人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジャータカ物語

a0253145_17475123.jpg

古代インドでは「現在の我が身の存在は過去の生涯の延長である」という、輪廻転生思想が前提です。


「輪廻思想のせいで未だにカースト制度が廃れない」と言われるくらい、インド人の精神には輪廻の考え方が深く刻み込まれています。


つまり輪廻するのが当ったり前の世界なんですね。



でもそうだとするなら、最高の悟りに至った仏陀なんかは、過去の生涯で相当たくさんの功徳を積んだことになる。


「仏陀は前世でどんな生き方してたんだろう?」


「どうすりゃあんなに功徳を積めるの?」


「知っているなら誰か教えて〜」


多くの仏教徒がそう考えたに違いありません。


だからそのニーズに応える必要があった。


お釈迦様の生き様を、過去世のレベルまでのぞき見し、子供にも分かる寓話に仕立て読み聞かせる。


お釈迦様の本生譚、<ジャータカ物語>の誕生です。


a0253145_17490277.jpeg

<ジャータカ物語>にはお釈迦様の過去世の人物がたくさん登場して来ます。


国王・王子・大臣・バラモン・仙人・学者・商人・職人・盗人・・・


お釈迦様のように徳の高い人間には、数え切れないほどの過去世があるはず。


今までの輪廻でありとあらゆる人物になり、善行を重ねて来ているはずだ。


と、そういう解釈なんですね。



さすがに仏陀になるような大人物。


我々とは善行のスケールが異なります。


<ジャータカ物語>の一節は法隆寺の国宝<玉虫の厨子>にも描かれていますが、飢えた虎の母子が気の毒だからと自からの肉体を提供したり(捨身飼虎図)、後世の人に尊い教えを伝えるため崖から飛び降りて命を差し出したり(施身問偈図)。


生きとし生けるものに対する慈悲心を、そりゃもう凄まじいほど持ち合わせているのです。


a0253145_17481798.jpeg


人間だけでなく、釈迦は大小の動物や鬼神にもなって登場する。


老人に食べ物を捧げるため、自らの身を火に投じたウサギの慈悲の行いは、月にまで登って後世に伝えられてます。(月のうさぎの話し)



いずれにせよ何に生まれ変わったとしても、その時々の役所に応じて衆生を救済する。


そして「生きとし生けるものを救いましたとさ」とまとめてしまう。


読む者・聴く者に善行を推奨するためです。


輪廻転生のお話しは、子供の道徳教育にもバツグンの効果があるのです。(笑)



a0253145_17490894.jpeg


仏陀の教えでは、すべての生きとし生けるものは輪廻転生します。


肉体は一時的に滅びても、魂は滅びることなく永遠に続く。


我々のような一般人は、死んでも今と同じように人間に生まれ変わるとは限りません。


我々が行なって来た行為の良し悪しで、六道輪廻(天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄)のいずれかの世界に生まれ変わらなければならないとされている。


人によっては今は何とか人間をやってても、次の生では昆虫・動物・鳥・魚などに生まれ変わる可能性もある。


しかし悟りを開いた一部の菩薩は次の生でも人間に生まれ、すべての生きとし生けるものの為に働き続けると信じられているのです。



a0253145_10382510.jpeg


チベットのダライ・ラマ法王もその一人ですよね。


ダライ・ラマは悟りを開いた観音菩薩の化身であり、チベットの人々を救済するために生まれ変わって来ると、チベットの人々は固く信じています。


現在のダライ・ラマの輪廻転生は、1世法王から数えて有に600年の歴史がある。


それより前まで遡れば「仏陀の時代まで行き着く」と、法王ご自身もそう仰っている。


と言うことは、軽く見積もっても2500年以上。


ね〜、これですもの。


輪廻や解脱に関しては、皆さんも気を長~く構えておかないといけませんよ。


解脱なんぞは、そう簡単に出来っこないんですから・・・(笑)


a0253145_17483227.jpeg

現在のダライ・ラマ14世法王は、2歳の時に転生が認められ、たった4歳で親元から離れ王宮で暮らし始めた。


チベットの<輪廻転生制度>によってです。


ダライ・ラマの<転生認定>は、様々なプロセスを経て決定されるようです。


まずは先代法王の遺言・遺体の状況・神降ろしによる託宣・聖なる湖の観察・夢占い・何らかの奇跡などによって、次のダライ・ラマが生まれる地方や幾つかの特徴が予言される。


