと伝授されているのだそうです。


だから、この「接してもらさぬ健康法」は、奈良時代から伝わる健康法の古典と言えるでしょう。

朝廷の貴族から始まって、広く庶民層へと浸透した「接して漏らさず」の概念。

「接して漏らさず」はニッポンの常識だったんです。

a0253145_22404920.jpg

だというのに、この「接して漏らさず」という言い回しを、私は「武士は食わねど高楊枝」みたいなものと思っていた。

我慢強くストイックに性をコントロールすることを言うのだと思っていました。

同じように感じてた人は案外多いんじゃないのかな?

健康法が氾濫する現代。

何が正しいのか疑問視されるようなものも多いですよね。

けれど「接して漏らさず」は、歴史を生き抜いて来た本物の健康法ですぞ。

数多の先人たちが身体を張り、必死で研究を重ね、きっと涙ながらに編み出された理論なのでしょうね。

a0253145_22522050.jpg


それにしても<精気を保つ>とはどういうことを意味するのでしょう?

仙道(中国の仙人の行う術)の房中術でもこのように教えています。

 ・精気を漏らすことは気の消耗になる。

 ・漏らさなければ身体全体の精気が保たれる。

 ・特に老年になって精気を漏らすことは、大いに害になる。


東洋医学で言うところの<精>とは、精子や精液のことを指しているのではありません。

<精>とは全身を巡る気・血・体液の大元のエネルギーのことを意味します。

この<精>というもの・・・

我々の生命の根源でもあり、もちろん精子にもこの目に見えない<精>が宿っています。

射精するという行為は、単に物理的な体液の損失なだけでなく、<精>のエネルギーの損失となる。

だから射精すればするほど、その行いは生命を削り取って放出するようなもの。

それ故に控えた方が良いとされるのです。

a0253145_22525496.png

しかしそれとは逆に、男女の性行為は陰陽の調和であり、より積極的に気の交流・交換が促される<場>であるとも教えてます。

たくさんの気が巡る性行為は、陰陽双方の健康につながるのです。

陰陽の法則によれば、男性は陽気、女性は陰気ということになります。

男性は女性の陰を必要とし、女性は男性の陽を必要とする。

だから男女が交わらないと陰陽バランスが崩れ、病気になりやすいそうですよ。


健康のため最も効果的なのは、射精によって放出される精気をあえて放出せず、背中の管を上昇させ脳までエネルギーを引き上げる、相当プロフェッショナルなやり方。

性エネルギーが体内を循環し、全身を若返らせ健康を保つのです。

あなたが仙人を目指すなら、このような<精>を完全に漏らさない生活が良いでしょう。

漏らさず貯めたエネルギーで超人的な能力を発揮できるはずです。

しかし普通の人の場合それは不可能に近い。

なので性行為の長所と短所との妥協策として、「接して漏らさず案」が浮上したと考えられます。

a0253145_22473231.jpg


理想的な交接回数とは一体どのぐらいなのでしょう?

書物によって諸説あるようですが、益軒流の年齢別交接回数はこうだそうです。

   20代 4日に1回

   30代 8日に1回

   40代 16日に1回

   50代 20日に1回

   60代 1ヶ月に1回(ただし体力がある場合)


交接は季節によっても健康に影響を与えるそうで、「冬の1回は春の100回に当たる」とし、寒い時期の射精は控えることを勧めています。

その他、体位とか性行為の方法で病を癒す方法とか、相手から一方的に<精>を吸収して健康になる方法(呪法?)とかもあるようで、奥が深すぎて一筋縄では行かないみたいですよ。

a0253145_22433743.jpg


【四十以上の人は、交接のみしばしばにして、精気ををば漏らすべからず】

「ストイックになれ」という意味で益軒はこう言ったんじゃないんです。

むしろ健康のために交接を奨励していた節がある。

「接して漏らさず」なら「情欲を無理に制することなく精気を保ことが出来る」と益軒は奨めている訳なんですね。

しかし、闇雲にイタせば良いってものじゃなく「SEXをクオリティ・オブ・ライフのために活用しなさい」と言っているのです。


我々が学校で習う性教育とは随分と違うものですよねぇ〜

<養生>という観点からSEXを考え、そして人としての幸せに導く指導です。

<まぐわい>という人間の根源的行為を、むしろ芸術のレベルにまで高めて、人生の中で昇華させるべし、と教えてるように聞こえますよね。

貝原益軒という人自体20歳以上も年の違う若い女性と結婚して、その当時の80歳台まで長生きしたらしい。

だからその言葉にはかなりの信憑性がありそうです。


たかがSEX、されどもSEX。

先人の秘法をありがたく受け止め、皆んなで<養生>したいものです。

a0253145_181433.jpg


[PR]
by viva1213yumiko | 2016-03-27 18:59 | 美容・健康 | Comments(0)

