<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人生は後半戦が面白い

a0253145_12463464.jpg

人生とは移り変わる<春夏秋冬>のようです。


芽吹きの時、緑生い茂る時、実りの時・・・


そして落葉の時。


自然界の四季の巡りと同様、人間の生涯にも<春夏秋冬>のサイクルがあるのです。


古代インドには人生を四つの季節に区分した、<四住期>という考え方がありました。


<学生期><家住期><林住期><遊行期>


それは、人生の<春夏秋冬>そのものです。



青少年の頃はまだまだ<学生期>です。(0歳から25歳くらいまで)


心身を鍛え色々な学びを体験する、青い芽吹きの季節です。


次の<家住期>は仕事をし、家族を養い、国家や社会に貢献する壮年期の季節になります。(25歳から50歳位まで)


その次の<林住期>は今までの業績をまとめ、仕上げに取り掛かる時期。


豊かな実りのシーズンです。(50歳から75歳位まで)


意識の在り方も外界から内界へと移行し、本来の自己を見つけ、やりたいことを始める段階となります。


そして老年時代の<遊行期>に入ったら、過去のすべての執着を解き放って、自らの人生の集約へと向かう。(75歳以上)


生と死を思い煩わず、天命に身を委ねて生きるのが最良とされます。


a0253145_12470826.jpeg


こうして改めて見直してみると、人生の前半戦とは仕事をし、収入を得、家族を得て、人生をどんどん拡大させる路線なのだと分かります。


しかし人生半ば頃にはそういう欲求はピークを超え、拡大路線は徐々にしぼんで来る。


そして、それに替わって次なる成長欲求が生まれる。


次の欲求は年齢を重ねるごとに深まり、どこまでも右肩上がりに上昇すると言われてますが・・・


それ、一体何のことだか分かりますか?


実はその欲求、「自分自身の意識を拡大し、個を超えて成長したい」という想いなんだそうですよ。


今までずっと「これが自分だ」と信じていた、自分の<かりそめの枠>を取っ払い、新たなる地平を見つけたくなる。


そんな欲求のことです。


つまり、人は年を取ると「精神性を高めたくなる」ってことなんですね。


スピリチュアルなものを求めたくなる回路というのは、誰もが皆んなに、初めから組み込まれてるようなのです。


人間とはそのように出来てるらしい。


樹木が咲いて、実って、落葉するのと同じように、人の思考や欲求は、年齢と共にスピリチュアルなものへと変わって行く。


時限装置が時間を刻むように、その時はセットされている。


タイミングが来るのをジッと待ってる。


どうやらそういうものらしいのです。


精神の成長欲求は物質的な欲求と違い、限界なんかありません。


どこまで行っても(宇宙大まで?)次のレベルの成長段階が待ち構えているそうです。


我々の100年足らずの寿命では、人生で体験出来ることなどたかが知れてます。


ありふれた平凡な人生を送った人も、劇的でドラマチックな人生を送った人も、一回の人生での経験など、長編小説の中の小さなひとつの<一章>のようなもの。


物語の本当の<おしまい>にはほど遠いのです。



人生の前半は、娑婆の生活を経験し、色んな人と出会い色んな学びをして、人間としての幅を広げる。


そして後半戦に入ったら、前半での体験を意味あるものに昇華させるため、真実の自分を表現して行く。


前半と後半。


両方をトータルすれば、あなたは確実に全方位でグレードアップすることとなる。


魂の記憶はアーカイブとして保存されるからです。



<四住期>の考え方で人生を俯瞰してみると、人生のターニングポイントがどこにあるかが良く見えます。


それまで自分を支えて、安定させていたはずの価値観。


それが何だかフィットしなくなる時。


明らかにそこが変わり目です。


そういう時はそれまでのモノの見方・考え方を一新しないとダメです。


じゃないとそれ以上やって行けなくなる。


平たく言っちゃえば、それは<脱皮の時>なんですね。


爬虫類や昆虫は<脱皮の時>に悩んだり迷ったりするのか分からない。


でも少なくとも安全な場所を見つけ、一旦活動を休止させてから脱皮し始めるでしょう?


人間も同じです。


ターニングポイントが来た時は、我々も一旦立ち止まる必要があるのです。

a0253145_15055855.jpg


<四住期>の中で最も厄介なのは、<家住期>から<林住期>への変化の時だそうです。


それまでコツコツと築き上げた業績や人間関係と距離を置き、意識を内面に移行させなければならないからです。


そういう転換期には痛みが伴うことも多いのです。


つまり人生の折り返し地点なんですね。


世間では<中年クライシス>などとも呼ばれ、問題が噴出しやすい時期でもあります。


人生の折り返し地点はマラソンと違って「もうすぐ折り返しですよ~」って、誰も教えてくれません。


誘導する係員もいないし、給水所があるわけでもない。


標識も看板もなければ、オレンジの三角コーンすらありません。


[ 心構えのないまんま、気づいた時は後半戦 ]


多くの人が人生の折り返し点を、そう感じながら通過して行きます。



でもピンと来てない人も多いようですが、人生の本番はむしろ後半部分にかかっているんですね。


魂にとっては後半戦が勝負です。


なぜかって?


