タグ:リセット ( 5 ) タグの人気記事

女体に宿る奇跡の花

[女の体を宿主にして、鮮やかに花を咲かす植物がある]


あなたはそんな奇跡みたいな話しを信じますか?


以前観たファンタジー映画の、不思議な花のお話しをしましょう。


a0253145_15534485.jpg
映画<シャニダールの花>より  



突然変異のこの花は、女性の身体を母体にして鮮やかな花を咲かそうとします。


もちろんそれはごく稀な現象で、花を宿す女性を探すのはとても困難でした。


しかし、花の花弁から摂取する成分には新薬開発の貴重な成分が含まれていた。


なので製薬会社は研究機関を設け、情報を隠蔽して厳重な管理下に置いている。


研究協力費と称した億単位の金と引き換えに、各地から<肉体に花を宿す女たち>が集められました。


そして温室みたいなクリーンな施設で<花の開花を待つ女たち>は、ただただ静かに暮らすのです。


a0253145_15543389.jpeg


女性の身体になぜこの花が宿るのか、研究者たちもまだ解明出来ません。


けれどそこには心理的要因が絡んでいました。


どうやら本人の意思が花の開花に影響を与えるらしいのです。


心が緊張すると花は咲かない。


心の安定が花の開花を促すのです。


母体心理と植物との調和?


それはシンクロニシティとか、微妙なバイオリズムにも左右されてるようでした。


花の開花とはそれらが絡み合って起きる、ホントに稀な奇跡現象だったのです。


a0253145_15540018.jpeg

開花時期が近づくと大概の女たちは感覚異常に見舞われます。


人体に寄生するのはある種狂った花なのです。


だから誰もが少しおかしくなる。


女たちは心に大きな闇を持っていて、その穴を埋めるものを捜そうと常に揺れてるんですね。


だから花は彼女たちのそんな「心の絵だ」とも言えるのです。


ある意味、花を咲かすことで彼女たちの存在理由が証明されるという訳です。


a0253145_15542858.jpeg

花を咲かせることができない女は研究所から退去しなければならなりません。


入所時にそういう約束で契約書にサインする。


花を摘む摘出手術はとても危険で、人体から切除する際には大きな負担がかかるのです。


法外な金額の研究協力費はそのリスクのせいだったんですね。


でも、だからと言って切除せず咲かせたままにしておくのも危険です。


満開を過ぎそのまま放置したら、花そのものから危険物質が出て来るからです。


花を摘むのは危険。


けれど咲かせ続けるのはもっと危険という訳です。


a0253145_15535423.jpeg


<女体に宿る奇跡の花>


これが映画の概要なんですが、さてこの話しの教訓とは一体何なのでしょう?


う~ん、難しいですよね。


女体に宿る奇跡の花・・・


私にはこの花は、女の体にこびりつく根深い<業>みたいに思えてならないんですよねぇ〜



a0253145_15541861.jpeg


女にはある種の<業>があるんです。


女は<いのちを産み><いのちを育む>大切な役割を担っている。


何ものにも代えがたいその喜びを味わう代わりに、女には支払うべき代償があったのです。



女性性とは受容性を意味します。


言い変えるなら、それは「与えられた運命を全て受け入れること」なのかも知れません。


与えられ生かされる我々の<いのち>


その運命の荒波を、黙々と忍耐強く受け入れ、育んで行かなければならない。


人生にどのような困難が待っていようとそれを受け入れ受容する。


まるで聖母マリアのようにです。


それが女性の美徳、母性の美徳だとされて来ました。


受容性とは<母性の結実><その完成形>だったのです。



しかし、それは忍耐と我慢の連続ですよね。


分かり合えない人間関係に対する諦め。


後悔しても二度と取り戻せない過去。


守るものが多いほど犠牲になっていく自分自身。


受容性の美徳の影で、そのような想いや感情は置き去りにされたままです。


a0253145_15540328.jpeg


花には雄しべと雌しべがあります。


それはつまり「花には男と女が同時に存在してる」ってこと。


さらに言い換えるとそれは「成長して繁殖する要素をあらかじめ自分の中に持ってる」ってことになりませんか?



