タグ:進化 ( 12 ) タグの人気記事

電気が使えなくなる日

a0253145_15535640.jpg
先日、夜中の2時頃地震があって津波警報が発令されましたよね。

恥ずかしながら私、全く気付かずにいて、翌日の午後人づてに聞き、初めてそのニュースを知ったような状態でした。

日頃からTVも殆ど見ないし、このままでは国家レベルの非常事態が発令されたとしても、上手く立ち回れず大混乱しそうです。


世界で最も豊かだった、あの米国さえも崩壊するかもしれないっていうご時世です。

実際いま世界では、いつ何時どこで何が起こるか、誰も予測がつきません。

そこで我々に望まれるのは、いつ何が起こっても慌てる事のないように、心構えを整えておく事ですよね。

地球の大転換、大浄化・・・

地球という名の惑星が、悟りのレベルに到達出来るかどうかっていう大事な瀬戸際です。

宇宙の創造主は地球のさらなる成長を思い、「一度リセットしちゃおっかなぁ~?」って、そんな事考えているような気がしないでもありません。

驕り高ぶった人間たちに目覚めの<愛のムチ>で、一気に成長を後押ししようという<親心作戦>です。

それには地震や津波など天災による浄化以外にも、地球の地殻変動や隕石衝突の可能性もありますよね。

しかしそれ以外にも「宇宙からの大規模な電磁パルス到来による、全面的停電も考えられる」と言われています。

公にはしてないけどNASAも、随分前から予見してると噂があるくらいです。

a0253145_15543250.jpg

全面的大停電・・・

これは我々にとって手強い試練になるでしょう。

いつでもあると思っていた電気が、ある日不意に使えなくなった場合の事を、ちょっと想像してみて下さい。


電気が使えなくなったら都市はあっという間に荒廃するでしょうね。

ビルやマンションでは照明がつかない、冷暖房が使えない、TV・PCが使えない以外にも、エレベーターが止まり上下水道のポンプが停止してしまいます。

スーパー・コンビニは店舗照明や空調が停止して、冷蔵庫の食品は腐敗し悪臭を放ちます。

信号や通信が止まり、交通機関はマヒ。

自動車で動こうにもガソリンスタンドの給油が不可能なので、自転車か徒歩の方がよっぽど確実です。

器用な人が作ったリヤカーや大八車が、飛ぶように売れるでしょう。

金融機関もシステムダウンしているのでATM停止、預金引き出し不能に陥る。
a0253145_1555176.jpg

戒厳令を発動したくても警察さえも通信手段がないのだから、独自の通信システムを持つ、軍隊もどきの集団が治安を牛じる事になるでしょう。

下手すると、それは外国の勢力かも知れません。

治安の悪い地区では住民がすぐに暴徒化し、水場近くのビルや地下街をあっという間に占拠。

衛生状態が悪くなり、伝染病が蔓延し、体力のない者からどんどん死んで行くのです。

愚連隊のような連中がスラム化したビルを封鎖し、盗品などを売りさばく闇市がすぐに現われるでしょうね。

ガレキや遺体を燃やす煙が方々で上がり、異様な臭いが立ちこめます。

食べ物と水を求める窮民集団は一斉にどこへ向かおうとするでしょうか?

都市の廃墟から彷徨い出した難民と近郊農村の自警団との間で、争いが起きているかも知れません。

飢饉の時の絵巻物みたいな光景を、実際目にするかも知れません。

まさにこの世の地獄絵図になるかも知れないのです。

   祇園精舎の鐘の音

   諸行無常の響きあり

   お〜、くわばら、くわばら。
a0253145_15583850.jpg



ここ100~150年間、我々は電気に依存する生活をさせられていて、「電気がなければ生きて行けない」と思い込まされてしまっています。

アルコール中毒・麻薬中毒患者と同じ。

電気中毒患者です。

中毒患者を治療するためには解毒治療に加えて、なぜ自分が薬物に依存するのかその根本原因を深く見つめるセラピーが必要じゃないですか。

お天道さまは先進国の電気中毒を治療するため、一度完全なる隔離を強行し、なぜ電気に依存してしまうのか、そもそも電気は必要なのか、人類に自己反省を促す作戦に出て来るかも知れませんよ。


しかし、ここでパニックを起こし、この世の終わりと絶望してはいけません。

身体の毒物はキレート療法などで排除してしまうと、妙にスッキリお肌ツヤツヤになるって言いますよね。

同じように地球上の毒物も排除、排除です。

各所で好転反応は出ざるを得ませんが、その混乱を受け入れるつもりで腹をくくってしまいましょう。

蒼い地球に悪玉菌のようにはびこってる、あの醜く無骨な送電線網をスッキリ排除して、お肌ツヤツヤの惑星に甦らせたいものです。

そして「電気の文明よ、さよ〜なら〜」 

「それに代わる新しい文明よ、こんにちは〜」

って笑顔で言いたいですよね。 


電気中毒患者の私たち。

集中治療の日も、そんなに遠くないんじゃないかって気がしてます。



追伸
あの日、脚立持参で意気揚々と電気を止めに来たT電力O支社のKさん。

彼の人生にも幸福が来る事を、私ほんのちょっとだけ祈ってますから・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-10-30 20:47 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

ブレサリアン伝説

a0253145_16145568.jpg
この世には [食事を取る事を拒否して何年も生き続ける人] というのが実際に存在しています。

そういう人々は食物からのエネルギー供給を必要としないのです。

彼らは呼吸(ブレス)だけで生きているので、<ブレサリアン>と呼ばれています。

それにしても、なぜ?

