タグ:物語 ( 55 ) タグの人気記事

女体に宿る奇跡の花

[女の体を宿主にして、鮮やかに花を咲かす植物がある]


あなたはそんな奇跡みたいな話しを信じますか?


以前観たファンタジー映画の、不思議な花のお話しをしましょう。


a0253145_15534485.jpg
映画<シャニダールの花>より  



突然変異のこの花は、女性の身体を母体にして鮮やかな花を咲かそうとします。


もちろんそれはごく稀な現象で、花を宿す女性を探すのはとても困難でした。


しかし、花の花弁から摂取する成分には新薬開発の貴重な成分が含まれていた。


なので製薬会社は研究機関を設け、情報を隠蔽して厳重な管理下に置いている。


研究協力費と称した億単位の金と引き換えに、各地から<肉体に花を宿す女たち>が集められました。


そして温室みたいなクリーンな施設で<花の開花を待つ女たち>は、ただただ静かに暮らすのです。


a0253145_15543389.jpeg


女性の身体になぜこの花が宿るのか、研究者たちもまだ解明出来ません。


けれどそこには心理的要因が絡んでいました。


どうやら本人の意思が花の開花に影響を与えるらしいのです。


心が緊張すると花は咲かない。


心の安定が花の開花を促すのです。


母体心理と植物との調和?


それはシンクロニシティとか、微妙なバイオリズムにも左右されてるようでした。


花の開花とはそれらが絡み合って起きる、ホントに稀な奇跡現象だったのです。


a0253145_15540018.jpeg

開花時期が近づくと大概の女たちは感覚異常に見舞われます。


人体に寄生するのはある種狂った花なのです。


だから誰もが少しおかしくなる。


女たちは心に大きな闇を持っていて、その穴を埋めるものを捜そうと常に揺れてるんですね。


だから花は彼女たちのそんな「心の絵だ」とも言えるのです。


ある意味、花を咲かすことで彼女たちの存在理由が証明されるという訳です。


a0253145_15542858.jpeg

花を咲かせることができない女は研究所から退去しなければならなりません。


入所時にそういう約束で契約書にサインする。


花を摘む摘出手術はとても危険で、人体から切除する際には大きな負担がかかるのです。


法外な金額の研究協力費はそのリスクのせいだったんですね。


でも、だからと言って切除せず咲かせたままにしておくのも危険です。


満開を過ぎそのまま放置したら、花そのものから危険物質が出て来るからです。


花を摘むのは危険。


けれど咲かせ続けるのはもっと危険という訳です。


a0253145_15535423.jpeg


<女体に宿る奇跡の花>


これが映画の概要なんですが、さてこの話しの教訓とは一体何なのでしょう?


う~ん、難しいですよね。


女体に宿る奇跡の花・・・


私にはこの花は、女の体にこびりつく根深い<業>みたいに思えてならないんですよねぇ〜



a0253145_15541861.jpeg


女にはある種の<業>があるんです。


女は<いのちを産み><いのちを育む>大切な役割を担っている。


何ものにも代えがたいその喜びを味わう代わりに、女には支払うべき代償があったのです。



女性性とは受容性を意味します。


言い変えるなら、それは「与えられた運命を全て受け入れること」なのかも知れません。


与えられ生かされる我々の<いのち>


その運命の荒波を、黙々と忍耐強く受け入れ、育んで行かなければならない。


人生にどのような困難が待っていようとそれを受け入れ受容する。


まるで聖母マリアのようにです。


それが女性の美徳、母性の美徳だとされて来ました。


受容性とは<母性の結実><その完成形>だったのです。



しかし、それは忍耐と我慢の連続ですよね。


分かり合えない人間関係に対する諦め。


後悔しても二度と取り戻せない過去。


守るものが多いほど犠牲になっていく自分自身。


受容性の美徳の影で、そのような想いや感情は置き去りにされたままです。


a0253145_15540328.jpeg


花には雄しべと雌しべがあります。


それはつまり「花には男と女が同時に存在してる」ってこと。


さらに言い換えるとそれは「成長して繁殖する要素をあらかじめ自分の中に持ってる」ってことになりませんか?



それに比べて人間の母性とは他者との関係性に身を委ねざるを得ません。


夫との繋がり・子供との繋がり・親との繋がり・世間様との繋がり。


女性は誰もが関係性の中に飛び込んで行かざるを得ませんよね。


女・妻・母・母の娘・姉・妹・・・


女性性とは人間関係をつなぐ<結びのエネルギー>だからです。

a0253145_15542172.jpeg


女性たちがこの世界に関係性の花を咲かすのはとても美しいことです。


でもあなたの花は本当にそれだけ?


あなたの心が今枯れそうになっているとしたら、思い切ってその花を摘み、新しい花を咲かせる方法を考えねばなりません。


恐れる必要はありません。


本当の魂の花は決して枯れない。


そして決して汚されることもないんです。


花は共存と繁栄のシンボルです。


<女体に寄生する奇跡の花>は、あなたを輝かすことが出来る神秘の贈り物だったのです。



a0253145_15540570.jpeg


追伸:

自分自身の魂の花を咲かせたいと願う方のために開花支援を行っております。


興味のある方はどうぞご覧下さい。


ブロッサム・ワークス





[PR]
by viva1213yumiko | 2017-04-12 18:45 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

眠れる森の美女の夢

a0253145_22353869.jpg


正直冬って眠くなりません


私はメチャクチャ眠くなる。


気温の低下に合わせて、オツムもボディも冬眠省エネモードに切り替わる。


冬は夢見を育むシーズン。


いっそ<眠れる森の美女>のように、夢をじっくり熟成させましょう。


a0253145_14592210.jpeg

<眠れる森の美女>のストーリーは欧州の古い民話の伝承で、様々なバージョンがあることが知られています。


ディズニー映画<眠れる森の美女>は、グリム童話をベースに創作されました。


糸車の紡(つむ)でユビを指し、深い眠りの中に落ちて行くオーロラ姫。


王子のキスで100年の眠りから目覚めると、二人はめでたく結ばれて、末長く幸せに暮らしたことになってます。



a0253145_14594393.jpeg

でもフランスの詩人ペロー版には、その後の二人の運命が綴られているんです。


ペロー版では、姫の目覚めも王子の甘いキスではないのです。


100年の呪いが解除された時、彼女自らムックリ起きて来るんですよ。


なんだか拍子抜けしちゃいますよね〜


二人は結ばれて子供も二人授かるのだが、王子の母親の<王太后>は、なんと!<人食い種族>でありました。


そして嫁と子供たちを食べようとするんですね。


危機一髪になったところを<新王>に即位した王子が助ける。


そして悪行が息子にバレた<王太后>は気が狂い、ムカデやヘビがグツグツしてる大釜に飛び込んで自殺してしまうのです。



昔のヨーロッパって実際に人食いが横行してたのでしょうか?


<人肉>をテーマにしたシュールなお話しに仕上がっています。


子羊の肉を幼子の丸焼きと信じ、ムシャムシャ食べる人食いの母親に、どのようなメルヒェンを感じ取れというのでしょうか?


どうにも腑に落ちません。


a0253145_22360729.jpeg


イタリアのバジーレ版はさらに強烈。


眠りに落ちた眠り姫は、悲しんだ父王にそのまま城に去り置き去りにされます。


その後、偶然鷹狩りでたどり着いた王が(父親か別の王かイマイチはっきりしない)姫を見つけるのですが、あまりの美しさに我慢出来ずレイプしてしまう。


眠り姫は眠っているうちに王に犯され身籠ってしまうのです。


それでも姫は眠り続け、眠ったまま不義の双子を出産し、子供たちによって初めて魔法が解けるのです。


王は別邸への通い婚を続けていたが、嫉妬に狂った王妃に事実がバレ、子供達は命を狙われ煮込みスープにされそうになる。


眠り姫も火あぶりで殺されそうになるのだが、そこに王の助けが介入する。


子供をスープにして飲ませたという話しを聞き、王は怒り狂い、王妃を火に投げ込んで殺す。


そして王と眠り姫は正式に結婚し、幸せに暮らしましたとさ。



悪魔教団の生贄儀式か何かからインスパイアされたのでしょうか?


