タグ:呪い ( 5 ) タグの人気記事

映画<美女と野獣>

a0253145_1794185.jpg

おとぎ話しフェチの私には、愛好するファンタジー作品が多いのですが、その中でも特に<美女と野獣>は外せません。

アニメやバレエ、ミュージカルで有名なので、知らない人はいないですよね。

今回実写版が公開されたという事で、早速に観に行って参りました。


呪いの魔法で醜い野獣に変身させられた王子が、純粋な乙女の真実の愛で救われる永遠のラブ・ストーリー。

美しいですねぇ。 心洗われますねぇ。

そしてなぜか心が大きく揺さぶられる物語でもあります。(私だけ?)


傷つき孤独で頑な王子様ってシチュエーションには、子供の頃からめっぽう弱かった私。

これって、一体何なんでしょう?

私の中には傷ついたヒーローがいて、何か事あるごとにマグニチュード7クラスで心を揺すり、その度に動揺させられてしまうんです。

心の大地震に右往左往して、物語のヒロインに必要以上に感情移入する。

だからそうね、いつもハンカチ2枚は必須です。

苦悩する王子の元型が心の中で活動を始めると、一般社会のごく平凡な男性が気の毒な運命の高貴な人物に見えたりして、それも困ります。

実際この元型のせいで勘違いの恋に落ち、トラブルに巻き込まれたりする人も多いんですよね。

この元型パターンに捕まると、情にほだされて男女関係の深みにハマったりするので要注意です。
a0253145_2014925.jpg

「気の毒な王子様を愛の力で救う物語」に、女性はなぜ心を揺さぶられてしまうのでしょう?

それについて考えてみた事があります。

世界の民話・伝説には<呪われた王子>だけでなく、大蛇や鬼や悪魔や、いわゆる<怪物>と結婚する乙女の話しが多いんですね。

異界のものと結ばれる運命。

それ故に幸せになったり、あるいは不幸になったりする、そんな女性たちの物語です。

「純粋な心を持つ乙女によって救われる異形の英雄」

このテーマってすべての女たちの心に宿っているんだそうですよ。

だから古今東西、この主題からは色々な物語が生まれています。

<カエルの王子><ノートルダムのせむし男><オペラ座の怪人><ドラキュラ伯爵><フランケンシュタイン><エレファントマン><キングコング>・・・

ね、異形の英雄ってやはり語り継がれてるでしょ?

他にも<男はつらいよ>の寅さん、<羊たちの沈黙>レクター博士、フェリーニの<道>ザンパノなんかも皆んな異形のヒーローと言えます。

彼らは<普通とは違う>という点で、すでにポイントが高いのです。

英雄が醜い姿(あるいはエキセントリックな性格)で、しかもその事に苦悩を抱えているという点が、純粋愛を培養する秘訣になってるんですね。

a0253145_1774090.jpg

この手の英雄ファンタジーの中には「人間は皆んな魔法にかかってる」って教訓が見え隠れてしています。

「自分は誰にも愛されるはずがない・・・」

恵まれた一国の王子と言えど、そんな否定的な呪いにかかってしまうのだから、その影響力を考えると、呪いの力(ネガティブなマインドブロック)の恐ろしさを感じずにはいられません。

呪いとは、恐るべきものです。

ここで皆さんも、是非とも自分に問いかけてみて下さい。

「自分は勉強ができない」「自分なんてダメだ」「自分には才能がない」「自分なんてモテっこない」

あなたもこんな呪いにかかっているとは言えないですか?


