タグ:トラウマ ( 4 ) タグの人気記事

おちんちんの讃歌

a0253145_2016432.jpg

「オッパッピィ~~!」

7才になる友人の息子が意味不明の言葉を発しながら、車の中で騒ぎ出した。

母親以外の女性のオッパイやお尻が気になる年頃なのだろうか、たいして豊かでもない私の胸を、隙あらばツンツン突いて悪戯してくる。

そこにはある種の主張が隠されているのです。

それは「女の人はオッパイだね。でも僕にはオチンチンがあるのさ。えっへん」って主張です。

つまり早い話し、自分のおちんちんの存在証明をしたい訳なんですね。


口唇期(0~1才)→肛門期(1~3才)→男根期(3~6才)

両親の愛情を存分に受けて、発達心理の各ステージを通過し、今や社会性を学ぶ段階の彼。

それは他人の肉体を知りたがる時期でもあります。

大人とはまた違った意味で、オッパイやおちんちんに興味深々なんですね。

幼くてもエロスはDNAに組み込まれている。

最近では金髪水着美女の画像を見たがっては「ママのオッパイと違うね」と同意を求めるそうで、父親も苦笑しておりました。(笑)


男の子はおちんちんを通じて大人になる。

まさしく本当にそうなんだなぁ〜って思います。

男の子はおちんちんの優越性で、男らしい能動性や攻撃性を育むのだそうです。

「僕はおちんちんを持っている。しかし女の人はおちんちんを持ってない。」

どうやらその辺りが最も自慢したい部分なのかも知れません。

彼はおちんちんを通じ「自分とは一体何ぞや」と、アイデンティティーを学んでる真っ最中なのです。

おちんちんとは<男と女><大人と子供>の境界線辺りに見え隠れする、何か根源的でシンボリックな象徴なのでしょう。

だから何のかんのといいながら、結構みんな興味あるんですよね。(笑)

