<   2018年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

癒してガッテン

a0253145_21491655.jpg

人工知能の発達で人間の仕事の領域がどんどん奪われる可能性があります。


危険な仕事・過酷な仕事・単調な仕事だけでなく、優しさ・人間らしさを要求される仕事も同様です。


家事や介護のルーティンは、お手伝いロボットに任せれば良い。


子供たちは学習ロボットでお勉強。


赤ん坊の様子は子守ロボットに見てもらおう。


ありとあらゆるペットロボットがお年寄りの心を和ませる。


寂しがり屋の大人たちには、慰めを与える愛人ロボットを提供しましょう。


そんな未来はすぐそこです。


人間のあらゆる欲望・あらゆるニーズに人工知能は答えてくれる。


しかしそうなって来ると、人間の存在理由そのものも変わらざるを得ませんね。


未来の国語では「人間臭い」なんて言葉、必要なくなるんじゃないかしら?


徹底的に管理の行き届いたクリーンで安全な理想社会。


果たしてホントにそんな社会が来るのだろうか?


a0253145_21500704.jpeg


スティーブン・スピルバーグ監督の作品に<A.I.>というものがあります。


人工知能の発達で完璧な子供が生産されるようになった、そんな未来社会のお話しです。


美しく優しく賢く、病気知らずの完璧な子供がロボットとして作られ、子供のできない母親に与えられる。


子供型ロボットを起動し、自分を永遠に愛するようプログラムをインストールすればOK。


それだけで完璧な子供は未来永劫、壊れるその日まで母を愛し続けます。


母親は最高の幸福に包まれました。


夢にまで見た完璧な子供を手に入れたのだから、そりゃそうですよね。


でもやがて血を分けた本当の子供が、不治の病いから奇跡的に治癒すると、結局自分の子供の方を可愛がる。


母親は完成された子供ではなく、不完全な人間の子供の方に愛着を持つのです。


a0253145_21495776.jpeg


愛って人間の理解を超えてます。


愛とは実に不可解で、人間の理性とか損得勘定を軽々と飛び越してしまう。


「神様の愛情も母親のそれに近いのかも知れないなぁ〜」


私はふと、そんな風に考えました。


神様は完成された存在でなく、不完全な我々をいつまでも愛してくれている。


神は本物の母親のように、ず〜っと昔から我々を許してくれていたのだと・・・


あら? ちょっと<宗教チック>だったかしら?


でもね・・・


この世で起こる現象のすべてには、やっぱり人間レベルを超越したサムシング・グレート(神様みたいな大きな力)が、関与してると思わずにはいられないんですよねぇ〜



我々人間はA.I.と違って、完全ではない状態からスタートしてます。


不完全だからこそこの世に生まれる。


不完全だからこそ「完全に近づきたい」「幸せになりたい」と欲望し、人生を歩んで行く。


「体験したい!」という欲望そのものが<魂の原動力>です。


この世界で感じる<痛み>や<苦しみ><欠乏>さえも、魂は体験することを望んでいる。


それらを乗り越えれられたら、<喜び><豊かさ><調和>などの美しいものにたくさん気づけるからです。


a0253145_21504608.jpeg


では<魂の癒し>は何のために必要なのでしょう?


辛い経験を無かったことにするのが<癒し>ではありません。


<辛い>という意味づけや、それに対する「惨めだ」「恥だ」というような判断・評価を転換させること。


それが<癒し>の本質です。


辛い経験を「必要な経験だった」という理解・気づきへと変化させて行く。


「魂が成長する」ってそういうことを意味してるのです。


それこそがこの物質世界で手に入れられる最大の贈り物。


宗教チックに表現するなら、<神の恩寵>ってヤツですね。


a0253145_21513848.jpeg


宇宙の仕組みは人間のルールで動いている訳じゃありません。


宇宙全体で丸ごとひとつのシステムなのです。


結局地球って、宇宙の中ではまだまだ未熟な星なんでしょうね。


我々の意識も未だ眠りについたまま。


宇宙の創造主の発するエネルギーに気づかないし、気づこうとさえしていない。


それだけで終わらず、自らの魂をいじめ傷つけ、他者をも傷つけ、地球そのものを傷つけている。


存在している身近な奇跡を、見逃してばかりいるのです。


a0253145_21511937.jpeg

[ 愛は地球を救う ]って、24時間TVはそうスローガンを掲げてます。


でも本気で地球を救いたいと思うなら、まず最初にあなた自身を癒されなければならないのです。


うむ・・・?


何やら合点がいかないですか?


では、こんな風に例えてみてはどうでしょう。


私たちの肉体は60兆個の細胞が、正常に動き、機能して、初めて健康を保っています。


同じように地球に住むひとりひとりの魂が癒され、エネルギーに満ち、機能してなければ、地球の健康は保てません。


地球という大きな生命体の、私たちは小さな小さな細胞だからです。


細胞であるあなた自身が充分癒されていなければ、地球は元気でいられません。


あなたが自分を生きていなければ、地球に貢献出来ないのです。



だからこそ今、地球のためにも<魂の癒し>が必要です。


実際癒しが起こったならば、あなたも腑に落ち、合点が行くことになる。


[ 癒してガッテン ]


ガッテンして頂けましたでしょうか?(笑)


a0253145_21514208.jpeg


業務連絡:

<癒し>は頭で理解するものじゃありません。


<癒し>とは、心で感じ納得し、身体の中に落ちて行くもの。


立ち止まり、揺り起こし、自分を書き換える作業です。


それが<魂の癒し>


あなたを前進させる<聖なる儀式>です。


<癒し>の体験に興味を覚えたら、どうぞこちらをご覧下さい。




[PR]
by viva1213yumiko | 2018-03-20 15:27 | 人生・霊性 | Comments(0)