おいしい<りんたま>

田舎暮らしの美点は色々ありますが、一番の魅力は何と言ってもおいしいものが多い点であります。

生産者との距離が近いので、安心・新鮮な食材が安価に手に入れられて嬉しい限り。

町内の山田さん夫妻が作った有機米とか、角の鈴木のお婆ちゃんが作ったほうれん草とか、加藤おじさんのしいたけとか、隣のおばちゃんがつけた漬け物だとか・・・

本当に顔を知っている人々の生産物を手に入れることが出来るのです。

「あのお婆ちゃん、いつも丹精込めて野菜作ってるもんね〜」

「さすがにおいしいわよね」

なんて、食卓の話題まで提供してもらえてありがたい。


生産者直売所がいたるところにあるので、まめによく覗いてみるのだが、時々思いもかけない素敵なものを発見したりします。

本日もりんごの産地、栃木県矢板市の直売所で素敵な玉子を発見しました。

放し飼いのニワトリに自家製ブレンド飼料と無農薬野菜、そして矢板市長井産のりんごを食べさせて、産んでもらった特製玉子。

その名も<りんたま>だ。

a0253145_2111539.jpg


生産者のエンジェルファームさんは「おいしくて明日のチカラをもらえるような卵」をめざしていて、黄身の強さに自信があり、楊枝3本刺しても大丈夫という触れ込みです。

早速、<りんたま>お買い上げ。

今夜は楊枝を突き立てた、玉子かけご飯と決定いたしました。


こんもりと弾力ある濃厚な黄身には、なんと本当に3本の楊枝が立ってしまいました。

a0253145_2184711.jpg

白身だってそう、ゼラチンみたいにぷるんとしていて、なんだかセクシー。

そしてほのかに香る、フルーティーなりんごの香り。

そう、<りんたま>ご飯は甘かった。


元気なオレンジのビタミンカラーご飯に、ほんのちょっとお醤油かけて・・・

さぁいただきましょう。

<りんたま>ご飯。

おいしくって、ほんと、何杯でもおかわりできちゃいます。

あなたにも教えたいですね。

この<りんたま>パラダイスを・・・

   
   
 炊きたてのご飯のうえに 

 オレンジ色に神々しく輝く、りんたまの黄身

 ああ!それは日出ずる国ならではの夕げの佇まい

 遠い記憶の井戸の底

 きっと誰かが合掌している

a0253145_2192162.jpg






  

[PR]
# by viva1213yumiko | 2012-03-28 21:19 | 衣・食・住 | Comments(0)