a0253145_20115311.jpg

そういえば私も小学4年生の頃だっただろうか、おちんちんを巡る奇妙な経験をした事を思い出しました。

ちょうど大人と子供の境目辺りの、<おちんちん原体験>ともいえる体験です。


秋の日の昼下がり。

自宅近くの路地裏で、気弱な痴漢のお兄さんに遭遇してしまったのです。

「い、いいもの見せてあげようか?」

変態のお兄さんはそう言うと、両手でコートの前をガバッとはだいだ。

当然のごとく、めくったコートの中はスッポンポン。

いたいけな少女は「キャ~」

変態さんはエヘラヘラ・・・

まぁこれが普通のパターンでしょうか。

しかしその時の私はちょっと違った反応を示してしまったのです。

というか、大体においてお兄さんの大事な部分がよく見えなかった。

午後の眩い日差しの影になって、彼の局部はモヤモヤの暗黒星雲、どう見ても猥雑な暗がりにしか見えなかったのです。

「ん、ナニコレ・・・?」

いたいけな少女は悲鳴を上げることなく、むしろ驚きもせず、まじまじとお兄さんの股間を凝視した。

そして変態のお兄さんの股間と瞳とを、交互に見比べたのです。

「ナニコレ・・・?」

いたって冷静な感じにだ。

こうなると出ばなをくじかれ、恥ずかしくなってしまうのはお兄さんの方だ。

急いでコートの前を閉じて、顔を赤らめ逃げるように過ぎ去るしかなくなってしまった。

午後の路地裏を、背中を丸めた変態さんが行く。

そんな風変わりなシーンが原風景として浮上して来たのです。

a0253145_20122634.jpg

それは潜在意識に収納され、長い眠りについてたおちんちんの記憶でした。

今にして思う。

あれは一体何だったんだろうと・・・

幸いな事に私のおちんちん体験とは恐怖体験でなく、未知の空間を垣間見た不思議経験としてしまい込まれていました。

しかしこれは、たまたまラッキーだっただけの話しなんでしょうね。

同様の体験がトラウマとなって、男性恐怖やSEX恐怖に苦しんでる女性も多いはずです。

おちんちん体験とは、女の子にとってもある意味大きな通過儀礼なのです。


実際世の中には、男性器への恐怖感を持つ女性はたくさん存在するのです。

「病的なくらいの潔癖症で困ってる」なんていう人も、幼少期の性にまつわる体験(あるいはそれ以前からの記憶)に影響されてる可能性が高いですね。

そういう女性たちは、自分の中で不合理に膨らんでしまった誤った情報を、健全な情報に書き変える必要があります。

つまりおちんちんに対するネガティブな観念を、明るく健康的なものに変えて、それに起因する諸々の不幸に光をあてる作業が必要なのです。

a0253145_20133967.jpg

性にまつわる様々な問題には大人もハッキリ答えてあげられないし、聞いてはいけないみたいな雰囲気だし、いつでも曖昧さを抱えたまま我々は大人にならなければなりません。

昔の日本では混浴が当たり前でした。

子供たちはそれを見て、ごく自然な形で性を学びます。

昔の人のように性に大らかだったら、人間はどんなに明るく健康的に育つだろうかと思うと、この現代社会の歪みを改めて考えさせられます。

性にまつわる事は、子供たちに明るく希望を持って伝えたいものですよね。


世の若き女性たちに告ぐ!

決して性の問題などに怯むことなかれ。

あなたが恐れているものは、ただ単に未知のものだからなのかも知れませんよ。

暗黒星雲のイメージを、明るい場所・光の当たる場所に引っ張り出してみてごらんなさい。

それが出来たらなら・・・

おちんちんは絶対、眩く愛おしく崇高な存在に昇華するのです。(笑)

a0253145_20415922.jpg


追伸:讃える歌も作ってみたので、皆さんで歌ってみて下さい。(冗談)



     <おちんちんの讃歌>

   愛といつくしみのあるところ

   神の教えは完全で、魂を生き返らせる

   そのさとしは変わらず、心に知恵をもたらす

   悪の力から解き放たれ、誠の自由を得たなら

   完璧な機能、完璧な美しさ

   神の栄光と祝福が宿る場所

   ハレルヤ、ハレルヤ・・・

   皆で讃えよう、おちんちんの歌

                


[PR]
by viva1213yumiko | 2015-06-19 12:48 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

レリゴー現象

a0253145_2335876.jpg

アニメの話題をもうひとつ。

「歌とファンタジーと家族愛」で観客動員数1000万を超えた、デイズニーアニメ<アナと雪の女王>

その主題歌<Let It Go>をカラオケや口パクで唱うのが流行りです。

カラオケランキングでも首位獲得で、これを<レリゴー現象>と呼ぶのだそうです。

実は私もお風呂の中で、 ♬レリゴー レリゴー って唱うの好きなんです。

ぬるめのお風呂に天然塩を溶かし、 ♬ありの~ ままの~ って歌うと浄化が早いような気がするんだけど・・・

これって単なる気のせいですかねぇ?


a0253145_2345747.jpg

デイズニー初のWヒロイン、エルサとアナはキャラクターが全く違う姉妹です。

優雅なエルサは長女としての責任を果たすタイプ。

まぁ王室の後継者なのですから、当然と言ったら当然なんですが、自分の欲望よりも立場優先、常に自制心をコントロールして周囲との調和を計ります。

雪の結晶のように整ったもの、整った自分を良しと思っています。

それに比べ、次女のアナは明るく無邪気でマイペース。

おっちょこちょいで世間知らずだけど、とにかく行動力があり、愛を信じて無鉄砲に飛び込んで行く。

自分の欲望に忠実な感覚派のタイプです。


あなたはアナ派? それともエルサ派?