なぜ彼らは食物を摂取せず、呼吸だけで生きて行けるのでしょうか?


野菜だけしか食べない人を<ベジタリアン>、果実のみ食す人を<フルータリアン>、液体食しか取らない人を<リキッダリアン>と言うように、殆ど水すら取らず呼吸だけで生きる人を<ブレサリアン>と言います。

<ブレサリアン>は、現在世界に数千人はいると言われてます。

もちろん人間はいきなり<ブレサリアン>になれるというものではなく、<ベジタリアン>→<フルータリアン>→<リキッダリアン>と、食べない事に徐々に慣らして行き、それなりの段階を経て<ブレサリアン>に到達するものです。

しかし、不食とはいっても瞑想ばかりのやせ細った身体ではなく、重労働をしても疲れを感じず睡眠時間も半分位でOKになり、人並み以上の生命活動を営めるバイタリティの持ち主になれると言います。

このタイプの人々は、大気中のプラーナを体内に取り入れエネルギー変換する能力が備わっていて、その機能のため生体を維持して行けると言われているのですが・・・

まぁ早い話し、霞を食べる仙人と思ってもらえれば良いでしょう。
a0253145_16233315.jpg


実は私、この<ブレサリアン>にとても憬れているのです。

だってそうですよね。

人類の大多数が<ブレサリアン>、あるいは<リキッダリアン>になって、食料確保の労働から解放されたらどんなに自由に生きられるか想像してみて下さい。


「不食? 食べる楽しみがなくなるなんて、そんなの絶対つまんない〜」って仰有るなかれ。

旬の味覚を味わう楽しみは、友人との会食、お祭りや宴会の時のために取っておけば良いんですよ。

実際<ブレサリアン>たちは社交のため、感情レベルでの結びつきのためには時々食べる事を選択する、という方が多いのだそうです。

だから世間的には不食とは気付かれない例も多いと聞く。

でも実際のところは、彼らはプラーナエネルギーのみで生体維持の大部分を賄っている。

太陽光からエネルギーを供給をしているのだから、それはソーラー発電と全く同じ理屈です。

無限に永久に賄えるんですよね。

備蓄が要らないから、身体はスリムで快適。

しかも活力があって、ツヤツヤの肌。

健康に長生きするサーチュイン遺伝子にスイッチが入って、老化せずパワフルに生きられる可能性を秘めています。
a0253145_16163355.jpg

人の健康だけの問題だけじゃありません。

楽しむための食料しか必要なくなるのだから、世界の食料供給はみるみるうちに過剰になり、発展途上国の飢餓問題もすぐに解消されます。

巨大企業の食料支配・食料操作の戦略も通用しなくなる。

人々は企業に頼らなくても生きて行けるんだという事に改めて気づき、本当の意味で自立し始めるのです。

そして良質な食料だけが自主流通しているのを皮切りに、他の分野でも企業側システムは大幅に変わらざるを得ません。

資本主義は徐々に崩壊して、会社努めのサラリーマンという概念すらも消えて無くなるでしょう。

そうなると人々は暇を持て余すようになり、芸術や文化、福祉、家庭生活、リクレーションが感心の殆どを占めるようになって来るでしょうね。

食べるためガツガツ働く必要がなくなって、高度に洗練された社会へと変貌して行くのです。

人は恋するため、好学のため、子育てのため、遊びのため、共に笑うために時間を使うようになる。

それが人生というものである、という哲学が主流になるのです。


そうなってくると釣りや畑仕事は、むしろ暇つぶしのための高尚なレジャーですよね。

釣り名人・野菜名人が家元の師匠のように、もてはやされるようになるかも知れません。

地球の生態系は良い具合にバランスが取れて来て、人と自然とは共存して生きて行く。

環境保護のためのルールが細かく設置され、それを破る者は厳しく罰せられる。

エデンの園を取り戻した人類は、二度と神に追放される事なく、永遠に幸せに暮らしましたとさ。

人間が不食・小食になったなら、こういう物語が実際に待ち受けているのです。

地球と人類にとって、お互いに良い事尽くめだと思いませんか?

a0253145_16344427.jpg

何かが不足している、飢餓感を感じる、というのはその人の内面の感情レベルの問題であると言われています。

ある人は愛に飢え、ある人は富に飢え、またある人は力に飢えていたりするものです。

食べ物への欲求はそうした様々な飢えへの代償になっていて、真実の心の飢えに気付きさえすれば、自ずと食べ物への執着は消えると言われます。

自分への満足感が<聖なる栄養素>になって、不食でも生きて行ける状態へと移行するのです。

個人個人の心の飢えが解消されれば、それに伴いきっと社会的な不平等、欠乏問題も克服されて行く事でしょう。


我々は「食べなければ生きて行けない」という信念に支配されています。

だから食欲という煩悩を超越する事が出来ずにいる。

しかしそれがただの思い込みに過ぎないとしたらどうでしょう?


