タグ:ケイリン ( 1 ) タグの人気記事

顔より太もも

a0253145_23501124.jpeg

その時私の目は、ある広告ポスターに釘付けになってしまった。


それは戦国武者に扮した若い女性のポスター。


暗雲低く立ち込める中、赤銅色の鎧をまとった二人の美女が、ハチマキをキリッと締めて精悍な視線を投げかけている。


それをお洒落かと問われたら、やはりお洒落と言わなければならない。


しかし若い女性に鎧を着せ、一体何を伝えようとしてるのか、いまいちコンセプトが良く分からない。


私の注意を引いたのは写真でなく、ポスターに載っていたキャッチコピーの方。


そこにはこう記されていた。


顔より太もも。


は? フトモモって・・・? 


果たしてこれは何の広告だろう?


文字の読み間違いかと思い目を凝らしたが、やはりそうじゃない。


顔より太もも。 


確かにそう書かれている。



そこはサラリーマンの聖地、新橋SL広場であった。


ビジネス街だというのになぜかジャンパー姿の人がたくさんいる。


新聞を手に熱心にメモを取る人も多く、どことなく異質な雰囲気だ。


「そうか!」と、私は思った。


新橋駅前にケイリンの場外券売り場があったことを、ようやく思い出したのだ。


a0253145_23510613.jpeg


2012/7月から開始された「ガールズケイリン」


国際的な判定基準を導入した女子のプロスポーツなのですが、皆さんはそんなのあるって知ってましたか?