ウォルト・ディズニーも度肝を抜かす<カルト・サスペンス>です。


物語はもう完全に善悪の彼岸を超えちゃって、すでにその教訓すら分からない状態です。


a0253145_14593100.jpeg





    ♬ いつか夢で ♬     

        


     あなたをいつも夢に見て


     その瞳さえ、とても懐かしい


     夢は幻と言うけれど


     でも分かる


     あなたこそ、愛してくれる


     あの夢と同じに

  

                ディズニー映画<眠りの森の美女>より

  


           


<眠りの森の美女>は「理想の結婚」がテーマです。


でもそれは「自己主張しない従順な女が幸せな結婚を手に入れる」とかいう、昔風の教訓じゃありません。


「理想の結婚には100年費やしてもお目にかかるのは不可能に近い」


だから「妥協しなさい」っていうんでもない。


何かもっと深~い意味が隠されてるんじゃないの?


ウォルト・ディズニーも気付かなかった、もっと深遠で哲学的な何かがです。


無い知恵を振り絞り、私は考えました。


その結果、この物語のキモは<100年の眠り>そのものじゃないかという結論に至ったのです。


そうするとこのお話しも俄然ワクワク楽しくなって来ちゃうんですよね〜




オーロラ姫は死ぬ訳じゃなく<100年の眠り>の状態に移行します。


彼女はその間、どこかのアナザーワールドを訪問中です。


でも不思議なことに、彼女は眠りの中で真実の伴侶の姿を知るんですね。


真実の伴侶・真実の未来・真実の生き方・・・


不思議なことにそれらをみんな夢が教えてくれる。


まるで<100年の眠り>の状態には、未来の情報すべてが織り込まれているみたいですね。



<夢のお告げ>って馬鹿にならないんです。


キリストもブッダもその誕生のしるしを、母親は夢で知りました。


先住民の文化の中には、子供が生まれる夢を見ると、それを合図に精霊が宿り、そうして赤ん坊が生まれると考えるものがあります。


子供は勝手に本能的に授かるのではなく、両親のどちらかが「種子の状態から出現の状態」に整ったことを夢で知らされ、そしてそれを了解した者の元にやって来ると信じるのです。


そこには「命を生み出すのは両親ではない」という、自然界への謙虚さが感じられますね。


両親は命の誕生にただ身体を提供するだけ。


子供の誕生を夢に見るのは、特定の時期に特定の家族に生まれることを了承する人間を見つけるための、自然界からの通信なのです。


先住民はこのような文化を維持することで、現代を生きる我々よりずっと調和的な家族生活を送っていたと思われます。


きっとオーロラ姫も<100年の眠り>の中で、そんな風に結婚・出産の準備を整えていたに違いありません。

a0253145_14591605.jpeg

<大いなる眠りの世界>では全てがお見通しなのです。


<大いなる眠りの世界>とは、現在・過去・未来、すべての時間を超越しています。


将来的に出現する予定のものは、それがまだ種子の段階でも情報を得ることが可能なんです。


実は眠り姫も100年の間に色々な情報をしっかりキャッチしてたのでしょう。


自分の伴侶、自分の未来、自分の運命を・・・


夢の中できっと直感的に感じ取っていたと思うのです。


邪悪な妖精の呪いで100年肉体を動かすことは出来なかったけど、きっと精神は自由に飛び回っていたはず。


真実の愛が熟成する時を、静かに待つことが出来たはずです。



100年の時を待ち続け、永遠に思えるほどの時間が過ぎ去ったとしても、どこかに必ず運命の人はいるはず。


出会うことで自分が完全になれるような、そんな運命の人がいる。


欠落したものを埋め合わせることの出来る、たったひとりの特別な誰か。


その人と出逢える時が来る。


誰もがその奇跡に憧れ、その時を待ち望んでいる。


本当の自分に戻れる瞬間を誰もが待ち望んでいるのです。

a0253145_14591338.jpeg

実は人間なんて、皆んな深い眠りに入ってるようなものなのです。


イバラに囲まれた古城の中で、眠りこけてるあなたの意識。


それを優しく揺り起こし、呪いを解除する方法がどこかにあるはずです。


それは一体何なのでしょう?


オーロラ姫のお話しは、我々にそのことを思い出させるためにあるのです。




真実の愛を否定した人生。


それがどんなに味気ないか、ちょっと想像してみて下さい。


どんなに時代になろうとも人の心にはメルヒェンが必要です。


たったひとつのメルヒェンで心救われることもあるのです。



冬は夢見を育むシーズン。


<眠れる森の美女>のように、夢をじっくり熟成させましょう。


a0253145_14592670.jpeg




[PR]
by viva1213yumiko | 2016-11-28 15:07 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

すぐそばにいる般若

a0253145_14364380.jpg

源氏物語に登場する姫君たちをアイドルタレントみたいに人気投票してみると、男性陣の一番人気は<夕顔>なのだそうです。


<夕顔>は家柄が良い訳じゃないので、プライドをひけらかすようなことありません。


たおやかで儚げで、逆らうことなく受け入れてくれて、「どうぞ私のこと好きにしていいのよ」って言ってるような、まっこと殿方にとって都合の良い女性です。


ところが女性陣の人気ナンバーワンは、物語の中でも最もキャラクターの立ってる<六条御息所>だそう。


物の怪になってまで<光源氏>に執着し続ける、いわゆる<重い女>ですよね。


なのに意外にも、女性たちにはそこが人気。


それはどんな女の心にも絶対に潜んでいる、あの厄介な魔物のせいでしょう。


すぐそばにいる般若。


プライドと嫉妬という般若が、女性たちの共感を誘うからなのです。

a0253145_14371839.jpeg

平安時代。


それは怨霊信仰の時代です。


美しく高貴な教養人<六条の御息所>は、プライドと嫉妬とにがんじがらめにされ、すっかり行き詰まっておりました。


元皇太子妃の立場だというのに、7つも年下の愛人<光源氏>との関係が思うように行きません。


この行き詰まった愛憎劇、気持ちをどう納めたらいいのだろう?


もちろん世間体もある。


今さら引くに引けない状態で、焦りばかりが募ります。


挙げ句の果てに葵祭りの時、公衆の面前で正妻から大いに恥をかかされる。


この牛車事件をピークに<六条御息所>の追い詰められた魂は、肉体を離れ彷徨い出してしまいます。


プライドと嫉妬心・・・


強烈な彼女のその想い。


どうやらそれが生き霊を発動させてしまったようなのです。


a0253145_14372755.jpg

生き霊とは、強く念じることで<意志のある独立した魂>を作ってしまう現象のこと。


私たちの感情や欲望や想いが、実は向こう側の世界で実体化してることを意味しています。



スピリッツとは本当に不思議です。


人が何かを念じる。


するとその時点から、想念は自分の手元を離れ、見えない世界で形を作り始めるんですね。


初めはぼんやりしてハッキリとしませんが、想い続けることで想念形態はくっきりシャープになって来る。


そしてその想念は命を吹き込まれ、れっきとした生き物のように活動を始めます。


願望を成就しようと、関係者の元へ一直線に飛んで行くんですね。



思考は現実化します。


想念形態は条件さえ整えば、必ずや現象界に出現するものなのです。


だから心で考える想いには、いつも気をつけてなければならないんですね。


その想いに愛や思いやりがあって、人が良くなることを願う善良なものなら、それは高貴な良い生き霊と言えるでしょう。


でも誰かの不幸を願うような邪悪なものだったら、それはつまり悪霊ということになります。


その誰かさんにきっと良くない影響を及ぼすはずです。

a0253145_14370264.jpeg


誰かを恨んだり憎んだりする。


すると、それに相応しい形の想念形態が作られてしまうのです。


透視能力者にはそのおぞましい姿がきっと見えてるはず。


そして、たとえ見えないとしても、感じ取ることなら誰もが普段してるはずです。


誰かに近づいた時、その人があなたにネガティブな感情や思いを持ってるかどうか瞬時に感じ取れませんか?