それに比べて人間の母性とは他者との関係性に身を委ねざるを得ません。


夫との繋がり・子供との繋がり・親との繋がり・世間様との繋がり。


女性は誰もが関係性の中に飛び込んで行かざるを得ませんよね。


女・妻・母・母の娘・姉・妹・・・


女性性とは人間関係をつなぐ<結びのエネルギー>だからです。

a0253145_15542172.jpeg


女性たちがこの世界に関係性の花を咲かすのはとても美しいことです。


でもあなたの花は本当にそれだけ?


あなたの心が今枯れそうになっているとしたら、思い切ってその花を摘み、新しい花を咲かせる方法を考えねばなりません。


恐れる必要はありません。


本当の魂の花は決して枯れない。


そして決して汚されることもないんです。


花は共存と繁栄のシンボルです。


<女体に寄生する奇跡の花>は、あなたを輝かすことが出来る神秘の贈り物だったのです。



a0253145_15540570.jpeg


追伸:

自分自身の魂の花を咲かせたいと願う方のために開花支援を行っております。


興味のある方はどうぞご覧下さい。


ブロッサム・ワークス





[PR]
by viva1213yumiko | 2017-04-12 18:45 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

スピリチュアル・ジャーニー

a0253145_1194068.jpg

3ヶ月の<情報断捨離>の最中、私はどのように暮らしていたのでしょうか?

脳の中の神経伝達回路をリセットするため、TVもラジオもインターネットも極限までに削ぎ落し、活字に触れないシンプルな生活を送る。

それは結構ですね。

それではその代わり、一体何を頼りに決断をし、何を指針に私は行動すべきなのでしょう?

うふ、それはですね・・・

いわゆる、テレパシー&直観なのですよ。(笑)


不思議なことに情報ってものは、無理やり求めると逃げてくように感じます。

恋の駆け引きみたいなもので、強引に手に入れようとするとサッと引かれちゃうのです。

むしろどーんと構えて「私は私よ!それがどうした!」って態度でいると、気を使って向こうから訪れて来てくれたりする。

焦らずにゆったり構えていれば、必要なもの、必要な出会い、必要なニュースは向こうからやって来ます。

逢いたいと思った友人から連絡が来たとか、欲しかった服がセールになっていたとか、見知らぬ人の会話から夢の解釈が出来たとか・・・

心で起こるタイミングと、外側の世界とは奇妙に繋がっているものなのです。

a0253145_11114135.jpg


左脳で考えずに直観に従ってみると、案外すんなりと物事が運ぶってこと多いですよね。

直観が上手く働いていてくれる時は、人間どこにも不安がなくなり、ルンルン・スイスイ流れるように物事が決まります。

そういう時は自分ひとりだけじゃなく、周りのすべてを巻き込んで、大きな流れが渦を巻いているんですね。

軽やかで、ナイスタイミングで、なおかつ刺激的です。

人生波に乗ってる時は、自分に力を貸してくれてる大勢のスピリッツたちに、拍手喝采されてる状態と思っていいでしょう。

目に見えないスピリッツたちは割とお調子者も多いので、本人がノリノリだとまるで自分の事のように嬉しくなるらしく、何のかんのと手出し口出し応援してくれるみたいです。

シンクロニシティが起こるのも、そんな霊的世界のお人好し事情もあるのかも知れません。


人生とは言うなれば、「テレパシーと直観力とを携帯した心の旅路」です。

誰もが神話の主人公と同じ、スピリチュアル・ジャーニーを歩んでいるのです。

若く未熟な若者があてどなく旅に出て、不思議な老人や賢者と出会い、知恵や力を授かる。

そして若者は生き方のヒントを得て、再び成長する。

ルーク・スカイウォーカーがヨーダと出逢い、フォースを学んだようにです。

a0253145_11121494.jpg


聖地巡礼然り、お遍路然り、セラピー然り、ビジョン・クエスト然り。

<裸の心・裸の想い>を見つめ直すために、人は時に社会や家族のしがらみから離れ、スピリチュアル・ジャーニーを体験しなければならないのです。


スピリチュアル・ジャーニー(心の旅路)を行く時には、外側の雑音には耳を貸さず、内面の直観やテレパシーを100%信じなければなりません。

本来の野生の力を呼び戻し、それらを活性化させれば、眠っていた能力は目を覚ますはずです。


およそ計画通りにはならない、とてもエキサイティングな旅ではありますが、あなたも自分を発見する心の旅路へと飛び出してみて下さい。

きっと神話の主人公のように、眠っている力を呼び覚ます旅となるでしょう。


どこかの偉人は言っていました。

「人生なんて夢のようなもの、遊びのようなものだ」と・・・

けれど<魂の奥の乾きを満たす真実の遊戯>っていうのは、スピリチュアル・ジャーニー(心の旅路)のことだけなんじゃないかって、そんな風に思ってるんですよね。

a0253145_14551999.jpg






[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-08 11:25 | 人生・霊性 | Comments(0)