それまでの男の競輪の世界に女子のプロリーグが門戸を開いたものだから、競輪場も華やかになり、すっかりラブリーな雰囲気となりました。


鎧武者の姿でポーズを取るのは「ガールズ・ケイリン」のアイドル的存在。


競輪学校を卒業してプロになった、小川美咲選手と高木真備選手。


「顔より太もも」というキャッチコピーの通り、アイドル並みの可愛らしいフェイスと、顔にギャップする逞ましい太ももの持ち主です。


ケイリン選手の良し悪しを見定めるには、太ももの太さも判定の基準になる。


だから選手たちは身長・体重を公表するように、太もものサイズも発表する。


誰が統計を取ったか知らないが、日本人女子の太ももの平均値は45~50センチなのだそうだ。


公表されている数値だと、小川選手54センチ・高木選手63センチとあるので、やはり平均値を上回る立派な太ももだ。


a0253145_23503969.jpg


ガールズケイリンには、AKB並みに<ガールズケイリン総選挙>というのがあるらしい。


人気投票でトップ7選手を選ぶ訳だが、人気だけでなく実力・実績を兼ね備えた者しか選ばれることはないという。


賭け事なだけにファンの目もシビアなのだそうだ。


この世界、可愛いだけじゃダメ。


顔より太ももが重視される、そんな<健脚商売>なのである。


ガールズケイリン・グランプリともなれば、選ばれし<太ももエリート>たちによる、<オールスター・肉弾太ももバトル>が繰り広げられる。


考えてみれば太ももとは、肉体パワーのメイン・エンジン部分。


鍛えあげられた太ももは、必ずや誠実な働きを見せてくれるはずだ。


強靭な太ももは決して人を裏切ることはない。


力のある太ももの持ち主でなければ自然と淘汰され、静かに消えて行くのみ。


ガールズケイリンはく太もも下克上>の世界なのである。


a0253145_23502052.jpeg


顔より太もも。


困ったことにポスターを見てから、女性の太ももが気になってしょうがない。


ついつい男目線で眺めてしまい、自分でも恥ずかしくなってしまう。


前の階段を登る女子高生に目が行き、「それにしてもちょっとパツンパツン過ぎるな」なんて思ってしまうのだ。



理由はなぜか分からないけど、太ももって人間の身体の中でも凄く魅力的なパーツですよね。


第一「フトモモ」って語感がいい。


「オッパイ」もイイ語感してるけど、「フトモモ」には匂い立つような、そしてこそばゆい余韻のようなものがある。


太腿、腿も、桃のうち・・・・


こそばゆい余韻とは、そんなイメージがぼんやり脳裏を過ぎるようなことだ。


さらに言えば、女の太ももって縁の下の力持ち的なところがあって、いかにも地道で誠実そうな印象だ。


控えめで恥ずかしがり屋、だけど妙にスベスベしてる太ももは、男たちにはすこぶる評判がよろしい。



そういえば知人の絵描きは「とにかく女の太ももは、ムッチリ肉が付いてなきゃ話しにならない」と、力説していた。


画家が言うことだから、ある種の審美眼からの見解なのだろう。


美学的な視点から言うと、スレンダー美女の「細もも」はチョット残念なようなのだ。


「細ももの女は薄情そうでいけない」と、画家は言う。


「太ももは誠実だ。そして裏切ることがない」とも言っていた。


さらに「ムッチリした太ももでなきゃ、太ももとしての存在価値が証出来ない」とまでのたまう。


当時は「そんなものかなぁ」と思いつつ話を聞いたが、やはり本当の話しだったのかも知れません。


a0253145_14063931.jpeg

私がこれまで聞きかじった話しでも、女の太ももで耳掃除をして貰うことを<男の極上の夢>と信じる者は多かった。


耳掃除の時、頬に当たる甘酸っぱい太ももの感触を想うと、やはり太ももはムチムチでなきゃ話しにならないらしいのだ。


ムッチリ太ももは男たちの暴走する白日夢を、確実に下支えしてると思われる。



しかし一方で、ミニスカートから露出している太ももに隙間がなかったらがっかりする、という意見も少なくない。


太もももの間の三角の隙間に、女性らしさや色気を感じるというのである。


う〜む、一体どっちが本当なのだろう?


男たちの脳内エロチカって、ホント女には理解し難いものがあります。



a0253145_23511344.jpeg


顔より太もも。


<ガールズケイリン観戦ツアー>を皮切りに、競輪業界ではあの手この手のイベントが催されている。


<ガールズケイリン・コレクション>とか、<ガールズケイリン・フェスティバル>とか、まるでファッション業界のような華やかさだ。


面白いことに<甘党男子とのコラボイベント>なんていうものまである。


逞ましい太ももに躍動する生命力を感じ、草食男子はケイリン女子に魅かれるということだろうか?


もうこうなると、まるでお祭り騒ぎである。



ケイリン選手たる者ならば、太ももの強い筋肉美が何よりの魅力。


日々のたゆまぬ努力が太もも美人を作り上げる。


太ももは、いわば彼女たちのアイデンティティーなのだ。


一口に太もも嗜好と言っても、ガールズケイリンのファンには様々なこだわりがあることだろう。


もっと専門的に細分化し、「大腿四等筋フェチ」とか「ハムストリングフェチ」とか、そういうコアなファン層もきっと存在するはずだ。


ケイリンファンにとって、どの太ももに投票すれば自分の欲望が満たされるのか大いに悩むところだろう。


a0253145_23513202.jpeg


理想的な太ももってあるのだろうか?


ロココの時代のはセルライトがたっぷりついた、崩れる直前の肉体が豊かで美しいとされていた。


1960年代のように、ミニスカートの小枝のような足が美しかった時もある。


美の基準というものもは、時代と共に変化して行く。


万人に受け入れられる太ももなんて存在しない。


だから自分の太ももを、自分自身で愛してあげるしかなさそうだ。

a0253145_23502735.jpeg


顔より太もも。


結局このコピーには女性に対する応援メッセージが込められているのだと、そんな風に思いたくなってしまった。


顔に比べてしまえば太ももの存在は、ドン臭いぐらい無個性だ。


それでも太ももには、太ももにしか出来ないことがある。


それを見つけて育ててあげること。


それが何より幸福の秘訣になるだろう。


皆んなが皆んな、自分の太ももを愛し受け入れ、自信を持って歩んで行けたら、世界平和に繋がるかも知れないのになぁ〜



ゆるみ気味の自分の太ももを摩りつつ、年の瀬にそんなことを考えていた。


年末だというのに案外ヒマな私である。


a0253145_23501714.jpeg





[PR]
by viva1213yumiko | 2016-12-19 14:36 | 美容・健康 | Comments(0)