人は皆、多かれ少なかれ魔法にかかっています。

心の呪いを100%解く事が出来たなら、人生はすぐにキラキラと輝きます。

おとぎ話って、それを物語の形にして教えているんですよね。


心の呪いを解くというのは、異なる世界と触れて、そこから新しい価値を見つけ出す事です。

異界のものと出逢い、異なる世界とコミュニケーションする。

するとやがて理解という恩寵が訪れ、物事の裏にある真実の姿を見抜けるようになります。

「現象世界の背後に隠れた真実を知る知恵」

その知恵を使って呪いを解く事が、人生の上で何よりも大切な事なんですよね。

おとぎ話はそのための知恵を、優美な形で語りついでいる訳なんです。



a0253145_1764179.jpg


追伸
映画<美女と野獣>は、衣装と美術が素晴らしく美しい。

ベルが着るオートクチュールみたいなドレスや、イバラが絡んだ古城、ご馳走の並ぶ燭台のテーブル、癒しの泉のある温室など、絵画を見るようです。

正直、おとぎ話フェチではない人にとって見どころはそこだけかも知れません。

けれど<気の毒な王子様>好きな方なら、きっと満足すると思いますよ。

監督は日本のアニメからかなりインスパイアされてるようで、<ナウシカ>や<ラピュタ>や<進撃>のいいとこ取りが多く、そこら辺も興味深かったです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2014-11-14 16:56 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

母親の呪縛から解放される方法

a0253145_13375433.jpg
女性の方に限定で質問です。

ズバリ、あなたにはこんな側面がありませんか?

 

   ・真剣な恋になりそうになると身をひいてしまう。

   ・いつも人の顔色を伺ってしまう。

   ・つい相手の嫌な部分に目が行ってしまう。

   ・人に嫌な顔をされると自分のせいだと思ってしまう。



実を言うとこれらの問題は皆、母娘の関係が影響して引き起こされているものなのです。

ひとつでも思い当たるのなら要注意。

程度の差はあれ、あなたの潜在意識には母親とのわだかまりが隠れている可能性があります。


人は他者との人間関係の築き方やそのパターンを、殆どの場合、母親から引き継ぎます。

自分で好む・好まないとに関わらず、人間関係の傾向は母性の影響下にあるからです。

質問すべてが<Yes>だった人は、もはや警戒警報のレベル。

その場合、母親に傷つけられた心の傷を癒さない限り、心の底に潜んだしこりが原因となり、親と同じパターンを人生上で繰り返す可能性があると思って良いでしょう。


米国のカウンセラー、Dr タツコ・マーティン著<母親の呪縛から解放される方法>によると、人生が上手く行かないと思っている女性の9割は何かしら母親との問題を抱えているのだそうです。

あなたが一度も恋愛が出来ない本当の理由?

それは面倒見が良くて申し分のない母親の中に潜んでいる<コントロール願望>のせいかも知れません。

そして実はこれ、世間にとってもよくある話しなんだそうです。


娘を大事に愛し育てる、大多数のいわゆる普通のお母さんたちの心には、本人さえ気づく事のない、裏の情動があるのだそうです。

それは「私に愛されたいなら、母親の望む通りにしなさい。そうでないとあなたに愛情をあげないわよ。」という隠れたメッセージです。

もちろん母親本人もその感情にまったく気づいてません。

純粋に娘のためを思っていると100%信じています。

しかしその思考や行動を通じて無意識に娘をコントロールし、知らず知らずのうちに彼女の人生観・恋愛観を支配してしまうのです。

そこには娘を味方につける事で安心を得る母親、もう一人の自分になる事を娘に期待する母親がいると思われます。

女同士ゆえに、娘は母親からターゲットにされてしまう。

著者はこれを<母親の呪縛>と呼び、この呪いを解かない限り、その女性の持つ本来の資質は開花出来ないと主張しています。

「母は強し、そしてその呪いは更に強し」って訳なのです。
a0253145_1339064.jpg


一口に母親と言っても色んなタイプがありますが、著者は母親を大きく10のタイプに分けています。

1. コントロールマザー

   思い通りに娘を支配しないと気がすまない。
   子供との間に境界線がなく、子供を管理する。

2. 被害者メンタリティーマザー

   弱々しくみせて巧みな心理で娘を操作する。
   何でも人や社会のせいにして、自分で責任を負わない。
   全員から賞賛を浴びたい貧欲な精神が隠れている。

3. 完璧主義マザー

   努力を認めず完璧な結果だけを求める。
   子供は常に緊張させられ、不安に駆られ、リラックスできない。

4. オールドファッションマザー

   古風で保守的、男尊女卑的な考え方を持つ。
   表面的に男を立てるが、抑圧から男に悪いイメージを持つ。
   セックスは義務であると感じているので嫌悪感が強い。

5. 劣等感マザー

   周りを下げすんで心の安定をはかる。
   自分の娘に嫉妬したり、ライバル意識を持ったりする。

6. 建て前マザー

   周りにどう思われるかで自分の価値が決まる。
   人から羨まれる娘に仕立て上げる事が最優先。
   ブランド・名門校・ステイタスにこだわり、家族にもそれを強要する。