不食で生きてる人の前例がもっと多くなれば、世の中の常識は見事にぐるんとひっくり返ります。

皆んなが心を浄化して安定し幸福に生きたら、世界のあちこちで<不食伝説>が身近になるに違いありません。

人間の精神の力は、あなたが思うよりずっと偉大な潜在力を持っているのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-10-27 16:35 | 美容・健康 | Comments(2)

幸せを遠ざける21の習慣

a0253145_15295573.jpg
「あなたは今幸せですか?」

こんな風に真っ正面から質問されたら、あなたならどう答えますか?


大多数の日本人は照れ臭そうにモジモジはにかんで、「そうね~、まぁそこそこって感じには・・・」なんて口ごもってしまうのではないでしょうか。

「イエース! オフコース!」とは、なかなかなりません。

「自分は幸せだ!」と宣言してしまうと、今あまり幸せを感じられない周囲の人々に対し申し訳ないような感情が沸いてしまうのか、日本人はつい謙遜して表現しまいがちです。

「まぁ分相応にそれなりに・・・」

「可もなく不可もなくってところかなぁ~」

「上をみればきりがないし、こんなものかと・・・」

ガイジンさんからすれば、幸福なんだか不幸なんだかさっぱり分からない曖昧な表現を、ついついしてしまいます。

以前、明石やさんまが「幸せ~って何だっ~け、何だっ~け」って歌うCMがあったけど、改めて幸せについて考えてみると、余計色々分からなくなってしまうという人が多いんじゃないでしょうか。


幸せとは個人個人のパーソナルな感受性の問題なので、他人様にはおいそれとは分からないもの。

皆んなが羨むような成功を収めていても、心はモーレツに空虚な人もいるし、逆に世間一般からすればお気の毒な境遇に見えても、本人は至ってハッピーで「放っといてっ!」て事ありますよね。

また人生には様々な局面があるので、それまで身につき馴染んで来た幸福観を一掃して、新しい価値観を構築しなければならない時が訪れたりもします。

そういう時は今までの幸福の観念にしがみつかずに、柔軟に考え方を変化させて行く必要があります。


こんな風に考えてみると、幸せな人生を生きるためには [物事に執着せずに自分を成長させて行く] 事の大切さをつくづく感じます。

結局自分が自分に満足していれば、何よりそれが一番の幸せって事になるんですよね。

だから「限られた人生の時間、自分の好きな事をしよう」って言葉に重みがあるのです。

三度のメシより夢中になれる事に没頭していれば、その瞬間・その状態が、あなたを<幸せの王国>へと導いてくれるのです。


あなたの好きな事は何ですか?

自然? 学問? スポーツ? 芸術? 

商業? 福祉? 生活? 人間?

好きな事をたくさん持っていれば、それだけ人生がカラフルなパレットに彩られます。

だから自分の好きな事をしなければならないのです。

a0253145_15293089.jpg

もし自分には「それが出来ない」「不可能だ」「相応しくない」と自動的に反応してしまうとしたら、何らかの心理的ブロックがあると考えられるので、そのプログラムを解除する事が先決になるかも知れません。

心の内省を習慣にすると様々な自動的プログラムに気が付き、思考や感情のコントロールが出来るようになり、半年後、一年後の自分にはっきりと差が出て来ます。

しかし心の深いレベルの問題はとてもデリケートで、自分には手に負えない場合もあるので、そんな時はプロフェッショナルなカウンセラーの助けを借りましょう。


人生の何に幸せを感じるかは人それぞれです。

しかし人が幸せを感受する能力には、ほとんど違いはありません。

好きな事して幸せにしてるつもりなんだけど、なんだか最近ちょっと行き詰まっちゃってるというアナタ。

<あなたを幸せから遠ざける21の習慣>という、ちょっと便利なリストを見つけました。

この際だから各項目を検討し、改めて自分の内面をチェックして見ましょう。

「あ〜、あるあるある!」なんて反応してしまった人。 

ここは大事な部分です。

本当に自分が幸せになりたいと思っているのかどうか、よ〜く考えて見て下さいね。

a0253145_15411539.jpg

 <あなたを幸せから遠ざける21の習慣>

 1. 足りないものの事ばかり考えている。

 2. 大切な人にも本音を言わない。

 3. 他人と比較してばかりいる。

 4. 自分に批判的な意見を持つ人を避ける。

 5. 過去に引きずられている。

 6. 人に承認してもらう事を追い求めている。

 7. 自分の不幸を人のせいにしている。

 8. 自分の失敗をひどく責める。

 9. 悪い癖がやめられない。

10. SNSやTVに長時間費やしている。

11.  他人の夢に便乗している。

12. いつも急いでいる。

13. あらゆる事に対して不安を抱いている。

14. 泣き言を言う。

15. 他人を変えようとしている。

16. 自分は誰よりも賢いと思っている。

17. 誰かに影響を与えたいと思っている。

18. ネガティブな人たちと付き合っている。

19. 何に対しても「Yes」と答えている。

20. 成功を得るために競っている。

21. 挑戦する事を恐れている。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-10-19 15:53 | 人生・霊性 | Comments(0)