コードネーム<ジョーダンリー>

a0253145_15311189.jpg

みなさ~ん、お元気ですか~?  

事情があって私、ここ3ヶ月ばかりの間ブログ休暇を取っておりました。

休暇と言えばバカンスチックで聞こえが良いけど、正直に言いますとこの夏以降どうにもこうにも文章が書けない状態に陥ってしまっていたのです。


いや、書くことだけではありません。

文章にそのものにアレルギーがおき、本を開くだけでめまいがするような状態でした。


いやはや、ちょっとしたスランプとでも言いましょうか。

創造の女神に完全に見放されてしまい、知的好奇心ってものがまるで沸かなかったのです。

ただひたすらアホウのようになって、カラカラと回る8㍉フィルムを見送るような、そんな日々を過ごしていました。

情けない話しだけど、アイデアが降りない時はジタバタしたって無理。

ダメなものはダメなのです。


しょうがないのでこの3ヶ月間、私は余分なものを断ち切り、自分の殻を破るべく、大いなる作戦に取りかかりました。

TV・ラジオ・新聞はもちろんの事、PCもスマホも最低限しか開かない、情報遮断月間を送ることに決めたのです。

意図的に情報を遮断しそこで何が起こるのか、ひとつ良い機会だから、そんな実験生活を試みてみようと思いついたのです。


その心境は、「探さないで下さい」とメモ書きひとつ残し、インナーワールドへと旅発つ気分。

どこまで<情報断捨離>できるかを、ひとつ試みてみようと思いました。

略して<情・断・離>・・・

コードネーム<ジョーダンリー>です。

a0253145_15411058.jpeg
ご存知のように、現代社会は爆発的な速さで情報の飛び交うまさに情報過多の時代です。

20世紀の終わり頃から較べただけでも、ゆうに数十倍もの情報をそれぞれの人間が処理するようになっている。

実にダイナミックな情報革命の時代に、我々は生まれ合わせているんですね。

誰でもどこでもボタンひとつで専門知識を即席に手に入れ、達人級の理解が可能な世界。

けれど・・・それってホントに幸せなことなのでしょうか?


「米国の国家安全保障局(NSA)が、インターネットを通して個人を含めたあらゆる機関の情報をスパイしている」

スノーデン暴露によって、米国政府はメディアのみならず、国民の個人情報も盗聴している事が分かってしまいましたよね。

アメリカが管理するインターネットシステムそのものには、どこか深刻な疑念があると、多くの人が気づくようになりました。

自分の発信する情報が誰と繋がっているか、調べれば皆んなわかっちゃうなんて何とも空恐ろしいことです。

SFみたいな超管理型社会システムが、本当に水面下で準備されているのかも知れません。 


また政府の方でも、オンライン世代のための秘密工作として、インターネット上でいかに誤った情報を流布させるか、工夫を凝らしていると言われます。

UFOや異星人の情報は、最も扱いやすいカテゴリーなのだそうです。

a0253145_15412873.jpeg


情報のるつぼの中で、それに飲み込まれてしまわないように、自分の立ち位置やブレに敏感にならざるを得ません。

自分が情報マジックの罠に捕まってないか、いつでも点検してなくてはならないという、ややこしい手間が増えてしまいました。

実際のところ、大体はどうでも良いような情報が殆どです。


情報の罠にハマらないようにするには、まずは一歩下がって冷静になり、その情報が本当に正しいのか、個人個人で分析してみる必要がありそうですね。

つまり、何ごとも自己責任って奴が大事なんです。

a0253145_15412496.jpeg


この3ヶ月間、世界では目まぐるしいほどの嵐が吹き荒れました。

土石流・危険ドラッグ・デング熱・幼女殺人・香港民衆化デモ・ノーベル賞・イスラム国・御嶽山・エボラ出血熱・ASUKA覚醒剤・辞任ドミノ

あれ? ブラジルW杯はこの夏だったっけ? セウォル号はもっと前の話し?

