タグ:老化 ( 2 ) タグの人気記事

扁平足という名の病い

初めて扁平足を意識したのは小学校の水泳教室の時だっただろうか?


それ以来、扁平足という名の病いと長いお付き合いをしています。

a0253145_20532407.jpg


夏休みのプール開放日。


プールサイドの焼けたコンクリに足型をつけ、みんなで遊んでいた時のこと。


私の足型だけが若干違うと気づいた子が、それを目ざとく指摘した。


「なんかYumiちゃんの足、変なカタチ~」


そう言われ良く見ると、あらま、確かに他の子と違って足型の窪みがないっ!


ドナルドダックの足跡みたいで、キュッとしたくびれ部分が見当たらないのだ。


「足へ~ん!カタチへ~ん!変、変、へ~ん!」


子供ってのは残酷なものですね。


そっか、私の足って「変、変、へ~ん」なのか・・・


その日から、私は扁平足の十字架を背負うこととなったのです。


a0253145_20533561.jpeg


そもそも人は皆、誰もが扁平足として生まれ落ちるのです。


赤ちゃんには土踏まずは存在しません。


土踏まずの足裏アーチは、8~9才頃からの成長過程で形成される器官なのです。


考えてもみてください。


自然界では人間だけですよ。


たった2枚の足の裏だけで体重を支えて立ってる動物は・・・


何十キロもの体重を、たかが20~30センチの足裏で全て受け止める。


しかも一番上に重い頭が乗っかってるんのだから、それはそれはアンバランスな状態です。


土踏まずの空洞はそのバランスを補うために考案されました。


機能的なデザインを重視した<二足歩行用高感度センサー>


土踏まずのあの絶妙な窪みは、自然界における<グッドデザイン賞>なのです。


a0253145_20535490.jpeg


さて、「変、変、へ〜ん!」な私の足型も、その後の成長で人並みの足裏アーチが作られ、扁平トラウマとはすっかりお別れ出来たと思ってたんです。


ところが2~3年前からだろうか、またあの十字架が立ちふさがって来たのだ。


立ち仕事やヒールや合わない靴。


加えて加齢や運動不足・・・


積もり積もってアーチがしぼんで、圧力調整の効かない東京ドームみたいになっちゃったんです。


こういうの、専門的には<静力学的扁平>って言うんだそうですが・・・


つまり長年の時を経て、扁平足が甦って来たってことなんです。



つまずきやすくなった。


ジャンプが出来ない。


つま先立ちも出来ない。


出来てもバランスが取れずグラグラする。


足が疲れやすい。ムクミやすい。


衝撃吸収できないので、足裏がすぐにジンジン痛み出す。


<隠れ扁平>の典型的な症状のようです。


ま、要するに筋肉や腱や靭帯が弱くなった分、複雑な足の骨格を支えきれなくなってる訳なんだけど、これらの扁平症状に対する対処療法というのが何となく可笑しいんです。



a0253145_20534060.jpeg


まずは靴。


合わない靴とはすぐにさよならしましょう。


テーピングやサポーターなどで矯正するか、あるいは扁平用インソールを使用すべし。


家の中では裸足生活。


極力足を解放して自由に解放してやることが大切です。


そして迷わず足のエクササイズを日課とすべし。


昔の日本人は普通に生活するだけで足裏が鍛えられていました。


しかし現代生活では、その分を意識的なエクササイズでカバーしなければなりません。


<足指ジャンケン>や<足指綱引き><ビー玉つかみ>や<タオル寄せ>を基本のエクササイズとし、足底筋のトレーニングに励まなければならないのです。

 

a0253145_20540432.jpg


扁平足って昔はなかったらしいですよ。


昔の人は裸足に下駄や雪駄でよく歩いたので、自ずと足底筋が鍛えられていた。


足の裏は大地と接する大切な部分です。


昔の人は大地にしっかり足をつけ、今よりよっぽどグラウンディングして生きていたのでしょうね。




ところでお釈迦様の身体の<三十二相八十種好>って知ってますか?


徳の高い人間にあらわれる目に見える特徴を網羅したものなんですが、この三十二の相のひとつに笑っちゃうけど<足下安平立相>というのがあるんです。



<足下安平立相>(そくげあんぴょうりゅうそう)


  足の裏が平らで、地を歩く時足裏と密着して、その間に髪の毛ほどの隙もない


a0253145_13575388.jpeg


ほらね、お釈迦様って重症のヘンペーです。


大地に完全に密着してて、髪の毛の入る隙間もないくらいグラウンディングしてる。


扁平はミホトケの分け隔てない慈悲心を意味するんだそうですよ。


なんかそれを知り、ちょっと鼻高々な私です。




[老化は足元から忍び寄る] と、言われています。


グー・チョキ・パッ! それ、グー・チョキ・パッ!