進化の波

a0253145_22171773.jpg
最近はタロットでも私生活でも、色々な人の話しを聞くたび、つくづく時代の進化の波を感じます。

今まで上手くいってたはずの仕事・遊び・健康・人間関係が急に壊れてリセット状態になってしまった。

あるいは、上手くいかなかったはずの仕事・遊び・健康・人間関係が、思いもかけず急激に展開し始めた。

などなど・・・

皆さん目まぐるしくダイナミックな変化にさらされているようです。

それはまさにカオス状態。 

混乱の真っ只中です。


「神も仏もありゃしない!」

なんて嘆いてる人も多いかも知れませんね。 

本当にご愁傷様です。

しかしその嘆き、ある意味正しいと言わざるを得ません。

実は、我々の神頼みに応えて動いてくれていた神は、もう去って行ってしまったんじゃないかという気がしているのです。


何千年に渡り人類をかまってくれていた神仏と我々との関係性は、今や新しい局面に突入したんじゃないでしょうか。

神や仏が色々と面倒を見てくれていたこの世界は、宇宙と自分との関係性の世界に変わってしまいました。

神は今、人間の自立を後押しし始めています。

これまでとは完全に立ち位置を変えてしまったので、今までのような神頼みには容易に応えてくれないでしょう。


これからはすべて、神(=宇宙)と人間との共創造の世界になって行く。

つまり神が与えたもう世界から、神と一緒に共に創り出す世界へと変わったんですね。

神=宗教ではなく、宇宙=秩序の世界へ、全面的にシフトです。

聖なるものの再構成とでも言いましょうか、今までの3大宗教や人格神を完全に超えた、宇宙そのものと一体になるべき時代になってしまったのです。

a0253145_2273039.jpg

今世紀を占う、ある未来予測によると、21世紀はまさしく<意識の時代>なのだそうです。

人間の内面が大きく変わって行く・・・

だからそれに対応出来る自分に進化しなければダメです。

今までの甘えや言い訳、責任転嫁は通用しなくなるからです。


これからは宇宙との接点が重要になって来るでしょう。

宇宙の意志に沿って生きる事がなによりも大切です。

それはつまり、自分の使命を全うする生き方の事ですね。

宇宙を意識して行動すると、自分たちの進化に役立つ情報も次々と得られるようになると言います。


人間を超えた壮大な秩序、宇宙的な自然界の秩序。

これに従って生きてみましょう。

宇宙の進化に貢献する生き方、それが本物の<真・善・美>だと言えるのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-07-26 22:47 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

霊性の参院選

a0253145_9543978.jpg
人が霊性に目覚めて来ると、極めて当たり前の真実に直面し、それら全てを受け入れざるを得なくなって、愕然と立ちすくむことになります。

それは「自分が今生きる世界とは、自分たちが作り上げた創造の産物である」ってことなのです。


憲法改正・TPP・原発再稼働・・・

不正・腐敗・格差・不平等・・・

エトセトラ・エトセトラ・・・

私たちの世界をこのように壊滅的な状態にしてしまった根本原因は、社会をこうなるまで放っておいた、我々の政治的無関心のせいです。

現在のこの末期的世界は、もう居酒屋で愚痴をこぼし、ネットで憂さ晴らしして収まる段階ではなくなってしまいました。

実際にアクションを起こさなければなりません。

「自分の一票なんかで何も変わりはしない」って若者はついつい思いがちです。

「街頭演説ドン臭いなぁ~」なんてね。

それは自分は政治とは関係ない存在だって、長い間そう思い込み、また思い込まされて来たからでもある訳ですね。

しかし「自分はこの世界と関わらずに生きては行けない存在なんだ」ということを、改めて思い出して欲しいのです。


あなたは世界であり、世界を生みだす創造主でもあります。

だからあなたのちっぽけな一票は実はとても大きな力を持っています。

「口先だけの公約はもうたくさんだ!」

「影で勝手にコソコソ勝手に決めるな!」

「国民は健康で文化的な生活を営む権利がある!」

そのちっぽけな一票が日本の国と繋がり、世界と繋がり、地球を形作ることになるのだと改めて思い出して下さい。

a0253145_9551390.jpg

霊性修行とは、お山に籠って瞑想し、悟りを開くことだけを言うのではありません。

むしろ都会では、自分の変化が速やかに環境に反映されるので、ダイナミックな霊性進化を体感するチャンスに溢れています。

今回の参議院選挙で、あなたが関わっている外側の世界に積極的にコミットしてみましょう。

どんな世界に暮らしたいか、どんなビジョンを持っているのか・・・

自分の心と良心に従って、候補者の言葉の何が真実で何がそうでないかを見極めるのです。

どの候補者に一票を投じるべきなのか、自分自身の内なる声に従って判断してみましょう。


スピリチュアルに生きるとは、自分を取り巻くすべての事象に自分で責任を持つということです。


 自分を取り巻くすべての事象は、自分の心から生じている。
   
 不都合があったら自分自身を変革する。すると世界は変わり出す。

 理想の未来のためにも、自分の言動を100%意識化する。


誰でも知っている当たり前のこと。

それをを思い出す作業。

それが霊性修行ってものなんですよね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-07-17 10:06 | 人生・霊性 | Comments(0)