それは大概の人が [ 折り返し地点を過ぎてから、人生最大のテーマに気づくから ] です。



人は皆、自分なりのテーマを抱えて生きています。


けれど取り組むべき最も重要なテーマは、若いうちには気づけないようにそう出来ている。


勉強して生活をし、何らかの人生経験をしない限り、人生の課題は浮かび上がって来ません。


何かのアクションを起こさない限り、リアクションは得られない。


人生が教えてる気づきや学びも、アクションを起こさないままでは、ヒントすらも与えられないんですね。




私たちは意志の力を使って、努力を重ね、引き寄せの力を駆使して欲しいモノを手に入れます。


しかしそれでも100%の満足が得られるものではありません。


「夢を得るために諦めなければならないモノも多い」


「目先の欲望をやみくもに追いかけても虚しいだけ」


そんな些細なアレコレが気になるようになったら、そんな時こそ<脱皮の時>です。



人生の後半戦は自分自身の修正の時間だと思って下さい。


手にしたモノのすべて、また手に出来なかったモノのすべてを棚卸しするつもりで、正直に自分をチェックしてみましょう。


そして「残りの人生は、自分だけに与えられた課題に取り組む」


と、その覚悟を決めるのです。


ある人は仕事やお金がテーマかも知れない。


別のある人は家族愛がテーマかも知れない。


家族以外の人間関係に取り組まなければならない人もいる。


健康の問題と向き合わなければならない人もいるでしょう。


浮上した問題をよ~く覗き、観察してみて下さい。


その問題の中からきっと、クリアしなければならないテーマが見つかるはずです。

a0253145_12474253.jpeg


「上手く年を取るのは難しそうだ・・・」


そう感じてしまった人はもう一度、自然の風景を思い出すと良いでしょう。


[ 芽吹き、茂り、実り、散る ] という<四季の巡り>のことをです。


私たちも大いなる自然の一部・自然界のひとつの駒に過ぎません。


自然界のサイクルを思い出し、それを真似るなら、無理せず楽に飄々と、人生を生きて行けるはずです。



我々は折り返し点を過ぎたら、自分という作品の仕上げに取り掛かります。


あなたは世界にたったひとつしかない芸術作品のようなもの。


どうか心を込めて愛すべき作品を磨いて行って下さい。


人生は後半戦こそが面白いのです。

a0253145_12464175.jpeg




[PR]
by viva1213yumiko | 2017-12-26 16:09 | 人生・霊性 | Comments(0)

リーディングの秘密

a0253145_12245877.jpg


「ふう〜ん、それじゃあ、色んなものが見えちゃったりする訳なんだ?」


スピリチュアル談義が興に乗って来ると、その手の質問をされることがある。


所詮冷やかし半分のジョークなのだ。


気にするほどのことではない。


そんなことは重々承知しているのだが、そういう時は「なんか腑に落ちないなぁ〜」と思ってしまう。


私は超能力者じゃないし、修験の行者でもないのです。


ましてや霊媒の家系の出身でもない。


狐や天狗や龍神が見える?


先祖の守護霊の声が聞こえる?


そんな能力はありません。


怨念だ、生き霊だ、地縛霊だって、むしろそういうの苦手なんです。


想像しただけで怖くなる。


だから、そういうものとは出来るだけ関わりたくないんですよね。


a0253145_12244049.jpeg


私が常日頃からスピリチュアル方面で目指してることは、ただひとつだけ。


「魂を成長させる」ことだけです。


「魂を成長させる」とは、つまり「人生を真っ当に生きること」なんですね。


それ以外の何ものでもありません。


自分の魂を成長させるには、一歩ずつ確実に前進するよう、注意深く生きることが大事です。


そのために自分の生涯を使いましょう。


人生が自分に問いかけて来る課題に、時間とエネルギーを使うのです。


そして後悔を残さぬように、後腐れなく死んで行く。


ただそれだけの話しです。


a0253145_14072560.jpeg

そして自分だけでなく、同じ様に人生をもがきながら歩んでる人々の「魂の成長に力を貸すこと」


それも大事な仕事です。


迷い人にはガイドマップを渡しましょう。


必要なら明かりを灯してあげましょう。


「多分ゴールはこっちの方角です」と、謙虚に道を差し示す。


出逢う人は皆、擦れ違う旅人同士。 


互いの後ろ姿にエールを送り、そして「サヨナラ」と手を振り別れる。


何ものにも執着のない、そんな軽やかな生き方が理想です。


生き方に対してこだわりみたいなものがあるとしたら、多分そこら辺ぐらいでしょうか?