周りにいる女性たちに、どっちのタイプか訊ねてみると面白いですよ。

それとなく探りを入れてみたのですが、私の周りには周囲の期待に添おうとする日本的優等生が多いのか、「自ら孤独を選んだエルサの苦悩に共感出来る」という声が多かったです。

我々も周りを遮断し殻に籠ってる時は、心が氷になったように感じるものです。

だからエルサの哀しみに共感出来るし、多くの人は氷の城での彼女の変貌に深く感じるものがあった。

エルサが<Let It Go>を歌いながら氷の城を築くシーンは本当に圧巻です。

けれど、あれは押さえ込んでた自分を解放する、自由と喜びの歌というのとちょっと違います。

他の人たちを守るため、親の言いつけに盲目的に従い、自分の本当の姿を人に知られないようにし、今まで自分を否定して生きて来たけど「これからは自分らしくいるために独りで世界を生きて行くわ!」と、決意表明した歌なんです。

エルサ最大のトラウマは8才の時。

秘密の力で妹を傷付けてしまった事ですよね。

子供の頃の傷付いた心(インナーチャイルド)を持つ人は、自信を失ってる人が多いんです。

ありのままの自分を隠し、必死になって周りの評価を得ようともがき続ける人もいる。

自分らしく生きて行こうとすれば当然困難も多いでしょう。

「それでもいい! 覚悟してそれを受け入れ生きて行こう!」 

<Let It Go>はそう決意する歌なのです。

そう、この作品の主題は「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」だったのです。

a0253145_2355580.jpg



「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」

言葉にすると陳腐ですが、これは誰にとってもとても大きなテーマになります。

この作品について、ある女性解放論者のこんな解説を発見してしまいました。


このエルサというキャラクターには、男性中心の社会の中で自分を押し殺し、否応なく一定の型にはまって生きざるを得ない、世界中の女性たちの鬱屈が込められている。

社会が求める女性像からはみ出したエルサを氷の城に追いやったのも、そして彼女をモンスターとして追いつめるのも、無理解で無慈悲な社会であり、そんな社会を支配する男性だった。

社会から孤絶して生きようとするエルサと、そんな彼女をもう一度社会に連れ戻そうとするアナ。

二人の運命が交錯する瞬間、本当の意味でヒロインのための物語が生まれる。

ヒロインそれぞれに課された過酷な運命は、突然何処からか降って沸いたような曖昧な存在たる王子様ではなく、文字通り彼女たち自身の行動力と必死の努力で切り開かれた。

エルサにかけられた魔法の呪いも、アナにかけられてしまった呪いも、どこかの王子様の<無償の愛による救済>というヒロイン物語の主旋律を、彼女たち自身に取り戻す事が出来た。

その意味で、ヒロインという存在を本当の意味でリスペクトする内容だった。

だから世界中の観客が納得したのだ。

そこには何百年もの間続いて来たジェンダー闘争への、ひとつの回答が隠されているように感じられる。

自らの意志を持って生きる道を模索し始めたヒロイン像があるのだ。


なるほど〜

この女性解放運動の活動家は、白馬の王子によって救われる従来型のヒロインではない、ニュータイプのデイズニー・ヒロインの登場が、新しい時代の幕開けを象徴していると主張したいようです。

たかが(失礼!)ディズニーアニメからジェンダー論まで展開するなんて・・・

大胆で大袈裟、かつ面白い!

男性社会の中で差別され抑圧されて来た女性性を解き放つ事。

それがこの女性運動家の使命であり、お役目という事なのでしょう。

a0253145_23105011.jpg


「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」

私に言わせて貰えば、それは大いなる自己(ハイアーセルフ)が設計した人生を思い出し、それに同調し、使命を果たすって事になります。

ハイアーセルフはこれまで生きて来た過去の自分、未来の自分すべてを覗き込んでいる、自分の上位階層の意識の事。

そのレベルの意識では、過去において何が完了出来なかったか、どうすればそれを克服しバランスが取れるのか、そんな事はみんなお見通しなのです。

分かった上で自分に経験と才能を与え、それをどう料理するのかを黙って見守ってる、器の大きなおっ母さんってところです。

そのハイアーセルフと上手くコミュニケーションし、自分の感覚を信じて人生を選択して行く。

そしてそういう人生に喜びと満足を得る。

「ありのままの自分を受け入れ、本来の自分になって、自分の力を活かす」ってそういう事なんだと思います。

a0253145_2310258.jpg

  
 