7. 欲求不満マザー

   常に不平不満が絶えず、グチを延々言い続ける。
   うつ気味でいつも文句を言っているので、エネルギーを吸い取られる。

8. 未熟マザー

   精神成長が止まったまま大人に・・・
   子供のように自己中心的でわがまま。 周りを振り回す。

9. 依存症マザー
 
   アルコール依存・仕事依存・掃除依存・買い物依存など。
   のめり込むと周りが見えなくなる。

10. 虐待マザー

   子供に苦痛を与えては自責の念に駆られる。



笑って済んじゃうレベルのものから、かなり重傷の深刻なケースまで・・・

確かに色んな母親キャラがあるものです。

しかしどのタイプの母親も大なり小なり娘の魂に呪縛を与え、彼女の人生を根底から支配しているのは間違いないみたいですね。

女性が成長し自分の本当の人生を生きるためには、母親の呪縛を解かなくてはなりません。

魔女の呪いを解かない限り、白馬の王子の登場に気付かぬまま物語は終わってしまうじゃないですか。
a0253145_13351763.jpg


著者は呪縛を解くために、以下の事を訓練する必要性を教えています。

   ・自分のトラウマを理解する

   ・自分を愛する事を学ぶ

   ・自分のために母を許す

   ・母との間に境界線を引く

   ・母に新しいパターンを植え付ける

   ・思考をボジティブ回路にスイッチさせる


自分の考え方を良く点検し、考え方を変える事で母娘関係を変えて行く事が大切だと結んでいます。


しかし、よく考えてみると母親自身もその母親の呪縛にかかり、自分を愛するってどんな事か知らないまま大人になっているのです。

代々受け継がれて来た<血縁の呪い>と言えなくもありません。

物語をハッピーエンドにしたければ、一度ルーツをさかのぼる必要があります。

昔の出来事をじっくりと思い出し、自分を愛し癒してあげる事・・・

そうしないと自分という花は咲きません。

母も娘も双方共に、実はそれこそが最も必要なのです。




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-11-25 13:25 | 人生・霊性 | Comments(0)

ゾンビ・パウダー

死人が呪術によって生き返るという<ゾンビ現象>

マイケル・ジャクソンやジョージ・A・ロメロの映画でお馴染みですね。

実は私もこのゾンビって、空想上のホラー話しだとばかり思っていました。

しかしどうやらハイチの暗黒社会で実際に起きていた、不気味な怪奇現象らしいのです。

a0253145_10313589.png

カリブ海のハイチには、故郷アフリカのアミニズムとキリスト教とを混合したような独自の宗教<ブードゥー教>が存在します。

激しいドラムとダンスによる陶酔や、異様な憑依現象、各種の呪術が特長のブードゥー教には、一般の聖職者の他にボゴールと呼ばれる呪術師が存在し、死者を甦らせる呪術は彼らが行っているのだそうです。