捜索隊がその地方に住む子供を探し、誕生時の特徴や幼少期の癖などから、予言に合致する候補者が何名か選ばれます。


その上でその候補者が本当の化身かどうか、前世の記憶を試して調査される。


先代ゆかりの品物とそうでない物を見せたり、先代と同じ癖があるかなどで転生の認定がされるのです。


小さな子供が法王の側近しか知り得ない情報を知っていたりするのだから、<輪廻転生制度>にはまったく驚かされます。


ひょっとして我々の<民主主義制度>より嘘がなく、有意義な側面があるかも知れませんね。

a0253145_17484261.jpeg

生まれ変わりの記憶を持つ子供って結構多いみたいです。


子供は自我の意識がまだゆるく、やすやすと宇宙意識に扉が開く。


でも6~7歳になり学校へ行く頃になると、扉はピタッと閉まってしまう。


そうでないと自我が育たず、社会生活が送れなくなるからです。


でも本来の私たちは子供時代の頃のように、純粋な記憶にアクセス出来るはずなんです。



誰もが過去生の記憶を、記憶の保管庫にしまい込んでます。


そう、誰もがです。


口には出さないけど、その件に関してはうっすら心当たりある人も多いんじゃないかしら?



過去の経験による喜怒哀楽の感情は、忘れたように思えても心の奥にパターンとなって記憶されます。


その記憶情報はクラウドに移動して保存されているのです。


だから私たちは、普段その情報にアクセス出来ません。


人は皆生きるのに忙しく、クラウドの保管庫のことなどすっかり忘れてます。


またどうしても必要な時には思い出すようになっているので、強引にアクセスする必要もないのです。



しかし今のこの時代、魂の進化のスピードも急速に上がって来ています。


このような記憶情報の仕組みを理解し、純粋な生き方を実践するなら、過去世の記憶を呼び覚ませる人は続出するはず。


あなたも自分の<ジャータカ物語>を語り始めるかも知れませんよ。


a0253145_17491778.jpeg

<ジャータカ物語>のお釈迦様の過去世は、とてつもなく立派です。


「人間はこれほどの精神の高みにまで至ることが可能だ」という、ま、一種の理想のモデル像ですね。


でもだからと言って「あなたの命も虎にくれてやりなさい」って訳じゃないですから、そこら辺は勘違いしないで下さいよね。


物語が伝えたいのは「生きとし生けるものの命に共感しなさい」ってことです。


命を思いやるその感性が大切なのです。


<思いやり>とは命の連鎖を想像することから生まれます。


命を思いやる気持ちはひとつの文化なんです。


<思いやり>は文化になって次の世代へ受け継がれて行く。


<愛>や<慈悲>に形を変えて、人から人へと表現されて行くのです。


日本人のDNAに眠ってるこのような仏教観が、今こそ目醒めてくれたなら、とても素晴らしいこととなる。


<思いやり>と<共感>をベースにした<民主主義制度>が生まれる可能性も残っています。


世界に尊敬されるような社会モデルは、スピリチュアルな価値観をベースに築き上げるのが理想です。


そうでないと、もう未来は成り立たないかも知れません。


a0253145_17492338.jpeg

輪廻転生システムって<魂レベルの自分>を思い起こさせるのに、とても便利なツールだと思います。


人生は永遠に続いて行く。


だから途中で諦めてはダメ。


<思いやり>は自分も他者も両方を幸せにする。


ほらね・・・


学校教育や終末医療の現場なんかで、そのまま速攻役に立ちそうでしょ?


a0253145_17485549.jpeg


私たちは何のために生きるのか?