 ♬ありの〜 ままの〜 自分に帰るのよ〜♬


今夜も半身浴をしながら、私は<レリゴー現象>に想いを馳せています。

すべての人の魂が浄化され、本当の自分を思い出し、自分の力を<Let It Go>する日の事をね・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-05-12 14:53 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

人生ドラマ・悲喜こもごも

a0253145_22382247.jpg
人生には人それぞれ学ぶべきレッスンがあります。

またその種類も千差万別なんですよね。

100人いれば100通りのレッスンが用意されているので、人の価値観はそれぞれ、人の悩みもまたそれぞれなんです。


孤独と向き合う事に耐えられないという人のすぐ隣に、逆にひとりでホッとしている誰かが存在するような、この不思議、このユニークさ。

それが世界というものなんですよね。

そこには人間のバラエティの豊かさがあります。

人生ドラマの悲喜こもごもは全てここから発生するのだし、偉大な物語が生まれて来る土壌というのもそこにある訳です。


もう一度繰り返しましょう。

人はひとりひとり個性が違うのです。

他者は、あなたとはまるで違う世界を生きているのです。

そのはずなのに・・・

人が感じ取る<哀しみの情念>というものは、不思議なほど似通っているって知ってますか?


試しにちょっと、人間関係の中で起こりうるトラブルについて想像してみましょうか。

相手は恋人でも友達でも誰でもいいのですが、ここでは意見の食い違いや論争の中で浮かび上がって来る、自分の<感情>について意識してみて下さい。

ムカつく相手に対して沸き上る感情を、冷静に客観視してみます。

すると・・・

「アイツって奴は全くホントに」

[怒りっぽい・冷たい・側にいてくれない・批判的・偏見がある・暴力をふるう・嫉妬深い・はっきりしない・怖い・厳しい・不誠実・不公平・いじわる・操ろうとする]


多分あなたの感情は、これらの内のどれかに当てはまるんじゃありませんか?

それって殆ど皆んな同んなじなのです。

笑っちゃうくらい、皆んな同じ感情が浮かんで来ると言われます。


実は人の心の底には、これら否定的な感情がどっかりと腰をおろしています。

全ての人の心に、最初からこびりつき居座っているらしいのです。


あまり認めたくない話しですが、これらの感情、一体どこからやって来ると思いますか?

なんとその感情の90%は、幼少期(生後7年間)に蓄積した情報の貯蔵庫から来るのだそうです。

自分をイライラさせるネガティブな感情とは、小さい頃自分を育ててくれた保護者に対する記憶の反応なのだと言われます。

その感情とは、<親に対する不満の現われ><満たされない思いへの苛立ち>がベースになっているのです。

a0253145_22331554.jpg

人は誰でも、自分の両親へのアンビバレンツで複雑な感情をかかえています。

貧しい人も、裕福な人も、愛情不足だった人も、愛情過多の人も、誰でも等しくこんな思いを隠しているのです。

自分が親から受け取った愛とは・・・

「生存するには充分だったが、満足するには不充分だった」 と・・・


そしてそんな思いを抱えている事を忘れ、大人に成長してしまうのです。

満足出来なかった子供時代の愛は、何かトリガーになる出来事をきっかけに、必ずや自分の古傷をアタックして来ます。

小さな子供ってスクリーンに写る怪物を本物と思い込み、泣いたり怖れたり怒ったりしますが、我々もそれに似たような事を日々行っているのかも知れません。

殆どの人は目の前で起きる出来事でなく、遠い過去の記憶に縛られ、怯え、腹を立てているからです。

つまり、<人は誰もが満たされない愛を抱えていて、目の前の他者に投影し、メロドラマを生きている> という事なんですね。


もしも今あなたが人間関係で悩んでいるのなら、一度立ち止まり、両親との関係を洗い直してみる事をお勧めします。

心に宿る、根源的な愛への不満・怖れを見つめ直すのです。

ヘドロのようにこびりついた、満たされずにいる根源的な感情に気付き、それを浄化出来れば、あなたの人生は今までとは全く違ったものとなる事でしょう。


人生ドラマ・悲喜こもごも。

そのドラマのベースは、殆どの場合<親子の愛の物語>です。

親子関係で相続される<心の癖>がドラマになって、悲劇を呼んだり喜劇を生んだりしてるらしいんですね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-08-28 22:22 | 人生・霊性 | Comments(0)