 ボゴールは目星をつけた死体が腐敗しないうちに墓から掘り出す。

 呪文を唱えながら繰り返し名前を呼ぶと、死人はむっくりと起き上がる。

 なおも名前を呼び続け、死人が歩き出したところで両手に縄をかけ捉える。

 こうして甦ったゾンビに魂はなく、ボゴールの奴隷となって使役されるか農園などに売られる。

 彼らはどんな酷使にも耐え、命ずるままに働き続けると言う。


しかし実際には死者が生き返る訳ではなく、ゾンビとは実はボゴールによって薬物を仕掛けられ、一時的な仮死状態にされたまま生き埋めにされた者の事らしいのです。

特殊な薬物が脳内の言語や意志力を支配する部分を破壊するので、仮死から覚醒しても人の指示通りにしか行動出来なくなるのだそうです。


当然気になるのはそのゾンビ用の薬物とやらですよね。

多数の科学者がゾンビの謎に挑んだのですが、誰ひとりとしてその秘密を解明できませんでした。

しかし1982年、ハーバード大学の人類学者がついに実態を明らかにしたのです。

ウェイド・ディヴィス博士の「蛇と虹」という著書によると、ゾンビ用の薬物とは次のような手順で作られていたというのです。


1:墓地から赤ん坊の死体を盗み出す。

2:盗んだ死体は棺ごと庭に埋め、3日後に取り出し、その断片を壷に納める。

3:トカゲ・ヒキガエル・ムカデ・フグ・海の多毛類などを金網にのせ、死体の断片を加えながら火であぶる。

4:十分にあぶったものを臼に入れ、チャチャ、ムクナブルリエンスなどの植物を加えてすりつぶす。このとき微細なガラス片を練り込む事もある。

5:混合物を瓶に入れ、庭の赤ん坊の棺に3日間納めておく。


こうして完成した薬物を<ゾンビ・パウダー>と呼び、標的の家の戸口に撒いたり、相手の肌に直接吹きつけたりするのだそうです。

すると、植物の棘やガラス片で傷付いた肌から薬物が体内に浸透し、ゾンビが誕生するのだそうです。

調査してみると、材料はいずれも化学的に強い活性作用を持つものばかりと判明しました。

特にフグ毒のテトロドトキシンが中心的役割を果たしており、他の成分との複合的作用によってゾンビ特有の現象が生まれると言います。

ゾンビ・パウダーを犠牲者の体に塗ると、毒による神経麻痺のため一時的に仮死状態に陥る。

それを<ゾンビのキュウリ>と呼ばれる幻覚性植物の解毒薬で復活させたもの、それがゾンビ現象の真相だと言うのです。


ゾンビのターゲットになるのは、ブードゥー教の掟を破り、ブードゥー社会に害悪をもたらす犯罪者や悪人だそう。

掟を破った者をゾンビにし、奴隷のごとく強制労働させ、過酷な労働に従事させる事で罪を償わせるという、神罰の考え方から来ているのだそうです。


それにしても野生の思考をそのまま生きてる、恐ろしきブードゥー世界ですね。

けれどそこには、現代の我々に最も欠けている要素が熱く息づいてるようにも思えてなりません。
a0253145_10333883.jpg




   顔色は悪くて虚ろな目

   生気がなくて無表情

   けれども命令には極めて従順で

   ゼンマイ仕掛けの人形のように

   昼も夜も黙々と働く


   僅かな記憶も呪術で消されて

   死者と生者の境を歩く


   君の魂はゾンビじゃないかい?

   君の魂はゾンビじゃないかい?

   もいちど深く見てごらん

   電車の窓に映った姿

   本当の自分を忘れてないかい?




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-04-09 22:36 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)

妖精ウィリの呪い

身分違いの恋というものがあります。

現代の社会ではあまりピンと来ないかも知れないけど、封建制がしっかり根付いてた時代には、そんな身分違いの恋がもたらした悲劇が、たくさん存在していただろうと、お芝居や小説から容易に想像されます。

モーツアルトのオペラ<フィガロの結婚>は、領主様の小作民に対する初夜権をめぐるドタバタ劇をテーマにしているのだから、どこの国でも権力を持つ者はやりたい放題だったみたいです。