何だか色んな事が起こりすぎて、時間の感覚がおかしくなってる。

でもこれ、皆んな心当たりあるんじゃないですか?



世界の情勢はどんどん不安定になっています。

荒々しいエネルギーが、地球上に発散しているとしか思えません。

抑圧された暗く動物的な集合無意識が、何の前ぶれもなく浮上する可能性が、身近な至る場所に存在するのです。

どこにどんなエネルギーが潜んでいるのか、誰にも分かりません。

個人や社会の中に抑圧された集合無意識は、どんな風に噴出するのか予測がつかないのです。


現代は水瓶座の時代。

巨大組織が衰退し、個人の力が強化される<個性化進展>の時代と言われます。

ひとりひとりが個人本来に内在している力に目覚めはじめ、意識が変化する人が増えてくるのだそうです。

言わば個人による個人のための、<革命の時代>と言えるのでしょう。

この時代の勇者たる者は、外側のさまざまな出来事に一喜一憂していては駄目。

自分にとっての真実だけを見つめ、それに直面しなければなりません。

<情報断捨離>はそのきっかけを作ってくれる、良い方法となり得ます。

a0253145_15412021.jpeg
「え~っ!そんな事も知らないの?」 「ニュースで見なかったの?」 「信じらんな〜い!」

私を含め、世事に疎い人、巷の話題が通じない人々を、皆さん決してバカにしてはいけませんよ。

<情報断捨離>・・・コードネーム<ジョーダンリー> 


世はまさに革命の時代なのです。

アホウのように見えるけど、彼らはその使命を忠実に果たしてるのかも知れませんからね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-10-30 14:40 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

てへぺろのススメ

a0253145_18455202.jpeg

若いってただそれだけで良いものですよね。

「箸がころがっても楽しいお年頃」って言い方しますが、ティーンエイジの頃は正にそんな雰囲気に満ちあふれています。

ふっくらした頬や、みずみずしい二の腕。

どうでも良いような事に一喜一憂して、いきなりパアッと弾けるように笑う。

若いお嬢さん方の刻々と変わる表情を眺めてるだけで、こちらまでウキウキと楽しくなって来ます。


若さとは何か?

若さの特権とは一体何なのか?

若さが許す様々な事情から、それらを考察してみるのも興味深いですね。


若いという事は一般的には<未熟さ>を意味します。

<未熟>という事は失敗してもしょうがないという事、更なる経験のチャンスが再び与えられてるって事でもあります。

つまり若い頃には「多少無鉄砲でもがむしゃらにガンガンやって構わない」そういう特別な権利があるって事なのです。

仕事でも恋愛でも、取りあえず何でもやってみる。

いい大人がやったら笑い者にされるような事でも、泣いても笑っても、失敗して恥かいても・・・

「若いんだもの仕方がないさ!」

それが若さに許される一番大きな特権だと思うのです。

人は大人になると訳知り顔で若い連中に講釈したりしますが、その殆どは自分自身に向かって言ってる説教だと思って間違いありません。

自分の子供に「勉強しないとちゃんとした大人になれませんよ!」なんて言う親は、自分自身がちゃんとした大人になれてないって声高に表明してるようなもんなのです。

人は自分の経験則からしか物事を語れないのだから、人様のご意見を聞く場合もあくまで参考意見程度にとどめましょう。

最終的には自分で決断しないとダメです。

それぞれの人がそれぞれの世界観を語ってるだけなのだから、本来は誰もあなたの世界に影響を及ぼす事など出来ません。

だから若い人は思考回路の固まった大人の言う事など耳にかさずに、ガンガン好きな事しちゃって欲しいですね。

若くったって年取ってたって、男だって女だって、自分の人生が気に入らなくなれば、いつでもその場所から起動修正すればいいだけの話しなんです。
a0253145_18322987.jpeg

失敗を恐れずに好きな事をやってみる。

それでも最初から上手く行く人は少ないのではないでしょうか?