DNAアップグレード

a0253145_14205968.jpg
古い世界が壊れようとしています。

放射能も地震もテロも天変地異も、新しい地球に生まれるための胎動なのだと考えれば、なるほど!合点の行く話しかも知れません。

私たちは今、人類の進化の歴史の大きな節目に立っているのです。

それを裏付けるかのように、人間の脳の中の使われてない93%のDNA(ジャンクDNA)が進化の鍵を握っているらしい事が、だんだんと分かって来ました。

どうやら我々は、未知の新しいステージへと進んでいるみたいなんです。


米カリフォルニア州シャスタ山にある、アヴァロン・ウェルネスセンターのブレンダ・フォックス博士が、なんと3重螺旋の子供を見つけたらしいのです。

本来我々のDNAは2重螺旋なので、脳の約7%しか使われていません。

しかし、3重螺旋の子供は脳がもっと使われているらしく、寿命も長く病気にもかからない完璧な存在なんだとか。

国際的な共同研究で人工的な3重螺旋の研究を進めているらしく、その結果、免疫力が2重螺旋よりも高いという事が分かって来たようなのです。

この現象は、5〜20年前から起きている現象のようで、現代の人類のDNAは変化しようとしているらしいと言うのです。

ベレンダ・フォックス博士はインタビューの中で、DNAと細胞の変化について明らかにしました。

a0253145_14235838.jpg


[人類の新種? DNA細胞アップグレードか?]
New Form Of Humans Being Made? DNA, Cellular Upgrades?
Watch from Brasilより転載)


パトリシア・レッシュ: べレンダ博士、あなたの背景を教えてください。

ベレンダ・フォックス: 私は自然療法生理学の博士号を得ました。ヨーロッパで研修中、あるメディアにかかわっていました。そして引き続いて映像製作にかかわっています。あなたも知っているように、ETに関してと、この時点で人類に起こっていることに対するその役割を理解してもらうため、FOX・TV局で働いています。そのもっと知られているものは、「サイティングス」と「X-ファイル」です。

パトリシア・レッシュ: この時点で地球に起きている異変はどんなことでしょう?そしてどのように我々の体が影響を受けているのでしょうか?

ベレンダ・フォックス: 遺伝学者たちによると、我々がおそらく水中から出て以来、突然変異など起きなかったとされるぐらいの、大きな変化があります。数年前に、メキシコシティーで世界的な遺伝学会議が開催され、主要議題がDNAの異変でした。我々はどのように変化するか知らないにもかかわらず、進化の過程にあります。

パトリシア・レッシュ: 我々のDNA異変とは、どのようなことです?

ベレンダ・フォックス: 誰でも二重らせんのDNAを持っています。我々が見つけたのは、人間を形成する別のらせんがあることです。二重らせんの中に二よりのDNAを絡ませたらせんがあります。私が理解するところによると、我々に12条のらせんが発現されます。おそらく5~20年前に始まったらしく、そのあいだに突然変異が起こったのです。これが科学的な説明です。それは人類にとってどんな最終結果をもたらすか、まだ知ることができない突然変異です。

この異変は公表されていません。なぜなら科学者たちは、民衆を驚かせることになると感じているからです。しかしながら、人々は細胞レベルで変化してます。私は現在、三重らせんDNAを持った三人の子供を調べています。多くの人々がそれを知っているし、感じています。多くの宗教で変異について話されていて、それが様々な方法で起こることを知っています。心身や感情に誤解や驚きを起こすにもかかわらず、我々はそれがポジティヴな突然変異だと知っています。

パトリシア・レッシュ: それらの子供たちは、他の子供たちと違った特徴を見せていますか?

べレンダ・フォックス: 部屋の向こう側からただ精神を集中させるだけで物を動かすことができるか、あるいは、コップを見つめるだけで水を満たすことができる子供たちです。彼らはテレパシーを使えます。まるであなたには、なかばエンジェルかスーパーマンと考えられるでしょうが、彼らはそうではありません。私は次の10年のあいだに我々が彼らのようになるだろうと思います。

パトリシア・レッシュ: あなたはそれらが我々のすべてに起こることだと思いますか?

べレンダ・フォックス: それは1940年以前に生まれたほとんどの人たちで、変化することができなかった、しかしその次世代で始まったなにかが、我々の寿命があるあいだに他のらせんを形成する能力を与えたようです。我々の免疫と内分泌システムは異変のもっとも明らかなものです。それは私が免疫力テストと治療を研究する理由の一つなのです。

私がテストしたいくらかの成人には、別のらせんが形成されています。いくらかは、三番目のらせんをすでに持っています。これらの人々の多くが、自覚と肉体における主要な異変の中を通過します。なぜならそれら二つは一つのことだからです。私の意見では、地球とそこに住む誰もが自らの振動を増幅しています。最近生まれた子供の多くが磁気的に体を輝かしています。我々のように、もっと年をとった者は変化を選択することになります。多くの肉体的な変異を通過しなければなりません。

パトリシア・レッシュ: なにがノーマルな二重らせんを持って生まれた肉体に変異をもたらすのですか?

ベレンダ・フォックス: もっとも簡単にDNA変異を起こす方法は、ヴィールスによります。結果的にヴィールスは、悪いそれである必要がありません。ヴィールスは生きた組織の中で生きます。エプスタイン・バールやヘルペスのようなDNAヴィールスは細胞構造を変異させません。レトロヴィールスのHIVはDNAヴィールスではありません。替わって体に異変を起こすそれは、実際のところ(細胞を)破壊してしまいます。

このプロセスを通過するもっとも多くの、そして別の方向へ活路を見出す人々は、新しい職業に換え、新しい考え方に変え、または少なくても新しい生活スタイルを始めます。彼らが実際に病気や疲労・絶望を感じたとしても、それは贈り物であると。それは彼らのDNAや肉体の変異を起こし、輝いた、もっと健康的な肉体を次世代に出現させるチャンスを与えてくれることです。エンジェルが見られることは、我々が変化しているサインなのです。私の理解としては、およそ2012年までにこのプロセスが完成されます。

パトリシア・レッシュ: 別のどのような変化が起こると我々は期待すべきでしょうか?