a0253145_1301557.jpg

バレエ<ジゼル>の舞台背景は、そういった歴史の暗黒面を考えざるを得ない深いテーマが潜んでいます。

貴族の身分を隠し、農夫の扮装で村娘ジゼルの元に通い、言い寄る、お坊っちゃまアルベルト。

純粋といえば純粋、無鉄砲といえば無鉄砲な王子の恋は、秋の収穫祭の踊りを背景に盛り上がりを見せている。

しかし若さっていつの時代でも無分別。

しかもその無分別さが人を深く傷つけていることに気づきさえしないのだから、若殿はいつの時代でもお気楽なものです。


ところが、貴族の身分を森番に暴露された挙げ句、実は正当な貴婦人の婚約者までいたことが、バレバレになってしまうのですね。

素朴な村娘ジゼルは、あまりの衝撃に正気を失い、錯乱してそのまま呆気なく絶命してしまう。

アルベルト王子は打ちのめされてその場を逃げ去るが、夜、罪悪感と傷心の気持ちでジゼルの墓に花束を持ってあらわれるのです。

すると、鬼火のように白くゆらめくものが、夜の森の中をフワフワと漂っていることに気付く。

それは、白く純粋で、背中に小さな羽を持ち、透けるほど軽いドレスに身を包んだ妖精の群れだったのです。

これこそが、森の妖精ウィリなのであります。

 
男をまだ知らぬまま、嫁入り前に命を落とした乙女は、ウィリという地縛霊に姿を変える。

そして、夜になると自らの墓から抜け出し、夜の森を踊り狂っているらしい。


可憐で儚げなこの妖精は、単体ではさほどパワーはないけど、軍団を作って活動をすると思わぬ大胆な行動に出る。

リーダー格の妖精ミルタの号令が掛かると、このウィリ軍団は一糸乱れぬフォーメーションで踊りだし、女をひどい目に合わせた悪い男を見つけるや踊りの輪に引きずり込み、最後には踊り狂って死ぬように巧妙な罠にかけるのです。

可憐な見かけとは違ってこのウィリ軍団、男に対する怨念が生々しくこもっているのだ。

50ccのミニバイク&お揃いの衣装で軍団を作り、コンビニ前の駐車場で男を張って、リンチしてやろうとこん棒持って待ち構えるレディース軍団といった風情でなのであります。

女にひどい仕打ちをした男たちを、止めようにも止められない踊り地獄の輪の中に放り込み、最後には沼地に突き落として殺してしまうのだから、ウィリって本当に恐ろしい妖精なのです。



夜の森っていうのは、不思議な気配に包まれるんですよねぇ。

特に春から夏、森の生気がムンムン漂うその頃は、柔らかな綿毛に包まれた種子を運ぶ、浮遊する奇妙な物体があちらこちらに見つけられるのですよ。

ホタルのように輝きながら、音もなくふわふわ浮遊する物体を追いかけて小川沿いを行くと、見たこともない様な水辺に誘導され、ふと気づくと靴をぐっしょり濡らしていたりする・・・

処女の化身が森に入って来た男を一晩中踊り狂わし、殺してしまうというのは、どこかエロチックな響きがありますが、そんな誘惑の意図を感じさせるような森の甘い罠なのです。

なんだかゾクっと来るものがありますよね。

結婚を目前に、成仏出来なかった処女のその意固地さは、女の怖さであるとともに、官能的なエロティシズムになっているのかも知れませんね。

夜の森ってのは、そういう怨念が沸いて出てくる場所でもあります。

人のダークサイトをそっとくすぐるような怖さを秘めていいるので、本当にご用心なのです。

a0253145_1305088.jpg

それにしても「女を弄ぶと、因果応報ろくなことはないぞ」という教えに、このバレエは格好の題材ですね。

私の知っている限りでも、一晩中踊り明かし、翌朝目の下にクマを作って「許して下さい」と懇願することになりそうな連中は結構いるじゃないですか!

この際だからリストを作ってウィリのリーダー、ミルタに贈っておこうかしら。

ローズマリーの小枝を一振りしただけで、悪い男を刑に処してくれるはずです。


処女の怨念は誠に恐ろしいものがあります。

かつて処女だった女の怨念も含め、殿方は十分にお気をつけ遊ばせ・・・




[PR]
by viva1213yumiko | 2013-02-25 13:12 | オペラ・バレエ・映画 | Comments(0)

魔女のビジネス

ネットで気になる見出しを見つけ、とりあえずブックマーク。

けれど忘れたまんまで月日は流れ、ひょんな弾みで偶然再会するって事ありますよね。

初恋相手に再会した訳じゃないから、特にドラマもなんにも起こらず「それがどうした」って感じもするけど、私的には面白くて心にヒットした過去のニュースを紹介しましょう。