人は失敗を重ねながら色んな事がわかって来るものだからです。

失敗して少しヘコんだそんな時、未熟な自分の言動のすべてが許されてしまう、呪文のような<万能の言葉>があったらどんなに心強い事でしょう。


それが若い女性たちの周辺に存在していました。

「てへぺろ」っていう新種の日本語があるのをご存知ですか?

そう、流行りのギャル語「てへぺろ☆」の事です。


「てへぺろ」とは何か失敗をした時や、相手の気持ちを和らげたい時に使用する擬態語です。

うっかりした時や失敗した時などに、女性が「てへっ」と笑いながら舌を「ぺろっ」と出している状態の事です。

もともとは日笠優子さんという声優の方の持ちネタギャグだったようですが、だんだんに広まって、2011年には<女子中高生ケータイ流行語大賞銀賞>まで獲得したのだそうです。

2011年の事ですから、東日本大震災の頃から既に立派な日本語だったみたいなんですね。

知らなかったのは私だけで、ギャル語サイクルの早い女子中高生にとっては、既にもう死語なのかも知れません。


使い方はこんな感じです。

 「ごめん遅刻しちゃった! てへぺろ☆」

 「ごめんね。 私が間違ってた。 てへぺろ☆」

 「ハイ、チーズ! てへぺろ☆」


右手をクルっと回転させながらピースサインを作り、右目の横に添え、左目でウインクしつつ、ペコちゃんのように舌を上唇方向に「ぺろっ」と出し、可愛こブリッコの声で「てへぺろ☆」と言い放つのが正式なスタイルなのだそうです。

これを流れるように自然に繰り出すには、相当な熟練が必要となります。

それを見た者に「可愛いなコイツ」と思わせるか「ウザッ!」と思わせるかは、使用者の容姿・挙動・相手先のギャグの許容度などのさまざまな条件をクリアしなければなりません。

実社会で使用するには相当な状況判断が必要とされるでしょう。

つまり「てへぺろ☆」使用には、TPOが必要であるって事なのです。


「てへぺろ☆」使用の条件には・・・

   1. 仲の良い人がその場にいる事

   2. 許される空気である事

が、必須となるでしょうね。


a0253145_18321757.jpeg


相手がイラッとした時にすかさず発動させると、イラッとした気分を緩和させる効果があります。

そこにはリラクゼーション効果が期待される訳なのですが、基本的に可愛い娘に限ります。

若くて可愛い娘だけに許される特権なのです。

可愛らしく効果的に実践しないと単なる<ごまかし笑い>と判断され、よけい評価を落とす事になりかねないので、そこら辺のさじ加減が難しいところです。


しかし「てへっ」&「ぺろっ」で好印象を与えて、モテカワ女子になれるのだとしたら、若さの特権とは恐るべきものがありますね。


「てへぺろ」といい「アヒル口」といい、最近の「ぷに子」といい、モテカワの基準も時代によりどんどん変化しています。

しかし若くて可愛らしいっていうのは、ただそれだけで既にパワー(力)なんですね。

「多少無鉄砲でも、がむしゃらにガンガンやっても構わない」

若さの特権とは素晴らしいものです。

けれども実は、若くったって年取ってたって、男だって女だって、人生の今のその場所から新しい世界へといくらでも飛び出して行けるはずなのです。

例え失敗したとしても、若い娘のように「てへぺろ☆」って笑い飛ばしてみましょう。

そんな風に気楽に考える事が、人生を最も輝かせる<コツ>のように思えてならないのです。



おまけ:
余談ですが「てへぺろ」(Tethe Tpero)はアボリジニの言葉では、言ったら殺されても仕方ないほど相手を侮辱した意味なんだそうですよ。

あくまでもTwitter上のデマかも知れませんが・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-06-29 11:29 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

不平不満のない世界

a0253145_23142317.jpg
米ミズーリー州カンサスシティの牧師さんが、ある日曜の朝、教会の訓話の中で「世界を不平不満のない場所にしたい」と聴衆に話し、その気持ちが真剣なものであることを示すために、紫色のブレスレットを配りました。