元気の収支決算表

a0253145_14484977.jpg
明治大学の齋藤孝教授の著書の中に、健康で長生きしたければ<元気の収支決算表>を作りなさいという一文を見つけました。

元気を養うことと損なうこと。

どちらが多いか少ないか。

それをチェックすることが長寿に効果的だと仰有っています。

毎日のお金の出入りを家計簿につける人はいても、元気の収支をつける人なんてそうそうはいないですよね。

騙されたと思ってそれをしてみてご覧なさい。

必ずや長く元気で暮らすことが出来るから・・・

と、先生は<元気の収支決算表>の効果を強調しておりました。

a0253145_1450834.jpg

このアイデア、元々は江戸時代の貝原益軒の<養生訓>に書かれていたものなのだそうです。

齋藤教授は健康オタクが高じて、自らの身体を実験台に<養生訓>の実践をしている。

だから、プラスマイナスの収支表をすぐさま作成したのだそうだ。

ノートにプラス面とマイナス面、両方の項目を作り、プラスの欄には「〇〇さんと逢った」「上司に褒められた」「〇〇を食べた」と、楽しかったことや感激したこと、新たに発見したことを書き込む。

そしてマイナスの欄には「寝坊した」「嫌みを言われた」「駅の階段でコケた」等と、凹んだこと憂鬱なことを書き込んで行く。

そしてそれぞれの項目に点数をつけるのです。

このような感じにです。



<元気を養うプラスポイント>

久しぶりに逢った同僚と話しが弾む。50点

庭の水仙が咲いた。40点

業績アップの件を上司に褒められた。120点

     計 210点


<元気を損なうマイナスポイント>

終日デスクワーク。ー40点。

残業。夜はデスクでサンドウィッチ。ー50点。

深夜に泥酔。調子に乗って仲間を批判。ー200点。

     計 ー290点



  【本日の合計 ー80点】 ☆赤字につき注意!



ゲームをする要領で、ボーナスポイント獲得のチャンス等も設定してみると楽しいでしょう。

例えば大好物を食べた時にはポイント10倍!という風にね。

著者は鴨南蛮が好物のようで、鴨南蛮を食べた日はポイント1000倍ゲットしてました。(割と単純な好人物に思えます)

a0253145_14544593.jpg


何をしたらどのくらいの点数になるのか、意識化するための点数なので、自分の心と相談しながらポイントを設定しましょう。

絶対的な数字ではないので、定期的にポイントの見直しをしても良いのです。

自分にとっての良いことと悪いことを、一日の収支や一週間の全体的な収支で考え、最終的に嫌なことより良いことが上回る様に持って行く。

そうすると毎日が楽になると、教授は言っています。



<養生訓>の書かれた江戸時代は医療が進んでいなかったので、ちょっと風邪をこじらせたぐらいで亡くなってしまうようなことも頻繁に起こりました。

無茶ばかりしてるとあっけなく命を失うこともあるので、プラス要素とマイナス要素を見比べ用心しなさい、という意味がそこには込められていたのでしょう。

しかし現代の<元気の収支決算表>は、無茶を戒めるというよりも。むしろストレスの原因を突き止めることが中心ですね。

<養生訓>が発祥となった<元気の収支決算表>は、ストレス管理の指標として現代生活に役立ちそうです。

手軽に出来る<ストレスマネジメント>ってとこですね。


a0253145_1458639.jpg

誰かに嫌なことを言われたら、人は落ち込みます。

それは白いシャツにシミがつき、急に憂鬱になってしまうような感じですよね。

誰かに嫌なことを言われたなら、その人の存在のすべてが嫌になってしまう。

憎っくき白シャツに変わってしまうのです。

しかし本当はその人の全体が憎いという訳じゃなく、シミのついた何%の部分が嫌なだけなんじゃないだろうか?

その人を評価すべき、白い部分はまだ多く存在するのではなかろうか?


<収支決算表>をつけ始めると、そのような捉え方が出来るようになり、日々移り変わる自分の感情を客観的な気持ちで見つめ直せます。

自分の心が重苦しいのは、「この言葉が引っ掛かかっているんだ」「こういうことを不安に思ってるんだ」「この感情が癒されてないんだ」と、だんだん分かって来るのです。

自分の心をマッピングする様なものですね。

浮かび上がって来る感情を、項目に添って分類し、点数をつけて決算する。

プラスマイナスの収支点数で、自分の現在の心が黒字なのか赤字なのか、明確に判断出来ますよね。

収支表を作り可視化することで<心の棚卸し>が出来るのです。

a0253145_15292690.jpg


日本人は何でもキッチリやらなければ気が済まないようなところがあるので、収支決算表を作ってデータ化する行為が逆にストレスにならないようにしたいものです。

「年度末だから黒字分を消化しちゃおう」なんていうのも無しにして下さいね。

完全無欠を求めず、ほどほどのユルさを良しとする。

すべてを完璧にやろうとすると、負担になって楽しめません。

何事にも丁度バランスの取れた、<いい加減>さが必要なのです。

それを見極め、それに満足すること。

一番の養生法とは、そんなテキトーさ加減が大事なんですね。

a0253145_14562254.png

[PR]
by viva1213yumiko | 2016-03-10 15:31 | 美容・健康 | Comments(0)