大切なのは輪廻を通じて自分をもっと成長させること。


更に大きく意識を広げることです。


そうすればクラウドの保管庫もいつか100%公開が許される。



私たちは何のために生きるのか?


もしかすると「失われた記憶を思い出すため」なのかも知れませんね。


a0253145_10383808.jpeg






おまけ:雑誌紹介記事

業務連絡:HPはこちらから






by viva1213yumiko | 2018-11-27 16:51 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

マンドラゴラの参鶏湯

a0253145_13045049.jpg

突然ですが、マンドラゴラってご存知ですか?


マンドラゴラは古代の医学書や古典文学、現代の映画や小説、アニメからゲームに至るまで、様々な場所で取り上げられている<魔法の植物>のことです。(別称マンドレイク)


映画<ハリーポッター>にも薬草学の授業か何かで登場して来るので、聞き覚えのある方もいるかも知れません。


魔法薬・錬金術・不死の材料・媚薬・精力剤・・・


フィクションの世界では何にでも使える<万能植物>として扱われている。


だからイメージばかりが先行し、マンドラゴラのことを空想キャラクターだと思ってる人が多い。


でも実はコレ、実在する植物なんです。

a0253145_13063263.jpeg

マンドラゴラは<ナス科マンドラゴラ属>所属のれっきとした植物で、<愛のリンゴ>というニックネームを持ちます。


主に地中海から小アジアに見られる有毒の薬草で、愛らしい紫色の花を咲かせる。


でも最も特徴的なのは人間の身体にそっくりの、その<根>です。


根っこが二股に分かれていて、人間の姿形ととっても似ている。


だからそのせいで、古くから「魔力を持つ不思議な植物」として恐れられて来ました。

a0253145_13052437.jpeg


マンドラゴラの根っこには、幻覚作用や身体麻痺もたらす<アルカロイド>という成分が含まれていて、過食すれば死に至る強い毒性があります。


中世の頃はしばしば魔術の材料として用いられたらしい。


それが「魔法の力を持つ伝説の植物」という、今日のイメージの元になったようです。


噂には尾ひれがつき、やがて凄い効果の魔法の植物になった。


中世ドイツの女子修道院長、ビンゲンのヒルデガルドは「マンドラゴラは人間の形に似ており、だからこそ悪魔の悪行と軽力に似つかわしい」と言ったんだそうです。


まったくオドロオドロしい植物です。


a0253145_13062758.jpeg

マンドラゴラには性別もあるのです。


正しくは春に咲く早咲き品種と、秋に咲く遅咲き品種との差なのですが、二種の違いが<オス>と<メス>になり、俗説は広がって行きました。


魔術の基本法則の中に<類似の法則>というのがあります。


「類似したものは類似の現象を生み出す」という法則です。


ほら、呪いのワラ人形。


人形を憎い人間に見立てて、釘を刺して呪うヤツ。


「類似のものに類似現象を起こす」のだから、典型的な<類似の法則>ですね。



中世のヨーロッパでは「人体に似た植物はその部位の病を癒す力がある」と信じられていました。


だから根っこが赤ん坊のような形なら、毎晩枕の下に置いて寝ることで女性は身ごもりやすい母体になる。


根っこが女性のような形だったら、男性は懐に忍ばせて意中の女性を射止められる。


目的に良く似た形の根であることが肝心です。


根っこの様々な形によって愛情や妊娠を授かり、幸運・富・力がもたらされると信じられました。


当時ヨーロッパ全土では、誰もがマンドラゴラの根を求めたので、詐欺師はまがいものを売っては大儲けしてたそうですよ。



a0253145_13050620.jpeg