2012年3月8日付朝日新聞です。


______________________________________________


ルーマニアで「魔女狩り」騒動  
呪いに大金、政治家も


a0253145_15234261.jpg
呪術で使う道具について説明するチレシカさん=ブカレスト、玉川透撮影

 

東欧ルーマニアは「魔女」が力を持つ国だ。「呪い」で大金を得ていたとして昨年12月、人気魔女が逮捕され、芸能人や政治家も巻き込んだ大スキャンダルに発展した。法律で規制する動きもあるが、「現代の魔女狩りだ」との声があがり、実現していない。


■巨額の報酬次々に判明
逮捕された魔女はメリッサ、バネッサと呼ばれる30~40代の2人。いずれも、テレビ番組にも出演する売れっ子だった。

警察などによると、メリッサらは人気女優(39)から母親との遺産争いの問題で相談を受け、母親が別の魔女に依頼してかけた「呪い」を取り除く見返りに法外な報酬を要求。現金や高級車ポルシェやブカレスト市内のマンションなど45万ユーロ(約4700万円)相当を受け取っていた。この女優がメリッサらとの関係を絶とうとしたため、仲間の5人の男たちを使って「自殺に追い込む」などと脅迫した疑いがもたれている。
 
さらに、ルーマニアの有名サッカーチームのオーナー夫人は、夫の愛人から呪い殺されないための呪術の報酬として40万ユーロ(約4200万円)を支払っていたことが判明。人気サッカー選手も10万ユーロ(約1050万円)で、国外の有名チームへの移籍がかなうよう祈願していた。効果があったかどうかは分からないが、フランスのチームに移籍を果たした。

一方、ブカレストのオプレスク市長は、2008年の選挙戦でメリッサらに加勢を依頼。09年の大統領選で敗れたジョアナ元社会民主党党首も、現職のバセスク大統領が「強力な魔術師を雇っている」と知り、助力を請うていたという。



_____________________________________________ 



どうです? ルーマニア 

なかなかやってくれますよね。

だいたい売れっ子魔女がTV出演してるって段階でイケてます。


しかも、他の魔女からの呪いを解く<呪い返し>をしたって事は、この国の魔女市場がかなり成熟していて、弁護士相談並みに日常化してるんじゃないかと予想されます。

HPを作成したり、電話帳にも広告載せたり・・

つまり魔女へのオファーが、メチャある国家という事になりそうです。


政治家や芸能人など、いわゆるお偉いさん対象に法外な報酬を吹っかけ、結果大スキャンダル事件を引き起こすなんて、汚れ仕事を一手に担うその筋の方々みたい。

報酬も半端な金額じゃありません。

当然、魔女の脱税なんかは魔法を駆使して帳簿操作するんでしょうか?

この手の土着的なアングラ事件を、法律で規制せよというのは凄い話しだけど、それを魔女狩りだと反対してるというのも凄い話しであります。




精神的・霊的手段で相手をに災いを企てるはかりごと<呪詛>

日本では陰陽道などが有名ですね。

ある種の能力者が、呪いや魔法で人を殺めたり傷つけたり出来るのは本当です。

呪いの波動を放ったその瞬間から、宇宙はそれを受信して実現化のチャンスを狙い始めるので、高度な技術を持つ能力者なら[素早く・静かに・確実に]暗殺を犯す事は可能かも知れません。


しかしそれって諸刃の剣です。

悪意を持って人の災厄・不幸を祈願すれば、同じレベルの周波数が共鳴し始め、自分から仕掛けた呪いの罠にはまってしまう可能性が限りなく高いからです。



成功者・能力者・権力者ほどその手の誘惑と罠が用意されている事は、古今東西の歴史を見れば一目瞭然です。

そして、[人を呪わば穴二つ]という羽目に陥ってしまうのです。


フラれて逆恨みして相手の不幸を願っていたら、いつまでも幸せな恋なんて訪れないのと全く同じ原理ですね。

寄ってくるのは皆同じ、[世の中恨み節]って人ばかりになっちゃうから、そこら辺は皆さんくれぐれも気をつけましょう。




[PR]
by viva1213yumiko | 2012-10-23 12:32 | おとぎ話・こぼれ話 | Comments(0)