そして人々に「自分が不平不満を口にしていることに気づいたら、このブレスレットをもう一方の手にはめかえて下さい」と呼びかけたのだそうです。

紫色のシリコン製ブレスレットを手にはめ、21日間不平不満、人を責める言葉、ゴシップなどを口にしないよう努める。

口にしてしまったらブレスレットをもう一方の腕にはめ直し、また一日目からスタートする。

ただそれだけのキャンペーン活動を始めたのですが、チャレンジの達成者から、

   「人生がより豊かに幸せになった」

   「ビジネスの見通しが今までになくよくなった」

   「人間関係が良好になり、人と衝突することが少なくなった」

などの前向きな変化が起こったと報告があり、その噂が地域の人々の耳に入り、地元新聞に紹介され、各種マスコミが取材にやって来たのだそうです。

やがて全国規模のTVニュースショーに取り上げられると、動きはまたたくうちに広がり、ブレスレットの注文は地球規模となり、一日に1000個以上の注文が世界80ヶ所から届くようになりました。

教会区の信徒だけでなく、家庭・職場・スポーツチーム・病院・刑務所・警察署・消防署・クリニック・軍隊・政府機関など、社会のさまざまな場所で、紫のブレスレットをはめて、自分の言葉をポジティブなものに変えようと頑張っている人たちが拡大して行ったのだそうです。


どうですか? ちょっといい話しだとは思いませんか?

ご存知のように、今の世の中は混沌としていて、悲惨な事件や不条理な物事で溢れかえっています。

TVニュースを見るだけでつい不平不満が口から出るような、そんな日々の中、この運動は自分の思考のコントロール習慣を助ける、手軽で楽しい良い方法だと思うのです。


キャンペーン創始者のウィル・ボウエン氏は言います。

「不平不満を言うことは欲していないことに注目することになる。悪いことを口にしてそれに注目すれば、その状況は拡大する。私はみんなの生活から不平不満をなくしたいんだ。ブレスレットがその努力を応援してくれる。それだけで世界が変わって来る。」

「人生を作り出すものは考えであり、考えは言葉によって表現されます。だから明確に言葉で表現したものは実際に行うこととなります。」

「幸せな人生を歩む幸せな人間とは、自分の思考・感情をコントロールでき、自分の望む人生をデザインできる人であり、滅多なことでは不平不満や愚痴を言わないようになる必要があります。」

全くほんとにその通りだと思いますね。

a0253145_23215238.jpg

この21日間チャレンジ、早速私も挑戦してみたのですが、そう簡単じゃないんですよね。

「寒くてやだなぁ」とか、「やんなっちゃうなぁ」とか、「勘弁してよ〜」「頭痛いし」とか、結構言ってるもんなんです。

スタート初日には私、9回もはめ換えてましたよ。

誰も皆、まさか自分が不満を言ってるとは思わないようで、21日間はめ換えずにいられるまでに、平均で4~8ヶ月はかかるそうです。

人がいかに自分の発する言葉に無意識かってことに、否応なく気付かされます。


我々は人の口から出た言葉は良く聞こえるのですが、なぜか自分の口から出る不平不満には気がつかないものなんですね。

けれど、人生とは自分の言葉が作るもの。

人には自分の人生を作り上げる、言葉を選ぶ権利と責任があるのです。

ブレスレットをはめたり外したりするうちに、自分の中に宿る言葉に自覚的になって来るのです。


そもそも不平や不満はなぜ出てくるのでしょう。

不平不満とは、悲しみや苦痛や満たされない思いを表現することです。

だから不平不満の多い人というのは、その分傷の多い人だとも言えるんですね。

じぶんが口にする言葉を認識すること。

それさえ出来れば、次は言葉が口から出る前に気がつくようになれるはずです。


大切なのはブレスレットをはめ換える行為そのものなので、実はブレスレットじゃなくて、輪ゴムでも数珠でもミサンガでもリボンでも構わないのです。

はめ換えることによって、脳に自分の行動を意識させることが目的です。

自分が望むゴールは<幸福>であると、脳にプログラミングし直すことになるんですね。

a0253145_2320023.jpg

見事チャレンジを達成する頃になると、心に取り付いて離れなかった不安から、スッキリ解放されるんだそうです。

一人ストイックにこの21日間チャレンジをしてもいいけど、家族や仲間とゲーム感覚で楽しく挑戦すると、さらに好ましい効果があるのではないでしょうか。



不平不満のない世界




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-01-27 23:40 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)