またマンドラゴラは土から引き抜かれる瞬間に耳をつんざくような悲鳴をあげ、それを聞いた人間を殺す(発狂させる)とも言い伝えられています。


マンドラゴラの根っこは細かい根が複雑に密集し絡み合っており、そのために地面から抜くのが非常に難しく、無理やり抜こうとするとメリメリと音を立ててちぎれてしまう。


これが「抜くと悲鳴をあげる」という伝説の由来だそうです。



マンドラゴラは引き抜くと大きな悲鳴をあげ、それを聞いたものは死んでしまう。


だから安全にマンドラゴラを手に入れるためには、次のようにしなければならないのです。


採取に適した新月の暗い夜に、飼い犬を連れて出かけます。


そしてまずは耳栓をする → 根の周りの土を掘り起こす → 犬の尻尾と根をロープで結ぶ → 十分に離れる → 遠くに餌を投げる → 犬が駆け出す → マンドラゴラは引き抜かれる。


この一連のプロセスを守らなければなりません。


気の毒な犬は命を落とす。


けれど人間は無事マンドラゴラを手に入れられる。


マンドラゴラの叫びを聞いて死んだ犬はその場に埋めてやる、というのもお決まりのようです。


犬にとっては不条理だが、伝説はそのように伝承しているのです。


a0253145_13055243.jpeg


伝説は他にもまだあります。


「マンドラゴラは死刑台の下に芽を出し、絞首刑になった人の身体から滴り落ちる体液で成長する」


「マンドラゴラをワインで洗って小箱に保存しておけば、未来のことを教えてくれるし、不妊症の女も懐妊させる」


「マンドラゴラは成熟すると根が足となり辺りを徘徊する」


ここまで来ると植物というよりも、むしろ不思議な力を持つ妖怪ですね。


とにかく、マンドラゴラには人の想像力に強烈なパンチを与える何かがある。


どんな時代になろうとも、人は心揺さぶる不思議なパワーを求めずにはいられません。


数々のマンドラゴラ伝説が他ならぬその証拠になるでしょう。


a0253145_13055814.jpeg

マンドラゴラの姿は高麗人参にも似ています。


両方とも見るからに滋養がありそうですが、果たして味の方はどうなんでしょう?


<マンドラゴラの参鶏湯>・・・?


どうかなぁ? イケるのかなぁ?



魔術には「感染の法則」というのもあります。


「かつてひとつだったものは、分離した後も他に対して影響力を持つ」って、そんな法則です。


先住民の文化では「生き物の<いのち>を食べることでその生き物の力を宿すことが出来る」と考えるのですが、マンドラゴラを参鶏湯で食べたら、より一層強烈に<いのち>のパワーが得られそうですよね。


マンドラゴラも、人間もニワトリも、生まれる前は同じひとつの大きな<いのち>だった。


かつてひとつだったものがそれぞれに分離し、それぞれの与えられた<いのち>を生きる。


そして役目を終えて鍋の中で、再び<いのち>はひとつになる。


改めて<マンドラゴラの参鶏湯>、いかがでしょう?(笑)


相当パワーつきそうです。


a0253145_13060245.jpeg


地球には奇妙な植物がいっぱいです。


不治の病いを癒す植物も、まだまだたくさん存在すると言われてます。



人間はマンドラゴラのことを<小さな人体>と解釈しました。


それと同じように、我々は地球のことも<大きな人体>と解釈しなければなりません。


地球はひとつの<いのち>、ひとつの生命体です。


小さなマンドラゴラに人を癒す力があるなら、きっと我々にも地球を癒す力があるはず。


<小さないのち>も<大きないのち>も、見えない部分では深く深く繋がっているからです。


a0253145_13062389.jpeg





おまけ:雑誌紹介記事


業務連絡:HPはこちらから







by viva1213yumiko | 2018-11-12 11:15 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)