ほらね、これって誰もがすぐピンと来る類いのものなんですね。



このように見えない世界では、私たちの発した想念エネルギーがうごめいているんです。


それはまるで世界珍獣図鑑を、部屋中に広げて眺めるようなもの。


蛇や野獣や魔物やUMA。


鬼や天狗や狐や般若。


色んな生きものがそこらじゅうに息づいてるんですねぇ~(笑)

a0253145_14373778.jpeg


悪意のエネルギーは意図的なものだけではありません。


人が無意識で発してる恨み・嫉み・憎しみが、その人から勝手に離れて悪さをし始めることもあるんです。



正妻に恥をかかされ、プライドと嫉妬がごちゃ混ぜになってしまった<六条の御息所>は、朦朧とした意識状態となって、ついに脱魂してしまいます。


肉体から離れた魂は、出産を待つ正妻の寝床へ赴き、意図せずに取り憑いてしまうんですねぇ。


しかし本人は、その間どんなことが起こっているのか分からない。


夢を見ているような状況なのです。



生き霊って、それを作った本人の意志とは、全然関係なく行動しちゃうみたいなんですよね。


<六条御息所>の魂は、自分の嫉妬の醜さを疎ましく思っています。


激しい嫉妬心を何とか押さえ込もうと、平常心を装って和歌を詠んだりする。


しかし、逆に理性で抑えようとすればすれほど、抑圧され閉じ込められた執念が反抗し、肉体を離れ勝手に悪さしてしまうんですね。


心の奥の情念は、ちっぽけな意志の力なんかより遥かにパワーが強いのです。


それまで幽体離脱の自覚など一度もなかった彼女ですが、自分の服や髪に、加持祈祷用の芥子の匂いが染み付いてることから、生き霊の正体が他ならぬ自分だったと初めて理解するのです。

a0253145_14375891.jpeg


自らの嫉妬心が、知らぬ間に重大な結果を招いている。


そういうことって本当にあるみたいです。


心を抑圧した女。


思い込みの強い女。


彼女たちの心の葛藤が、いつ何時般若に変身してしまうのか検討もつきません。


実生活で貞淑で清潔な生活を送れば送るほど、内なる魂は理性の抑制を離れ、狂気を演じてしまう。


恐ろしいことですが、どんな女にもその可能性が秘められているのは確かです。

a0253145_14365148.jpeg


女の心にはうねりがあります。


嫉妬や恨みの感情が、あなたに般若の面をまとわせる。


般若の原因を探ってみれば、それは辛く悲しい<恋の妄執>だったりするのです。



花は散り、ススキが揺れそよぎ、マツムシが寂しげに鳴くこの季節。


恨み妬みの般若の面が、月明かりを浴びて、ぼんやり浮かび上がる。



秋の気配は生き霊を呼びやすいですよ。


あなたもどうぞご用心、ご用心。


a0253145_14385951.jpeg



[PR]
by viva1213yumiko | 2016-10-24 14:29 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

シエラザード世界選手権大会

<千夜一夜物語>に出て来るシエラザード姫。

実は私、彼女をいたく尊敬してるのであります。

a0253145_14365498.jpg

昔々のアラビア某国。

妻の不貞を垣間見て、女性不信になったシャフリアール王は荒れまくっておりました。

国の若い女性と一夜を過ごし、すぐさま殺してしまう連続猟奇殺人で、世間を震え上がらせていたのです。

大臣の娘シエラザードは意を決し、自ら王の元へと嫁ぎます。

そして夜な夜な、シャフリアール王に物語を語り始めたのです。

「アリババと40人の盗賊」「アラジンと魔法のランプ」「船乗りシンドバッドの冒険」

その他にも、実在した王やお姫様や英雄たちのお話しも・・・

心傷ついたシャリアール王のため、毎晩お話しを聞かせてあげたのです。

そして話しが佳境入った頃になると必ずこのセリフ。

「続きはまた明日のお楽しみ♡ To Be Continued 」

当然王は焦れて、「もっともっと」と話しを聞きたがった。

このような調子が二百数十日続き、ついに王は花嫁を殺すことを諦めました。

a0253145_14373264.jpg


このシャフリアール王という方も、随分とお気の毒な方ですよね。

彼の痛みを想像すると、嫁さん不信になっちゃうのも当然でしょう。

しかしそれより何よりアッパレなのは、シエラザードの行いです。

殺されないための策とはいえ、毎夜物語を語り、まずは王の心の癒しから始めるとは・・・

シエラザード、凄い才覚じゃありませんか。

世の権力者の奥方が、皆さんこのような能力をお持ちだったら、世界の争い事の半分くらい即刻解決出来るんじゃないかってそんな気がしちゃいます。

このように物語には人の心を癒す力があるのです。

語り部シエラザードは、シャフリアール王の専属セラピストの役目を担っていた訳ですね。

a0253145_0584217.jpg


物語は人の心を癒します。

人は物語のイメージ力に癒されるのです。

物語が持っているその再生のイメージに、人は心動かされ癒されるんですね。

シャフリアール王も傷が癒える頃には全てを悟り、きっと改心するに違いありません。

王の心が癒されたなら、同じように王権も癒されることでしょう。

王権が癒されれば、王国もまた癒されるはずです。

王と王妃の絆が強く結ばれたなら、この国は領民に愛される王国に生まれ変わるはずなのです。


そう思うと荒廃した国家を立て直すためには、葬られ忘れられた<民族の痛み>を癒す必要がありそうです。

様々な人々の様々な想いを<鎮魂>しなければなりません。

今、日本という国がどこかモヤモヤしてるのも、抑圧された様々な想いがあちこちから噴出しているから。

その原因を見つめようとせず放っておいたなら、気づいた頃にはシャフリアール王のように、手のつけられない状態になってるかも知れません。

はっきり言っちゃいましょう。

内側の痛みを外の世界の何かのせいにしてるうちは、本当の問題解決なんて望めないんです。

おとぎ話ですらちゃんとそう伝えているというのに・・・

いつでも大人たちのやることには、ホント困ったものです。

a0253145_23332492.jpg


さてそんなことをボンヤリ考えてるうちに、またしても私の妄想がうるさく騒ぎ始めました。

それはシエラザードみたいな語り部たちの力で、世界平和を計画する話しなんだけど・・・

「決して笑わない」って約束する?

そう? それではこっそり教えましょう。


「パンがなければケーキを食べればいいじゃないの」と、マリー・アントワネットは言ったらしいが、確かにお金持ちが貧しい暮らしを想像するのは難しいことですよね。

人は想像のすることの出来ないものは、理解不能なものなのです。

理解出来ないものを目の前にすると、人は恐れの反応を示します。

そしてその恐れが見えない壁を作ってしまう。

恐れの感情がいとも簡単に敵を作ってしまうのです。

だから世界平和を本当に願うなら、あなたが無意識のうちに敵とみなしてるもの(本当は恐れているもの)を理解するよう努めること。

それが大事なポイントです。


この世界を導いてる指導者たちには、そこらへんが分かっているのでしょうか?

「他者への共感力」の大切さを、どの程度理解してるのでしょうか?

もしかして地球にとって最も有害となるのは、指導者たちの<想像力欠如>じゃないかと思わずにはいられません。

各国の元首クラスの人々の感性を塗り直す、情操の再教育が必要です。

語り部たちの心揺さぶる物語で、指導者の心の歪みを回復して頂く、そんなプロジェクトが必要です。

未来の地球を正しくイメージし、人類愛に目覚めて貰い、戦争する気が萎えてしまったら、これは御の字じゃありませんか?