べレンダ・フォックス: 病気がなくなり、死ぬ必要のないことでしょう。我々は苦難を通してではなく、喜びと愛を通して、レッスンによって学ぶことができるでしょう。古いシステムが崩れさり、それは大きな戦いなしに起こることではないでしょう。そのため、あなたたちには、治療するための多くの医療方式が効果を持たないとか、政府が機能しないといった、すべての戦争があるでしょう。

多くの古いパラダイム(物の見方や捉え方)が存在しなくなるでしょう。存続するためにそれらは戦うだろうけれど。しかし、疑問の余地なく変化しています。この時点で生きることを選択した我々の中の彼らは、ほとんど新しい種族の前走者です。同時に、実際的に地球の楽園を表すにもかかわらず人類なのです。我々は(ヨーガの?)師とET(例えばユミットのことか?)、エンジェル種(すでに変異した人間のことか?)から特別な援助を受けて、心の内部へ導かれるために学んでいます。さらに我々がそこへ入ることができ、静かなる声を聞き、さらに起こっている変化と調和します。

パトリシア・レッシュ: これらの変化のいくらかの副作用はどんなことでしょうか?

ベレンダ・フォックス: 細胞の変異によって、あなたはときどきそこにいないと感じるでしょう。我々は文字どおり細胞が異変し、新しい人類になろうとしているので、あなたは疲労を感じるかもしれない。新生児のように、あなたは多くの休養を必要とするかもしれない。精神的な混乱と、なにか大きなことのために予定されたような日常の仕事に集中できないことが起こるかもしれません。

体のいたるところで、特に原因のない痛みや苦痛が起きることが普通でしょう。多くの人々にとって、自分が狂ったように感じられるでしょう。もし彼らが通常の医者にかかったら、なにが原因なのか正しく診断できないために、おそらくほとんどはプロザック(抗うつ剤)を処方されるでしょう。それはエネルギー体を読み取る経験のない医療者にとって難しいことなのです。

なぜならチャクラ(ヨーガでエーテル体にあるエネルギー・センター)は、我々の内分泌システムに関係しているので女性はホルモンの異変をきたすでしょう。ホルモンを分泌することにより、なぜかわからずに泣くかもしれません。我々(の成長?)が加速しているため、多くの女性たちが早期に更年期をむかえるでしょう。アクティヴであることに慣れている男性は、たぶん極度の疲労によって大きな挫折感を抱くでしょう。彼らは直感的になるため、女性的な内面をあらわにするかもしれません(えっ?よーするにゲイっぽくなるってこと?そういえば、近年ゲイが増えてないかな?)。

ここ20~30年に出現した精神不安定の治療では、これらの変化によって新しいテクニックが促進されてきました。実際のところ我々は、ごく短いあいだに数千年もかかるような、すさまじい量の感情的な行為(戦争・紛争・社会問題・ストレスといったことをさしているのか?)をしています。   続く

a0253145_1428252.png




な〜るほど! 何だか納得です。

私自身ここ4〜5年、とても疲れやすかったり、精神的にも不安定だったりした理由がやっと分かりましたぞ!

だだの更年期ではなく、私もDNA細胞のアップグレード真っ最中という訳だったんですね。

今後の人類は高性能DNAを上手く使いこなし、更にますます進化して行くってそんなシナリオなんでしょうか?

それにしても、う〜む・・・

これはひょっとするとヒトラーが予言した、超人類出現の夜明けを意味するのかも知れませんぞ。


使われなかった、93%のジャンクDNAたちよ! 

これからはどうか怠けずに、頑張っておくれ〜!




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-04-26 14:09 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

近未来シティ・デザイン

a0253145_14541235.jpg
マーライオンの真ん前、今やシンガポールのアイコン的存在になったのが<マリーナ・ベイ・サンズ>

2500室以上の巨大ホテルに、カジノ、ショップ、シアター、コンベンションセンターからなる複合施設であります。


驚いてたまげる事を俗に「ぶったまげーション」と言う?が、とてつもないものを見てしまった時、人の魂は本当にたまげる(魂消る)状態になるようです。

このとてつもない建築は、3本のタワーの上空に船形のスカイパークが乗っかった構造で、地上200mの空中オアシスでつながっています。

さらにそこには全長150mのガラス製プールがあり、空に浮かぶプールで浮遊感覚を味わえるという、信じられない構造をしてるのです。

日本人としてはやはり地震や津波、台風の事が気になります。

「バベルの塔みたいに神の怒りに触れないといいけどねぇ」

「上空の巨大な船がノアの箱船になって人々を救済したりして・・・」

そんな夢想を起こさせるほど、ただただ呆然とたまげる(魂消る)ばかり。

a0253145_14423890.jpg

古代エジプト人はピラミッドやカルナック神殿を見てどう思ったのだろう。

今となっては知る術もないけど、<マリーナ・ベイ・サンズ>やその周辺に続々と現われている建築物を見て、なぜか古代エジプト人の事を考えてしまった私なのであります。


そのお隣には去年出来たばかりの植物園<ガーデン・バイ・ザ・ベイ>
a0253145_1444594.jpg

これがまた凄い!