仏の慈悲に委ねつつ、日々足指ジャンケンに励む私なのであります。


a0253145_20535066.jpeg



[PR]
by viva1213yumiko | 2016-08-28 19:08 | 美容・健康 | Comments(0)

華麗なる加齢臭

a0253145_12480027.jpg
蒸し暑い日本の夏。

デオドラント対策市場が活況です。

特に男性ボディケア市場は好調のようで、この5年で1.5倍に売り上げを拡大したといいます。(日本経済新聞より)

そう言えば山手線でも、伊藤英明さんが消臭ソープでゴシゴシした後に「臭わな〜い」とうっとり囁く映像を良く目にします。

満員電車の中で見事な肉体美CMを見れば、ひとつ買ってみようかという気持ちになってしまうかも知れません。


なんでもマンダム社は昨年11月、30代~40代の働き盛りの男性から汗臭・加齢臭に続く第3の体臭を発見したそうで、それを<ミドル脂臭>と命名したんだそうです。

<ミドル脂臭>・・・

それはミドル男性の頭部周辺のエクリン汗腺から出る汗が、細菌で分解される<古いアブラのようなニオイ>だそうで、ジアセチルという成分から生成されるのだそうです。

20代の男性に比べ不快な強い脂臭を発しているようで、酢の120倍にもなる強い臭気と判明したそうです。(驚)

このような臭いの研究機関では<臭気判定仕>という国家資格の研究員たちが、被験者である10代~60代の男性の脇や頭など部位別のニオイを直接鼻で嗅いで測定し、「スパイスのようなワキ臭」「納豆のような足臭」などとプロファイルして行くのだそうです。(超驚!)

う〜む・・・これは限りなくタフな専門職と言るんじゃないでしょうか。
a0253145_12474316.jpg

最近では<匂いや香りの迷惑>を意味する、スメルハラスメント(スメハラ)という言葉が認知されるようになりました。

正しい知識やエチケット行動を心得えていれば、仕事や人間関係が良好になるからと、<スメルマネジメント活動>も啓蒙されてるらしいです。

世の中において体臭問題は、今やソーシャルな問題へと発展しているみたいなのです。


加齢臭市場で戦陣を切ったのは資生堂でした。

2000年12月に「中高年特有の体臭の原因物質はノネナール(C9H16O)である」と発表したからです。

<青臭さ>と<アブラ臭さ>を合わせ持つノネナールは、加齢で皮脂中に脂肪酸が増えることで形成される。(Wikipediaより)

男性は主に40才以降、女性は閉経後に増加傾向にあり、例えるならロウソクのような、チーズのような、古本のようなニオイだと表現されています。

キャンドルもチーズも古本も、どれも私の好むものですが、それらがオヤジ臭かどうかはイマイチ判別出来ません。


古来<オヤジ臭い>という表現は、あくまでもオヤジさんみたいな言動を意味するもので一定のニオイを指していた訳ではなかったはずです。

けれど2000年にその原因がノネナールだと判り、特有のニオイ物質が存在していたと科学的に証明されてしまいました。

<オヤジ臭さ>=<ノネナール>という方程式が成り立ってしまったのです。

古今東西オヤジは存在し続けているのだから、当然昔の人にも加齢臭はあったでしょう。

けれど当時は特別視などされてなかったはずです。

<オヤジ臭さ>は21世紀を境に急速に解明され、彗星のごとくスポットライトを浴びてしまったという訳なのです。

a0253145_12480623.jpeg
体の臭いが厄介なのは、他人の体臭は感じやすくて不快な<被害者>になるにも関わらず、自分の臭いは感じづらく、周りに不快を与える<加害者>にもなることです。

現代の日本では無臭であることがエチケットとして当然になってしまいました。

<オヤジ臭>のことはメディアでも盛んに取り上げられるし、女性たちの目も厳しくなって来ている。

だからおじさんたち自身も「そんなこと気にしないぜ」と開き直れなくなってしまいました。

下手すると、気にするあまりそれがストレスになり、余計に活性酸素を増やしてノネナールを作ってしまうという悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか?

何だかお気の毒な感じもします。

しかし、ニオイというものは大脳皮質の記憶と結びついてるので、多くの人が悪臭と感じる臭いでも、その人にとって良い記憶に結びついていたなら、それはその人に心地良い匂いとなります。

お爺ちゃん・お婆ちゃんに可愛がられて育った人など、むしろ加齢臭が<郷愁を誘う匂い>にもなり得るのだから不思議ですよね。

a0253145_12473321.jpeg
一説によると、ストレスを溜め込んで<オヤジ的生活><オヤジ的発想>を続けてると、女子といえどもおじさんと同じレベルの加齢臭・疲労臭・メタボ臭を発し、文字通り<オヤジ臭く>なるらしいですよ。

社会進出が目覚ましい女性たち。

生活習慣が乱れると体臭までオヤジ化してしまう恐れがあるので、くれぐれも気をつけましょう。

おしぼりで顔を拭く、オヤジギャグを連発して周囲を凍らる・・・

そんなことしてると必ず「そこはかとないオッサンのニオイ」が漂って来ちゃいますよ。

態度そのもの、考え方そのもののオヤジ化を根絶させるのが、まず始めに取りかかるべきことかも知れませんね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-07-06 13:15 | 美容・健康 | Comments(2)