<シエラザード・プロジェクト>

要人たちを物語で魅了するのです。

a0253145_14395998.jpg


指導者たちは毎夜お話しをせがみ、涙を浮かべ世界平和を希求するようになるかも知れません。

言うならば、世界平和のための<ハニートラップ物語大作戦>って感じでしょうか?

語り部がグレダ・ガルボみたいな美女なら最高ですが、そうじゃなくても一向に構いません。

物語ることが上手ければ、別に色恋に発展しなくても構わないじゃないですか。

役者とか落語家とか、プロの芸人さんでも構わない訳ですよね。

中世の王宮では旅の吟遊詩人が外国の情報を伝えました。

それを思うとミュージシャンなんかも適役でしょう。

a0253145_14403149.jpg


各界で語り部が活躍する<語り部社会>ってのは、きっとステキなものに違いありません。

語り部の力を外交に使えば<語り部外交>が成り立ちます。

各国大使はきっと競うように噺家に落語を習いに行くでしょうね。

経済もストーリーを持つ商品じゃなければ人々に見向きもされなくなる。

<語り部経済>の誕生です。

教育現場では<語り部教育>が主流となり、語りの達者な老人が活躍する<語り部福祉>社会が生まれるでしょう。

そのような社会では、語り部技能者を讃える国際大会が必要となります。

4年に1度、五大陸で順々に催される<シエラザード世界選手権大会>が開催されるはずです。

a0253145_23304781.jpg


<Wシエラ杯>

それは嘘八百でも構わない。

物語の力が人にどれだけ希望を与えるか、世界平和に貢献するかが競われる大会だからです。

笑える話し、恐ろしい話し、涙なしには聞けない話し。

あの世の話しや、不思議な話し。

宇宙の話し、神々の話し。

動植物や自然科学・機械工学・歴史哲学の話し。

<Wシエラ杯>出場の選手たちは祖国の名誉を背負って、優れた話しを競い合うに違いありません。


しかし表彰台でメダル争いをするような優れた選手たちは、皆揃って似たような話をしてると気づかされることになるでしょう。

どこの国の選手であろうと、「人類はひとつ」「地球もひとつ」「愛とひとつ」という物語を、結局は語ることになってしまうからです。


<Wシエラ杯>

地球人みんなのための神話が、今求められてるって気がするのです。

a0253145_1441052.jpg



[PR]
by viva1213yumiko | 2016-07-31 00:21 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

花とヒロインと周波数

a0253145_0393583.jpg

物語のヒロインはよく花のイメージに例えられます。

例えば赤いバラ。

それは自由奔放な<カルメン>のイメージです。

赤いバラの花言葉は「情熱」ですが、<カルメン>にはその言葉通り、誘惑と血の匂いがしますよね。

そして白いユリ。

<聖母マリア>の純潔の象徴は、汚れなき慈愛と母なるものの受容性をあらわします。

椿の花など、その名もズバリ<椿姫>

華やかな社交界を捨てて誠の愛に順じた、高級娼婦の儚い命の象徴です。

映画<ひまわり>では大地のような存在感のソフィア・ローレンのイメージ。

<昼顔>ではカトリーヌ・ドヌーヴの上品なエロスが象徴されてます。

<ギリシャ神話>にも花のイメージから生まれたエピソードが多いですね。

アドニス・クロッカス・ヒュアキントス・ナルキッソス・ダプニス・アイリス・アマリリス・・・

登場人物(ヒロインというより美青年が多い)が花に化身する話しばかりです。

日本文学にも<野菊の墓>とか<虞美人草>とかありますし、<源氏物語>に至っては夕顔・末摘花・葵・玉鬘・若紫と、植物系ヒロインのオンパレードです。

なるほど〜、このように見つめ直すと女性の個性って花の姿に上手く表現されちゃうもんですねぇ。


ヒロインたちの性格はそれぞれ千差万別です。

なのになぜか皆、イメージピッタリの花がちゃんと存在しています。

しかも皆ドンピシャリとお似合いの花ばかり・・・

考えてみれば不思議な話しですよね。

それはなぜでしょう?

花と女性、その両者には何か共通する接点でもあるのでしょうか?

花の個性とヒロインの個性の間には、見えない因果関係があるのでしょうか?


a0253145_12251328.jpg


太古の昔から「花や植物には不思議な力がある」「花が身近にあると人の心を癒す」と信じられて来ました。

有史以来、人類は延々と見近な花で花セラピーをして来たのです。

花言葉や花占いからも直感出来るように、心の傷を取り除いたり、心のバランスを計ったり、花には我々の心を癒す働きがあるのです。

しかし花のセラピー効果はそれだけじゃありません。

心の中の<否定的な考え方や習慣を解放>したり、<自己探求や精神的な成長を促す>働きもするらしいんですね。

a0253145_12201769.jpg


花や植物にはその姿・形・生育環境・性質など、その種ごとにはっきりとした個性があります。

しかもそれぞれの種特有のバイブレーション(エネルギーパターン)を発散していて、その植物ならではの固有の振動数を放ってるそうです。


実はこの世に存在する物質というのは、すべて振動しています。

もちろん我々ひとりひとりの人間にもそれぞれの振動数がある。

だからまるでギターの弦が共振するように、花のエネルギーは我々の命のエネルギーフィールドを震わせることが出来るんだそうですよ。

<共振の原理>が人間の思考や感情に影響を与えるのです。


<植物療法>は自然の力を借りて、人に本来備わる<自然治癒力>を高める療法ですが、植物の振動数と我々の振動数とが共鳴する時に調和が生まれ、その時<自然治癒力>は目覚めると考えられています。

植物には<自然治癒力>を刺激し、我々の戦う力を呼び覚ます大いなる知恵があるんですね。

a0253145_1224150.jpg


私たちが思うより、花ってず〜っと精妙な性質を持ってるみたいです。

そこには人間の魂の発達のための元型があるのです。

花々は<人生の運命的なパターンの問題>とか、<自己完結のための課題>だとか、<魂の発展を妨げている何らかの病理のヒント>とかを、どうやらご存知らしいのです。

植物のエネルギーは魂の成長のため、これらを統合する働きがある。

植物の生命力が我々の魂を育ててくれるのです。


花の世界って本当に不思議です。

姿かたちや生育環境・色や香りなど、花の世界のスピリッツをもっと学びたくなります。

花のスピリッツと親しくすることは、ある種のスピリチュアル・サイエンスと言えるかも知れませんね。

a0253145_0424565.jpg


[立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・]

あなたが好きな花は何ですか?

なぜその花が好きなのか、考えたことありますか?



追伸:

花の癒しの力で [自然界とつながる生き方の探求] をしている人々がいます。

3/24(木) 3名の講師による特別セミナーの開催が決まりました。

花と癒しに興味を持たれる方は是非詳細をご覧下さいね。


ここをクリックする。
 ↓  ↓  ↓
FESフラワーエッセンスセミナー [自然界とつながる生き方の探求]




[PR]
by viva1213yumiko | 2016-02-14 19:09 | 美容・健康 | Comments(0)

アヴェ・マリアのバラード

a0253145_1303677.jpg

毎年クリスマスのこの時期になると、幼稚園でのクリスマス・キャロルを思い出します。

教会付属幼稚園では恒例行事として、園児に<キリスト生誕>のお芝居を演じさせるのです。

飼い葉桶に眠る幼子イエスと、その聖家族を祝福する東方の三賢者。

<ルカによる福音書>の美しい名シーンを、園児たちがたどたどしいセリフ回しで演じる。

親御さんや先生方にとっては、笑いと感動に満ちたクリスマスなのです。


ベツレヘムの聖夜のお芝居・・・

その中でも花形なのは、やはりマリア様です。

女の子なら誰もが秘かにマリア様の役どころを望むんですね。

もちろん私もマリア様を夢見てたのですが、その年割り当てられたのはなんと、モミの木の役。

ベニアの書き割りを持って、過剰にヘラヘラと愛嬌を振りまき、♬主〜ワッ来ィマッセ〜リ〜♬ と歌っておりました。

a0253145_1485554.jpg


聖母マリアとは<永遠の処女性>の象徴です。

<純潔の白百合><穢れなき魂>を意味します。    

少女だったマリアは男を知らぬままイエスを身ごもり、大天使ガブリエルに受胎告知されちゃうのです。

名曲<アヴェ・マリア>とは、聖母マリアへの典礼の言葉に曲がついたものですが、どれも皆その時天使が語った祝福の言葉から始まります。(最初の2行)



