ショートフィルム<壁女>

本日は6/19~24開催中の、那須ショートフィルムフェスティバルに行って来ました。

一次選考を通過した26作品から[那須アワード]を選出する小さなローカル映画祭で、今年7年目という催しです。

a0253145_16283063.jpg

会場は御用邸近くの南ヶ丘牧場。

牧場でやる映画祭というのも、なんだか珍しくて楽しいでしょ?

ちなみにこの南ヶ丘牧場は馬やロバにも乗れ、小動物に触れ合うこともでき、レンタル豚までいて、家族みんなで楽しめる観光牧場なのであります。

a0253145_16265553.jpg

那須ショートフィルムフェスティバルは、映画やドラマの撮影時に、ロケ地のコーディネートの仕事をする[那須フィルムコミッション]というNPO団体が主催しています。

ここ那須の地では、前回お伝えした映画<テルマエ・ロマエ>の他にも<アルゼンチンばばあ>や<那須少年物語>などを担当していて、撮影時のメイキング写真展示コーナーなども用意されていました。

審査員の選ぶグランプリの他に、観客賞もあってみんなが投票できるのですが、今回観た7作品の中で私のイチオシは<壁女>という16分ほどの作品でした。

壁に張り付くことが趣味の変な女(20代くらい?)が繰り広げる恋の物語です。


<壁女>はかなりだらしない。

カップ麺を啜りながら、万年床のアパートでひとりズルズルと暮らしている。

仕事もドジばかりで、寝ぐせのまま遅刻してはいつも上司に怒られている。

付き合いも悪いので当然モテない。

しかし<壁女>、唯一の趣味を自分撮りして日々ブログに更新しているのです。

ある日、そんな彼女に応援のコメントが送られて来ます。

「張り付き方が素敵です」と・・・

<壁女>はそこからほんの少しづつ成長し始めるのですが・・・


ギャグのテンポと間が妙に面白く、会場からもクスクス笑いが出ていました。

その後の<壁女>がどうなって行くのか、なんだか気になってしまいます。

話しをもう少し膨らませて、長編映画にしてもいいかも知れません。


それにしても片付けられない女とか、まぐろ女、干物女、腐女子は聞いたことあるけど、<壁女>ってどうなの?

これから流行りそうかしら?

自称<壁女>が全国で増殖し、壁張り付き写真があふれかえっていたら面白いのになぁ~



那須ショートフィルムフェスティバル




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-06-19 23:19 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)
<< 2012夏至イベント B級映画の楽しみ >>