25~50mの人口ツリー群には、シダやツル性の熱帯植物がみっしりと移植されていて、甘い香りを放っている。

このツリー自体がソーラー発電器を兼ねていて、排熱とか夜のライトアップショーなどを自力で賄っているのだそうだ。
a0253145_1526571.jpg

新しいタイプの都市型公園としても大変ユニークで素晴らしい!

他にもドリアンの形をしたシアターとか、手のひらの形の美術館とか、DNA二重螺旋の橋とかあって、先端デザインの建築物がどんどん出現している状況です。

他の都市の高層ビル群に比較しても、圧倒的に有機的デザインのオブジェ風建築物が多い。

それらに加えてエスニック風味やコロニアル様式の古い物もちゃんと残し、リニューアルして上手く共存させ、箱庭風に町づくりをしてるのが印象的でした。
a0253145_14494745.jpg

「今、シンガポールが熱い!」 って言われてます。

それは、近未来都市デザインの度肝を抜かれる感性と、東南アジアの活気とパワーがそこら中にみなぎっているからなのでしょう。

デフレ不況で停滞の長い我々の目から見ると、眩しいほどの勢いなのです。
a0253145_19454614.jpg




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-03-09 23:29 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

人生はグルである

a0253145_23384851.jpg


前回、映画に感動して魂が浄化されるって話しをしました。

素晴らしい芸術作品や、美しい風景、調和の取れた音楽などで、我々の魂には光が射し込み、自分を取り戻した気分になって来ます。


けれど、家に帰って日々のルーティンに戻ると、そんな高揚感はどこ吹く風。

とたんに日常生活で生まれる、細々とした心のゴミやほこりに向き合わされる羽目になります。


恋愛結婚・人間関係・仕事・お金・健康問題

あーあ、頭の痛い事ばかり。


ひとつの問題をクリアーしたと思ったら、今度は次の問題が発生して来て、なんだか次から次へと自分が試されて行くような気がしてしまいます。


そう・・・実はそうなんです。

あなたは確実に試されているんです。


何を隠そう人生とは、<無限に続く学びの学校>

自分に必要な課題を順々に投げかけて来る、永遠のプライベート・レッスンだったんですね。


a0253145_23335430.jpg


我々の日常生活に起こる様々な状況の中には、とても大事な情報とメッセージが含まれています。

まるで上質なミステリーさながらに、隠された暗号と情報に、解釈されるべきメッセージが暗示されているのです。


そしてそのメッセージを解釈するのはとても大切な事なんです。

なぜなら、メッセージを考えさせる事自体が、この学校独特の授業スタイルだからなんですね。


人生という名の学校は、教科書や時間割がある訳じゃなく、勉強の課題もその目的も、全て隠されたまんまです。

だから自分で状況をよく観察し、メッセージを探し当てながら、学んで行くしかありません。


そこがややこしくて分かりづらくて、みんな悩むところなんですが、人生が言わんとするメッセージさえ見つかれば、自ずと解決策は見つかるものなのです。

そこまで来れば、ミッションの大部分は完了します。


ひとつのレッスンを覚えるまでは、繰り返し同じ問題が出て来ますが、一度覚えたらもう二度とその問題で悩む事はなくなります。

そしてまた人生の上に次の問題がやって来て、次のステップのレッスンへと進んで行く。


それが誰にも平等に与えられた、人生の<参加型学習システム>なのです。




人生には色々な状況が起こり得ます。


その問題が辛く苦しいと、つい自暴自棄になって投げ出したくなりますが、重い問題が起こった時こそ「人生が自分を大きく成長させる強化訓練期間である」という風に捉えたいですよね。


だから絶対、絶望だけはしないで下さい。


<観察>→<内省>→<気付き>→<課題発見>→<解決策>→<行動>

このようなプライベート・レッスンの一連のプロセスに、なんとかして乗る方法を探ってみて下さい。



いいですか? 

レッスンの課題を一度覚えたら、もう二度とその問題で悩む事はなくなるのですよ!

一刻も早くレッスンのテーマに気付いてあげて下さいね。


<人生の鞭>による、痛みの伴う学びではなく、なるべく楽に楽しく学び成長して行きましょう。

人生はそれをあなたに期待しているのです。


a0253145_2334223.jpg


<人生はグルである>


本来は師を求めて世界を放浪する必要など、何処にもないのかも知れませんね。

あなたはあなたの道を行けばいいのです。


人生というグルは、我々の魂に知恵と力を授けてくれる、最高の恩師なのですから。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-01-07 23:37 | 人生・霊性 | Comments(0)

アセンション・カウントダウン

a0253145_1441339.jpg


   
   ♬も~い〜くつ寝ると アセンション
    
    アセンションには 波動あげて
    
    UFO飛ばして 遊びましょ
    
    は~や〜く来い来い アセンション♬



いよいよ2012年12月に入りましたね。

12月21日の冬至から我が地球はフォトン・ベルトへ突入し、徐々に第4密度へと移行して、来年3月20日の春分点までに惑星ごと一気にアセンションしてしまう、そんなシナリオらしいですぞ。


しかしその前に今の第3密度のカルマを終わらせる為、ネガティブな破壊的エネルギーの放出があちこちで起こっていて、それが今のこの世界のありとあらゆる混乱を招いているのだそうです。