   おめでとうマリア 恩寵に満ちた方 

   主はあなたとともにおられる

   女性のうちで祝福された方

   そしてあなたのお腹の子 イエスも祝福されている

   聖なるマリア 神の御母

   罪人なる我らのために祈りたまえ

   今も 我らの死の時も アーメン



なかなか感動的な受胎告知であります。

しかしこの受胎告知、マリア本人にしてみれば「レレレ・・・?」って感じだったんじゃないでしょうか。

だって覚えもないまま受胎させられ、「あんた妊娠してんだよ。これって名誉なことなんだよ。」って天使に告げられるんですよ?

現代の都市伝説なら、これはエイリアンのアブダクション事件そのものです。

マザーシップに拉致されて、知らぬ間に生体実験され、そのあげくに異星人から妊娠を告げられる。

「祝福なんて冗談じゃないわ! やってらんないわよ、まったく!」

なんて、マリア様はそんな風には思わなかったのでしょうか?

a0253145_13314438.jpg


カトリック神学では、マリアは純潔で穢れがない<神の母>で、<無原罪の女>であるとされています。

旧約聖書の女イヴは原罪を犯し楽園を追放されましたが、新約聖書の女マリアは原罪のない清らかな女であるという訳です。

結構ご都合主義っぽい感じもするのですが、原節子さんみたいな<永遠の処女>って、昔から人々の花形ヒロイン像だったんですね〜

だからでしょうか、4世紀ぐらいになるとマリア様のように処女のまま生きることを選ぶ女性が増えて来たんだそうです。

<キリストの花嫁>として修道生活を送り、<神のはしため>として生きるのです。

<はしため>・・・

これは<はしたない女>ってことじゃありません。

自分の命と人生は、神に生かされているものとし、神の望まれる意思にピッタリ寄り添って生きること。

自分の人生にふんぞり返り、困った時だけ神を呼ぶような調子の良い自我を殺して、もっと大きな意思のため、身を捧げて懸命に生きる人のことです。

そういう生き様をする女性は、皆<永遠の処女>です。

ホントに処女か処女じゃないかが問題じゃないんですね。


a0253145_147130.jpg


マリア様って無原罪なのだそうです。

無原罪とは、東洋風に言うと「カルマがない」ってことですね。

「カルマのない清らかな女性だから神に気に入られ、救い主イエスの母に選ばれたのだ」

と、そういう理屈なんですね。


しかし神学でいくらマリアの霊性を説明されても、そんなこと民衆の信仰心にはどうでもよいことだったに違いありません。

庶民にとってのマリア様とは、自分たちを抱きしめて癒してくれる母性愛の象徴です。

愚かな我々をいつまでも許し続ける<慈母観音>のような存在です。


だから処女のまま救世主を宿すという話しの中には、多分「清らかな母性の力で人は救われる・再生される」って意味が込められていたのだと思います。

エジプトのイシス神など、伝統的な大地母神への信仰が、自然な形でマリア教に代わっていったのでしょう。

キリスト教が現われる以前からあった、異教の女神の神殿が、マリアに捧げられる教会へと変容したのだと思います。

そういう意味で、マリア様は人類救済の歴史を引き継いでいるんですよね。

a0253145_1493973.jpg


<穢れなき永遠の処女>であり、<神の花嫁>であるマリア。

それは地上と天界をつなぐ仲介者でもあります。

だからマリア様が出現した場所は巡礼地となり、パワースポットにもなっているんですね。

もしあなたの周りに乙女のように清らかで、そして聖霊とも交信出来るようなお母さんがいたなら、その人はきっとあなたにとっての地母神ですから、大いに大事にして頂きたいです。


いずれにしてもイエスのような救世主の母親には、それと同じくらい純粋で、器の大きな女性じゃなければダメなのでしょう。

名曲<アヴェ・マリア>とは、偉大なる母性を讃える歌だったのです。

キリスト教版の「母に捧げるバラード」なんですね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-12-23 13:28 | 季節・行事 | Comments(0)

サロメの天城越え

a0253145_14472538.jpg

1893年に書かれたオスカー・ワイルドの戯曲<サロメ>

ラストで洗礼者ヨハネの生首に口づけする背徳的シーンで有名ですね。

このお語しは聖書に記された<ヘロディアスの娘>のエピソードからインスパイアされた、あくまでも作家の創作物語であります。

しかし、このサロメとおぼしき女性は歴史上に存在してたらしく、古代ユダヤ王家の系図からその人物を特定することが出来るのだそうです。

洗礼者ヨハネの首を求めた、過激なパンク娘<サロメ姫>

今となっては真偽のほどは分かりませんが、聖書に記さずにはいられないほどの欲望渦巻くスキャンダラスな事件が、当時の王室で実際に起こったのは確かなようです。

史実とストーリーとが融合される形で、後世の人々に長く伝えられて行ったのでしょう。



あらすじはこんな感じです。

ユダヤのヘロデ王は自分の兄である前王を殺し、妃を奪って権力の座についた。

しかし妃の連れ子である王女サロメによこしまな目を向けている。

その視線に絶え切れなくなったサロメは宴の席を外れ、預言者ヨカナーンが幽閉されている井戸へと向かう。

預言者は不吉な言葉をわめき散らし王家を呪い、妃から嫌がられている。

預言者との接触は王に禁じられているのだが、サロメは色仕掛けで見張り番をそそのかし、その姿を見てしまう。

そして恋してしまうのだが、ヨカナーンの方は彼女の忌まわしい生い立ちをなじるばかり。

まるで相手にされていない。

誘惑を拒絶されたサロメは、余興の舞いの褒美として預言者の首を求めるのである。

a0253145_14401464.jpg


自分のことを見向きもせず、拒み続けた預言者ヨハナンを屈服させるため、首を切り落してでも口づけする。

プライドをケチョンケチョンに潰された、高貴な女の欲望には恐ろしいものがありますね。

このサロメという女性(正確には母と娘の血の系譜)は、ある意味<イッちゃった女>の元型とも言えます。

愛と権力とを完全にはき違えています。

思い通りにならない恋の情念が、執念となり、怨念になって行くのです。

銀の皿に乗せて運ばれる、愛する男の生首。

「自分のことを見たならば、ヨカナーンも自分を愛したはずだ」と、罵詈雑言で本心をあらわにし、その生首に口づけることで彼女なりに恋を成就させる。

耽美さが際立つ、この物語のクライマックス部分です。

a0253145_1441659.jpg


この手のスキャンダルって他人様の噂話しとして聞く分には、とても楽しくてワクワク興奮しちゃいますよね。

愛に関するゴシップって千差万別・多種多様。

なのにどんな話しにも、人間としてどこかで共感出来ちゃうのが面白いです。


そしてしみじみ思うのですが、激しい愛っていうのは行き着くところまで行ちゃうと、急に手のひら返したように憎しみにシフトしてしまうんですね。

ジェットコースターみたいなものです。

上がったものは同じだけ急降下する。

愛の物理学にはある種の法則性があるのでしょうか?

