タグ:マネジメント ( 1 ) タグの人気記事

元気の収支決算表

a0253145_14484977.jpg
明治大学の齋藤孝教授の著書の中に、健康で長生きしたければ<元気の収支決算表>を作りなさいという一文を見つけました。

元気を養うことと損なうこと。

どちらが多いか少ないか。

それをチェックすることが長寿に効果的だと仰有っています。

毎日のお金の出入りを家計簿につける人はいても、元気の収支をつける人なんてそうそうはいないですよね。

騙されたと思ってそれをしてみてご覧なさい。

必ずや長く元気で暮らすことが出来るから・・・

と、先生は<元気の収支決算表>の効果を強調しておりました。

a0253145_1450834.jpg

このアイデア、元々は江戸時代の貝原益軒の<養生訓>に書かれていたものなのだそうです。

齋藤教授は健康オタクが高じて、自らの身体を実験台に<養生訓>の実践をしている。

だから、プラスマイナスの収支表をすぐさま作成したのだそうだ。

ノートにプラス面とマイナス面、両方の項目を作り、プラスの欄には「〇〇さんと逢った」「上司に褒められた」「〇〇を食べた」と、楽しかったことや感激したこと、新たに発見したことを書き込む。

そしてマイナスの欄には「寝坊した」「嫌みを言われた」「駅の階段でコケた」等と、凹んだこと憂鬱なことを書き込んで行く。

そしてそれぞれの項目に点数をつけるのです。

このような感じにです。



<元気を養うプラスポイント>

久しぶりに逢った同僚と話しが弾む。50点

庭の水仙が咲いた。40点

業績アップの件を上司に褒められた。120点

     計 210点


<元気を損なうマイナスポイント>

終日デスクワーク。ー40点。

残業。夜はデスクでサンドウィッチ。ー50点。

深夜に泥酔。調子に乗って仲間を批判。ー200点。

     計 ー290点



  【本日の合計 ー80点】 ☆赤字につき注意!



ゲームをする要領で、ボーナスポイント獲得のチャンス等も設定してみると楽しいでしょう。

例えば大好物を食べた時にはポイント10倍!という風にね。

著者は鴨南蛮が好物のようで、鴨南蛮を食べた日はポイント1000倍ゲットしてました。(割と単純な好人物に思えます)

a0253145_14544593.jpg


何をしたらどのくらいの点数になるのか、意識化するための点数なので、自分の心と相談しながらポイントを設定しましょう。

絶対的な数字ではないので、定期的にポイントの見直しをしても良いのです。

自分にとっての良いことと悪いことを、一日の収支や一週間の全体的な収支で考え、最終的に嫌なことより良いことが上回る様に持って行く。

そうすると毎日が楽になると、教授は言っています。



<養生訓>の書かれた江戸時代は医療が進んでいなかったので、ちょっと風邪をこじらせたぐらいで亡くなってしまうようなことも頻繁に起こりました。

無茶ばかりしてるとあっけなく命を失うこともあるので、プラス要素とマイナス要素を見比べ用心しなさい、という意味がそこには込められていたのでしょう。

しかし現代の<元気の収支決算表>は、無茶を戒めるというよりも。むしろストレスの原因を突き止めることが中心ですね。

<養生訓>が発祥となった<元気の収支決算表>は、ストレス管理の指標として現代生活に役立ちそうです。

手軽に出来る<ストレスマネジメント>ってとこですね。


a0253145_1458639.jpg

誰かに嫌なことを言われたら、人は落ち込みます。

それは白いシャツにシミがつき、急に憂鬱になってしまうような感じですよね。

誰かに嫌なことを言われたなら、その人の存在のすべてが嫌になってしまう。

憎っくき白シャツに変わってしまうのです。

しかし本当はその人の全体が憎いという訳じゃなく、シミのついた何%の部分が嫌なだけなんじゃないだろうか?

その人を評価すべき、白い部分はまだ多く存在するのではなかろうか?


<収支決算表>をつけ始めると、そのような捉え方が出来るようになり、日々移り変わる自分の感情を客観的な気持ちで見つめ直せます。

自分の心が重苦しいのは、「この言葉が引っ掛かかっているんだ」「こういうことを不安に思ってるんだ」「この感情が癒されてないんだ」と、だんだん分かって来るのです。

自分の心をマッピングする様なものですね。

浮かび上がって来る感情を、項目に添って分類し、点数をつけて決算する。

プラスマイナスの収支点数で、自分の現在の心が黒字なのか赤字なのか、明確に判断出来ますよね。

収支表を作り可視化することで<心の棚卸し>が出来るのです。

a0253145_15292690.jpg


日本人は何でもキッチリやらなければ気が済まないようなところがあるので、収支決算表を作ってデータ化する行為が逆にストレスにならないようにしたいものです。

「年度末だから黒字分を消化しちゃおう」なんていうのも無しにして下さいね。

完全無欠を求めず、ほどほどのユルさを良しとする。

すべてを完璧にやろうとすると、負担になって楽しめません。

何事にも丁度バランスの取れた、<いい加減>さが必要なのです。

それを見極め、それに満足すること。

一番の養生法とは、そんなテキトーさ加減が大事なんですね。

a0253145_14562254.png

[PR]
by viva1213yumiko | 2016-03-10 15:31 | 美容・健康 | Comments(0)