目には見えないスピリチュアルな世界では、たくさんの宇宙ファミリーが世界の混乱を見守っていて、愛の波動を送ってくれているので、なんとか地球は最悪の事態を引き延ばす事が出来ているらしいんです。

彼らの宇宙最高評議会は我々地球人に準備が整い、正式に迎え入れられる日を用意周到待っているのだとか・・・




いろいろなチャネラー達が、こんな風なメッセージを発信していていますよね。

大方は「夜明け真近が一番暗い。だから希望を捨てるな」

と、励ましてくれてる様に思えます。


しかし、実は<アセンション>ってのも、世界統一政府を目指す連中がCIAを使って仕掛けたのだという説もあり、もうこうなって来ると我々には何が何だか検討も付きませんね。


今月末からのこの地球に、一体どのような運命が待っているのか・・・

まさしく歴史の生き証人の様にただ見守るしかなさそうです。


a0253145_1464930.jpg


日本で原発事故が起こったのは、被爆国であったにも関わらず、それをうやむやにしたまま戦後の経済成長を推進して来た事のカルマだという説がありますが、私もそれには同意出来ますね。


だからこそ、ここで又今まで同様のエネルギー政策を再開したならば、さらに深い国家的な業を背負う事になってしまいます。

起こっている現象を受け止めて、より良いあり方を選択しなければ永遠に問題解決は先送りです。


もちろんそれは国家の問題だけでなく、個人のレベル・家族のレベルでも同じ事が言えると思います。

いつでも問い直されているのは、「果たして自分はどうありたいのか?」って事になります。


a0253145_14101950.jpg


第4密度のニルバーナに生きるとDNAが活性化し、肉体のスキルや能力がより高次の意識レベルに持ち込まれるのだそうです。

すると慢性的な病気が癒され、老化のプロセスから開放されるのだそうです。


古今東西のあらゆる英知とアクセスが可能になり、誰もが独自の個性と才能を発揮する事になる。

戦争は終わり環境は浄化され、政治的にも経済的にも腐敗や不正が排除され、非人道的格差がなくなります。

そして道徳的、スピリチュアル的(霊的)に優れた各分野の指導者のもと、公正で誠実な社会が生まれるのだそうです。

さらにテレパシーで話したり、ふたつの場所に同時に存在したり、千里眼や遠隔ヒーリングなどの超感覚が開発されて、ヨガ行者みたいな人が続出するという話しですよ。



どうですか?

人類は進化し、今より少しお利口になり、まともな社会を営む事が出来る様になるって訳です。


想像してみると、ちょっとしたユートピア革命みたいで楽しみですよね。

少なくとも地球滅亡説をイメージするよりは心豊かになれます。

我々地球人の意識レベルが少し底上げされて、遅ればせながら宇宙デビューを果たすって感じでしょうかね。




まあいずれにしても我々は、すこぶる面白い時代に居合わせたものですよね。

取りあえず私は歌っちゃっときます。

   

   ♬は~やく来い来い アセンション♬





[PR]
by viva1213yumiko | 2012-12-01 13:56 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

五輪狂想曲

a0253145_1514191.jpg

TVは滅多に見ない私だが、オリンピック期間中はやはりついついTVが気になります。

普段はなかなかお目にかかれないスポーツ種目が放送されたりするので、また一層見入ってしまいますね。

サッカーファンの同居人は仮眠を取り夜中の試合を観戦したりするので、連日の真夜中の目覚まし音で、私の体内時計もかなり乱調気味です。

a0253145_15124191.jpg

ところで今回のロンドン五輪の、あのマスコットはひどいですねぇ〜

あのひとつ目の、不気味な未知の生物ですよ。

あれは異星人なの? 妖怪なの?

どんなに大目に見積もっても愛おしい感情が全く起こらない、五輪史上最低のゆるキャラだと私は思います。

a0253145_8505153.jpg

あれなら<NHKのどーも君>や<奈良のせんと君><彦根の彦ニャン>の方がまだましってもんじゃないですか・・・

シオニスト陰謀論者の説によると「あのひとつ目こそイルミナティそのものであり、彼らの掲げる新世界秩序の象徴をこのロンドン五輪で表現しているのだ」という事になります。

世界の富の99%を支配している、たった1%のパワーエリートの、世界管理を強化する目なのだそうです。

米1ドル札でおなじみの、ピラミッドのひとつ目。

超管理社会の完成を目指している者たちが、ピラミッドの底辺の層をしっかりと監視する目という訳です。

a0253145_15192147.jpg


<大きな目に睨まれて身動きが取れなくなる>というイメージは、人間の中にある根源的な無意識のイメージで、このエネルギーに引っ掛かると自分を主張出来なくなり、従順な羊のように依存型の人生を選びがちになってしまうのは確かなようです。

エリート層にしたらそこが狙いなのでしょう。

人間牧場の羊たちが自分で考えたり反抗的であっては困りますからね。

群れからはぐれた羊はすぐにGPSで探査され、マイクロッチップで照会されて檻に入れられる。

SF小説並みの超管理社会が近づいているとしたら嫌ですねぇ。


私は自由が好きです。 

物事を押し付けられるのは昔からどうも苦手。

いざという時には国家権力から逃げても生き伸びられるように、もっと食べられる野草の勉強でもしておこうかな?

同じひとつ目でもゲゲゲの鬼太郎やその親父みたいに自由に楽しくやりたいものです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-08-04 14:55 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)