映画<スライブ>

a0253145_16303493.jpg

映画<スライブ>をもう観ましたか?

といってもこの映画、映画館で一般公開している訳ではありません。

今現在様々な事情により、インターネット経由でないとおそらく観れない映画なのですが、知る人に取ってはかなり評判の高い、良質で誠実な作品です。

現代社会の格差、貧困、不正、対立などの様々な問題を取り上げ、なぜそういう問題が一向に改善されないのか、なぜそんな世の中がまかり通っているのかを取材・研究した米のドキュメンタリー映画なのです。


宇宙にロケットを飛ばし、原子力でエネルギーを作るまで知性を進化させた人類世界に、日々の食料にも困る程の貧困や、争いや病気が一向になくならないのはなぜか。

なぜ人類はこのようなレベルの低い問題を、未だに乗り越える事が出来ないのか。

その根本原因を、誰にでも分かるように説得力を持って取材しています。


映画が伝えたい一番のテーマはこうです。

「実は我々の問題は解決可能なのだ。世界を牛じる巧妙な権力システムが、不必要な問題を意図的に操作しているだけなのだから・・・」


私も全く知らなかったので、まさに目からウロコのお話だ。

世界の金融経済を握る一部支配者層が、軍産複合巨大企業と政府をコントロールし、巧みに世界を操るシステムを作りあげていたなんて!

今までトンデモ本の中のお話と思っていた。

だけどどうやら、それがそうではないらしい。

綿密な調査と研究に基づいて実証したドキュメンタリーなのです。


大体この映画の制作者。

米巨大企業P&Gの創設者一族の御曹司なんですよね。

自分の一族にとってかなりの不利益ともなる暴露的映画を、ポケットマネーで制作したのだというから潔い。

制作者ご夫婦が自らナビゲーターとなって出演しています。

暗殺の危険性はないのだろうか?   

そんな事さえ気になって来る。

世界のエネルギー問題に対する代替案として、フリーエネルギーの研究をしていた学者さん達は、ことごとく潰されて来たらしいが、彼らにも妨害の手は及んだのではなかろうか?


この映画の素晴らしいところは、これら世界の問題を解決するために私たちに何が出来るのか提案している点であります。

それも、みんな日常生活で出来る事だ。


   情報を得る。意見を言う。他者とつながる。

   地元の銀行を利用する。

   中央の大銀行からお金を引き出し、地元の銀行や信用金庫に預け、資金提   供の流れを阻止する。

   責任を持った購入や投資をする。

   公正なネットを維持する連合に参加する。

   独立メディアを支援し、ニュースの資金提供者を考える。

   有機・非遺伝子組み換え農業を支援する。

   公正な選挙を求める運動に参加する。   

   再生可能なニューエネルギー技術を支援する。

   クリティカルマス運動に参加登録する。


などが紹介されていて、未来への明るい希望がわいて来る。


人類は今、さなぎから蝶へと変容する過渡期にあります。

惑星の進化システムのある段階を通過しようとしている訳ですね。

だから次なるステップへ無事にたどり着くための知恵も、本来ちゃんと持ち合わせているのです。

だから悪戯に、混乱に惑わされないで欲しい。

新しい世界を創造する力は、いつでもあなたの中に眠っているのだから・・・


これ以上いくら説明していも、この映画の素晴らしさは伝わらないでしょう。

百聞は一見に如かず。 

とにかく観て欲しいです。



スライブムーブメント



      

[PR]
by viva1213yumiko | 2012-03-09 16:07 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)
<< 3D映画革命<Pina> ひな祭り >>