爺さんのカルマ

a0253145_16130948.jpg


「この間、駅のホームでさ、訳の分かんない爺さんに急に怒鳴られたのよ。その爺さん、持ってた傘でツンツン突き刺さして来るの。あれって一体どういうつもり?凄い悪夢だわよ!」

知人の30代女性、K子は興奮した口調でそんな話しを聞かせてくれた。


「何だか最近、変な爺さんばかりに遭遇するのよ。こないだもパチンコ屋の前でいきなり腕捕まれて説教されちゃたし。もうイヤんなる~」


そして彼女は自分自身を責めるのです。


「あ~、私前世で悪いことしたのかなぁ?爺さんのカルマ絶対背負ってる」


「ぷっ、爺さんのカルマ?」 


私は思わず吹き出してしまった。


「あっ、ごめんごめん。でもそれかなり笑えるかも」


「そう、爺さんばかりに文句言われて迫られるカルマ。なぜか必ずそうなるの」


「そのカルマ、相当哀しいわね」


「爺さんのカルマ、もうイヤ~っ!どうせならイケメンのカルマがイイ!」


a0253145_16133838.jpeg


その後彼女とはめっきり疎遠となり、現在の消息は定かではない。


彼女はその後どうなったのだろうか?


爺さんたちのビターなカルマから解放され、晴れて自由を手に入れたか?


そして望み通りイケメンのカルマを引き寄せられたのか?


残念ながら知る術はありません。


もしかすると爺さんの因縁を断ち切れずに、年寄りの集まる寄合所みたいな場所で、相も変わらず怒鳴られて、頭をペコペコ下げお茶など配ってるかも知れません。


カルマはあなたに大事なことを教えてくれる。


この世にひとりとしてカルマの力学から逃れられる者はいないのです。


a0253145_16134260.jpeg


カルマというのは自然界の調和とバランスを保つために生じる<エネルギーの物理現象>です。

だから<カルマ>、イコール<原因と結果の法則>なのです。


それはどこまでも公正な法則で、それがカルマの大きな特色です。


K子は多分、成るべくして爺さんとのご縁を生じさせたのでしょう。


きっとそこには彼女の、何か個人的なテーマが潜んでいるはずです。


そのテーマがクリアされるまで、彼女のまわりには今しばらく爺さんばかり寄りついて来るのかも知れませんね。


やれやれ・・・


だから、ここはひとつカルマに対する開き直りが必要です。


人生に起こる全ての事象に逆らわず、流れるように生きてみる。


そうすれば彼女もいつか、必ずイケメンとのご縁に恵まれる日が来るでしょう。


魂は永遠なり・・・


K子よ、気を落とすことなかれ。


a0253145_16134818.jpeg


世の中には特定の人物ばかりと特別なご縁が結ばれてしまう、そういうことってあるみたいです。


彼女みたいに年寄りばかりにご縁ある人がいる。


子供ばかりと特別ご縁の深い人もいる。


病人ばかりに縁のある人。


奇人・変人ばかりと縁が出来る人。


そして同性同士としか関わりを持てない人もいる。


ペットにばかり、植物にばかり、骨董品ばかりとご縁を結ぶ人だっているんです。


誰もが皆、何らかしらの<ご縁>の傾向性を持ってる訳ですね。



a0253145_16142582.jpeg


考えてみればそれって不思議な話しです。


人と人(人と物)とのご縁に、ある種の法則性があるのはなぜなのでしょう。


なぜK子が爺さんとご縁を結ばなければならなかったのか?


別の誰かでなく、なぜ彼女じゃなきゃならないのか?


K子の何が<爺さんのカルマ>の原因を作るのか?


その理由は一体何なのか?


そこら辺どうにも気になる部分ですよね。


a0253145_16135252.jpeg

例えば過去に、お年寄りを虐めたりいびったり大切にしなかったから、お年寄りから叱られ疎んじられてるのだろうか?


それとも過去世からの課題があり、そのせいで怒鳴られるのだろうか?


あるいは「自分の中の融通のなさ、頑固ジジイ的側面に気づきなさいよ」と言う警告か?


考えつくあらゆるパターンを探してみたものの、どうにも良く分かりません。


ま、いずれにしても彼女の何かが起爆剤となっていて、爺さんたちの隠れた怨念のようなものが刺激され、喚起されているのは確か。


つまりそれを誘発させるエネルギーが、彼女の方にも存在してると言う訳です。


a0253145_16142886.jpeg


 [劍は納めておきなさい。剣を取るものは皆、剣によって滅びる]


と、聖書にも書いてあります。(新訳聖書マタイ26章52)


自分がすることは他者から同じように受け取ることになるんだから劍を振りかざすな、という意味ですね。


あらゆる出来事には原因があります。


また、あらゆる原因が結果をもたらすもの。


どのような苦悩も病気も貧しい境遇も、全ては今回の人生と過去世とにおいて、未解決のままになった行為の結果だと言えるのです。



だから人は常に、自分の言動について意識的でいなければなりません。


今自分が何を考えていて、今何を喋っているか。


いかなる理由でこれを行なうのか。


常に内観し、醒めていないとならないのです。


そして事あるごとに不健全なエネルギーを浄化し、ネガティヴなエネルギーを作らぬよう注意しなければなりません。


でないと<原因と結果の法則>によって、自分にとって嬉しくない現象がブーメランのように帰って来てしまうからです。


a0253145_16141291.jpeg


エネルギーの法則って限りなくシンプルなんです。


 [自分の巻いた種は自分で刈り取らなければならない]


ただそれだけのことです。



K子を苦しめる<爺さんのカルマ>


なぜそんなことが起こるのか、彼女は深く考えてみる必要があるでしょう。


そうでないと多分、今の場所から自分を前進させることは難しいんじゃないかしら?


自分の課題がクリアされるその日まで、爺さんは彼女の周りに出没し続ける。


イケメンのカルマ発動には、まだまだ時間が掛るんじゃないかと、そう思えて仕方ないんですよね。



a0253145_16144261.jpeg





[PR]
# by viva1213yumiko | 2017-03-21 13:19 | 人生・霊性 | Comments(0)