男と女の年末調整


今年複数の医大入試で、学生の男女比率をあらかじめ調整していたことが判明しました。


調整は長年に渡るもので、慣例のようにされていたという。


医療現場のハードワークに、男は耐えられても、女は辞めやすいから・・・


その根本原因は、男性と女性の性差の問題へと行き着いてしまうようでした。



現代は男女平等の社会参加が常識です。


しかし男と女の間には、変えようのない性差の壁が高くあるのも事実です。


それなのに・・・


異性の思考パターンに無頓着な人が、多すぎるような気がするんですよねぇ〜


はっきりと言いましょう。


男性と女性では脳の働き方が違うのです。


[ 男は火星人・女は金星人 ](ジョン・グレイ著)と言われるほど、何もかもが異星人レベルに異なっています。


だから男女双方とも互いにその違いを理解し、相手方の思考のパターンを認識すること。


それが決め手です。


なぜなら21世紀は人類の過去のどの時代より、男性と女性の相互理解が必要とされるからです。


a0253145_13313736.jpeg


職場でも家庭でも、性差の原因で起こる揉め事って多いですよね。


厄介を防ぐためのコツは、男と女の違いを学び、両方のエネルギーバランスを調整することです。


男女双方が歩み寄って協力体制を取れるよう、エネルギーの調整をすると良い。


それは「己の対極の存在を理解する」ということです。


千里の道も一歩から・・・


まずそこから始めなければなりません。



タイトルもちょうど年末向きのが浮かびました。


[ 男と女の年末調整 ]


一緒に調整しませんか?


a0253145_13315699.jpeg

基本的に職場のビジネス環境は、論理性・整合性を求める男性脳のルールで成り立ってい
ます。


男性はゴールを追うことが大切なので、目標をクリア出来たかどうかが重要です。


一方女性はゴールまでのプロセスを大事にする傾向が強い。


達成までにどんなことがあったか、どんな人が関わったのか、誰の頑張りがあったのか、などを重視するんですね。


チームビルドの経験のある人は分かると思うけど、男性と女性双方の良い部分を伸ばして行くと、相乗効果が起こって更に良い結果が導き出される。


チームの中に男性性と女性性の<エネルギーバランス>が整うからです。



私はスピリチュアルな価値観を重んじているので、何ごとにおいても全体のバランスというものを大事にしています。


全体性(ホーリズム)はいつだって、偏りのないバランスの取れた状態を理想とします。


ホーリズムの考え方は、職場環境の中にもちゃんと存在してるんですね。


a0253145_13320931.jpeg


最も望ましい職場環境とは何か?


男性性のエネルギーと女性性のエネルギー、その両方を兼ね備えることです。


男性的なエネルギーは<力>、女性的なエネルギーは<愛>


仮にそのように呼んで貰っても構いません。


どちらのポテンシャルも絶対に必要で、そこに優劣がある訳じゃありません。


必要なのは男性性と女性性の、その<陰陽バランス>です。


その時その場面その状況によって、<愛>と<力>のエネルギーを使い分けることがポイント。


今は<力>を前面に出すべきか、それとも<愛>なのか?


それとも核融合のように両方を合体して、エネルギーを爆発させるべきか?


エネルギーは目には見えないデリケートな存在です。


けれど原理はとても単純なんですよね。


職場における<陰陽>のエネルギーバランスを調整する。


たったそれだけ、決して難しいことじゃありません。


a0253145_13322288.jpeg


そして次に、最も望ましい家庭環境とは?


これもまた<陰陽バランス>だと思います。


幸福な家庭の原理もとても単純なんです。


それは「お母さんを幸せにするお父さんと、それを見て育った子供たち」です。


母親を喜こばせ満足させられるお父さんは、感謝というギフトが与えられる。


そこには家族の基盤を作ってる<陰陽エネルギー>が、行ったり来たり循環してるのです。


その様子を見て育った子供は、次の世代にも<愛>と<力>を伝えられる。


男性性と女性性の<陰陽バランス>は、理想的な家族のエネルギー源なんですね。

a0253145_13323347.jpeg


そして、そして・・・


あなたの心の内側にも、最も望ましい環境があります。


あなたの心の男性性と女性性の<陰陽バランス>


そのエネルギーバランスをひとつに統合して欲しいのです。



一人の男性が努力して自信を蓄えた。


そして困難と戦い収穫を手にした。


それが完成した暁に、彼が次に手に入れるべきもの・・・


それは<愛>です。


愛を学ぶ必要があるのです。


人間として更に成熟するために、彼は自分の<弱さ><脆さ><繊細さ>と折り合いをつけなければなりません。


<許し><認め><調和する>気持ち。


そんな優しさの表現です。


男性の中の眠ってる女性性を咲かせれば、人間としての統合が進んで、器がより大きくなるはずです。



逆に女性は男性性を開花させなければなりません。


論理性や説得力を学んで、新たな思考パターンを揺り起こす。


精神的に自立して成長しなければならないのです。



男性が女性性を養い、女性は男性性を身につける。


その時ひとりの人間の内側で、初めて<陰陽>のエネルギーバランスが整います。


それは言うなれば<太陽>と<月>とが結婚し結ばれるようなもの。


輝きは決して途切れなくなる。


<力>に<愛>が流れ込み、<愛>に<力>が芽生えるからです。


a0253145_13325347.jpeg


男と女が揉めてしまうのは、大抵の場合<欲望>と<感情>の調整が上手く行ってない時。


自分とは対極の異性エネルギーを、もっともっと意識してみましょう。


そして<陰陽>のエネルギーバランスを整えるのです。


[ 男と女の年末調整 ]


じっくり調整してみましょう。

a0253145_13325852.jpeg





おまけその1:米津玄師「 Flowerwall 」

カップルの<陰陽バランス>が整うと、この唄のような理想が生まれます。

じっくり聞いてみて下さい。





おまけその2:雑誌掲載記事



業務連絡:HPはこちらから







# by viva1213yumiko | 2018-12-27 14:18 | 季節・行事 | Comments(0)