残りのことは全てまあるく、すこぶるゆる~く生きております。


極めて平凡、気は効かないし、エスプリ不在で、面白味に欠ける。


それが私の今生のパーソナリティーです。


a0253145_14075210.jpeg



でもひとつだけ不思議な部分があるのです。


これを自分の個性と言って自慢出来るかどうか迷うところなんですが・・・


まぁ、ついでだから告白しちゃうと、実は私、人と話しをしてる時、時々もの凄~く直感が冴えてしまうことがあるんです。



リラックスして深呼吸を繰り返す。


そして相手の内面に波長を合わせる。


すると思ってもない様々な情報が流れ込んで来ることがあるのです。


情報はその人の<健康の問題>だったり、<生活面の課題>だったり、<心の思いグセ>だったり、<手放せない痛み>だったりする。


とてもハッキリと分かることもあれば、ハッキリしないこともある。


でもいずれにしても、知りうるはずのない情報がほとんどです。


なぜなのでしょう?


理由は分かりません。


けれど直感そのものが「ねえねえ、ちょっと聞いてよ、聞いてよ」と肩を叩く感じなのです。


そして本人の気づかない真実が、ヴェールを剥ぐように露わになって来るのです。



[ 人の心の内側には、表に出たがってる情報が待機している ]


そういう言い方をしちゃっても、間違いないんじゃないかって、私はそう思ってるんです。


いや、違うな。


う~ん、うまく言えないけど・・・


とにかく自分の経験から、ある種の仮説みたいなものが確立しつつあります。


その仮説とはこのような確信なのですが、果たして皆さんはどう感じるでしょうか?



仮説1 : 期が熟し準備が整った時、人は気づくべき情報に出会う



仮説2 : 自然界はそうなるように巧妙に作られている



表に出たがってる(と思われる?)情報は、クッキリ鮮明な時もあれば、ぼんやり曇っていることもあります。


常に天気のように移り変わっているし、受け取るものも必ずしも正解とは限らない。



<繊細>・・・だけど<頑固>


そして<凶暴>極まりありません。


それが潜在意識の特徴です。


我々は、モヤモヤしたこれら得体の知れない未知の生物を、優しく手なずけ調教しなければなりません。



異次元の世界の現実を、この世の法則にならって降ろすには、エネルギーの変換作業が必要です。


意識モードが自然に切り替わってしまう、すこぶる調子の良い時もある。


そんな時にはハッキリしたヴィジョンが浮かぶことが多いようです。


いつもそうあってくれれば嬉しいのですが、そう簡単にはさせて貰えません。


リーデイングの難しいところはそこら辺なんですよね。


そんな時はスランプが過ぎるのをじっと待ちます。


イチローが次のヒットを量産出来るまで、トレーニングしながら地道に待つ感じでしょうか?


自分サイドのコンデションも整えなければなりません。


いずれにしても確かなのは、情報を得るため、ヴィジョンを観るためには、それなりの努力が必要だってこと。


目に見えない世界とコンタクトを取るのも、結構エネルギーが要るんですね。

a0253145_12255210.jpeg

心の奥を読み取るリーデイング能力。


それは一体どういう原理で起こるのだろう?


不思議に思って調べてみたことがあります。


すると驚いたことにこの手の現象は、全て脳波のせいで起こるらしいことが分かりました。


通常の脳波の状態を変換し、潜在意識の領域のシータ派(4~7ヘルツ)へと持って行く。


すると「全てなるもの」の情報ソースに繋がることが可能なのだそうです。


それは深くリラックスした変性意識の状態です。


その時に出現して来る、ピュアな<微細エネルギー>と共振共鳴します。


そうすると自然治癒力や潜在能力などが開花しやすくなる。


と、理屈ではこのように言われています。



まず初めにヒーラーが潜在意識の扉を開き、宇宙意識のエネルギーをクライアントに媒介する。


すると自分とクライアントの意識がひとつに溶け合って、人の心や体の情報を感じたり、読み取ることが出来るようになる。


それがリーデイングの現象なのです。

a0253145_14072987.jpeg

人は人それぞれの感性が違うので、宇宙からの情報も感性を通して受け取ることとなります。


宇宙からの情報は、個人的なエゴや思惑を受けつけません。


ただただその人物にとって、その時相応しいことを知らせるだけ。


そういう風に出来てるんですね。


だから情報の内容はひとりひとり全く異なっていて、完全オーダーメイドです。


ある人にとって必要な情報とは<身体の臓器の解剖学的な様子>の場合もあるでしょう。


また別の人にとっては<過去の出来事から来るトラウマ>に関するものだったりする。


でもいずれにしてもその人にとって、その時最も必要な情報、重要で知るべきヴィジョンを受け取ることとなる。


そこら辺もちゃんとアレンジされています。


それがリーデイングの面白さ、不思議さなんですよね。




ヒーラーとヒーリングを受ける人は、同じ周波数、同じエネルギーで同調します。


<癒し>や<気づき>は、その瞬間を待ってたギフトのように自然に与えられます。


それは人智を超えたハプニングのようなもの。


偶然を装って知らされる<高次からのお知らせ>です。


目に見えない大きな力にあらかじめプログラムされていたかのように、<情報>は絶妙なタイミングで届けられることでしょう。


それこそが公開されることを待ってる、あなたへの<機密情報>なんですね。


a0253145_14073787.jpeg




[PR]
by viva1213yumiko | 2017-12-11 14:11 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)