それを解析出来たならノーベル賞ものの大発見かも知れませんね。


a0253145_14494267.jpg



   ♬隠しきれない 移り香が

    いつしかあなたに 浸みついた

    誰かにとられる くらいなら

    あなたを 殺していいですか♬  


               <天城越え>



サロメの首切り口づけ事件って、何だかあの<阿部定事件>を彷彿とさせます。

サロメにしても阿部定にしても、愛の傾向性に同じ匂いを感じるのです。

愛する男を絞め殺しイチモツを切り取って持ち去った阿部定と、愛する男との口づけのため首を切り取らせたサロメ。

片やフィクション、片やノンフィクションではありますが、どちらも愛の究極の果てまでを覗き込んだ、ある意味とても勇気ある女性たちです。

彼女らの動機は至ってシンプル。

「愛しいひとを自分の思う通りにしたい」

「相手を独り占めにするためには殺すしかない」

そんな一方的な情念のモチベーションです。

a0253145_1584397.jpg


私は兼ねてから本当の意味で残酷なのは男じゃなくて、むしろ女なのじゃないかと思っているのです。

これは女の中の、特に母性の影響力が大きいのでしょう。

肉体とは女の身体から生まれるもの。

母性とは命を生み出す力と同時に、命を破壊する力をも持ち合わせている。

だから女にとってみれば愛するものの肉体など、いとも簡単に自分と同化してしまうんですね。


母性が愛の対象と同一化してしまうと、破壊願望もより強力になります。

逮捕された阿部定は、取調室で「好きな男のモノを好くのは当たり前です」と供述したといいます。

その感覚なんかは、母親が赤ちゃんの<おてて>や<おしり>を愛おしいと思う感じ、「食べちゃいたい」と思う感じに近いですよね。

母性にはそういう側面があるのです。

だから母性の暗黒面って、恐ろしく残酷さを含んでるんです。


いやぁ~、女ってホントに怖いものですね。(笑)

女を知れば知るほど、愛することの奥深さを学ぶことになるのかも知れません。

a0253145_1511467.jpg


しかしまぁ、いずれにしてもサロメの愛はエゴイズムの愛の極致であって、それは本当の意味の愛とは違います。

だから長続きはせず、最終的に悲劇で終わる。

結局のところ「涙で終わる愛」というのは、所詮「人間界の我欲まみれのちっぽけな愛」に過ぎないとも言えます。

だから、ほら、聖人たちは皆こう教えてます。

「汝の敵を愛せよ」ってね・・・


a0253145_14521089.jpg


オペラ<サロメ>では、愛を知り混乱したサロメがこのように歌うシーンがあります。
  

   ♬愛することの不思議は

    死ぬことの不思議より大きい♬


「確かにその通りだなぁ〜」と思ってしまいます。

<愛の奇跡>とは<死の奇跡>より、確かに不可思議な奇跡です。


しかし聞くところによると、死後の世界に移行しても更に続けて<愛の学び>が用意されてるらしいですよ。

あちらの世界にも現世と同じように課題があって、自分だけのオリジナルテーマに取り汲まなければならないらしいのです。

そして物語は続きます。

<終わりのない物語>です。

ですから皆さんもせいぜい死ぬ時を楽しみにしておきましょう。

a0253145_15114157.jpg


この世における<究極の愛>って一体どういうものなのでしょう?

人によりそれぞれでしょうが、あなたの愛はどんな形してますか?

愛する人の生首に、口づけしたいような愛ですか?

愛する人の男性自身を懐に忍ばせ、逃避行するよな愛ですか?

心の奥の魔性の女が、<天城越え>望んでいませんか?



   ♬何があっても もういいの

    くらくら燃える 火をくぐり

    あなたと越えたい 天城越え♬




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-12-15 20:21 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

ささやかだけど衝撃的な話し

世の中には「どうってことないささやかな事なのに、偶然知っちゃったがために思わぬ衝撃を受ける」っていう事があります。

そんなケースをいくつか、思いつくまま紹介してみましょう。

ささやかすぎる話しで、ホント申し訳ないんですけどね。




その1:唱歌「うみ」の秘密
a0253145_19505990.jpg

  ♬うみはひろいな おおきいな

   つきがのぼるし ひがしずむ

   うみはおおなみ あおいなみ

   ゆれてどこまで つづくやら

   うみにおふねを うかばせて

   いってみたいな よそのくに♬


誰もが知ってる小学唱歌「うみ」です。

大らかな詩、優しいメロディー。

どこまでも広がる青い大海原のイメージが目に浮かびます。

夏休みの臨海学校。

波打ち際まで一斉に走り出す、スクール水着の子供たちの元気な声が聞こえるようです。


ところがこの唄のイメージには、実は大きな誤りがあったのです。

私もこの歳になるまで全く気付かずにいたので、知った時には驚愕してしまいました。

「私ってバカバカバカ!!!」

握りこぶしでオツムを叩きたいくらいの衝撃が走ったんです。


長年に渡って染みついたこの歌のイメージを覆す、ささやかな秘密をあなたにも教えましょう。

さあ、もう一度歌詞を読んでみて下さい。


   海は広いな、大きいな

   月が昇るし、日が沈む


月が昇る、日が沈む。

お月さまが昇って、お日さまが沈んでって・・・


なんとっ! そんな馬鹿なっ! 

アンビリーバボー!

つまりこの唄の風景とは、<日没の海>だったんです。


青い空・青い海・どこまでも続く水平線・・・

それは真っ赤な嘘でした。

真実の風景は、今まさに沈まんとするオレンジ色の日没の海だったんです。

いやいや参りました。 

ショックが大きいです。


そうなって来ると、青く明るい希望の「うみ」が一転しちゃいます。

異国への逃避行を夢見る、深い憂いを秘めた唄に早変わりです。

さらに、太陽を日本の象徴ととらえたら話しはもっとややこしくなりますよ。

「日ガ シズム」

つまり亡国日本を捨て、亡命を想う唄になっちゃいます。


このように日本語のイメージって変幻自在、フレキシブルに変化しちゃうんですよね〜

ささやけど衝撃的な事実です。





その2:地下鉄の入口は?
a0253145_19521066.jpg

上野某所を訪れる際、道に迷ったので地元の人に尋ねてみました。

するとその方はこう言うのです。

「大通りを渡った一本先に<地下鉄の踏切>があるから、そこを超えてくと良いですよ」

ええっ? 何ですって? 

地下鉄の踏切?? 

なんか言ってることが、ヨクワカラナ〜イ!

大体この辺りは住宅や商店ばかりなのに、踏切なんて明らかにおかしい。

さっきの人、日本語アヤシい外国人だったかしら?


頭の中に次々沸くクエスチョンマークをやり過ごし、ひとまず指示通りに進んでみた。

すると、あら不思議!

本当に現われたのだ。 

メトロ銀座線の踏切が・・・


ここは銀座線上野検車区。

昭和2年(1927年)に銀座線が開業した時からこの場所に存在する、日本で唯一の<地下鉄の踏切>だったのです。

メトロ銀座線はこの直前まで地下ルートでやって来て、突如地上に現われ車庫に入って行く。

仕事を終えた炭坑夫が疲れを癒すため黙々と飯場に戻って来る。

そんな連想をつい思わせる、不思議と感動的な場所なのです。


「地下鉄の電車はどっから入れたんでしょうねぇ〜。それ考えると一晩中眠れなくなくなるの。」

春日三球・照代の漫談は、一世を風靡したこのフレーズで有名でした。

どこから地下鉄を入れたか皆んなが質問するので、当時の地下鉄職員さんはさぞかし困ったことでしょう。

あれからウン十年。

思えばそれはずっと迷宮入りの謎だったのです。

長年棚上げにされてた謎が、偶然にも本日明らかになってしまいました。


「地下鉄の電車はどっから入れたんでしょうねぇ。」

「東上野4丁目から・・・」

さあ、これでもうあなたもぐっすり眠れますね。





その3:胎盤食
a0253145_19523489.jpg
中国人観光客が増えた銀座では、高級店のウィンドウにも中国語の表記が目立つようになりました。


ある日のこと、とても気になる中国語の広告を発見したんです。

[超級胎盤素 10万日元]