トラとウマとが仕掛けた罠

a0253145_183349100.jpg

トラウマとは過去に体験した心の傷が癒されず、後々までずっと影響が残ってしまう状況の事を言います。

子供の頃に親から虐待されたなどの特別な経験でもしない限り「自分にはトラウマはない」思いがちですが、実はほとんどすべての人にトラウマは存在するのです。


トラウマとなるような出来事が潜在意識にインプットされると、我々は自然に無意識のうちにその情報に従って、考えたり行動を起こしたりします。

軍隊の命令システムと同じですね。

上官である脳の指示には逆らえないのです。

厄介な事に、この情報は自動的に自然な反応として出てくるので、これこそ心の本物の声だと思え、疑う余地がないのです。

確かに直感の情報ソースは頼りになりますが、心にトラウマがある場合、話しはちょっと違って来ます。

a0253145_18361572.jpg

例えばあなたが、夫婦仲の悪い両親に育てられたとしましょう。

父親は怒鳴り、母親は文句ばかり言ってる。

例えばそんな家庭です。

子供の頃、夫婦喧嘩のシーンをたくさん見て育ったら、あなたの脳は夫婦生活というものをこう認識し、潜在意識にインプットするはずです。

 [夫婦生活とはバトルの連続である]

ピピピ・・・カタカタカタ・・・保存完了


一度刷り込まれたトラウマ情報は、癒されない限り自動的に同じような状況を、あなたに作り出して来ます。

だから優しい男性が現われて自分に尽くしてくれたりすると「素敵な人だなぁ」と直感的に思っても、なぜか違和感があって退けてしまったりするのです。

逆に支配的で強い口調の男性の方が、父親のパターンから馴染み深く懐かしいので、違和感なく打ち解けるような気がしてしまうのです。

その父親がたとえお酒好き・ギャンブル好きで、甲斐性のない暴力男だったとしても、潜在意識に刻み込まれる情報には例外はありません。

 [父親=郷愁=アル中=暴力=ダメ男=異性=執着]

という検索結果が、脳の中から自動的に送り出されて来るのです。

そして、幸せになれそうもないと予感しつつも、情報通りにアルコール中毒やギャンブル中毒の男を選んで、運命の人だと勘違いしたりするのです。

これこそがトラとウマとが仕掛ける、隠された罠のカラクリであります。


ですからトラウマ(自分の心の傷)には、注意深くいて下さい。

そして遅かれ早かれ、いつかはトラウマと向き合わなければならない時が来るのだと知って下さい。

心の傷を認め、癒さない限り、あなたの人生は永遠に偽の情報に振り回されたまま終わります。

もしもあなたが現在行きずまっていて、けれども人生を前に進めたいと強く願うのなら、潜在意識を正しい情報に書き換える必要があります。

トラウマが仕掛けた隠れた罠を壊すのです。

a0253145_18405814.jpg

長い目で見たら、「人生は我々をより完全な人間にしようと促してる」と、そう思えるものですよ。

人生とは、完全な人間になるために、経験すべき事柄を、必要な人物を添えて、導いてくれているからです。


幸せを何に感じるかは人それぞれですが、最終的には人は幸福への道を淀みなく進めるように、上手く計画されているって気がします。

トラウマの声に行く手を阻まれ、無駄に遠回りしないように、お互いしっかりと歩いて行きましょうね。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-05-17 19:04 | 人生・霊性 | Comments(0)