カウチがやって来た

a0253145_1838398.jpg
山小屋暮らしを経験して、4回目の冬が過ぎようとしている。

薪の扱いにも慣れ、食後には自作のお菓子やお酒でゆっくりくつろごうじゃないか、という余裕も生まれて来ました。

しかしそこで、はたと気付いてしまったのです。

「この家にはカウチがない!」ってね・・・

考えてみると、ずっとダイニングチェア(キャンプ用チェアで代用)か、小さなベンチ(本来は植木鉢置き)に腰をかけて食後の読書・TVを楽しんでいたんですよね。

のこぎりや斧やチェーンソーが何気なく置いてあり、火付け用の紙や小枝があちこち散らばっている。

備蓄用の食料・燃料は震災以降増える一方だし、空き瓶やペットボトルも、後から必要になるからと捨てられない。

こうして山小屋ならではの生活必需品が増えて、家の中はほとんど作業場。

インテリア雑誌みたいな<薪を囲んでくつろぐ暮らし>を目指していたのに、どこか違うなぁとも思いつつ、ごく当たり前のようにキャンピングチェアー生活をしていました。


ところがです。

ある雪あがりの夜、近くを散歩していて発見してしまったんです。

粗大ごみ置き場の、レトロなソファーセットを・・・


昔、オフィスの応接室でよく見かけたビニール張りのソファーセット。

スプリングは傷み、裏張りの生地も剥がれているけど、まだ十分に使えます。

しばらく前からカウチが欲しいなぁと気になっていたところなので、「これは天のお導きだ。ありがたい」と深く感謝し、持ち帰る事にさせて頂きました。


山小屋でひと冬を過ごしていると、世の中と完全に孤立してしまうような恐怖に襲われる事があります。

自然界は冬眠中でも社会はめまぐるしく動いている。

その渦から完全にはぐれてしまったような、言いようのない孤立感です。

実際にはTVも電話もネットもあるので社会とちゃんとつながっているのだが、雪が降り続けたりすると、神様さえ自分に気付いていないんじゃないかと思えて来るのです。


しかし、天は我を見放さなかった。

引き寄せの法則は山の中でもちゃんと通用しておりますよ。

今までの山暮らしで必要なものは、不思議と手に入ってしまいました。

特にどうしても必要なもの、緊急性の高いものほど願望実現のスピードは早いみたいですね。

   「神はあなたの髪の毛の一本が抜ける事までご存知です。

    だから汝、思い患う事なかれ」

っていう聖書の言葉。  

あれって、本当だったんですね。


夕食後、デザートを食べながら、カウチでくつろぎ考えてみる。

次は骨董屋にあるような、美しい足踏み式ミシンが欲しいなぁ。

いいや、必要なんだけどなぁ〜




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-02-29 14:19 | 衣・食・住 | Comments(0)
<< ひな祭り 薪ストーブライフ >>