そこは美容クリニックです。

中国語で [スーパープラセンタ 10万円] って意味のようです。


プラセンタっていうのは、美白化粧品のあのプラセンタのことですね。

そのプラセンタが英語の胎盤を意味するとは、この広告を見るまでちっとも気付きませんでした。


赤ちゃんを包む栄養の固まりの臓器。

ヒトの胎盤を使って美容と健康、アンチエイジング対策をするのは、イマドキのセレブの間じゃ当たり前なんだそうです。

このクリニックではヒト由来の最高級プラセンタ注射を、若返り療法として中国人向けに提供していました。

リーフレットには [新奇的回復青春療法]とか、[驚人的細胞革命]とか、心躍る魅力的な中国語がたくさん並んでいるんですよね。


「胎盤ってさぁ、効くのかしらね?」

私は何気なくそばにいた知人に尋ねてみました。

すると彼女は「そんなの当たり前でしょう?」って表情で、驚くべき発言をしてくれたのです。

「私もお産の時、胎盤食べますか?って聞かれたわ」


た・たいばんを食べる・・・?

何でもレバ刺しのように、わさび醤油やショウガ醤油で胎盤を食べる人がいると言うのだ。

熱を加えても良いらしい。

産後の肥立ちが良くなり、母乳も出やすくなると言う。

しかも激ウマとの噂もあるらしい。(本当なのか?)


確かに野生動物は皆お母さんが胎盤を食べてしまうのだから、人間にもそのような風習があってもおかしくはありません。

何だかカニバリズムの気配も隠せないけど、胎盤を食べた人は皆概ね感激するらしい。

そう言われてみると食べてみたいような、みたくないような・・・

ささやかだけど、かなり衝撃的なお話しであります。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-11-30 13:01 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

女の一生

女の一生を世代別で国家に例えたらどうなるか?

そんなジョークを見つけました。

かなり偏見に満ちてますが、面白かったので紹介してみましょう。

a0253145_1337207.jpg


18歳から22歳の女性はアフリカのようである・・・半分未開発、半分野生で、繁殖力ある大自然の美しい地帯が広がっている。

23歳から30歳の女性はアメリカのようである・・・とても発達しており、オープンなトレードが出来、特に経済的に豊かな訪問者は歓迎である。

31歳から45歳の女性はインドのようである・・・ホットでリラックスしており、自分の美を良く理解している。

46歳から55歳の女性はフランスのようである・・・繊細なものを感謝する心を持ち合わせながら、ゆっくりと官能的に歳を重ねている。

56歳から60歳の女性はユーゴスラビアのようである・・・戦いに負け、過去の過ちに追われ、大規模な再建が必要である。

61歳から70歳の女性はロシアのようである・・・広大で特に監視された境界線というものがなく、極寒(不感)の風土が人々を寄せ付けない。

70歳から80歳の女性はモンゴルのようである・・・すべてを勝ち取った長い過去の栄光があるが、それほどの未来はない。

81歳以上の女性はアフガニスタンのようである・・・どこにあるか皆んな知ってはいるが、誰も行きたがらない。

                 THE GEOGRAPHY OF A WOMAN より



ぷっ・・・これは笑える! 

女性にとっては全く失敬極まりないジョークなんですが、なるほどねぇ〜上手い事言うもんです。

確かに似たり寄ったり、女の一生はこんな風な変遷をとげますよね。(笑)



<女の一生>って、つまり<女の一代記>の事ですよね。

世界中の女性皆それぞれにそれぞれの人生があるのだから、<女の一代記>は女の数の分存在しています。

幼なじみのあの娘にも、近所に住んでるオバちゃんにも、皆んな等しく<女の一代記>があるのです。

文学作品や戯曲、映画、TVドラマ・・・

周りを見回すだけでも、ホント題材には不自由しなさそうですね。

ちなみにあなたの人生だって、れっきとした<女の一代記>を綴ってる最中なんじゃありません?

悲劇? 喜劇? 風刺劇? はたまたリアルな不条理劇?

機会があれば是非ともトックリその物語、聞かせて貰いたいものです。



ところで、世界で最も有名な<女の一生>って何だか分かります?

ヒント・・・世界文学全集の書架で見つかります。

そうです!

モーパッサンの長編小説<女の一生>のヒロイン、ジャンヌの一生ですね。

a0253145_13441813.jpg

裕福な家に生まれた夢見がちな少女が、結婚・出産を経る中で、周囲の人々に裏切られ、多くの幻滅を味わいながら年老いて行く・・・

そんな仏・ノルマンディー地方の<女の一代記>です。

清く・正しく・美しい貴族の娘だったジャンヌが、浮気性の夫に踏みにじられ、放蕩息子に財産を食いつぶされ、不幸に身をやつした極貧の老婆に様変わり。

次々に試練に逢い、人生のきらめきは泡のように消えて行きます。

まさに、渡る世間は鬼ばかり。

そんな孤独と悲哀に満ちたペシミステックな物語なのです。

a0253145_1344387.jpg


恋して、結婚して、子供を産んで、歳とって・・・

ジャンヌほどではなくとも、恋愛や結婚で(男のせいで)傷を負った女性って案外多いですね。

様々な女性の話しを聞くに連れつくづく思うのですが、結婚とは本当に<魂の修行場>です。

さすがに修行道場だけあって、なかなかハードな課題をお持ちの方もいるようです。(涙)



夫婦や親子などの家族関係とは、一体何によって決まるのでしょうか?

スピリチュアリズムの教えによると「家族関係は贖罪や使命など、転生する人の魂の進化に求められる事による」

な~んて教えるんですよね。

やけに難しげですが、これは一体どういう事なのでしょう?


これを理解するためには、まず<魂の法則>って奴を知らなければなりません。

スピリチュアリズムでは輪廻転生を信じる事が基本なので「切りたくても切れない家族関係とは、自分の魂にとって特別縁の深い因果ある関係なのだ」という前提から始まります。

a0253145_13452640.jpg

家族関係のご縁は大まかに分けると<愛によるもの><霊的進化によるもの>それから<執着によるもの>、この3つがあると言われます。

純粋な愛だけで結ばれる家族なんていうのは滅多に存在しなくて、大概の家族は皆、様々な形の愛の学びやら恩返しやらのため、家族という共同体の形成に同意すると言う。

通常は「自分と似たレベルの者の利己的な行為を身をもって痛感するため」「他者の行為を通じ自分と向き合い自己改革するため」に家族関係が生じるんだそうです。(驚)

つまり自分たちの悪感情を克服するために「家族という役どころを引き受け、今生に生まれて来る」とそう言うのです。

そして「憎悪を愛に変換する」よう、そう運命にプログラミングしている。

だから過去世で最も憎んでた人が、次の転生で家族となり得るケースも多いのだそう。(汗)


あちゃ~!

人によっては「トホホ・・・」かしら?


実際「家族の問題ではホトホト困り果ててます」なんていう人は、その問題を苦しみ・克服する事で過去に借りた負債を返済してるんだそうで、その分二歩も三歩も霊的に大きく成長する。

だから各宗教も、むしろ「夫や子供に感謝しなさい」なんて教えるのです。


世界中の何億人もの人間の中から、どういう理由で二人がカップルになるのか?

どうしてこの人と結婚しちゃったのだろう?

そのような不思議も霊的な教えによるとこうなります。


 [人生上である人物が重要な人になると予感出来るのは、過去世の記憶からの感覚によるものである]


a0253145_1346790.jpg


魂は肉体に宿ると過去を忘れてしまうという特性があります。

ジャンヌのように何も悪くなさそうな善人がひどく苦んでいたりすると、正義なんかどこにもないように思えますよね。

けれどもし魂の過去を覗く事が出来、その原因を理解出来たなら、誰もが犯した罪の修復に取りかからずにはいられなくなるそうですよ。

死はその為にあると言われてます。

言うなれば<人生の反省室>に入るようなものかも知れませんね。

そしてアスリートが自己の記録に挑戦し続けるように、困難を乗り越え次のステージを目指す事を、いつも魂は望んでいる。

人間はそのように常に成長するよう、宿命づけられているのだそうです。


でもだからと言って、人生を焦って生きる必要もないんですね。

ひとつの人生で目立った変化が見られなかったとしても、その人の魂が進化してない事にはならない。

ゆっくり進む人生もあれば、激流に流される人生も存在する。

失ってみて初めて大切なものに気づく人生も、またあるからです。

a0253145_13462541.jpg


「世の中って、ねぇ、思うほど良いものでも悪いものでもありませんね」

小説<女の一生>は小間使いロザリのそんな言葉で終わっています。

主人公のジャンヌが家族への希望のすべてを失い、辿り着いた境地を代弁するかのような台詞なのですが、これがなかなか効いてるんですよね。


家族への執着は愛とは違います。

ジャンヌの生涯とは「ただひたすらに愛を試される」そんな生涯だったのかも知れませんね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-10-22 12:57 | 人生・霊性 | Comments(0)

呪いの見本市

a0253145_19483343.jpg

1921年、考古学者ハワード・カーターがツタンカーメン王の墓を発見した時、墓の入口にはこのような文字が記されていたそうです。

[偉大なるファラオの墓にふれた者に、死はその素早き翼をもって飛びかかるであろう]

その時からツタンカーメンの呪いは始まりました。

発見から数ヶ月後、彼のスポンサーだったカーナヴォン卿が感染症で最初に死亡し、それ以降1929年までの間に不慮の死を遂げた発掘関係者は11人。

この一連の死は、ファラオの呪いによるものだとみられています。



持ち主を破滅に導くとして有名な「呪いのダイヤ」の話しを聞いたことは?

ホープダイアモンドは元はインドの寺院の女神シータ像から盗まれたもので、僧侶が持ち主に呪いをかけたことが始まりと伝えられています。

歴代の持ち主の中でも特に有名なのが、フランス王ルイ14世。

マリーアントワネットとランバル公妃マリー・ルイーズもこのダイヤを身につけていたとされ、この3人は奇しくもフランス革命で殺される運命となりました。
a0253145_19471673.jpg


そして「27歳の呪い」というのは?

ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、ロバート・ジョンソン、ブライアン・ジョーンズ。

多くの偉大なるミュージシャンが27歳で永眠したことから、この年齢はミュージシャンにとって「生死を分ける呪いの年」だと言われています。



名門ケネディ家の人々を襲う一連の悲劇「ケネディ家の呪い」

愛車ポルシェ550スパイダーに呪いが乗り移った「ジェームス・デイーンの呪い」

制作関係者が次々悲劇に見舞われる「スーパーマンの呪い」

キャスト4人が死亡した映画「ポルターガイストの呪い」


どれもみな実際に起こり<世界の呪い10選>に選ばれた、有名な呪いばかりなんですね〜(怖)

見事なまでの<呪いの見本市>です。

a0253145_210288.jpg


誰かの強力な想念が、遠く離れた特定の場所や人物や物質に強い影響を与える。

「そんなこともあるのかも知れないなぁ〜」って漠然とは思っていても、21世紀のこの時代、それを100%信じる人なんていないですよね。

仮に信じる人がいたとしても、それを公式に表明することはまずありません。

「私は呪いをかけられた」と裁判に持ち込み、最高裁で勝訴したって話しも聞きませんしね。(笑)

なので<呪い>とは、いつでも闇に存在しててあなたの心に対抗する、ある種の勢力だと言えるのかも知れません。


誰かを呪う。
  ↓
それは良くないことである。
  ↓
だから人を恨んじゃいけない。

って、私たちはこう教わってます。

しかし本来自然界の中において、呪いのエネルギーそのものに善も悪もないんですよね。

台風のエネルギーや地震のエネルギーに善し悪しをつけられないように、呪いも単に宇宙に存在するひとつのエネルギーに過ぎないんじゃないでしょうか?

古今東西の誰かが、かつて発した邪悪な想念(憎しみや嫉妬等)は、エネルギー体となって見えない世界にゴチャマンと浮遊してるのです。

それらは不滅の存在なので消えることなく漂い続け、いざ物質化出来るチャンスをじっ〜と伺っている訳なのです。

何らかの理由でそれらのエネルギーに共振し、引っ掛かって捕らえられ、サイキックアタックを受けること。

それがいわゆる<呪われた>状態なのではないかと考えられます。


闇の勢力ってのは無視出来ませんよ〜

大体において、悪魔の方が天使より人間にくっつきやすいんだそうです。(笑)



おとぎ話しの世界では、呪いは必須アイテムとして登場します。

呪われた王・魔法をかけられた王子・略奪されるプリンセス。

ひび割れた鏡・失われた聖杯・眠りについた城。

どれも皆、目には見えない邪悪な力のせいで、本来の生命力を失ったモノたちばかりです。

それらがいかに失われた自分の本質を取り戻すか、というのが物語のテーマとなり、我々はそこに心を動かされるんですね。


そもそも<呪い>とは、人間が太刀打ち出来ないほどそんなに恐ろしい力なのでしょうか?

それとも我々の叡智と勇気とで、<呪い>は克服出来るものなのでしょうか?

a0253145_19431252.jpg

ここでちょっと実験してみましょう。

あなたがまとうエネルギーフィールド、それをちょっと想像してみて欲しいのです。

それは今イキイキと作動してますか? 

それとも少し元気がない?

その次に、少し勇気を出してあなたの中のネガティブな面・闇の部分を覗き込んでみましょう。

あなたが抱える<罪悪感・恐れ・嫉妬・妬み>を探し当てるのです。

見つかったらそこにフォーカスし、第3者の視点でじっくり観察してみる。

そこには脈々と受け継がれて来た秘密がありませんか?

相反する矛盾が存在しませんか?

被害者意識はなかったですか?

無力感が漂っていませんか?

注意深く、優しく繊細に、集中して取り組んでみましょう。

魂のかけがいのない部分が輝き出すまで、ただひたすらそれを繰り返すのです。

というか、そのくらい自分の内側を嘘偽りなく覗く勇気がないと、呪いは簡単には解けないでしょう。

痛みを引き受ける覚悟を決めてコミットしないと、今より前に進む事は出来ないのです。


a0253145_19442457.jpg

世界中の呪いを一堂に集め、邪悪な誰かが<呪いの見本市>を開いたとしても、あなたの方にそれを受け入れる素地がなければ、呪いは結局スルーして過ぎ去って行きます。

そのように呪いの力とは、自分が癒されて行く過程で、どんどん弱まって行くものです。


呪いに対抗するには<愛>が一番良いでしょう。

正直、<愛>が最も強いパワーを持っているのです。

自分自身を愛してあげれば、他人が何をしようと、何を言おうと気にならなくなります。

愛の前では、強力な呪いも歯が立たないからです。

完璧にはほど遠い自分ではあるけど、その不完全さをも含めた自分を愛することが大事です。

暴力的なこの時代の、あらゆる邪悪なものの影響化から抜け出すためには・・・

[自分を愛すること]

これが一番効果的なんです。

a0253145_2121464.jpg

こっそりと聞きましょう。

あなたは自分の事を秘かに呪ってはないでしょうね。

何よりも恐ろしいのは、知らずに自分自身を呪ってしまうことなのです。

おとぎ話しでも一番恐ろしい最後を迎えるのは、大抵自分自身を呪ってる人物でした。


エコエコ・アザラク

エコエコ・ザメラク


知らぬ間に自分を呪わないよう、十分に注意していて下さいね。

あらゆる悲劇は、いつもそこから始まってしまうんです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2015-09-09 12:21 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)